八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

「子牛価格大暴落」。「前回から9万円安」。15日付八重山毎日新聞1面の…

 「子牛価格大暴落」。「前回から9万円安」。15日付八重山毎日新聞1面の八重山・黒島家畜市場の5月セリの見出しだ▼子牛価格は八重山家畜が1頭平均41万6132円、黒島が35万4067円と、前回と比べ、それぞれ9万9159円、13万198円もの大幅安という▼子牛価格は過去にもさまざまな要因で上昇と下降を繰り返してきたが、一月でこれほどの大暴落は筆者の記憶にない。まして飼料価格の高騰など生産コストが...
本文を読む

「SNSで著名なIT企業社長が主催する投資講座がある…

 「SNSで著名なIT企業社長が主催する投資講座がある」と知人に紹介された。しばらく放置していると、虚偽の投資話で2億円以上の被害を受けたという報道が出てきた。やっぱりね。こういった手法は、うそだと思ったほうがいい▼それにしても世の中にはうそが多すぎる。こうも、うそが犯罪に結びつくと「うそつきは泥棒の始まり」だと改めて確信を持ってしまう。ものごとをスムーズに運ぶためにうそをつく。これは「うそも方...
本文を読む

一戦交える覚悟」。聞く人を思わずドキリとさせる…

 「一戦交える覚悟」。聞く人を思わずドキリとさせるセンセーショナルな発言が飛び出した。与那国町の糸数健一町長である▼憲法記念日に東京都内で開かれた憲法改正を求める「公開憲法フォーラム」(美しい日本の憲法をつくる国民の会など共催)に登壇し、9条の改定などを主張。そのうえで対中国を念頭に「日本国の平和を脅かす国家に対しては一戦を交える覚悟がいま、問われているのではないでしょうか」と述べた▼「台湾有事...
本文を読む

20年以上前、与那国町の訪問団が台湾花蓮市で…

 20年以上前、与那国町の訪問団が台湾花蓮市で交流の夕食会に臨んでいた。終盤、会場ではドゥンタさながらの巻き踊りとなった。与那国か花蓮かを問わず、みんないい顔をしていた▼両町・市の姉妹都市交流は1982年に始まった。日台の自治体間交流としては全国で2番目に早い。交流が途切れずに続いている点も誇っていい▼歳月は友情を深める。町民や町出身者のなかには、花蓮の人たちと個人的な交流を続ける人もいる▼筆者...
本文を読む

沖縄県はこれまで県道の除草を年2回行う…

 沖縄県はこれまで県道の除草を年2回行う使用規定方式で行ってきたという。それを今年から中、南部土木事務所管内で性能規定方式で行うことにすると発表▼平易に言うと住民から見苦しいと苦情が出たら予算の範囲内で年2回除草する方式から、普段から草の伸び次第を巡回し自発的な除草に努める方式に切りかえるという話。作業経費はそう変わらないとも▼八重山土木事務所管内では、この性能規定方式という用語を知らないボラン...
本文を読む

海の青さに空の青/南の風に緑葉の/芭蕉は…

 海の青さに空の青/南の風に緑葉の/芭蕉は情けに手を招く/常夏の国 我した島沖縄。1965年に誕生した、故・普久原恒勇さん作曲、吉川安一さん作詞の沖縄を代表する名曲の一つ「芭蕉布」である▼吉川さんは鳩間島生まれ。中学卒業後、島を離れた。現在85歳。名桜大学名誉教授で名護市に住んでいる。去る4日の第26回鳩間島音楽祭に合わせて完成した「鳩間島賛歌」の作詞も担当した。電話でその思いをうかがった(7日...
本文を読む

愛鳥週間が始まった。沖縄県内では多くの野鳥が観察できるが…

 愛鳥週間が始まった。沖縄県内では多くの野鳥が観察できるが、留鳥は40種程度と多くない。一方、県内で確認される種は400種類を超える。琉球弧を中継する渡り鳥が多くを占めるのだ▼バードウオッチング人口は意外と多い。都会に珍しい鳥が現れようものなら、100人単位の人が集結。沖縄では本土では見られない鳥が渡りの時期に通過することから、春と秋には多くのバードウオッチャーが来県する▼この時期なら簡単に見ら...
本文を読む

連日、最高気温が30度前後にまで上がり…

 連日、最高気温が30度前後にまで上がり、八重山地方は夏本番を迎えている。と同時に八重山の夏の味覚の代表でもあるパインアップルのおいしい季節となった▼旬を迎えているのはポコット(ボゴール)とピーチ(ソフトタッチ)の二種類のパイン。生食用に開発され、前半戦の主力品種だ。去る1日には、県やJAなど関係機関・団体で組織する県農林水産物販売促進協議会が、県産パインの旬入りを宣言、全国に夏の味覚をアピール...
本文を読む

「けっこう船が大きいな」。初めて那覇ハーリーをみた…

 「けっこう船が大きいな」。初めて那覇ハーリーをみた。この歴史は14世紀に始まり、琉球王国の国家的行事として栄えたが廃藩置県で廃止。地域行事として復活するも1928年に途絶えた。その後、本土復帰後の75年に再開した経緯がある▼漁業者がかいさばきを競うハーリーは、最終日に豊漁を願う御願バーリーと本バーリーがある。一般の部では石垣島からの参加チームもあった。サバニは石垣だと10人乗りだが那覇は32人...
本文を読む

「えりぃ」が帰ってきた。あの「大きくなったら…

「えりぃ」が帰ってきた。あの「大きくなったら結婚しようね~」のえりぃである。NHKの連続テレビ小説、実に23年ぶり。小浜島を一躍全国区に登場させ、名を知らしめた「ちゅらさん」▼豊かな自然のなかで育ったヒロインが周囲の人々のやさしさに支えられ、おおらかに育ってゆく姿を描く。沖縄の雰囲気や人々のあたたかさ、歌や食べ物、言葉、文化ばかりでなく、家族観をあますことなく伝えたと評される作品。これまで総集編...
本文を読む
キーワード検索フォーム