八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

台湾で八重山の魅力PR 八商工生らがステージ出演

特設ステージで行われたモーヤーで、台湾の子どもと一緒に踊るミス南十字星の大久奈織さん=24日午後、台湾・台北市の台北駅特設ステージで行われたモーヤーで、台湾の子どもと一緒に踊るミス南十字星の大久奈織さん=24日午後、台湾・台北市の台北駅
日本の観光・物産博2017
 【台北】「日本の観光・物産博2017」(同実行委員会主催)が23日から25日まで台北駅で開かれ、観光産業を担う人材育成の一環で石垣市から派遣された八重山商工高校商業科観光コースの出地佑希君(3年)と大島悠莉さん(2年)が24日、ミス南十字星の大久奈織さん(20)とともに特設ステージから台湾の人たちに八重山の魅力をPRした。  出地君は中国語の歌「リトル・アップル」などアップテンポの2曲を歌...
本文を読む

2期連続で黒字計上 八重山漁協

2017年度事業計画など議案を審議する組合員=24日午後、市民会館中ホール2017年度事業計画など議案を審議する組合員=24日午後、市民会館中ホール
16年度決算 1616万円繰り越し
 2015年度で累積赤字を解消した八重山漁協(上原亀一組合長、組合員324人)は、2016年度決算でも1587万円の黒字を計上、前期余剰金を合わせた1616万円を繰り越した。24日、市民会館中ホールで開催した17年度定期総会で報告した。17年度は1280万円の余剰金を計画する。一方、短期、長期の借入金が約3億円あることから、黒字計上を持続し確実な返済に努めていく考えだ。  16年度は、本マグ...
本文を読む

「慰霊の日」郡内各地で追悼式

祭壇に向かって焼香する参列者たち=23日午後、八重守之塔祭壇に向かって焼香する参列者たち=23日午後、八重守之塔
戦没者の冥福祈る
戦争の教訓、風化させない対策を
 20万人余が犠牲となった沖縄戦の終結から72年目を迎えた「慰霊の日」の23日、県内各地は鎮魂の祈りに包まれた。八重山でも3市町で慰霊祭が行われ、戦没者の冥福を祈るとともに恒久平和を願った。年々、戦争体験者が減る中、遺族からは「戦争の教訓を風化させない対策を」との声が上がった。  石垣市では市主催の全戦没者追悼式・平和祈念式が八重守之塔で行われ、遺族のほか各小中高校、各団体の代表らが参列した...
本文を読む

「災害ない職場を」

指さし唱和を行う各社の従業員ら=23日午後、ワンスビル2階会議室指さし唱和を行う各社の従業員ら=23日午後、ワンスビル2階会議室
ONCEグループが安全大会
 石垣生コンクリート工業㈱など8社で組織するONCEグループ(大濵達也会長)は23日午後、ワンスビル2階会議室で安全大会を開き、グループ社員約70人が参加した。7月1日から始まる全国安全週間に合わせたもの。  大濵会長は「安全週間を機に基本ルールの順守、リスクアセスメントの実施で、安全で災害のない危険ゼロの明るい職場づくりを進めよう」とあいさつした。  グループ会社を代表して石垣鋼材㈱の...
本文を読む

障がい児入浴支援実施へ 市議会一般質問

市、通所型で調整
 6月定例石垣市議会(知念辰憲議長)の一般質問最終日は22日、我喜屋隆次、石垣涼子、宮良操、仲間均の4氏が見解をただした。当局側は、現在実施されていない障がい児の入浴サービスに向け、調整していく考えを明らかにした。観光客やクルーズ船客の増加に伴い、「客引き行為」が多くみられることを受け、ルール作りを検討する方針も示した。小中学校で、必要とされている扇風機の修繕、取り換えがいまだに実施されていない...
本文を読む

台湾物産博に商工生2人を派遣 石垣市

台北市で開かれる「日本の観光・物産博2017」の八重山ブースで通訳業務や観光誘客活動を行う八重山商工高校商業科観光コースの出地佑希君(右から3人目)と大島悠莉さん(同左)=22日午前、市役所庁議室台北市で開かれる「日本の観光・物産博2017」の八重山ブースで通訳業務や観光誘客活動を行う八重山商工高校商業科観光コースの出地佑希君(右から3人目)と大島悠莉さん(同左)=22日午前、市役所庁議室
通訳など八重山観光PRへ
 台湾の台北駅(台北市)で23日から3日間の日程で開かれる日本国内の地域物産展「日本の観光・物産博2017」(同実行委員会主催)の八重山ブースに八重山商工高等学校(新城英人校長)商業科観光コースの出地佑希君(3年)と大島悠莉さん(2年)が参加して、通訳業務や観光誘客活動を行い八重山観光のPRを盛り上げる。  地元高校生の派遣は石垣市が将来の観光産業を担う人材育成の一環として実施する。同校はこ...
本文を読む

海の危険生物に注意を

ハブクラゲや海洋危険生物への対策が話し合われた2017年度石垣市ハブクラゲ等海洋危険生物対策会議=22日午後、石垣市健康福祉センター2階会議室ハブクラゲや海洋危険生物への対策が話し合われた2017年度石垣市ハブクラゲ等海洋危険生物対策会議=22日午後、石垣市健康福祉センター2階会議室
夏に向け関係機関が対策会議
 これから夏場に向け、海での危険生物による被害対策を協議する2017年度石垣市ハブクラゲ等海洋危険生物対策会議(石垣市健康福祉センター主催)が22日午後、同センターで開かれ八重山保健所など関係機関から10人が参加した。1998年から2016年の間に同保健所管内で発生した海洋危険生物による被害はハブクラゲが427件と最多で、被害全体の48%を占めた。7~8月にかけ刺症被害が多く発生することから、事...
本文を読む

クルーズ船専用岸壁、渋滞など受け入れ課題 市議会一般質問

南ぬ浜町での暫定供用
ターミナルビル整備もめど立たず
 6月定例石垣市議会(知念辰憲議長)は20日、井上美智子、長山家康、小底嗣洋、崎枝純夫、砥板芳行の5氏が一般質問を行った。2018年春に予定されている南ぬ浜町のクルーズ船専用岸壁の暫定供用に伴い、大渋滞が予想されるなど、受け入れ面での課題が浮き彫りとなった。ターミナルビルの整備もめどが立っていないことが判明した。また、石垣島堆肥センターの稼働率が生産ベースで26%台にとどまっていることが報告され...
本文を読む

市長「抑止力になり得る」

石垣島への陸自配備で明言
 石垣島への自衛隊配備計画をめぐり、中山義隆石垣市長は20日、「南西諸島それぞれの地域に配備することで防衛体制がつくれると認識しており、石垣島への配備は抑止力になり得る。中国の脅威にはならない」と明言した。市議会一般質問で、「抑止力にはならない」とする小底嗣洋氏に答えた。  小底氏は、中国の軍事力に言及した上で「地対艦・地対空誘導弾では抑止力にならない、火に油を注ぐようなもの。中国がその気に...
本文を読む

過去最高229㌧見込む

八重山地区の2017年産マンゴーは過去最高の229㌧の生産が見込まれている=2013年6月11日(資料写真)八重山地区の2017年産マンゴーは過去最高の229㌧の生産が見込まれている=2013年6月11日(資料写真)
17年八重山地区の生産マンゴー
来月中旬、収穫ピーク
 【那覇】県農林水産部は20日、県内の2017年産マンゴーの生産見込み(13日調査時点)を発表した。八重山地区は、昨年が不作だった反動でことしは過去最高の229㌧を見込む。県全体でも2055㌧とかつてない生産量を予測する。収穫期のピークは、加温栽培が7月上旬、無加温栽培は7月下旬(八重山は7月中旬)の見通し。  各地区の生産状況は5地区全てで増産。平年と比べて本島北部は38%増の570㌧、中...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム