八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

義務付け訴訟を提起

提訴後に会見する原告と代理人。金城龍太郎代表(中央)は「どうしても実現したい」と語る=19日午後、県庁記者クラブ提訴後に会見する原告と代理人。金城龍太郎代表(中央)は「どうしても実現したい」と語る=19日午後、県庁記者クラブ
全国初、住民投票求める会 自治条例解釈、司法判断へ
 【那覇】石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表らが19日、石垣市を相手に、平得大俣地域の陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票実施義務の履行を求める義務付け訴訟と仮の義務付けの申し立てを那覇地裁に提起した。住民投票の請求・発議を規定する石垣市自治基本条例第28条の解釈は、司法の判断に委ねられることになった。  代理人の大井琢弁護士によると、住民投票実施の義務付け訴訟と仮の義務付けの申し立...
本文を読む

竹富町議会9月定例会一般質問 農地転用に慎重な姿勢

県側、農振除外見直しで
 9月定例竹富町議会(新田長男議長)一般質問最終日は19日、上盛政秀、渡久山康秀、那根操の3氏が登壇した。現在、町が農用地区域の農振除外総合見直しに向け県と予備調整している申請農地24件のうち2件の調整が難航している。同農用地には第1種農地も含まれ、県側が農地転用に慎重な姿勢をみせている。上盛氏の質疑。那根氏は、西表漁港の製氷貯氷施設の老朽化を指摘。使用に支障をきたしているとして、早期取り換えを...
本文を読む

与那国町議会9月定例会一般質問 職員の人員不足課題

採用条件緩和など検討
 【与那国】9月定例町議会(前西原武三議長)一般質問最終日は18日、嵩西茂則、金城信利、崎元俊男、与那原繁の4氏が質問した。陸上自衛隊レーダー基地の電磁波による健康への影響について崎元氏が久部良住民を対象に健康診断の実施を求めたのに対し上地常夫総務課長は「今まで検討したことはない。専門の健康診断があるのかも分からない」と答弁。職員数が定数に20人不足していることに上地総務課長は「異常な状態」とし...
本文を読む

竹富町議会9月一般質問 石垣—波照間 就航率90%と安定

ごみのポイ捨てなど課題も
 竹富町議会9月定例会(新田長男議長)一般質問2日目は18日、仲里俊一、大浜修、加屋本真一、宮良道子の4氏が質問した。西表島住吉地区の貯水池整備は、今月中に貯水池周辺の草木を伐採し腐食したフェンスや堆積した泥の除去が可能か調査する。石垣—波照間の定期航路の就航率は、ことし4〜7月平均で90%と安定。一方で、好調な入域観光客数に伴い住民から「ごみのポイ捨てが目立つ」と声も上っている。(9面に関連と...
本文を読む

市議会与党 NHK抗議決議を可決 陸自配備放送に「事実と異なる」

NHKテレビ番組「あさイチ」の石垣島陸上自衛隊配備計画に関する放送内容に抗議する決議案に賛成する与党議員(左側)。多数で可決された=17日午前、本会議場NHKテレビ番組「あさイチ」の石垣島陸上自衛隊配備計画に関する放送内容に抗議する決議案に賛成する与党議員(左側)。多数で可決された=17日午前、本会議場
野党「言論封じ」と反発
 9月定例石垣市議会(平良秀之議長)は17日、8月26日のNHKテレビ番組「あさイチ」の石垣島陸上自衛隊配備計画に関する放送内容に「視聴者に大きな誤解を与える」と抗議する決議(提出者・長山家康氏)を与党の賛成多数で可決した。NHKと放送倫理・番組向上機構(BPO)に送付する。野党側は「自由な言論活動への抑圧だ」などと反発した。  決議は「あたかも自衛隊施設が周辺地域の水質を汚染するとの誤った...
本文を読む

カメジローの魅力語る 石垣島上映で佐古監督ら

舞台あいさつで、映画作品に込めた思いを語る佐古忠彦監督(中央)。右は内村千尋さん=16日午後、ゆいロードシアター舞台あいさつで、映画作品に込めた思いを語る佐古忠彦監督(中央)。右は内村千尋さん=16日午後、ゆいロードシアター
 現在、ゆいロードシアターで上映中の、沖縄の自治を求め米軍の圧制と闘った政治家・瀬長亀次郎の実像に迫ることで戦後史を浮かび上がらせたドキュメンタリー映画「米軍が最も恐れた男カメジロー~不屈の生涯」は16日午後、上映後に佐古忠彦監督と亀次郎の二女・内村千尋さんによる舞台あいさつが行われた。  作品は元ニュースキャスターの佐古監督が沖縄取材などを通して制作した「米軍が最も恐れた男、その名はカメジ...
本文を読む

18年度市税徴収率97.4% 過去最高を記録

18年度石垣市税徴収状況18年度石垣市税徴収状況
未収金も大幅に減少 石垣市納税課
 石垣市納税課(吉村安史課長)の市税徴収率は年々上昇しており、2018年度には現年度・滞納繰り越し合わせて97.4%の過去最高を記録した。滞納処分の強化で未収金は10年度の5億2978万円から1億4282万円に大幅に減少している。同課は、滞納に陥らないよう納期内納付の推進に力を入れている。  市税は市民税、固定資産税、軽自動車税などで構成され、自主財源の根幹をなす。18年度の調定額は58億5...
本文を読む

「民泊」の制限なし 織物講習に給付金検討

石垣市議会 一般質問
 9月定例石垣市議会(平良秀之議長)の一般質問最終日は13日、砥板芳行、石垣達也の2氏が登壇した。一般住宅を宿泊施設として利用できる「民泊」を制限する県条例区域に、石垣市が入っていないことが砥板氏の質問で判明、市は県と調整する考えを示した。中山義隆市長は、ミンサーなど伝統織物講習会の受講生に給付金を支給する仕組みを検討する考えを明らかにした。石垣氏への答弁。  住宅宿泊事業法では、県への届け...
本文を読む

保安距離明らかにされず 陸自予定の火薬庫4棟

自治基本条例適用 中山市長「署名者にウソ」と反論
 平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、開南集落寄りに配置予定の火薬庫4棟の保安距離が明らかにされてないことが11日、分かった。保安距離は危険物・爆発物が発火・爆発した場合に被害が及ぶ範囲。知念永一郎総務部長が11日、市議会一般質問で「保安距離は火薬の種類、貯蔵量によって決定するため、保安距離を明らかにすると、これらが推察されるため答えは差し控えたいということだった」と防衛省の見解を紹介した。...
本文を読む

住民投票直接請求 議会否決で効力消滅

中山市長「条例に基づかない」 手続き二つと解釈示す
 石垣市自治基本条例に基づく平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票について中山義隆市長は9日、「今回は地方自治法に基づいて請求されたので同法にのっとって処理した」と述べ、議会の否決で効力は消滅しているとの認識を改めて示した。一方、「自治基本条例で新たに署名を集めるのであれば、条例で処理、対応することになる」と述べ、自治法と条例二つの請求手続きがあるとの解釈を示した。前津究氏の一般質問...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム