八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

大辞泉によれば「選良」とは、選ばれた

 大辞泉によれば「選良」とは、選ばれたすぐれた人を言う。その選良を指揮する「三権の長」細田博之衆議院議長の発言が物議をかもしている。「月給100万円しかない」である。市民感覚とのあまりものずれ▼1票の格差是正をめぐり「月給100万円の国会議員を多少増やしても罰は当たらない」とも批判。さらに19日発売の週刊文春で女性記者へのセクハラが報道された▼氏は当選11回。自民党幹事長など党役員、内閣官房長官...
本文を読む

芸は身を助けるは、どちらかというと…

 芸は身を助けるは、どちらかというと、歌舞音曲の世界で聞く。結婚披露宴や生年祝いなどが盛大に行われる私たちの周りには師匠のもとに通い、踊りや唄三線を習得した人たちが多数いる▼友人にもいる。「確かに祝宴の踊りや地謡を頼まれるとそれなりに謝礼も出て感謝される。しかしだ、知り合いのお祝いなどは、謝礼をもらっても、それは舞台衣装の洗濯代、交通費程度で、こちらが祝儀を弾んでしまうと赤字。芸事は、ほどほどに...
本文を読む

♪お酒はぬるめの燗がいい 肴はあぶった

 ♪お酒はぬるめの燗がいい 肴はあぶったイカでいい―。八代亜紀さんの代表曲の一つ「舟唄」の出だしの歌詞である▼1979年5月に発売されたというから当時筆者は9歳。テレビの歌謡番組に八代さんがよく出ていたので耳なじむ曲。でも、「かん(燗)」の意味がわからず、「缶?」と疑問に思った。さらに「さかな(肴)」を「魚」と勘違いし、魚をあぶったら「イカ」になるのか、などとちんぷんかんぷんなことを考えていた▼...
本文を読む

プロ野球の公式戦、埼玉西武ライオンズと…

 プロ野球の公式戦、埼玉西武ライオンズと福岡ソフトバンクホークスの2連戦が17、18の2日間、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で行われ、両チームに所属する県勢6選手全員が出場する豪華な沖縄シリーズとなった▼県勢が多く所属するチーム同士とあって、梅雨の中休みとなった球場には大勢の観客が詰めかけ、県勢の走攻守に熱視線を送った▼初日の17日はソフトバンクの東浜巨、西武の與座海人の両先発投手が持ち味を...
本文を読む

はるか昭和、市内の二大マンモス校の…

 はるか昭和、市内の二大マンモス校の登小と石小児童は、互いを「石ガンパラー」「鶏ぬふん(とぅぬふしゅ)」と呼び、何かにつけて対抗した。何が発端かすら覚えてないが、旧盆の夜に美崎町の埋め立て地で投石合戦に及んだこともある▼舞台付きの大きな建物が石小体育館しかなかった頃、劇団たんぽぽの演劇鑑賞などは登小から列を組んで石小まで行った。石小児童らに見られる緊張感と、「あだら体育館ないばー」などとはやした...
本文を読む

14日に開かれた華千の会與那國久枝こっこ…

 14日に開かれた華千の会與那國久枝こっこーまやいまっ子おどり教室の平和学習で、新城トヨさん=元八重山病院看護部長=が「パスポート」を披露した(15日付本紙)。米軍統治期の沖縄で暮らした記憶が「パスポート」とリンクしている人は新城さんだけではないだろう▼本土出身の私は、復帰前の沖縄を知らないが、取材先で「パスポート」を見せていただいたことはある。正式には琉球列島米国民政府(USCAR)発行の身分...
本文を読む

使えるのにもったいない。とはいえ…

 使えるのにもったいない。とはいえ、家では保管しておく場所がないため、ごみとして出さざるを得ないモノが増えてきた▼ことに電化製品は大量生産で低廉化が進み故障しても修理よりかは新品を買った方が安いと客が思うならともかく店員が先に意見するので従い愛着品を惜しみつつ手放すことも▼これではいけないと一念発起、自分で直せそうな機器は修理すると決めた。羽根が欠けて回転が不安定になった扇風機などは羽根を交換す...
本文を読む

ウインカーが点滅しているので曲がるだろう…

 ウインカーが点滅しているので曲がるだろうと思っていたらまっすぐきた。そんなヒヤッとした体験、ないですか。楽観的な予測に基づく「だろう運転」である。子どもには、ドライバーを信用するな、歩行者信号が青でも安心するな、と言い続けてきた▼石垣市役所新庁舎建設に関する百条特別員会で市側の証言や答弁を聞いていて、すべて県外産赤瓦が使用されたいきさつがまさに「だろう運転」に当てはまるのではないかと、車を運転...
本文を読む

平年より6日早く去る4日の梅雨入り後、…

 平年より6日早く去る4日の梅雨入り後、連日の雨で本格的な梅雨を予感させる。長雨は、生活する上で、歓迎されるものではないが、糖業面でも操業を長引かせるなど大きな打撃を与えている▼石垣島製糖は、雨でほ場がぬかるむことでハーベスターがほ場に入れず、機械刈りがストップ。原料搬入が減ることで工場の圧搾停止を余儀なくされ、操業終了は当初計画の3月27日から2カ月近く遅れる見通しだ▼最終的な収穫量は9万70...
本文を読む

子ども人口が減少し続けている。総務省によれば…

 子ども人口が減少し続けている。総務省によれば、外国人を含む14歳以下の子どもの数は前年より25万人少ない1465万人で、41年連続の減。都道府県人口に占める割合は沖縄の16・5%が最も多く、秋田県の9・5%が最低だった▼かつて島々では、子どもの誕生を男女問わず「まりどぅ宝」と呼んで喜んだ。昭和初期まで兄弟の数は多く、母親と長女が同時期に出産するなどということはごく普通にあったという。だから叔母...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム