八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

全国的に減少傾向にあった新型コロナ…

 全国的に減少傾向にあった新型コロナウイルスの感染が、ここに来て、増加に転じている。1日の感染者が1000人台で下げ止まり感があった県内でも29日は1709人と、じわじわと増え、2000人を超えそうな気配だ▼現状で増加の要因として挙げられているのが、10歳未満、10代の若年者の感染拡大。保育施設や学校などでの感染が、家庭内感染へと結びつく状況が続いているようだ▼これに加え、県内でオミクロン株の派...
本文を読む

鎮魂の月が往く。窓を開け放てば夏至南風

 鎮魂の月が往く。窓を開け放てば夏至南風(かーちーばい)がカーテンを揺らして駆け抜け、迎える盛夏を思う。77年前の戦争体験者は年々減り続け、「記憶の継承」が課題となっている▼私たちの先人は、戦後の混乱期にあっても叙情歌とぅばらーまに思いをのせ、戦世の悲哀を歌った。とぅばらーまが単に男女の愛情や心の揺らぎ、あるいは親子の情愛を描くものという短絡的な見方しかできなかった若い頃、戦世を厭(いと)い、あ...
本文を読む

よく集めたね。石垣島は凧(たこ)文化の…

 「よく集めたね。石垣島は凧(たこ)文化の宝庫とは聞いていたが、こんなに豊かとは知らなかった」。本日南ぬ浜町人工ビーチで行われる第20回石垣島凧あげ交流会を記念した「凧交流20年の歩み・たかが凧されど凧展」が市民会館展示ホールで開かれている。本日午後6時まで▼初日、ビニールで大事にくるんだ八角を持ち込んだ婦人「西平守孝さんのカーブヤーと一緒に飾ってほしい」と。見たら兄の故守勝さんの八角。西平家の...
本文を読む

石垣市議会の市役所新庁舎建設工事請負契約

 石垣市議会の市役所新庁舎建設工事請負契約に関する百条調査特別委員会は20日、6月定例会本会議に最終の調査報告書を提出した▼最も市民の関心が高かったのは赤瓦だろう。次のようにまとめている▼「県内産から県外産に変更された経緯や時期、市長や担当職員の証言と受注業者の回答文書の内容に認識の違いがあり、前任者と後任者間での引き継ぎが十分ではなかったが、手続き等に関しては『違法性は認められなかった』と判断...
本文を読む

沖縄地方が20日、梅雨明けした。沖縄気象

 沖縄地方が20日、梅雨明けした。沖縄気象台によると平年の6月21日より1日早く、昨年の7月3日より13日早いという▼今年の梅雨は5月4日の梅雨入りから、連日雨続き。6月19日までの降水量は、石垣島で749㍉(平年値346.5㍉)、西表島で687㍉(同297.5㍉)、与那国島で721.5㍉(同310.4㍉)と平年の倍以上。一方、日照時間は平年の7割以下となり、梅雨らしい梅雨だったように感じる▼梅...
本文を読む

いつもより長く長く感じた梅雨がやっと…

 いつもより長く長く感じた梅雨がやっと明けた。天気予報にずらり並ぶ「晴れマーク」の何とうれしいことか。今年ほど「明け」を喜ぶ年もあまり記憶にない▼市民を梅雨空のような暗い気分にさせたのは、石垣市国民保護計画ではないか。他国からの武力攻撃事態に備えるもので、3年前に策定しておきながら6月議会の直前に有事避難パターンをHP上で公表した。記者会見好きな市当局には珍しいこと▼報道によれば屋内避難、島内避...
本文を読む

3日後は「慰霊の日」である。沖縄戦は、

 3日後は「慰霊の日」である。沖縄戦は、その終結から77年目を迎える▼極限の状況に置かれた人びとの苦しみを、実体験とともに聞いた時のインパクトは大きい。一方で、衝撃を受け止めきれず、戦争体験に接することをためらう人もいる。戦争が起きた時、何が起きるのか。フィクションではないリアルさを伝えることは意義があるが、時として、それがかえって戦争を学ぶ、戦争から学ぶという行為を近寄りがたいものにしてしまう...
本文を読む

「たかが凧(たこ)されど凧展」が…

 「たかが凧(たこ)されど凧展」が23日から26日まで市民会館展示ホールで催される。入場無料▼2001年に始まりコロナ禍で延期された石垣島凧あげ交流会が今年の再開で20回を迎えるのを記念して開催するもの。全国から延べ1500人余の凧名人が石垣島凧交流で親睦を深めてきた▼中には20回欠かさず参加している方も。多くの名人がリピーターとして離島にまで足を延ばし島々のことは私たちより詳しい。20年の間に...
本文を読む

「登下校のときはマスク外してもいいんだよ」

 「登下校のときはマスク外してもいいんだよ」と子には言って聞かせているが、なかなか外さない。どうせ学校では着用しなければならない。着けたり外したりするのが「めんどい」(面倒くさい)ようだ▼マスク生活はもう2年になる。インフルエンザが流行しているときでも、筆者などはマスクをしたことがない。温かい息がこもってマスク内がむれるのが不快だから。でもコロナではそうも言っておれない。自分も他人も守るためにや...
本文を読む

先日、新聞著作権管理協会の会議に参加する…

 先日、新聞著作権管理協会の会議に参加するため東京に出張した。国内での新型コロナウイルス流行後、仕事、プライベート含め、県外渡航を控えていただけに、約3年ぶりの東京だ▼駅では会社員など大勢の利用客が足早に往来。停車駅ごとに大量の乗客が入れ替わり、全員がマスク姿なこと以外は、コロナ前と変わらぬ大都会の様相。満員電車など石垣にはない感染リスクがあった▼会議の場所は千代田区の日本プレスセンタービル。新...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム