八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

石垣市消防署伊原間出張所起工式 新庁舎工事の安全祈願

石垣市消防署伊原間出張所新庁舎の起工式でくわ入れを行う、(左から)黒嶋克史代表取締役、中山義隆市長、野原吉浩代表=22日午前、石垣市伊原間(新庁舎建設場所)石垣市消防署伊原間出張所新庁舎の起工式でくわ入れを行う、(左から)黒嶋克史代表取締役、中山義隆市長、野原吉浩代表=22日午前、石垣市伊原間(新庁舎建設場所)
海抜40㍍高台に建設 12月末の完成を予定
 伊原間出張所新庁舎の起工式が22日午前、石垣市伊原間の現地で消防や施工関係者ら約30人が参加して行われた。工事は6月初旬に着工、12月末の完成を予定している。新庁舎は海抜40㍍の高台に整備され、災害時避難施設としての機能を確保し、北部地区消防団の拠点施設としても期待されている。起工式では中山義隆市長ら3人がくわ入れし、工事の安全を祈願した。  新庁舎は県道206号線を伊原間公民館から北に約...
本文を読む

税徴収率伸び効果 八重山3市町 併任協定、職員に辞令

八重山3市町の徴税職員が相互の自治体で業務を行うための協定書を締結した市町長と辞令交付を受けた職員ら=22日午後、県八重山合同庁舎八重山3市町の徴税職員が相互の自治体で業務を行うための協定書を締結した市町長と辞令交付を受けた職員ら=22日午後、県八重山合同庁舎
 八重山3市町で税の徴収業務を行う職員が相互の自治体を行き来した業務が可能となる併任人事について定めた協定書の調印式が22日午後、県八重山合同庁舎であった。中山義隆石垣市長、西大舛髙旬竹富町長、外間守吉与那国町長が出席し、各市町の職員代表に辞令を交付した。市町間の相互併任人事は、2015年に市と竹富町が県内で初めて実施し、ことしで3年目。八重山地区個人住民税徴収対策協議会の事務局は「職員の徴収に...
本文を読む

「市長は民意を問え」 陸自施設配置案

開南集落の目と鼻の先に計画されている「石垣駐屯地」(赤線内)=18日午前、小型無人機で撮影開南集落の目と鼻の先に計画されている「石垣駐屯地」(赤線内)=18日午前、小型無人機で撮影
開南地区に不安と動揺
 平得大俣東への陸上自衛隊配備計画をめぐり、防衛省から17日提示された「石垣駐屯地」施設配置案が目と鼻の先にある開南地区では、不安と動揺が広がっている。誘導弾を保管する弾薬庫は集落から数百㍍の距離。境界線と隣接する住宅もある。開南公民館の小林丙次館長は「誘導弾は移動式なので石垣島のどこにも持って行ける。自衛隊配備は石垣島全体の問題。市長は民意を問うべきだ」と訴える。  案は、ゴルフ場側に施設...
本文を読む

陸自配備 施設配置案を提示 若宮防衛副大臣が説明

石垣駐屯地の範囲と施設配置案石垣駐屯地の範囲と施設配置案
弾薬庫や屋内射撃場も
市長、判断の明言避ける
 平得大俣東への陸上自衛隊配備計画をめぐり、若宮健嗣防衛副大臣が17日、石垣市役所に中山義隆市長を訪ね、「石垣駐屯地」の施設配置案を提示した。防衛省によると、予定地は市有地と民有地で半々を占め、面積は計46㌶。北側に隊庁舎、弾薬庫、屋内射撃場などの施設、南側に訓練場などを配置している。今後の作業について若宮副大臣は記者団に「施設配置案を知らせたばかり。具体的なところは確定していない」と述べるにと...
本文を読む

「政治の不当な介入に影響」

副読本「八重山の歴史と文化・自然」の継続刊行について要請する子どもと教科書を考える八重山地区住民の会の黒島精耕共同代表(右)ら=17日午後、市教委副読本「八重山の歴史と文化・自然」の継続刊行について要請する子どもと教科書を考える八重山地区住民の会の黒島精耕共同代表(右)ら=17日午後、市教委
住民の会、中学副読本継続要請
 子どもと教科書を考える八重山地区住民の会(共同代表・仲山忠亨氏ら9人)の黒島精耕共同代表ら4人は17日午後、石垣市教育委員会を訪れ、石垣市の中学生向けの副読本「八重山の歴史と文化・自然」を継続刊行するよう要請した。  要請書では、市教委が刊行・配本の中止に挙げている『見解が分かれている事案や、定説となっていないために論議を派生する事業等を本市中学生の副読本として全生徒に配布することには、市...
本文を読む

新たな拠点で開所式 ファミリーサポートセンター

石垣市ファミリーサポートセンターの新拠点の開所を喜び、テープカットを行う関係者たち=15日午前、登野城石垣市ファミリーサポートセンターの新拠点の開所を喜び、テープカットを行う関係者たち=15日午前、登野城
託児所など設け依頼に対応
 石垣市健康福祉センターから拠点を移し、ことし4月から登野城の旧石垣小児科医院の建物で子育て支援サービスを提供している市ファミリーサポートセンター(センター長・中山義隆市長)の開所式が15日、同所であった。急な託児依頼に伴う預かり場所の確保が困難だったことから移転した。新たな拠点には託児室などを設け、急な依頼に対応できる体制を整えた。市から事業を受託しているNPO法人てぃんくる・やいまの黒島竹子...
本文を読む

透析患者増、対応困難に 郡内3医療機関

人工透析患者の増加を受け、今後の対策について意見交換する医療関係者ら=11日夜、よなは医院人工透析患者の増加を受け、今後の対策について意見交換する医療関係者ら=11日夜、よなは医院
運用能力の限界以上
島内で医療受けられない恐れも
 末期腎不全に対する代替医療の人工透析(血液透析)を受ける患者が急増し、透析施設を有するよなは医院(与那覇朝樹院長、透析機器24台)、石垣島徳洲会病院(池原康一院長、同16台)、県立八重山病院(依光たみ枝院長、同14台)の3医療機関で対応が困難になっていることが11日、分かった。透析患者数は昨年末の159人からことし4月末時点で10人増の169人。安全に運用できる患者数166人を超えており、待機...
本文を読む

補助金制度を3年間延長 市下水道接続

下水道接続率下水道接続率
生活環境向上へ利用呼び掛け
 石垣市下水道課は、2014年度から16年度まで実施した下水道接続促進事業補助金制度を17年度から3年間延長した。最大5~10万円の補助で、過去3年間で約140件の利用があった。30万円を上限とする無利子の貸付金制度との併用も可能。同課は「広く活用してもらうことで、生活環境の向上を図り、きれいな海や川を守ることができる」として早めの接続を呼び掛けている。  制度は、下水道につなぐ排水設備工事...
本文を読む

与那国町長選3カ月切る 革新側の今後の動き注目

与那国町長選、4期目を目指す外間守吉氏(右)と、自民公認を受けた町議会議長の糸数健一氏与那国町長選、4期目を目指す外間守吉氏(右)と、自民公認を受けた町議会議長の糸数健一氏
外間氏と糸数氏準備
保守の分裂選挙が濃厚に
 【与那国】8月1日告示、同6日投開票の町長選まで3カ月を切った。4期目を目指す外間守吉氏(67)は3月8日に自民公認を受け、町議会議長の糸数健一氏(63)は4月23日に後援会を立ち上げるなど、準備を進めている。保守分裂選挙が濃厚となる一方、現段階で革新側に表だった動きはない。保守同士の一騎打ちとなるか、革新側を加えた三つどもえとなるか、今後の動きに注目が集まりそうだ。  陸上自衛隊与那国駐...
本文を読む

7月に島人カーニバル 音楽で島の魅力発信

石垣市の市制施行70周年記念事業の音楽イベント「島人カーニバル」について取り組みを確認した実行委員会=8日午前、市役所会議室石垣市の市制施行70周年記念事業の音楽イベント「島人カーニバル」について取り組みを確認した実行委員会=8日午前、市役所会議室
15、16の2日間 市制施行70周年記念事業 
 石垣市の市制施行70周年記念事業の一つで、石垣島出身のアーティストらが一堂に会する音楽イベント「島人カーニバル」が7月15、16の両日、新栄公園で開かれる。イベントを主催する実行委員会が8日に市役所会議室で1回目の会合を開き、取り組みを確認した。今後、実行委は、出演者や開催時間などを決定して発表し、島外にも広く周知しながら集客につなげる方針だ。  イベントは、音楽を通して石垣島や人々の魅力...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム