八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

浦内橋架け替えへ 県八重山土木事務所

12年計画で架け替えられる浦内橋。橋の上流側に仮設橋を設置する(映像工場提供)12年計画で架け替えられる浦内橋。橋の上流側に仮設橋を設置する(映像工場提供)
半世紀ぶり、概算50億円
19年度着工、12年計画で
 【西表】県内最長18・8㌔の浦内川河口に架かる「浦内橋(橋長272㍍、有効幅員6㍍)」の架け替え計画が、2019年度の着工に向け進められている。工期は仮設橋の建設も含め12年間。総事業費は概算50億円。既存の橋は1970年に竣工(しゅんこう)し老朽化が進んでいるため、県は、耐震基準に対応する補強工事や塩害対策の補修に莫大(ばくだい)な予算がかかると算出。今後の維持管理費を含め検討した結果、架け...
本文を読む

「花を愛する人は心豊か」 花と緑の街角コンテスト

第17回花と緑の街角コンテストで入賞した皆さん=23日午前、八重山毎日新聞社第17回花と緑の街角コンテストで入賞した皆さん=23日午前、八重山毎日新聞社
5個人9団体を表彰
 「育てて!感じて!楽しんで!花と緑の輪を作ろう!~」をテーマにした第17回花と緑の街角コンテスト(主催・八重山毎日新聞社、メイクマン石垣店)の表彰式が23日午前、八重山毎日新聞社で行われ、個人、職場、通り会、プランターの4部門に入賞した5個人9団体が表彰された。  本社の黒島安隆社長は「花を愛する人は心も豊か。花いっぱいの場所にはごみのポイ捨てもない。これからも美しい花を咲かせ続けてほしい...
本文を読む

スーパーヨット石垣寄港

石垣に初寄港した外国人富裕層が所有するスーパーヨット「TRITON」=3月16日午後、石垣港(SYLジャパン提供)石垣に初寄港した外国人富裕層が所有するスーパーヨット「TRITON」=3月16日午後、石垣港(SYLジャパン提供)
富裕層らが世界各地周遊
誘致で経済効果期待
 個人所有の豪華ヨットで世界各地を周遊するプライベートクルーザー「スーパーヨット」が16日から石垣港に寄港している。近年は世界各地から日本への寄港需要が増加するなか、国内最南端に位置する八重山への寄港を見据えた動きが表面化。県内自治体では訪れる富裕層の消費活動を含めた経済効果に期待し、水面下で誘致合戦を展開している。石垣市も寄港地に名乗りを上げており、観光の新規市場に躍り出るため施設整備を求める...
本文を読む

「預かり保育中止」を撤回 与那国町議会一般質問

3園実施、課題検証が必要
町営バス運行時間帯改善
 【与那国】3月定例与那国町議会(前西原武三議長)一般質問最終日は20日、崎元俊男、金城信利、嵩西茂則、崎原敏功の4氏が登壇した。町教育委員会が昨年7月から、ひかわ幼稚園で試験的に行っていた預かり保育の3月末での中止を同園に通達していたことが分かった。質問者の嵩西氏は継続を望む地域や学校側の意見を交えながら「事前説明もなく、急に終了することで利用している親が困っている。預かり保育があるから比川に...
本文を読む

町有地に新たな集団墓地 竹富町議会

3月定例竹富町議会の最終本会議で44議案が可決された=20日午後、議場3月定例竹富町議会の最終本会議で44議案が可決された=20日午後、議場
手狭な既存地に対応
3月定例一般質問
 3月定例竹富町議会(新田長男議長)一般質問最終日の20日、仲里俊一、那根操の2氏が質問に立った。仲里氏がただした西表上原地区で手狭になった既存の集団墓地に代わる、新たな集団墓地区域整備について町当局は、上原港から船浦方面へ約500㍍の町有地に集団墓地区域を設けることを明らかにした。那根氏がただした水稲被害を及ぼすジャンボタニシの駆除対策については、無農薬栽培の生産農家がいるため、農薬を使用した...
本文を読む

保安設備を合同点検 石垣港湾保安対策協

石垣港の制限区域内の保安設備やテロ対策の状況などを点検する石垣港湾保安対策協議会の参加者ら=20日午後、新港地区国際埠頭岸壁石垣港の制限区域内の保安設備やテロ対策の状況などを点検する石垣港湾保安対策協議会の参加者ら=20日午後、新港地区国際埠頭岸壁
海保など関係機関参加
 石垣港港湾保安設備の合同点検(石垣港湾保安対策協議会主催)が20日午後、行われ、警察や海上保安庁、消防などのほか、港湾関係事業者の現場担当者ら計16人が参加し、浜崎町地区国際埠頭(E・F)岸壁と新港地区国際埠頭岸壁の制限区域2カ所の状況を見て回り、保安対策について意見を交わした。  2020年開催の東京五輪・パラリンピックに伴う国内のテロ対策の強化が目的。参加者らはフェンスの有刺鉄線や防犯...
本文を読む

「はてるま」代替船6月運航 3月定例竹富町議会

航空路線は不定期便から
上地港浮桟橋は事業化困難
 開会中の3月定例竹富町議会(新田長男議長)一般質問2日目は19日、山下義雄、大浜修、加屋本真一、上盛政秀の4氏が質問した。この中で、建造から30年が経過し老朽化の著しい貨客船フェリーはてるま(194㌧)の代替船として、同規模の貨客船がことし6月にも運航することが分かった。同フェリーは老朽化による故障で、昨年末から年始にかけて15日間運休。石垣島から物資の届かない波照間島では、ガソリン燃料が底を...
本文を読む

新庁舎建設の質問相次ぐ 3月定例与那国町議会

一般質問に4氏が登壇
 【与那国】3月定例与那国町議会(前西原武三議長)は19日から一般質問に入り、与那原繁、與那覇英作、杉本英貴、田里千代基の4氏が登壇した。町が祖納地区東側へ計画している新庁舎建設に質問が相次ぎ、住民要望に沿って新築移転する用地選定の再検討や現地建て替えを求めた。一方、職員定数の未充足で空港課正規職員4人の時間外労働が月平均40~50時間となり、時間外勤務手当が月平均15~20万円に上っていること...
本文を読む

DMO生かした観光地を 八重山圏域

DMOを生かした観光地域づくりについてトークセッションを行う濵口信彦観光庁観光地域推進課広域連携推進室長(右)、八重山ビジターズビューロー会長の中山義隆市長=19日午後、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートボールルーム真栄里の間DMOを生かした観光地域づくりについてトークセッションを行う濵口信彦観光庁観光地域推進課広域連携推進室長(右)、八重山ビジターズビューロー会長の中山義隆市長=19日午後、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートボールルーム真栄里の間
関係者がトークセッション
 地域と連携して観光地域づくりのかじ取りを担う法人Destination Management/Marketing Organization(DMO)を生かした八重山圏域づくりについて話し合うトークセッション(一般社団法人八重山ビジターズビューロー主催)が19日午後、石垣市内ホテルであり、山田桂一郎JTIC.SWISS代表、濵口信彦観光庁観光地域推進課広域連携推進室長、YVB会長の中山義隆市長が...
本文を読む

石垣島で働きませんか

「石垣市の子どもたちのために働きませんか」と呼び掛ける中山義隆市長(中)と担当部課長=19日午前、庁議室「石垣市の子どもたちのために働きませんか」と呼び掛ける中山義隆市長(中)と担当部課長=19日午前、庁議室
市が保育士不足で緊急募集
 保育士不足で定員に達しない保育園があることから、石垣市が保育士の緊急募集を行っている。新たに働く保育士への補助金支給に加え、新年度からは▽障がい児受け入れのための保育士雇用▽0歳児担当加配保育士雇用—への支給を設けるなど保育園での保育士処遇向上対策も充実させる。  子育て支援課によると、現在、15人の保育士が不足。園児数にすると50人余り。2019年度の入園申し込み者は2465人で3月1日...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム