八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社会・経済」の検索結果は以下のとおりです。

故翁長氏を悼む 県民大会

辺野古新基地反対を訴えるメッセージボードを掲げる参加者ら=11日午前、那覇市の奥武山陸上競技場辺野古新基地反対を訴えるメッセージボードを掲げる参加者ら=11日午前、那覇市の奥武山陸上競技場
副知事「承認撤回、毅然と判断」
 【那覇】米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対し、政府が17日にも予定する土砂投入の阻止を目指す「県民大会」が11日、那覇市で開かれた。8日に亡くなった翁長雄志知事に黙とうをささげるなど、主催者発表で7万人の参加者が早すぎる死を惜しんだ。  翁長氏の職務代理を務める謝花喜一郎副知事は、前知事の埋め立て承認撤回に関し、「辺野古に新基地は造らせないという翁長氏の思いをしっかり受け...
本文を読む

新八重山病院開院へ着々

新しい医療機器導入に向けて準備が進められている新八重山病院。9月30日に現病院から引っ越しが行われる=7日午後、石垣市真栄里新しい医療機器導入に向けて準備が進められている新八重山病院。9月30日に現病院から引っ越しが行われる=7日午後、石垣市真栄里
来月30日、患者ら移動
実行委「万全な態勢を構築」
 新県立八重山病院の10月1日開院まで2カ月を切り、病院側は、円滑な移転を目的にことし4月に立ち上げた「引っ越し実行委員会」(委員長・上原真人麻酔科部長)で準備を進めている。今後2度の予行演習を行い、ルートや交通量などを確認、9月30日(日)に入院患者や医療機器を現病院から新病院に移動させる。システムや設備の確認のため10月1日の外来診療を休診、2日から再開する。移転当日は、提供可能な医療サービ...
本文を読む

「オニササ」商標登録

「おにささ」から「オニササ」に名称が変わった商標登録証と自慢のオニササを手に笑顔を見せる知念秀子さん=10日午前、知念商会「おにささ」から「オニササ」に名称が変わった商標登録証と自慢のオニササを手に笑顔を見せる知念秀子さん=10日午前、知念商会
元祖、知念商会の自慢の味
 おにぎりと鶏ササミのフライを組み合わせた石垣島が誇るB級グルメ「オニササ」が商標登録された。元祖オニササを銘打つ㈲知念商会=登野城=が昨年8月、ひらがな標記の「おにささ」で商標登録していたが、ことし6月に同店本来の愛着あるカタカナ標記での再登録を果たした。おかずとおにぎりが並ぶ食品ケースから客が自由に手に取るスタイルが客から支持を受け、なかでもオニササは1日約600個も売り上げるほど人気ぶり。...
本文を読む

県議補選 自民支部大浜氏擁立へ

知念氏、出馬意思変わらず
知事選は来月末濃厚
 11月に予定されていた県知事選(1日告示、18日投開票)と県議補選(9日告示、18日投開票)は、翁長雄志知事の死去に伴い、前倒しで実施されることになる。公選法では県選管への死亡通知の翌日から50日以内に実施すると規定していることから、9月23日か同30日のいずれかになる見通し。ただ、同23日の場合、告示日が同6日となり、統一地方選の選挙期間と一部重複することから、同30日の日程が濃厚とみられて...
本文を読む

翁長雄志知事死去 党派超え、沖縄に尽くす

石垣市長選の街頭演説であいさつする翁長雄志知事=3月3日夕、石垣市内石垣市長選の街頭演説であいさつする翁長雄志知事=3月3日夕、石垣市内
辺野古反対、最後まで貫く
67歳、膵臓がん闘病中
 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の反対派の象徴的存在だった沖縄県知事の翁長雄志氏が8日、死去した。67歳だった。4月に膵臓(すいぞう)がんの切除手術を受け、治療しながら公務を続けていたが、7日に体調が急変し、意識混濁の状態となっていた。  翁長雄志知事が石垣市を最後に訪れたのは、ことし3月3日の石垣市長選告示日前日。翌4日にかけ、応援弁士としてマイクを握り、「1票差でも必ず勝...
本文を読む

石垣島から危惧種持ち出す

男を書類送検
ネット販売で利益得る
 石垣島から天然記念物のカメとトカゲを持ち出し飼育したとして、警視庁と沖縄県警の合同捜査本部は8日、文化財保護法違反容疑で飲食店従業員の男(23)=埼玉県北本市=を書類送検した。容疑を認め、「ばれなければよいと思った」などと話しているという。  送検容疑は今年1月と6月、無許可で石垣島から持ち出した天然記念物のキシノウエトカゲ1匹とヤエヤマセマルハコガメ4匹を自宅で飼育した疑い。2種は環境省...
本文を読む

石垣観光、9割が満足 市がアンケート

観光客で賑わう市内ユーグレナモール(資料写真)観光客で賑わう市内ユーグレナモール(資料写真)
交通環境に不満の声も
自然環境の保全必要6割
 石垣市が観光客を対象に7月1日から31日まで実施した意向アンケートで、石垣市観光に対する満足度は「満足」が57・8%、「やや満足」が32・4%、合計90・2%と9割以上が満足していることが分かった。「石垣市を訪れて一番困ったこと」は「交通環境」が27・5%、「石垣市の観光振興施策に必要だと思うもの」は「自然環境の保全」が60・5%とそれぞれ最も多かった。7日午後、市役所会議室で開かれた2018...
本文を読む

上半期観光客数 過去最多の67万8188人 2018年石垣市

多くの観光客でにぎわうユーグレナモール=2018年5月18日多くの観光客でにぎわうユーグレナモール=2018年5月18日
消費額は420億9000万円に クルーズ船は54回寄港
 ことし1~6月の上半期に石垣市を訪れた観光客は前年同期を2万9996人(4.6%)上回る過去最多の67万8188人に上り、観光消費額も17億1000万円(4.2%)上回る420億9000万円に達した。外国人観光客は12万7976(前期比7929人増)が来島した。石垣市観光文化課(仲大底まゆみ課長)がまとめた6月の入域観光客は12万23人(前年同月比6125人減)と減少したが、観光消費額は79億...
本文を読む

黒島畜産共進会 4頭を9月郡共出品へ

第13回黒島畜産共進会に出品された雌牛の栄養度などをチェックする審査員ら=4日午後、黒島家畜セリ市場第13回黒島畜産共進会に出品された雌牛の栄養度などをチェックする審査員ら=4日午後、黒島家畜セリ市場
審査で優秀牛15頭から選出
 【黒島】肉用牛の質と生産農家の飼養管理技術向上を目的に、第13回黒島畜産共進会(黒島肉用牛生産組合主催)が4日午後、黒島家畜セリ市場で開かれ、出品された5部門合計41頭の雌牛の体格や栄養度、毛色などを審査し、優秀牛15頭を選んだ。このうち、9月23日に八重山家畜セリ市場で開かれる第21回八重山郡畜産共進会(郡共)に4頭が出品される。  午後1時から始まった共進会では、県家畜改良協会八重山出...
本文を読む

Uターン希望5割超 高校生アンケート

ことし2月に開かれた若年者対象の「企業説明会」。高校生対象のアンケートで、進学・就職で島を離れても将来的にはUターンを希望する回答が54%に上った=2月21日午後、八重農体育館ことし2月に開かれた若年者対象の「企業説明会」。高校生対象のアンケートで、進学・就職で島を離れても将来的にはUターンを希望する回答が54%に上った=2月21日午後、八重農体育館
若年労働力に期待
人材確保の4本柱に ハローワーク
 ハローワーク八重山雇用対策推進協議会(黒嶋克史会長)がことし2月、若年者労働力の確保に向けて開催した「八重山地区企業説明会」でアンケートを行ったところ、八重山以外で進学・就職を希望する高校生が将来的には地元に戻りたいと回答した割合が54%に上ったことが分かった。協議会は、大学卒業あるいは一定の就職期間を経てUターンを希望する若年者を潜在的な労働力と位置づけ、子育て世代の女性、シニア、外国人雇用...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム