八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「スポーツ」の検索結果は以下のとおりです。

見事なハンドルさばき! シニア世代、eスポーツに白熱

ハンドルコントローラーを操作し白熱したレースを展開する参加者ら=19日午後、NTT八重山営業所ハンドルコントローラーを操作し白熱したレースを展開する参加者ら=19日午後、NTT八重山営業所
沖縄電電同友会
 NTTグループのOB、OGで組織する沖縄電電同友会(仲本榮章会長)主催の「オンラインeスポーツ大会」予選会が19日午後、NTT八重山営業所1階で行われた。シニア世代の参加者らが見事なハンドルさばきを見せるなど盛り上がり、20日の本大会に臨む八重山代表4人が決まった。  会員同士の交流とシニア層のeスポーツ普及を目的とした初のイベント。本大会に向け、那覇、宮古、八重山の3会場をオンラインでつ...
本文を読む

上里さん 競馬学校入学

日本中央競馬会競馬学校騎手課程第41期生の上里直汰さん=4月28日、競馬学校(JRA提供)日本中央競馬会競馬学校騎手課程第41期生の上里直汰さん=4月28日、競馬学校(JRA提供)
市出身 県勢初のJRA騎手目指す
 日本中央競馬会(JRA)の2022年度競馬学校騎手課程第41期生の入学式が4月28日、千葉県白井市の同校で行われ、石垣市出身の上里直汰さん(15)が入学し、ジョッキーへの道を歩み出している。JRAの卒業者に沖縄県出身者はおらず、中央競馬会初の沖縄県出身騎手の誕生が期待される。  上里さんは、直也さん(49)・夕子さん(49)夫妻=那覇市在=の長男で石垣市登野城生まれ。登野城小学校を卒業後、...
本文を読む

菊池(男子)、蔵本(女子)初出場V 海邦スポーツク、リレー頂点

号砲と同時に勢いよくスタートしていく出場者ら=17日午前、南ぬ浜町人工ビーチ号砲と同時に勢いよくスタートしていく出場者ら=17日午前、南ぬ浜町人工ビーチ
石垣島トライアスロン
 トライアスロンシーズンの幕開けを告げる石垣島トライアスロン大会2022・第8回八重山郡トライアスロン大会(同実行委員会主催・石垣市共催)が17日午前8時、南ぬ浜町人工ビーチでスタートし、スイム1・5㌔、バイク40㌔、ラン10㌔の計51・5㌔のコースで行われた。男子は菊池朋明(33)=東京都=が2時間7分30秒、女子は蔵本葵(33)=同=が2時間20分43秒で頂点。ともに石垣島大会初出場で初優勝...
本文を読む

沿道から声援 選手後押し 「最後まで頑張って!」

沿道から「頑張ってー」と声援を送る親子連れら=17日午前、国道バイパス平得交差点沿道から「頑張ってー」と声援を送る親子連れら=17日午前、国道バイパス平得交差点
石垣島トライアスロン
 スイム終了地点では、八重山高校陸上競技部の部員が水や経口水を配布しながら選手をサポート。伊集祐奈さん(1年、15)は「みんな楽しそうに競技していてすごいなと思い、心から応援したくなった。けがをせずに最後まで頑張って」とエール。  自身もヨットの競技者である大城美華さん(25)は「少しでもみなさんが頑張れるように声かけやヘルプを頑張った。安全第一でがんばって、楽しんでほしい」と後押しした。 ...
本文を読む

選手受け付けスタート トライアスロン

石垣島トライアスロン大会の事前受け付けを行う出場者ら=15日午後、石垣市民会館中ホール石垣島トライアスロン大会の事前受け付けを行う出場者ら=15日午後、石垣市民会館中ホール
コロナ禍も続々石垣入り
 17日開催の石垣島トライアスロン大会2022・第8回八重山郡トライアスロン大会(同実行委員会主催)に向け、島外から出場する選手が15日、続々と来島、市民会館中ホールで同日正午開始の事前受け付けを行った。  出場者らは昨年から導入された「QRチェックインシステム」で受付。2週間の体温チェックや注意事項等に関するウェブテストを終えて発行されるQRコードをスタッフに提示し、ゼッケンや大会Tシャツ...
本文を読む

聖火リレー記憶 次代に 舟蔵公園に記念モニュメント

設置された聖火リレー記念モニュメントを囲む関係者ら=11日午後、舟蔵公園設置された聖火リレー記念モニュメントを囲む関係者ら=11日午後、舟蔵公園
 昨年5月に石垣市で実施された東京2020五輪聖火リレーを記念したモニュメントの除幕式が11日午後、舟蔵公園で行われ、聖火ランナーを務めた市民や関係者らが新たなシンボルの完成を喜んだ。  東京五輪の聖火リレーは全国47都道府県を巡り、石垣市では昨年5月1日に県内唯一、公道で実施された。730交差点をスタートし、舟蔵公園にゴールする約3.02㌔の距離を14人のランナーがつなぎ、多くの市民が沿道...
本文を読む

石垣島マラソン 西川(男子) 、川﨑(女子)初V 

午前8時半の号砲とともに一斉にスタートするフルとハーフのランナー=20日午前、石垣市中央運動公園午前8時半の号砲とともに一斉にスタートするフルとハーフのランナー=20日午前、石垣市中央運動公園
2年ぶり、1477人出場 沿道に活気、完走率97%
 第19回石垣島マラソン(石垣市など主催)が20日、市中央運動公園を発着点にフル、ハーフ、10㌔の各コースで行われた。621人が出場したフルマラソンは男子・西川朋秀=中城村=が2時間33分33秒、女子・川﨑望=東京都=が3時間32分31秒でそれぞれ初優勝を飾った。大会には3部門合計で1477人が出場、1439人が完走した。完走率は97%だった。沿道では2年ぶりのリアル開催を楽しみにした大勢の市民...
本文を読む

石垣島マラソン 地元の応援励みに

ぶどうを配ってランナーを励ます下地愛心ちゃんと兄の結大ちゃん=20日午前、バンナ公園西ぶどうを配ってランナーを励ます下地愛心ちゃんと兄の結大ちゃん=20日午前、バンナ公園西
市民ボランティアも活躍
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で2年ぶりに開催された第19回石垣島マラソン。フル、ハーフ、10㌔合わせて1477人のランナーが出場し、風光明媚な島内を駆け抜けた。沿道からは、各種目のランナーを見守り、励ます市民の姿が。今年は新型コロナの影響からか、家族や友人同士での応援が多くみられ、団体での応援は控えめだったようだ。  ハーフの難所、急勾配が続くバンナ公園西側では、下地愛心ちゃん(3)、...
本文を読む

初の団体男女Vで凱旋 西表中バドミントン部

中体連バドミントン新人大会で男女アベック優勝し、祝勝パレードを行った西表中メンバー=6日夕方、同校中体連バドミントン新人大会で男女アベック優勝し、祝勝パレードを行った西表中メンバー=6日夕方、同校
地区新人総体
 【西表】第60回八重山中学校新人総合体育大会のバドミントン競技で、初の団体男女、個人単男女、個人女子複優勝を成し遂げた西表中バドミントン部(池田亘顧問)の祝勝パレードが6日、行われた。干立、祖納、白浜集落で、家族や住民らが太鼓や拍手で盛大に祝福した。  メンバーは、「優勝できたのは、亘先生の指導や3年生の先輩が練習してくれ、先生方、地域・保護者の方々に支えられたおかげ」と深く感謝した。 ...
本文を読む

ロッテ、第3C突入 実戦想定、内野の連携確認

バント練習に取り組む和田康士朗(左)と内野手に指示する捕手の柿沼友哉(右)=10日午前、石垣市中央運動公園野球場バント練習に取り組む和田康士朗(左)と内野手に指示する捕手の柿沼友哉(右)=10日午前、石垣市中央運動公園野球場
 千葉ロッテマリーンズの石垣島春季キャンプは10日、最終第3クールに突入した。実戦を想定した練習が行われ、選手らが精力的に取り組んだ。1月に新型コロナウイルスに感染し、B組で調整していた安田尚憲もA組に合流した。  メイン球場ではバント練習や作戦打撃など走者を想定した実戦形式のメニューを実施。内野の連携やサインプレーなど細かな戦術を確認した。投手陣は佐々木朗希、小島和哉、岩下大輝らがブルペン...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム