八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

あと10日で2017年が終わる。…

 あと10日で2017年が終わる。ことしはどんな年だったのだろうか。先日、本紙の10大ニュース候補を選ぶため、1年分の新聞をめくってみた▼目についたのは、児童生徒を中心とした文武両面の活躍。しかも九州、全国大会出場が数多くあり、子どもたちの頑張りが光っていた。加えて八重山商工高校の平良海馬投手の西武ライオンズ入団も華々しい話題として紙面を飾った▼一方、米軍のオスプレイの南ぬ島石垣空港への緊急着陸...
本文を読む

師走に入り、大人の皆さん今年もですかと、…

 師走に入り、大人の皆さん今年もですかと、子どもたちや周囲の嘆きの声が聞こえてくるようだ▼八重山署管内では、12月に入り18日現在で飲酒運転や酒がらみの傷害事件などで男女7人が逮捕され、酒を飲む機会が多くなる年末年始にかけて、事件事故の増加が懸念されている▼さらに心配なのが、我を忘れるほどの過度な飲酒による路上寝込みである。管内では2016年に790件の通報があり、県内14署中で最悪だった、今年...
本文を読む

「生(ま)りどぅ宝」。子どもは私たちの希望であり、…

 「生(ま)りどぅ宝」。子どもは私たちの希望であり、未来。そんな子どもたちを生命の危機にさらしてはならない。「世界一危険」な米軍普天間基地周辺の連続事故である。子らを守らず国を守る。これが軍の論理、安全保障の実相▼政府は「普天間の早期閉鎖のために辺野古移設を」と主張するが、その理屈はうそと不条理だ。今度は辺野古周辺、中北部市町村に墜落や部品落下など危険性が移るだけで、沖縄県民が重荷を負う構図にか...
本文を読む

「望年会」という表現は別に珍しいものではない。…

 「望年会」という表現は別に珍しいものではない。ただ、11日に沖縄からメールで届いた忘年会の案内状を読んでみて、これこそ望年会にふさわしいと感じた▽送り主は浦添市の青山惠昭さん(74)。台湾2・28事件、真実を求める沖縄の会の代表である▽戦後の台湾で国民党政権が住民を弾圧した同事件では、青山さんの父・恵先さんが犠牲となったことが台湾側に認められている。被害者のリストに外国人の名前が刻まれた初のケ...
本文を読む

田舎ではお知らせや行事音楽を公民館の…

 田舎ではお知らせや行事音楽を公民館の屋上拡声器で放送することが多い。遠くは聞こえず近隣住民は大音量に耐えている。短時間の放送であっても早朝などは迷惑と訴える住民も▼昔は親子ラジオが広報を担っていた。親子ラジオとは大きな出力を持つ親ラジオ局と家庭に貸与した小型の音響箱を有線で結んだ月ぎめラジオ放送のこと▼登野城に文化放送社、新川(後に新栄町へ移転)に中央放送社があった。昭和40年頃までは、大浜や...
本文を読む

先日、某所との忘年会で年配者に泡盛をつぎ、水を入れようとすると…

 先日、某所との忘年会で年配者に泡盛をつぎ、水を入れようとすると、「混ぜないで」と言われた。聞くと、混ざり具合が均一になるからだという。えっ、そのほうがいいのでは。違うという。泡盛が濃いところ、薄いところがまばらにあるほうがうまいというのだ▼これを聞き、ゴーヤチャンプルもそうだと納得がいった。ゴーヤを切るとき、何を使うか。包丁か、それともスライサーか。スライサーだと、薄く早く切ることができる。当...
本文を読む

これが公明党の役割であり存在意義というものだろう。…

 これが公明党の役割であり存在意義というものだろう。先月28日の県議会で久し振りに全会一致可決した米海兵隊員の飲酒運転死亡事故に対する抗議決議と意見書のことだ▼米軍犯罪の根源である「米海兵隊の撤退」の文言をめぐり、今回も与野党がばらばらに可決の見通しとなったが、中立の公明が「国外、県外に早期移転」を提案。一転して全会一致可決となったのだ▼そこには度重なる事件事故で県民の命が奪われる現状に、今回は...
本文を読む

先日の日曜日、八重山農林高校の創立80周年記念…

 先日の日曜日、八重山農林高校の創立80周年記念「農業祭」に出向いた。会場は午前10時の販売開始を前に、良い物を我先にと品定めする大勢の市民でにぎわい、販売コーナーには列ができ、相変わらずの人気だった▼筆者も販売開始前に精肉加工販売コーナーを目指したがすでに長蛇の列。約1時間、列にならび、目的の焼き肉用の肉をゲットしたが、朝からならび疲れたというのが本音だ▼ただ、牛肉や豚肉などの精肉のほか、牛や...
本文を読む

高齢化社会の進展に伴い寝たきりや認知症になる…

 高齢化社会の進展に伴い寝たきりや認知症になるお年寄りが増え、介護に携わる人のニーズがますます重要になっている▼一方で夜勤を含む過酷な労働条件、仕事量に見合った賃金がもらえないといった理由などから職場を去る人が後を絶たない。介護現場の崩壊が懸念される中、西表島に住む女性の方から先日、20年余務めた離島の介護職場に関する声(本紙8日付)が寄せられた▼全国的に見ても介護の現場は大変と聞いてはいたが、...
本文を読む

かかりつけ医院の待合室で、時間を持て余し…

 かかりつけ医院の待合室で、時間を持て余し手にした語源の本。特別国会の閉幕を連想した▼「丁寧」。元は中国の軍楽器。警戒や注意を促すときに鳴らされたため「注意深い」「念入り」、転じて「親切で礼儀正しい」意になった▼なるほど。「丁寧、真摯(しんし)な国会対応」を言ってた安倍総理は、警戒と注意を心がけ、官僚が作成した所信表明を読み、委員会質疑でも答弁書を棒読みしたんだな。先の通常国会では「1強」をかさ...
本文を読む
キーワード検索フォーム