八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

過去最高の7億2558万円 17年度販売額

第8回ゆらてぃく市場生産者大会で各部門の表彰を受ける生産者ら=24日午後、大浜公民館第8回ゆらてぃく市場生産者大会で各部門の表彰を受ける生産者ら=24日午後、大浜公民館
ゆらてぃく生産者大会
会長に黒島氏就任
 JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場(山根聡店長、会員663人)の2017年度販売額が過去最高の7億2558万円(前年度対比3978万円増)に上ることが24日、大浜公民館で開催した第8回生産者大会で報告された。観光客数や会員数の増加に加え、台風の影響も少なく豊作となったことが販売額を押し上げた。特にパインとマンゴーなど果実の売り上げが伸びた。  ゆらてぃく市場は、2011年4月...
本文を読む

大幅な組織改革で新体制 YVB総会

法人化4年目を迎え、総会で大幅な組織改編を図り、新年度をスタートした八重山ビジターズビューロー=23日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ法人化4年目を迎え、総会で大幅な組織改編を図り、新年度をスタートした八重山ビジターズビューロー=23日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ
ビジョン推進戦略室を新設
常任専務理事に東川平氏
 法人化4年目を迎えた八重山ビジターズビューロー(会長・中山義隆石垣市長、YVB)は23日午後、市内ホテルで2018年度第4回通常総会を開き、観光庁が認定する県内初の日本版DMO登録などに向けた組織機能強化で八重山圏域ビジョン推進戦略室を新設したほか、常任専務理事に日本トランスオーシャン航空㈱の東川平靖取締役(56)=石垣市白保出身=に加え、同室室長に㈱日本旅行の西嶋良洋氏(59)の民間からの出...
本文を読む

正社員求人25%と低水準 八重山

八重山管内と全国の正規・非正規求人の割合八重山管内と全国の正規・非正規求人の割合
過去5年間の平均
雇用の質が改善されず
 好調な観光産業がけん引して、経済が拡大し雇用の間口も広がる一方、郡内の正社員求人は2017年度までの過去5年間の平均で全体の25%と低い水準にとどまっていることが23日までに八重山公共職業安定所(寺島浩代所長)への取材で分かった。残る75%は個別の労働契約に応じた期間や時間で雇用する非正規求人で、13年3月の新空港開港から急激に活性化した経済活動に対して雇用の質が改善していない現状が浮き彫りと...
本文を読む

観音堂地区で自治会設立へ

観音堂自治会発足の意義などについて説明する設立準備会の比屋根健代表(中)、小沢正副代表(左)、内海良彦副代表=22日夜、「宿・八重山すてい楽楽楽♪」観音堂自治会発足の意義などについて説明する設立準備会の比屋根健代表(中)、小沢正副代表(左)、内海良彦副代表=22日夜、「宿・八重山すてい楽楽楽♪」
景観変更や開発に危機感
情報収集、折衝の窓口に
大型共同住宅が計画されているほか、高さ制限の緩和が予定されている観音堂景観地区で29日、自治会が組織されることになった。いずれの問題も住民にはほとんど知らされておらず、「良好な生活環境を築くため、情報の収集、折衝の窓口としての機能」を果たすことを目的に立ち上げることに。観音堂自治会設立準備会(比屋根健代表)が22日夜、地区内で会合を開き、規約案や事業計画案などを総会に提出することを承認。比屋根代...
本文を読む

離島割の適用を保留 石垣―那覇路線

県、バニラ・エア新規参入で
 県は7月1日から、石垣ー那覇路線で離島住民を対象に航空運賃を割り引く沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業の適用保留を決めた。同日から同路線に格安航空会社(LCC)のバニラ・エア(成田国際空港)が新規参入することを受けた措置。離島住民に対して片道航空運賃の約4割を補助している県は保留理由に「航空会社間の公正かつ自由な競争が制限される」としている。これを受けて同路線を運航する航空各社は離島割引運賃...
本文を読む

「量から質への転換を」 市観光交流協会通常総会

役員改選などの各議案が提出された石垣市観光交流協会の2018年度第55回通常総会=21日夕、南の美ら花ホテルミヤヒラ役員改選などの各議案が提出された石垣市観光交流協会の2018年度第55回通常総会=21日夕、南の美ら花ホテルミヤヒラ
新会長に大松宏昭氏
不在の事務局長選任へ
 石垣市観光交流協会(高嶺良晴会長、会員335社)は21日夕、市内ホテルで2018年度第55回通常総会を開き、任期満了に伴う役員改選で八重山観光フェリー㈱代表取締役社長の大松宏昭氏(64)を選任した。ことしで新空港開港から5年が経過し、観光産業の拡大に対して観光消費額が地域で循環していないという現状に、2期8年務めた高嶺会長は「必要以上に消費額が島外に流出して景況感がない。観光が好調な今だからこ...
本文を読む

求人票の早期提出を 八重山職安

来春卒業を控える新規高卒求人の申し込み事務手続き説明会で、八重山公共職業安定所の説明を聞く郡内企業の担当者=21日午後、石垣地方合同庁舎来春卒業を控える新規高卒求人の申し込み事務手続き説明会で、八重山公共職業安定所の説明を聞く郡内企業の担当者=21日午後、石垣地方合同庁舎
来春高卒予定対象
郡内企業に手続き説明
 来春卒業予定の高校生を対象にした求人受け付けが郡内で6月1日から始まるのを前に、八重山公共職業安定所(寺島浩代所長)は21日午後、採用を予定している郡内企業を対象にした求人申し込みの事務手続き説明会を石垣地方合同庁舎で開き、求人票の早期提出を呼びかけた。  昨年度、同所管内の新規高卒求人数は前年度14件増の113件に対し、求職者数は同比5人増の94人で内定率は96・8%だったが、6割が県外...
本文を読む

竹富島入域料300円

計画案が池田孝之委員長(右)から西大舛髙旬町長に答申された=18日午後、竹富島まちなみ館計画案が池田孝之委員長(右)から西大舛髙旬町長に答申された=18日午後、竹富島まちなみ館
協議会が町に答申
保全・再生事業に活用
 【竹富】竹富島の貴重な生態系と農村集落景観の保全・再生を目的に進められてきた「竹富島地域自然資産地域計画(案)」が18日午後、竹富島まちなみ館で開かれた第4回協議会(池田孝之委員長、委員25人)で承認され、同日、池田委員長から西大舛髙旬町長に答申された。これまで議論されてきた入域料は、島民らが保全・再生活動に必要と試算した1人当たり300円に決定した。事業実施主体の竹富町が島の新設法人に委託し...
本文を読む

八重山観光の基盤整備へ 沖縄県

観光で3市町が抱える地域課題に共通しているのが訪島外国人客へのインバウンド対応。写真は石垣市内で買い物を楽しむ台湾人観光客=18日午後、ユーグレナモール観光で3市町が抱える地域課題に共通しているのが訪島外国人客へのインバウンド対応。写真は石垣市内で買い物を楽しむ台湾人観光客=18日午後、ユーグレナモール
3市町から課題聞き取り
離島観光振興会議
   八重山を訪れた観光客が2017年に過去最高の138万6000人にのぼったのを受け、県は17日午後、八重山合同庁舎大会議室で郡内3市町を対象に離島観光振興会議を開き、観光で抱える地域課題を聞き取った。その結果、観光業界の人材不足や利便性向上の施設整備、宿泊施設不足など課題は山積している。3市町行政は事業化して解消に対応する意向だが限りがある財政では難しく、離島への誘客を推進する...
本文を読む

2団体と指導者一人表彰 スポーツ少年団総会

2018年度石垣市スポーツ少年団総会で、昨年度の活躍団体として表彰を受ける八島マリンズバレーボール部スポーツ少年団の代表者(左)=18日夜、市役所会議室2018年度石垣市スポーツ少年団総会で、昨年度の活躍団体として表彰を受ける八島マリンズバレーボール部スポーツ少年団の代表者(左)=18日夜、市役所会議室
会長に崎山氏を再任
 石垣市スポーツ少年団(崎山用育本部長、加盟41団体)の2018年度総会が18日夜、市役所会議室で開かれ、17年度で優秀な成績を収めた2団体と、長年活動に貢献した指導者一人を表彰した。役員改選で崎山会長を再任した。本年度の事業計画や予算も承認した。  各団体の要望を受け、昨年度に続きスポーツリーダー兼認定員養成講習会を市内で開催する。開催時期は未定。  総会冒頭、昨年7月に渡嘉敷村で開か...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム