八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

子牛平均価格、60万円割れ 八重山市場8月セリ、56万9190円

38739.png
生産コスト増で買い控え
 JAおきなわ八重山家畜市場の子牛セリ価格が下落傾向をたどっている。8月のセリ(9、10日)では子牛674頭が取引され、平均価格は56万9190円となり、1月以降初めて60万円を割り込んだ。6月と比較しても平均で6万7000円以上の値下がり。八重山地区畜産振興センター畜産課によると、7月に入ってのエサ代の高騰などによる肥育農家の買い控えが要因とみられる。  8月セリは速報値で最高価格が去勢子...
本文を読む

竹富町、給食費を免除 船賃、水道料金も支援

中国による台湾周辺海域での軍事演習に関する抗議決議案と意見書案が上程される臨時会。全会一致で可決された=16日午後、竹富町議場中国による台湾周辺海域での軍事演習に関する抗議決議案と意見書案が上程される臨時会。全会一致で可決された=16日午後、竹富町議場
今年度、物価高で負担軽減
 竹富町は今年度の学校給食費を免除する。16日の町議会臨時会で、2022年度一般会計補正予算案に1844万円を計上、可決された。原油高、物価高騰による町民の負担軽減を図るもの。子育て世帯からは「本当にありがたい」と歓迎の声が上がる。新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用するもので、ほかに船賃負担の軽減や上下水道料金の支援などの事業もある。 (9面に交付金事業一覧)  免除は...
本文を読む

市観光交流協会 人気の観光地視察

防風林内に置かれたカヌーを確認する参加者ら=16日午前、底地ビーチ付近防風林内に置かれたカヌーを確認する参加者ら=16日午前、底地ビーチ付近
目立つカヌーやSUP放置 ルールづくりや行政介入を
 観光需要の復調が見られる中で迎えた夏の本格的な観光シーズンに石垣島の人気スポットの現状を把握しようと石垣市観光交流協会(会長・中山義隆市長)の理事と市観光文化課の担当者らが16日、ユーグレナ石垣港離島ターミナルや宮良川河口、青の洞窟などを視察した。マリンレジャーの安全対策についても確認した。同協会ではウィズコロナの時代を見据え、今回見つかった課題の解決に向けて取り組んでいく考え。  市消防...
本文を読む

西表石垣国立公園 指定50年記念ボトル発売

石垣島と西表島の間に広がる石西礁湖をバックに行われたお披露目会=9日、八重泉酒造石垣島と西表島の間に広がる石西礁湖をバックに行われたお披露目会=9日、八重泉酒造
環境省と地元9泡盛コラボ
 指定50年の節目を迎えた西表石垣国立公園の魅力を発信するとともに環境に対する意識を広めようと、八重山酒造協議会(座喜味盛行会長)の9酒造所から記念ボトルが発売される。石垣自然保護官事務所の大嶽若緒自然保護官がデザインしたロゴマーク入りシールが貼られる。  記念ボトルは池原酒造、国泉泡盛、崎元酒造所、請福酒造、高嶺酒造所、玉那覇酒造所、仲間酒造、波照間酒造、八重泉酒造の3合瓶9銘柄。8月から...
本文を読む

与那国 3年ぶり旧盆エイサー

3年ぶりに旧盆エイサーを披露する祖納青年会のメンバーら=11日午後、祖納の自衛隊官舎前3年ぶりに旧盆エイサーを披露する祖納青年会のメンバーら=11日午後、祖納の自衛隊官舎前
祖納青年会、家々まわる 葛藤越え、今「届けたい」
 【与那国】祖納青年会(杉本大輔会長・11人)は旧盆中日の11日午後、3年ぶりの旧盆エイサーを地区内で行った。二つの班に分かれて比川・久部良の各家々もまわった。  帰省中の島出身高校生のほか自衛隊やコールセンターにも声を掛け、総勢約30人で実施。初めて踊る人も多かったため1週間ほど前からは毎日練習し、OBらに協力を仰ぎながら計8曲を完成させた。  この日、最初の舞台となった祖納の自衛隊官...
本文を読む

6月観光客7万7443人 行動制限なく大幅回復

観光客らで混み合う竹富港=7月15日観光客らで混み合う竹富港=7月15日
県まとめ 5万291人、185%増
 県八重山事務所がまとめた6月の八重山入域観光客数(推計)は前年同月比185・2%(5万291人)増の7万7443人だった。新型コロナウイルス感染症の影響はあるものの行動制限などがない状況だったことや減便規模の縮小、ワクチン接種の普及などが増加の要因。観光消費額も同237・5%増の70億2千万円だった。    3市町では石垣市が187・1%増の7万6869人、竹富町は241・6...
本文を読む

帰省客まばら コロナ感染防止徹底し旧盆

旧盆初日、空港に降り立った人たち。観光客の姿が目立った=10日午後、南ぬ島石垣空港旧盆初日、空港に降り立った人たち。観光客の姿が目立った=10日午後、南ぬ島石垣空港
 旧盆(ソーロン)入りの10日、南ぬ島石垣空港は、ふるさとで先祖の霊を供養しようという帰省客はまばらで、一足先に新盆(13日~)休みを石垣島などで過ごそうという観光客が多くみられた。航空各社のうち日本トランスオーシャン航空(JTA)では旧盆、新盆期間中の6日から16日のうち県内路線は予約率42・8%、県外路線は79・0%の予約率となっている。  この日午後4時半ごろ到着したピーチの福岡便では...
本文を読む

県「対策強化地域」指定 取り組み拡充4項目発表

新型コロナウイルス「BA・5対策強化地域」の指定に伴う取り組みについて発表する玉城デニー知事=4日、県庁(宮古毎日新聞社提供)新型コロナウイルス「BA・5対策強化地域」の指定に伴う取り組みについて発表する玉城デニー知事=4日、県庁(宮古毎日新聞社提供)
全県対象、31日まで
 玉城デニー知事は4日、感染力の強い新型コロナウイルス変異株「BA・5」が流行していることを受け、国から「BA・5対策強化地域」への指定を受けると明らかにし、指定に伴う取り組みの拡充を行うと発表した。高齢者施設での感染拡大防止などを徹底し、不要不急の外出自粛などを改めて求めた。対象は県全域で31日まで。  県内では3日に6180人の過去最多を記録し、4日には5050人の感染が確認された。7月...
本文を読む

竹富南航路拡張事業が完成 港湾業務艇も運用開始

航路航路
航行の安全性・利便性向上 関係者ら式典で整備終了祝う
 内閣府沖縄総合事務局石垣港湾事務所が2011年度から拡張工事を進めてきた竹富南航路整備事業はことし3月末で完了し、供用開始されている。港湾業務艇として建造された「せきせい」も7月30日から運用を開始。同31日には航路整備事業完成式典がユーグレナ石垣港離島ターミナル隣接埠頭用地内で行われ、関係者が航行の安全性・利便性の向上に喜びを分かち合った。  竹富南航路は、石垣島と竹富町の各離島を結ぶ、...
本文を読む

市みるくセンター落成 来月1日、操業開始

石垣市みるくセンターの落成を祝いテープカットをする関係者ら=29日午後、登野城バラビ道石垣市みるくセンターの落成を祝いテープカットをする関係者ら=29日午後、登野城バラビ道
サップ対応 安定供給へ 生乳加工処理施設
 八重山郡内の学校給食用牛乳や一般市場へ乳製品を安定供給する目的で建設された、石垣市生乳加工処理施設(愛称・石垣市みるくセンター)の落成式が29日、登野城バラビ道の同施設構内で行われた。HACCP(ハサップ)工程管理システムを採用し、高度な衛生・品質管理で消費者へ安全な乳製品を提供する。操業開始は8月1日から。  同施設は、酪農の飼料等の高騰を背景に生乳生産量が減少し、乳業事業者の経営も厳し...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム