八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「地域・教育」の検索結果は以下のとおりです。

畜産農家も歓迎 バイオマス発電を計画

島しょ型循環社会の構築に向け、石垣市が実証試験を行ったメタン発酵プラント=2017年2月20日、石垣市し尿処理場内島しょ型循環社会の構築に向け、石垣市が実証試験を行ったメタン発酵プラント=2017年2月20日、石垣市し尿処理場内
県外企業、家畜ふん尿など原料に 和牛組合、市に要請へ
 太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギー関連事業を手掛ける県外企業が、牛ふんなど有機性廃棄物を原料とするバイオマス発電事業を石垣島で計画している。昨年11月以降、石垣島和牛改良組合(佐久川直組合長)に説明を行うなど調整を進めている。同組合も牛ふん処理の観点から「ぜひ応援したい」と歓迎、石垣市への支援要請を検討している。  計画しているのは㈱東洋開発コンサルタント(大内将伸代表取締役)=松...
本文を読む

功績あった会員11人表彰 石老連定期総会

同会運営に功績があり表彰を受けた会員ら=2日午前、市老人福祉センター同会運営に功績があり表彰を受けた会員ら=2日午前、市老人福祉センター
21年度事業計画など承認
 石垣市老人クラブ連合会(慶田城久会長)の第43回定期総会が2日午前、市老人福祉センターで開かれ、本年度の事業計画や予算案などを承認した。また同会運営に功績のあった会員11人が表彰された。  慶田城会長は「この1年、コロナ禍で行事の中止、延期を余儀なくされたが趣味のクラブ、グラウンドゴルフ大会、女性リーダー研修会は休止、延期をくり返しながら新しい生活様式の徹底を図り実施できたことは良かった」...
本文を読む

北西部にエリア拡張 島内全域で聴くこと可能に

北西部地区でもサンサンラジオの放送が聴けるようになった=1日午後、北部地区北西部地区でもサンサンラジオの放送が聴けるようになった=1日午後、北部地区
FMいしがきサンサンラジオ
 FMいしがきサンサンラジオの放送エリアが1日から石垣島北西部地区に拡張された。これまで同地区はサンサンラジオの電波が届かずラジオ放送難聴地域となっていた。エリア拡張に伴い島内全域で同ラジオを聴くことができる。  ラジオ局は同日、午前10時から午後1時まで特番を組み、北西部にあるホテルや農園など7事業所をラジオリポートで回った。  また、沖縄本島の伊原間郷友会とも電話をつなぎ番組を進行し...
本文を読む

観光客も一緒に海岸清掃 ONE HAND ONE CLEAN

ワンハンドワンクリーンプロジェクトに協力するbig beach石垣島の大浜之浩代表と発案者の堀家実悠希さんら(左から)=3月9日午後、浜崎町ワンハンドワンクリーンプロジェクトに協力するbig beach石垣島の大浜之浩代表と発案者の堀家実悠希さんら(左から)=3月9日午後、浜崎町
「気軽に手軽に楽しく」
 石垣島の砂浜のごみを島民だけでなく観光客も巻き込んで減らしていく取り組み「ONE HAND ONE CLEAN」プロジェクトが3月上旬から始動している。発案者でデザイナーの堀家実悠希さん(22)=東京都=は石垣市内のマリン業者と協力しながら「気軽に手軽に楽しく」をモットーにごみ拾いの輪を広げていく。  堀家さんは3年前に旅行で訪れた際、マリン業者big beach石垣島の大浜之浩代表との会...
本文を読む

海洋教育の学習深化 国の指定校に3校

海洋教育の副読本完成を報告する編集委員ら=30日午後、竹富町役場仮庁舎海洋教育の副読本完成を報告する編集委員ら=30日午後、竹富町役場仮庁舎
竹富町 副読本完成
 海洋教育を推進する竹富町は「竹富町海洋教育副読本」を作成し、新年度から町内13小・中学校で統一した学習を展開、海洋教育を深化させる。文科省の海洋教育課程特例校として古見小学校、上原小学校、船浦中学校の3校が指定され、2021年度から3年間、時間割に「結ぬ海科」が追加される。  小・中学生を対象に自治体が海洋教育の副読本を策定するのは全国初という。  副読本事業は19年度に始まった。各校...
本文を読む

来年4月、準景観地区指定へ 環境や景観保全策を強化

竹富島の準景観地区指定について話し合われた2020年度第1回会議=29日午後、教育委員会会議室竹富島の準景観地区指定について話し合われた2020年度第1回会議=29日午後、教育委員会会議室
町景観計画審議会 竹富島
 竹富島の環境や景観の保全策を強化する準景観地区指定に向けた景観計画審議会(会長・池田孝之琉球大学名誉教授・委員9人)の2020年度第1回会議が29日、竹富町教育委員会で開かれ、事務局からこれまでの取り組みと同地区の素案、スケジュールが示された。今後、9月に県知事の同意を得たのち半年間の公告を実施し、来年4月の施行を目指す。  現在、竹富島では景観法に基づく景観計画を策定しているが、伝統的建...
本文を読む

観光客戻り活気 緊急宣言解除から1週間

全国で緊急事態宣言が解除され、多くの観光客が石垣島を訪れている=27日午後、ユーグレナモール全国で緊急事態宣言が解除され、多くの観光客が石垣島を訪れている=27日午後、ユーグレナモール
 新型コロナウイルス対策による1都3県の緊急事態宣言が21日に解除され、27日で1週間が経った。石垣市内では観光客の姿が増え、まちに活気が戻っている。空の玄関口、南ぬ島石垣空港では羽田―石垣路線が満席になる日もあり、売店も人出が絶えない。観光関係者は「売り上げが2倍になった増えた」と観光需要回復を歓迎している。  27日午前、石垣空港は羽田、関西路線など直行便の搭乗者であふれた。カップルで2...
本文を読む

保全活動を地域に継承 WWFジャパンしらほサンゴ村

白保公民館に譲渡されたしらほサンゴ村=27日午後、同施設白保公民館に譲渡されたしらほサンゴ村=27日午後、同施設
白保公民館に施設譲渡
 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(末吉竹二郎会長、WWF)は27日、石垣市白保の研究拠点サンゴ礁保護研究センター(しらほサンゴ村)を白保公民館(横目博二館長)に譲渡、施設の有功活用とサンゴ礁文化・生態系保全活動を地域に託した。サンゴ村は2000年4月に開所、21年にわたる保護研究活動に幕を下ろした。  サンゴ村は、1970年代に世界有数の豊かさを誇る白保のサンゴ礁を埋め立てる形で計画さ...
本文を読む

図書室、22年度設置へ 地域交流の場に期待

与那国町が図書室の設置を計画している町立児童生徒交流センター=8日午後与那国町が図書室の設置を計画している町立児童生徒交流センター=8日午後
与那国町
 【与那国】町は2022年度に町立児童生徒交流センター内に町立図書室を開設する計画を進めている。同町には長年、町立図書室がなく、町民は平日に学校図書館を利用していた。町は図書室の整備で町民のコミュニティーづくりの場となることを期待している。  図書室設置に向け、町は2021年度一般会計予算で備品・図書購入費213万円や会計年度任用職員の期末手当など計456万を確保した。うち347万円は町のふ...
本文を読む

松永さん(小浜小5年)難関2級合格 歴史能力検定

歴史検定2級に合格した松永恵茉さん=25日午前、小浜小中学校歴史検定2級に合格した松永恵茉さん=25日午前、小浜小中学校
大学レベル、郡内小中学生で初
 【小浜】小浜小学校5年の松永恵茉さん(11)が第39回歴史能力検定で大学レベルの2級日本史に合格した。3年生で5級と4級、4年生で準3級と3級をそれぞれダブル受験して合格。今回は記述問題も加わり、難関とされる2級に挑戦した。関係者によると、小中学生を通じて八重山初となる快挙となった。  昨年6月ごろから試験対策に取り組み、平日は3時間、休日は6時間近く勉強。息抜きの散歩でも母・陽子さんに出...
本文を読む
キーワード検索フォーム