八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

正月5日午前5時半、今年初の新聞配達で…

 正月5日午前5時半、今年初の新聞配達で庭へ出たら12月以降の雨天、曇天続きの空が満天の星。天頂には半月。月光に劣らず星もまたたいている▼宮良高台にある神田地区の読者の庭からは宮良湾が見下ろせる。水平線に南十字星がうっすら。自転車で坂をくだり、湾沿いの住宅やホテルを経てみやら保育園周辺の高台集落を目指し坂をのぼりきったら、双眼鏡とペンライトを手にした近くの読者Kさんに出会った▼「南十字星ですね、...
本文を読む

下半身などに障がいのある石垣里八さん…

 下半身などに障がいのある石垣里八さん(71)が、障がい者の目線で1993年から2014年までの21年間発行した月刊「石垣ニューズレター」全181冊を市立図書館に寄贈した(昨年12月25日付8面)▼石垣さんは発刊の前年、電動車イスで移動していた際、小学生か中学生らしき子どもたちに嫌がらせを受けた。「子どもたちに障がい者の問題や福祉の大切さを考えてもらおう」「市の福祉問題や福祉教育の取り組みが遅れ...
本文を読む

「一年の計は元旦にあり」と言われる。一年

 「一年の計は元旦にあり」と言われる。一年の始まりの元日にその年の計画や目標を立て、頑張ろうというもの▼多くの人が2021年、丑(うし)年のスタートに当たり、目標を立てたことだろう。筆者も日ごろの不摂生で日に日に丸くなる体系を今年こそは…と決意を新たにしたところだ▼昨年は1年通して新型コロナに振り回された年だった。今年も収束の気配がないばかりか、首都圏を中心に多くの都市で感染者数の過去最多を更新...
本文を読む

久しぶりの厳しい冷え込みのなかで新年を迎え…

 久しぶりの厳しい冷え込みのなかで新年を迎えた。暖冬だった昨年と比べ、まち行く人々は着ぶくれて南の島々もお正月らしい光景となった▼思えば昨年は、人との距離をとることを強いられた1年だった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために。人は社会的動物であり、人とのかかわりなしに1人で生きてゆけない。変容を迫られた地域社会は、密を避けるため恒例の祭祀(さいし)をはじめ伝統行事を中止し、私たちは多くのもの...
本文を読む

海砂を満載した荷馬車が行きかうように…

 海砂を満載した荷馬車が行きかうようになれば、「もういくつ寝ると」の頃だ。半世紀あまり前の押し迫る師走の風景である。その砂を庭に敷き詰め、ほうきの目を入れるのは子どもの仕事だった▼大みそかは「年(とぅし)ぬ夜(ゆー)」といい、肉、根菜類や昆布などがたっぷりの「年取り振る舞い」を家族そろって食べた。島々にテレビはなく、紅白歌合戦など知らなかった。登野城1町内にあった「鳩の湯」で一年の汗を流した▼元...
本文を読む

いわゆる「密貿易」や八重山からの木材運搬…

 いわゆる「密貿易」や八重山からの木材運搬をしていた宮古出身の砂川金三さん(92)=浦添市=のことを27日付の本紙9面で紹介した。砂川さんのその後のことに触れておきたい▼砂川さんは沖縄本島に出て、宮古出身の先輩が働いている建設現場に行った。仕事をさせてほしいと責任者に掛け合ったところ、「今は間に合っている」と断られるのだが、「手伝います。お金はいりません」と、強引に働き始めてしまった▼「もうどこ...
本文を読む

ベートーベンの生誕250年企画が目につく…

 ベートーベンの生誕250年企画が目につく。今年はコロナ禍。各地の年末恒例で演奏されてきた第九交響曲合唱付きが密を理由に中止されファンを嘆かせている▼世界ではベートーベンの活躍した当時のクラシック音楽(管弦楽、器楽、声楽など)を演奏する人、聴いて楽しむ人は多い。比べて現代人の手掛けた楽曲で、彼らの作った作品(古典)に並び称され演奏されているのは少ない。当時で、あらゆる楽曲が完璧の域に達して、後世...
本文を読む

コロナ禍の年末。石垣市出身で埼玉西武ライ…

 コロナ禍の年末。石垣市出身で埼玉西武ライオンズ平良海馬投手のパ・リーグ新人王獲得が明るい話題となった(本紙18日付1面)。思い切りの良さが魅力だ▼筆者と同級生の父親は新川小学校時代、ソフトボール投げの代表選手。細身だったが、強肩の持ち主だった。当時を思い出しながら、平良投手の小学生時代はどうだったのか、真喜良サンウエーブ監督の高良真助さん(41)に話を聞いた▼高良さんは、小学4年から平良投手の...
本文を読む

2020年も残り1週間となった。今年も本紙の…

 2020年も残り1週間となった。今年も本紙の10大ニュース選定に向け1年間の新聞を日ごとにめくってみた▼その結果は、予想はしていたがクラスター(感染者集団)など新型コロナウイルス感染者の発生や観光、飲食業など経済界への影響、豊年祭など祭りや各種イベント関係の中止や縮小、非常事態宣言による市民生活への影響、行政の支援策などコロナに関する記事が連日、大きく報じられていた。現在もその状況は続いている...
本文を読む

「沖縄人も人間じゃないか!」。燃えさかる…

 「沖縄人も人間じゃないか!」。燃えさかる車を前に青年が興奮気味に叫ぶ。後年、その記録映像を見て思わず身震いした。本土復帰直前の、いわゆる「コザ騒動」から20日で半世紀▼発生当日は「暴動」と呼ばれたが、両県紙は議論のすえ住民側の視点に立ち「コザ騒動」に統一、報道した。米軍関係車両80数台が炎上した以外に被害はなく、米兵への暴力や略奪、沿道民家への延焼も一切なかったから▼直接のきっかけは、米兵の交...
本文を読む
キーワード検索フォーム