八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「芸能・文化」の検索結果は以下のとおりです。

創造性富む演目 全国舞台で堂々

第22回全国中学校総合文化祭福岡大会の舞台発表の部で演目「手とぅりおーら」を披露する石垣第二中学校郷土芸能部の部員ら=18日、北九州芸術劇場(提供)第22回全国中学校総合文化祭福岡大会の舞台発表の部で演目「手とぅりおーら」を披露する石垣第二中学校郷土芸能部の部員ら=18日、北九州芸術劇場(提供)
中文祭で石垣第二郷芸部
 2022年度第22回全国中学校総合文化祭福岡大会(主催・全国中学校文化連盟など)が18日、北九州市で開幕し、沖縄県代表の石垣第二中学校郷土芸能部(玉木朱音部長、部員24人)は舞台発表の部で演目「手とぅりおーら」を披露した。踊り手の豊かな表現力と地謡の情緒あふれる唄に、観衆が万雷の拍手を送った。  八重山舞踊の伝統を生かしつつ、創造性に富んだ今回の演目。部員らは半年以上かけ重ねてきた練習の成...
本文を読む

宇野さん作の漆器 国際展覧会初入選

パリの国際展覧会で入選した作品「佇む」(提供)パリの国際展覧会で入選した作品「佇む」(提供)
パリ出品、次へのステップに
 漆器作家の宇野里依子さん(41)=石垣市野底=がこのほど、毎年パリで開催される国際展覧会「サロン・ドトーヌ」に漆器作品「佇む」を出品し、入選を果たした。海外の展覧会での入選は初めて。  宇野さんは27歳の時に手に職を付けようと漆塗りを一から学び始め、香川県で5年の修行の末、石垣島に移住。料理人の夫・竜人さん(39)と共にイタリアンレストランを経営しながら、漆器の良さを内外に伝えている。 ...
本文を読む

アンガマ 家々回り供養 旧盆入り、市内で伝統行事

香炉に線香を立て先祖を供養する新川青年会のアンガマ=10日夜、字新川の唐眞盛充さん宅香炉に線香を立て先祖を供養する新川青年会のアンガマ=10日夜、字新川の唐眞盛充さん宅
3年ぶり実施地域も
 旧盆(ソーロン)入りした10日、石垣市内では伝統行事「アンガマ」が始まり、グソー(あの世)から来たとされるウシュマイ(翁)とンミー(媼)がファーマー(子や孫)を引き連れて家々を回り、先祖を供養した。ことしは新川と登野城、大川、石垣、大浜、平得の各青年会が実施し、新川と登野城、大川は3年ぶり。いずれも新型コロナウイルス感染対策を講じながら日程や規模を縮小して行う。  石垣、大浜、平得は昨年に...
本文を読む

石垣島の旗頭披露 北上市みちのく芸能まつり

石垣島の四カ字豊年祭ムラプールの映像を交えながら旗頭を披露する登野城旗頭会、大川旗頭・棒・獅子保存会、双葉旗頭保存会の持ち手(手前から)=6日午前、北上市文化交流センターさくらホール石垣島の四カ字豊年祭ムラプールの映像を交えながら旗頭を披露する登野城旗頭会、大川旗頭・棒・獅子保存会、双葉旗頭保存会の持ち手(手前から)=6日午前、北上市文化交流センターさくらホール
友好親善都市 伝統文化で観客を魅了
 【岩手県北上市】石垣市の旗頭披露親善団(平田勝男団長)として登野城旗頭会(上地和浩会長)と大川旗頭・棒・獅子保存会(山根稔会長)、双葉旗頭保存会(瀬長謙太会長)は6日、3年ぶりに開催された岩手県北上市の第61回北上・みちのく芸能まつり(同実行委員会主催)に出演した。同親善団は同日午前は北上市文化交流センターさくらホールで四カ字の豊年祭ムラプールの映像を交えながら旗頭を披露、午後は公道を交通規制...
本文を読む

「島の風吹かせたい」 与那国からフジロック出場

フジロックフェスティバル2022に参加する與那覇有羽さん(中央)、妻の桂子さん(右)、山口和昭さん=21日午後、祖納フジロックフェスティバル2022に参加する與那覇有羽さん(中央)、妻の桂子さん(右)、山口和昭さん=21日午後、祖納
與那覇有羽さん、桂子さん、山口さん
 【与那国】今月29~31日に新潟県苗場スキー場で開催される日本最大級の野外音楽フェス「フジロックフェスティバル」に、与那国島から與那覇有羽さん(36)、妻の桂子さん(37)、山口和昭さん(74)が初出場を決めた。3人は30日に苗場食堂で与那国民謡などを披露する予定。「島の風を吹かせたい」と意気込んでいる。    日本最大級の野外音楽フェス    演目は、全8...
本文を読む

豊年祭 絶やさぬ 旗頭奉納、巻き踊りは歌のみで

「さーさーさー」の掛け声とともに高々と持ち上げられる旗頭=20日午後、真乙姥嶽前「さーさーさー」の掛け声とともに高々と持ち上げられる旗頭=20日午後、真乙姥嶽前
新川字会、縮小「ムラプール」
 新川字会(唐真盛充会長)は20日も豊年祭を行った。本来はムラプールの日で各字を案内して盛大に行っているが、新型コロナウイルス感染症の影響で3年連続で中止。新川字会は長崎嶽と真乙姥嶽で「矢頭」と「田頭」の旗頭のほか巻き踊りの歌のみを奉納した。 ■長崎嶽、真乙姥嶽  真乙姥嶽では同日午前、神司の東濵あけみさん(58)らが祈願。紺地着物(クンジィギン)を着た給仕、酌取りが神司の前に正座し、神...
本文を読む

各御嶽で豊年祭 感染拡大受け、規模縮小

晴天の下、奉納される旗頭=19日午後、天川御嶽晴天の下、奉納される旗頭=19日午後、天川御嶽
 四カ字と川平の豊年祭が19日、各地区の御嶽で行われ、ことしの五穀豊穣に感謝し、来夏世の豊作を祈願した。石垣市内の新型コロナウイルス感染拡大を受け、奉納芸能と案内者を制限するなど3年連続で規模を縮小して開催され、新型コロナの一日も早い収束も併せて願った。優良生産者の表彰も行った。 (8,9面に関連、3面に写真特集)
本文を読む

豊年祭 縮小相次ぐ 地域落胆、継承不安

3年連続中止となった白保の「稲の一生」=2019年7月29日、白保3年連続中止となった白保の「稲の一生」=2019年7月29日、白保
感染急拡大で余儀なく
 新型コロナウイルス感染拡大を受け、石垣市内各地で執り行われる豊年祭の日程に一部変更が生じている。白保は25日に予定していたムラプーリンの「稲の一生」を中止、神事のみとする大幅縮小を決めた。大浜、平得、川平もムラプールを縮小する。各地域の最大行事。目前での変更を余儀なくされ、関係者からは落胆や伝統継承を不安視する声が聞こえる。  市内でのオンプールは19日に四カ字と川平、22日に平得と真栄里...
本文を読む

八重山の食文化世界ブランドに 業界関係者ら勉強会

「〝おいしい〟からはじまる八重山諸島の未来デザイン」勉強会に参加する人たち=12日午後、市役所コミュニティールーム「〝おいしい〟からはじまる八重山諸島の未来デザイン」勉強会に参加する人たち=12日午後、市役所コミュニティールーム
市事業、看板商品など創出へ
 食を重要な資源に「食文化の街」として発展させようと石垣市は12日、「〝おいしい〟からはじまる八重山諸島の未来デザイン」勉強会を市役所コミュニティールームで開き、飲食関係者や関係機関から多くの人が参加した。観光庁の「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品創出事業」の第1弾として行われたもの。今後、旅行商品開発やフード催事の開催、生産者との交流イベントなどを実施する。  勉強会では、...
本文を読む

舞台に展示 生き生きと 趣味のクラブ発表会

12クラブ約120人が日ごろの成果を披露した石垣市老人クラブ連合会の第38回趣味のクラブ発表会=8日午後、市民会館大ホール12クラブ約120人が日ごろの成果を披露した石垣市老人クラブ連合会の第38回趣味のクラブ発表会=8日午後、市民会館大ホール
石老連
 石垣市老人クラブ連合会(慶田城久会長)主催の第38回趣味のクラブ発表会が8日、市民会館大ホールで行われた。12クラブから約120人が参加し、11演目を披露した。  舞台の部では舞踊、三線、大正琴歌謡、カラオケA・B、大正琴民謡、社交ダンス、フォークダンス、ハワイアン・フラ、日本舞踊、健康体操民踊、シニア3B体操が会場を盛り上げた。  同ホールロビーでは手芸、書道、絵画の3クラブの作品が...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム