八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

新型コロナ 発熱者を八病院へ移送

石垣市が到着ロビーに暫定的に設置した旅行者専用ブース=6日午前、南ぬ島石垣空港石垣市が到着ロビーに暫定的に設置した旅行者専用ブース=6日午前、南ぬ島石垣空港
石垣市が体制構築 PCR検査を実施へ 協力依頼で強制力なく
 新型コロナウイルス感染防止の水際対策で石垣市は6日、南ぬ島石垣空港に職員1人を常駐させ、到着した乗客のうち発熱の疑いのある客を県立八重山病院に移送し、PCR検査につなげる体制を構築した。空港到着ロビーに県が設置しているサーモグラフィー測定で、37・5度以上の到着客を対象にPCR検査の協力を依頼、医師の判断のもと実施する。県主体の旅行者専用相談センター(TACO)八重山分室(仮称)設置までの暫定...
本文を読む

融資額、過去最大111億円 沖縄公庫八重山支店

沖縄公庫新型コロナ関連融資実績(県内)沖縄公庫新型コロナ関連融資実績(県内)
コロナ特別貸付、申し込み594件
 沖縄振興開発金融公庫八重山支店(前村司支店長)は3日、同支店の新型コロナウイルス関連特別相談窓口の状況を公表した。八重山管内の新型コロナウイルス感染症特別貸付は、6月28日時点で申し込み594件中、583件で融資が決定。融資額は111億円となり、同支店の年間融資額としても過去最大となる。  同支店ではことし1月27日に新型コロナの相談窓口を設置。全国的に感染拡大が本格化し、国・石垣市が緊急...
本文を読む

民間委託で救急業務開始 西表島西部地区

1日から西表西部地区で救急救命業務に当たっている日本救急システムの救急救命士ら。(右から)島伶弥さん、長谷川瑛一部長、鈴岡克文部長補佐、池宮城和哉さん=1日午前、祖納1日から西表西部地区で救急救命業務に当たっている日本救急システムの救急救命士ら。(右から)島伶弥さん、長谷川瑛一部長、鈴岡克文部長補佐、池宮城和哉さん=1日午前、祖納
竹富町が県内自治体初
 【西表】県内自治体として初の民間委託による救急救命業務が1日、西表島西部地区で始まった。受託先の日本救急システム㈱(JEMS、本社・宮崎県)沖縄支社竹富救急事業部が祖納集落の救急救命士詰め所を拠点に活動を展開する。2020年度は救急救命士4人を配置し、3人体制で平日午前8時半〜午後5時半まで業務にあたる。事業部の長谷川瑛一部長は「消防団員の負担軽減、住民の暮らしを守り、観光客が安心して来島でき...
本文を読む

返礼品の発送を開始 石垣牛CFプロジェクト

支援者向け発送される石垣牛商品。関係者が拍手で見送った=1日午後、担たん亭支援者向け発送される石垣牛商品。関係者が拍手で見送った=1日午後、担たん亭
総額1789万4338円を確保 JAおきなわ
 インターネット上で支援金を募り、返礼としてJA石垣牛を贈るJAおきなわの石垣牛クラウドファンディング(CF)プロジェクトは6月21日で終了し、1141件1789万4338円が寄せられた。JAおきなわ八重山地区畜産振興センターは1日、生産者からの感謝のメッセージを動画で伝えるQRコード付きの礼状も添え返礼品の発送を開始した。  支援は山形、鳥取、高知を除く都道府県からあった。多い順に関東50...
本文を読む

石垣市教委 発掘調査報告書を刊行

最新の知見入りの看板を設置したフルスト原遺跡=25日午後、石垣市大浜の同所最新の知見入りの看板を設置したフルスト原遺跡=25日午後、石垣市大浜の同所
フルスト原遺跡など3カ所
 石垣市教育委員会は、市内の遺跡や古墓など3カ所で発掘調査を行い、それぞれの成果のまとめとして『フルスト原遺跡ー史跡整備に伴う発掘調査報告書ー』、『川平大兼久古墓群ー川平子育て支援施設整備事業に伴う発掘調査報告書ー』、『登野城遺跡ーホテル建築に伴う緊急発掘調査2ー』をこのほど刊行した。遺構や遺物の写真と図、出土点数や状態の統計、分析などを収録しており、3カ所の報告書とも市立図書館で閲覧できる。 ...
本文を読む

「字登野城尖閣」変更を可決 真っ向対立も与党賛成多数

尖閣諸島の字名を変更する議案に起立して賛成する与党議員ら=22日午前、本会議場尖閣諸島の字名を変更する議案に起立して賛成する与党議員ら=22日午前、本会議場
石垣市議会最終本会議 台湾に反発する動き
 石垣市議会(平良秀之議長)は22日、6月定例会最終本会議で、尖閣諸島の字名を「字登野城」から「字登野城尖閣」に変更する議案を与党らの賛成多数(13対8)で可決した。台湾では反発の声が挙がっており、関係悪化が懸念されるが、中山義隆市長は取材に「これまでの長い信頼関係がある」と述べ、影響はないとの認識を示した。10月1日に施行される。( 面に関連)  市は今月9日、現字名では一見して「尖閣」と...
本文を読む

沖縄戦後75年 「平和の尊さ胸に」

6月23日は沖縄戦終結から75年の節目を迎えるが、新型コロナウイルス感染症の影響で追悼式は縮小される=22日午後、八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑6月23日は沖縄戦終結から75年の節目を迎えるが、新型コロナウイルス感染症の影響で追悼式は縮小される=22日午後、八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑
追悼式規模縮小 正午のサイレンで黙とうを
 沖縄は23日、「慰霊の日」を迎える。沖縄戦の終結から75年。八重山3市町では6251人(平和の礎刻銘者数)が犠牲になっている。八重山郡内各地でも追悼式が行われているが、ことしは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から規模が縮小される。参列者を案内者のみに限定し、児童生徒の参列もない。3市町では「正午のサイレンに合わせて黙とうし、戦争の悲惨さと平和の尊さを胸に刻んでほしい」(中山義隆市長)と呼び...
本文を読む

竹富町長選 西大舛氏が出馬会見

2期目へ意気込みを述べる西大舛騠旬氏(中央)=21日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ2期目へ意気込みを述べる西大舛騠旬氏(中央)=21日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ
新型コロナ対策主軸に
 8月16日投票・翌日開票の竹富町長選挙で2期目を目指す現職の西大舛騠旬氏(72)は21日午後、石垣市内のホテルで出馬会見を開き、新型コロナウイルス感染症への対策を主軸に掲げ「見えないウイルスとの戦いが重要になる。同時に竹富町の第5次基本構想・9次基本計画を実行し、町民皆さんと一緒にさらなる竹富町の礎をつくっていきたい」と決意を語った。役場庁舎の西表島大原移転については「私が2期目に当選するなら...
本文を読む

与那国町 農業者用住宅、7月着工

農林水産新規就業者用定住型住宅のパース図。1棟3戸の2LDK(同町提供)農林水産新規就業者用定住型住宅のパース図。1棟3戸の2LDK(同町提供)
新規就農者対象に1棟3戸
 農業新規就農者のIターンやUターンを受け入れる環境づくりの一環として、与那国町が農林水産新規就業者用定住型住宅確保事業を進めている。今年度は同町祖納地区に1棟3戸の住宅を整備する。工期は7月18日から来年1月13日まで。来年度4月の供用開始を目指す。  同事業は内閣府の沖縄離島活性化推進事業。同住宅事業費は建築で8569万円、国の8割補助事業となる。電気・機械工事の入札は6月末に発注予定。...
本文を読む

石垣庁舎工事議案を可決 年度内着工、23年度開庁

竹富町役場石垣庁舎工事委託契約で賛成6人が起立し議案が可決した=19日午前、議場(沖縄銀行八重山支店2階)竹富町役場石垣庁舎工事委託契約で賛成6人が起立し議案が可決した=19日午前、議場(沖縄銀行八重山支店2階)
竹富町議会最終本会議
 6月竹富町定例議会の最終本会議が19日行われ、竹富町役場石垣庁舎工事委託契約に関する議案が、採決の結果、賛成6、反対5の賛成多数で可決された。討論では、庁舎機能がもたらす町民サービスへの有益性を強調する賛成意見と規模の大きさや事業費30億円余に加え住民への説明不足を指摘した反対意見で割れた。町は今後、大和リース㈱と本契約を結び、ことし11月までに実施設計を完了させ、県と協議し事業費にかかる起債...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム