八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

深夜、羽音で目覚め点灯したらシロアリが…

 深夜、羽音で目覚め点灯したらシロアリが群れていた。殺虫剤を噴霧した。寝室に二つあるベッドと床に落ちうごめいている。死んでいるものも。掃除機をフル稼働、吸わせた▼例年にない群れ、ひょっとして家のどこかに白アリの巣があるのでは。翌朝から屋敷中の巣探しに努めた。段ボールを好むと聞いていたので作業室と倉庫のガムテープで閉じ積み上げてある段ボール箱を開けてみた。中の新聞や古本、LPレコードケースなどが虫...
本文を読む

エマニュエル駐日米大使が17日、在沖米軍トップを伴って米軍機で…

 エマニュエル駐日米大使が17日、在沖米軍トップを伴って米軍機で与那国島を初来訪した。中国を念頭にした日米連携強化の中、メディアの注目を集めた▼「中国がこの圏域で漁をして経済的な恩恵を受け、与那国の漁師にアクセスを許さないことは間違っている」(本紙19日付8面)との大使発言に耳を疑った。中国批判の材料に一つに挙げたのだろう。その後訪ねた久部良漁港で地元漁業者から「台湾漁船の方が多い」と指摘されて...
本文を読む

「なめてんの?」と前澤友作さんが憤りをあらわにしている…

 「なめてんの?」と前澤友作さんが憤りをあらわにしている。フェイスブックなどを運営するMeta社の著名人なりすまし広告問題に対する声明を受けての怒りだ。自身の写真が使われ、投資などを募る不正広告がSNS上に大量に掲載されているという▼先日、あるニュースサイトの記事を読み「次へ」のボタンをクリックしたところ、画面いっぱいに「ウイルスを発見しました」という警告が表示された。広告配信会社を経由してサイ...
本文を読む

国が国民年金の納付期間を65歳まで5年間延長し…

 国が国民年金の納付期間を65歳まで5年間延長し、代わりに支給額を引き上げた場合の効果を試算するという▼納付期間を5年間延長した場合、負担額が約100万円増加し、支給額は年間10万円増えるという。10年間給付を受ければ延長分の納付額は戻ってくる計算になる▼そもそも年金は現役世代が受給者分を負担する形で行われてきたが、その分母となる現役世代が、1人の受給者を支える人数が1960年の11・2人から2...
本文を読む

那覇市の平和通り周辺を歩いていると…

 那覇市の平和通り周辺を歩いていると「こんばんは」と声を掛けられた。よくあるセールスだ。こちらも忙しい。無視して歩いた▼ところが営業マンも15㍍ほどついてきた。「すごいメンタルですね」。思わず笑って足を止めてしまった。声を掛けられて無視することは、けっこう難しい▼かなり肝っ玉が据わっている人もいる。テレビ報道をみると、ある野球関係者はメディアの問いかけにも微動だにせず歩き続けた。表情を確認するも...
本文を読む

飛行機の往来がまだ旧空港だったころ、那覇からの帰途…

 飛行機の往来がまだ旧空港だったころ、那覇からの帰途、島々や石垣市街地を機体の左側に見ながらゆっくりと降下してゆくのが好きだった▼コンパクトにまとまった都市機能、碁盤目の街並み、海岸から離れるほどに住宅街が広がり、点在する赤瓦、ひときわ濃ゆい御嶽の緑など伝統的な集落景観が息づいていた。わが家はあのあたりか、あそこは何だろう、あかずに見入ったものだ▼その眺望も微妙に変化しつつある。まるで櫛(くし)...
本文を読む

宮古島で旧平良町の町長を務めた石原雅太郎は戦後…

 宮古島で旧平良町の町長を務めた石原雅太郎(1884―1975)は戦後、町長の職を辞して台湾へ渡った。戦後の台湾では、戦争末期に疎開した町民が取り残され、島に帰ることができないままで困窮していた。石原はその支援のために渡台した▼一連の経緯は「石原雅太郎伝」(松下仁著、1963年)や「平良市史」などに詳しい。台湾への疎開は戦時下の1944年7月に政府が決定し、石原は町長として町民向けに台湾行きを呼...
本文を読む

前回ご紹介した雑草処理での県の仕様規定方式と…

 前回ご紹介した雑草処理での県の仕様規定方式と性能規定方式の説明が足りないとの声を頂いた▼私の理解の範囲でもう一度述べると仕様規定は、年度の予算の範囲で回数を決め(これまでは2回)除草作業を行う。性能規定は草が伸びたかなと思ったら除草作業に入る、回数は増えるが作業時間の短縮で予算効率は同じとも▼その性能規定を朝の2時間ボランテイァ・国道ヤラブ並木一五友の会が実践していることも紹介した。友の会は今...
本文を読む

ドライヤーを使っていた息子が「ビリっと来た…

 ドライヤーを使っていた息子が「ビリっと来た」と訴えてきた。見ると、持ち手に近いコードから銅線が1本突き出ていた。それに感電したのだろう、「ちゅーじたーるな」と説明した▼「チュージル」という言葉を使うのは久々。昔は差し込みプラグから銅線がはみ出て感電することがたまにあった。そんなときは、ネジを緩めてふたを開け、銅線をねじり合わせて刃の部分に固定したものだ▼でも今はプラグは開け閉めのできない一体型...
本文を読む

心で考えるには言葉が必要だけど、言葉が生まれる前にはどうやって…

 「心で考えるには言葉が必要だけど、言葉が生まれる前にはどうやって人間はものを考えていたのですか」▼小学3年生の女の子からこんな質問が4月28日に放送されたNHKラジオ第1の「子ども科学電話相談」に寄せられた。講師陣からもその鋭さに感嘆の声が上がった▼物事を論理的に思考したり自らの心象を咀嚼したりする時、言語がなかったらどうなるのだろうか。事象への詳細な意味づけが困難となり、それを他者へ伝えるす...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム