八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「地域・教育」の検索結果は以下のとおりです。

島の自然、文化に触れる こども博物館「石垣島めぐり」

海岸沿いに自生する植物について説明を受ける子どもたち=26日午前、南大浜海岸海岸沿いに自生する植物について説明を受ける子どもたち=26日午前、南大浜海岸
 2020年度こども博物館教室(石垣市立八重山博物館主催)の第4回講座「石垣島めぐり」が26日に行われ、市内の小学5年生27人がバスで島内各所の自然や史跡を巡り、講師の松島昭司氏の話に熱心に耳を傾けた。  島内各所の文化財見学や植物観察をしながら、石垣島の歴史・文化・自然についての興味・関心を高めることが目的。開会式で同館の砂川栄秀館長は「自分たちの住んでいるところのいろんなものを見て、学ん...
本文を読む

川田カメさん、新百歳

中山義隆市長や大勢の家族に囲まれる川田カメさん=25日午後、ばすきなよお中山義隆市長や大勢の家族に囲まれる川田カメさん=25日午後、ばすきなよお
子、孫、ひ孫玄孫まで、家族みんなで祝福
 中山義隆石垣市長は25日午後、社会福祉法人希望ヶ丘ケアハウスばすきなよお(宮良美和統括施設長)を訪れ、新百歳を迎えた川田カメさんへ内閣総理大臣と県知事からの祝い状をそれぞれ伝達、市からの頌状と記念品を贈呈した。施設には多くの家族が集まって祝福。カメさんは「みんなでお祝いしてくれてありがとう。うれしい」と感謝した。  カメさんは1920(大正9)年9月12日、宮古島上野に生まれ、55年に計画...
本文を読む

第56回石垣島まつり2020 BEGINライブ配信

本年度の石垣島まつりについて協議する実行委員会役員ら=24日午後、石垣市役所本年度の石垣島まつりについて協議する実行委員会役員ら=24日午後、石垣市役所
厄よけ祈願たこ揚げや花火も
 11月8日に新栄公園で開催される「第56回石垣島まつり2020」について、同実行委員会(中山義隆会長)は24日午後、第2回役員会を市役所庁議室で開き、プログラムを縮小して無観客で開催することを決定した。メーンイベントとして市出身アーティストBEGINによる「デビュー30周年スペシャルライブ」を動画サイトYouTubeと石垣ケーブルテレビで配信する。厄よけ祈願アマビエのたこ揚げや応援メッセージを...
本文を読む

未成年飲酒の危険性伝える オリジナルドラマを撮影

八重山農林高校ピア部が制作した未成年飲酒や喫煙の害を伝えるドラマ=23日午後、同校教室八重山農林高校ピア部が制作した未成年飲酒や喫煙の害を伝えるドラマ=23日午後、同校教室
八重農ピア部
 八重山農林高校ピア部(井上夏彩部長、部員6人)は未成年飲酒や喫煙の危険性を同世代に伝えようとオリジナルドラマを撮影し、23日午後、授業の一環として各教室で放映。視聴した全校生徒が、ドラマを通して未成年飲酒や喫煙の悪影響について学んだ。  若者が同世代を対象に、喫煙や依存症などの問題について正しい知識を発信し、身近な仲間として啓発する活動をピアエデュケーションという。  同部は未成年飲酒...
本文を読む

動物愛護週間 猫もごみも捨てないで

石垣島しっぽの会の清掃活動に参加し、南ぬ浜町の緑地公園をボランティア清掃する市民=22日午前、同所石垣島しっぽの会の清掃活動に参加し、南ぬ浜町の緑地公園をボランティア清掃する市民=22日午前、同所
南ぬ浜町緑地公園 置き餌に不法投棄…
 20日に始まった動物愛護週間にちなみ、石垣島しっぽの会(犬戸あい代表)は22日午前、捨て猫やごみの不法投棄が後を絶たない南ぬ浜町の緑地公園で清掃活動を行った。雑木林や不法投棄された廃車から粗大ごみや生ごみ、酒瓶などを大量に回収。同会は公園の衛生悪化を憂慮し、「第一に猫を捨てないで。そして公園にごみを捨てないで。置き餌はやめて」と訴えている。  しっぽの会は人間と動物の共生可能な社会を目指し...
本文を読む

「やっと戻ってきた」 4連休で観光に活気

水牛車で島内を回る観光客ら=21日、竹富島水牛車で島内を回る観光客ら=21日、竹富島
「安心・安全」をPR 10月以降の経済回復に期待感
 八重山各地は4連休中、にぎわいをみせている。これまで新型コロナウイルスの影響で人の動きが自粛傾向にあったが、政府の観光需要喚起策「GoToトラベル」で10月から東京が解禁となるなど移動に緩和の傾向にあることから入域観光客も増加、観光地は久しぶりに活気を取り戻している。「旅行に来ても安心安全」。地元と来訪者の感染予防対策を促すなどして今後の観光需要の回復に期待する。     開放感にも予...
本文を読む

部員らが平和学習 少年荒鷲石垣小FC

避難先の出入り口となっていた川沿いで潮平正道さんの話を聞く子どもたち=21日午前、名蔵白水避難先の出入り口となっていた川沿いで潮平正道さんの話を聞く子どもたち=21日午前、名蔵白水
徒歩避難で当時追体験
 少年荒鷲野球団(大濱明彦監督)と石垣小FC(崎山用育監督)のメンバー30人が国際平和の日の21日、戦時中に強制避難先となっていた名蔵白水を訪れた。体験者から話を聞いた後、白水から石垣小学校まで歩き、当時の人たちの苦労を追体験した。  少年団は夏休みにレクリエーションを兼ねて平和について考える取り組みを行っているが、ことしは新型コロナウイルスの影響で部活動も自粛となって実施できなかったため、...
本文を読む

空路予約率約9割と好調 4連休スタート

観光客にマスクや感染予防策のチラシを配る市観光交流協会=19日午後、新石垣空港観光客にマスクや感染予防策のチラシを配る市観光交流協会=19日午後、新石垣空港
観光団体 コロナ対策徹底呼び掛け
 4連休「シルバーウィーク」が19日から始まり、空港や港には家族連れなどの観光客が次々と到着した。新石垣空港の到着人数は予約ベースで4471人となり、航空関係者は「シルバーウィークだけをみると、前年比で約9割の予約率だ」と話す。石垣市観光交流協会が会員ホテルにヒアリングをしたところ、連休中の宿泊稼働率は平均60〜70%程度で満室の日もあるという。一方、空港や港では、新型コロナウイルスの感染が再拡...
本文を読む

連休中の事故に注意を

カンムリワシ、ヤマネコ交通事故件数カンムリワシ、ヤマネコ交通事故件数
野生動物など飛び出し 西表両自然保護官事務所
 4連休に入り交通量の増加が予想されることから、石垣、西表両自然保護官事務所ではカンムリワシやイリオモテヤマネコなど野生動物との交通事故に注意を喚起している。この時期、カンムリワシは巣立ちを迎え親の縄張りを追い出された幼鳥が新たなすみかを求めて移動し、イリオモテヤマネコは子連れで道路に現れることから、事故に遭うケースが例年増える傾向に。「急な飛び出しがあっても安全に事故が避けられるよう制限速度を...
本文を読む

コロナ情報を発信 八重山青年会議所

八重山青年会議所のメンバーが観光客らにポストカードを配布した=18日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル八重山青年会議所のメンバーが観光客らにポストカードを配布した=18日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル
観光客にポストカード配布
 一般社団法人八重山青年会議所(新里裕樹理事長)は18日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナルでポストカード「WITHコロナ 八重山からのメッセージ」を観光客らに配布、新型コロナウイルス対策情報を発信した。  同ポストカードは地元高校生が撮影した八重山の風景をポストカードにし、QRコードに新型コロナ情報のリンクを付けたもの。17日は南ぬ島石垣空港で約500部配布した。  18日は同会議所メ...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム