八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「地域・教育」の検索結果は以下のとおりです。

市公設市場で周年祭

ステージを盛り上げたウイングキッズリーダーズ=21日午後、石垣市公設市場ステージを盛り上げたウイングキッズリーダーズ=21日午後、石垣市公設市場
来場者、ステージやイベント満喫
 石垣市公設市場のリニューアル1周年を記念した「あやかり祭2022」(㈱石垣島物産公社主催)が21日、同市場で開かれ、従業員やステージ出演者らが訪れた市民、観光客に向け市場の魅力を発信した。  公設市場は昨年5月18日に「島の新たな目玉観光地」をコンセプトにリニューアルオープン。現在、お土産、飲食、精肉・鮮魚などさまざまな業種の25店舗が営業を行っている。  周年祭の同日は午前10時から...
本文を読む

当銘さんにベスト共創賞 全国高校探究学習大会

全国高校生マイプロジェクトアワードで「ベスト コ・クリエーション賞」に選ばれた当銘由羅さん(中央)と優秀賞の清水耀史さん(左)と寺澤彩来紗さん(石垣島公営塾提供)全国高校生マイプロジェクトアワードで「ベスト コ・クリエーション賞」に選ばれた当銘由羅さん(中央)と優秀賞の清水耀史さん(左)と寺澤彩来紗さん(石垣島公営塾提供)
清水・寺澤さんは優秀賞
 全国高校生マイプロジェクトアワード2021(同実行委員会主催、文科省後援)でファイナリストに残った6チームがこのほどオンラインで発表を行い、当銘由羅さん(八重山高校3年)の「僕らの未来は、八重山は、僕らがつくる」が「ベスト コ・クリエーション(共創)賞」に選ばれた。同じくファイナリストとなった清水耀史さん(同)と寺澤彩来紗さん(同)の「島そうじプロジェクト」には優秀賞が贈られた。 八重山...
本文を読む

西表5エリアに人数制限 観光管理で具体案検討

38486.jpg
ヒナイ川、1日200人以下 世界自然遺産地域連絡会議
 奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島世界自然遺産地域連絡会議の2022年度第1回会議が20日、オンラインで開かれた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会が対応を求めている4項目のうち西表島を名指しで指摘している観光管理について、エコツーリズム推進法や自然公園法による利用者数制限を検討した。遺産地域内でのエコツアーは年間7万人程度を想定。希少生物の生息地で人が集中する5エリアで、1...
本文を読む

生徒がレシピ開発 竹富町産黒糖アンダギー

前泊町長に竹富町産黒糖使用のアンダギーを贈呈するプロジェクトリーダーの大浜静歩さんらプロジェクトメンバー=20日午後、町長室前泊町長に竹富町産黒糖使用のアンダギーを贈呈するプロジェクトリーダーの大浜静歩さんらプロジェクトメンバー=20日午後、町長室
県内の在庫過多で相談 八重農アグリフード科
 県内で在庫過多となっている黒糖の消費拡大につなげようと、八重山農林高校アグリフード科3年生5人が竹富町産を使用したサーターアンダギーを開発した。プロジェクトリーダーの大浜静歩さん(17)らが20日、町役場石垣庁舎で報告した。試食した前泊正人町長は「今まで食べた中で一番おいしいかもしれない」と絶賛。今後、町を通して町内の事業者らにレシピを提供する。  県内では黒糖の在庫量が膨れ上がっている事...
本文を読む

キビ交付金、対象外恐れ 長雨影響、期限内収穫難しく

つかの間の晴れ間にハーベスターでの刈り取りが進められるサトウキビ畑=18日午後、宮良地区つかの間の晴れ間にハーベスターでの刈り取りが進められるサトウキビ畑=18日午後、宮良地区
石糖、刈り取り急ぐ
 5月に入ってからの長雨の影響で石垣島内のサトウキビの刈り取りが進まず、国から生産者に支払われる交付金の期限となっている5月31日までに作業が終わらない可能性が高くなっていることが18日、分かった。石垣島製糖(松林豊社長)によると今後、毎日搬入があったとしても千㌧から2千㌧が期限内に収穫されない恐れも。同社は14日以降、1㌧当たり4200円かかるハーベスター使用料約3800万円を負担して刈り取り...
本文を読む

竹富小中 海洋教育に地域人材

地域サポーターに委嘱された上勢頭巧さん地域サポーターに委嘱された上勢頭巧さん
上勢頭さん、初のサポーター任命
 【竹富】竹富小中学校(下地和美校長、34人)は18日午後、海洋教育オリエンテーションを同校体育館で開き、今年度初の取り組みとして地域サポーターにエシカルアイランド竹富代表の上勢頭巧さん(35)=竹富島出身、在住=を任命し委嘱状を交付した。  早速行われた第1回授業では、上勢頭さんが「私の海の思い出と学んだこと」の演題で約30分間の講話を行い、自身が海で得た経験をクイズを交えながら児童生徒に...
本文を読む

上平桃香さん(大浜中3年)2連覇 中学将棋県予選女子の部

第43回全国中学生選抜将棋選手権大会(第24回女子の部)沖縄県予選で2連覇した上平桃香さん。全国大会で決勝トーナメント進出を目指す=16日午後、石垣市大川の八将館こども将棋教室第43回全国中学生選抜将棋選手権大会(第24回女子の部)沖縄県予選で2連覇した上平桃香さん。全国大会で決勝トーナメント進出を目指す=16日午後、石垣市大川の八将館こども将棋教室
8月に全国大会出場へ
 第43回全国中学生選抜将棋選手権大会(第24回女子の部)沖縄県予選(天童市、日本将棋連盟など主催)が15日、沖縄市老人福祉センターかりゆし園で行われ、石垣市から出場した上平桃香さん(大浜中3年)=八将館こども将棋教室=が優勝し、2連覇を達成した。準優勝は高橋憩さん(石垣中1年)だった。上平さんは、山形県天童市で8月3日開催される全国大会に県代表として派遣される。  女子の部には6人が出場し...
本文を読む

平和と発展 未来つなぐ 沖縄復帰50年で式典

宜野湾市で開かれた沖縄復帰50周年記念式典=15日午後、沖縄コンベンションセンター宜野湾市で開かれた沖縄復帰50周年記念式典=15日午後、沖縄コンベンションセンター
知事、辺野古言及せず
 【宜野湾】日本復帰50年の節目を迎えた15日、沖縄復帰50周年記念式典(政府、県共催)が沖縄コンベンションセンターで開かれ、関係者は世界で続く報復の連鎖を示し、沖縄が「世界平和の発信地」になることを願った。玉城デニー知事は「時代を切り開き世界と交流し、共に支え合う平和で豊かな『美ら島おきなわ』の未来に向かって力強くまい進する」と決意。米軍の辺野古新基地建設には言及しなかった。(2、4、7、9面...
本文を読む

今期の本マグロ漁終了 八重山漁協

終了した八重山漁協での本マグロ漁。今期は50㌧、232本だった=1日午前、八重山漁協終了した八重山漁協での本マグロ漁。今期は50㌧、232本だった=1日午前、八重山漁協
水揚げ50㌧、前年比20㌧減
 県はクロマグロ(本マグロ)の採捕数量が前期割当量180・6㌧に達したとして11日に採捕停止命令を発出、これを受け同日、八重山漁協の本マグロ漁が終了した。15日には八漁協で今期最後の水揚げがあり、水揚げ総数は過去最多となった昨年から約20㌧減り、50㌧(232本)だった。このうち10・4㌧(57本)が地元に卸された。  八漁協によると、今期は沖縄本島近海での水揚げが好調で、前半から那覇地区漁...
本文を読む

本紙郡民意識調査 復帰肯定8割

意識調査・円グラフ意識調査・円グラフ
離島格差「ある」9割
 沖縄の日本復帰50年に合わせ、八重山毎日新聞は13日までに郡内の10代以上の住民を対象にウェブとアンケート用紙で意識調査を実施した。沖縄本島との格差(離島格差)に関し「あると思う」、「どちらかと言えばあると思う」との回答が約9割を占めた。ほとんどの郡民が離島格差を感じている状況が浮き彫りとなった。いま気になることについては「医療・福祉」が最も多く、「離島格差」、「所得」と続いた。(10、11面...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム