八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

水道水一部供給されず 冨崎地区高台

ホテル建設など影響 水需要増で水圧低下
 新川冨崎地区の高台で、時間帯によって水道水の供給を受けられない世帯があることが11日、分かった。仲嶺忠師氏が市議会一般質問で明らかにした。水道部によると、同地区では、名蔵と阿香花の2カ所の配水池系統から給水を受けていたが、県道整備に伴って名蔵配水池の配水管が切り離された上、近年のホテル建設や住宅増で水需要が増えていることから、水圧が低下しているという。伊良部義一水道部長は、配水系統の変更を検討...
本文を読む

給付型奨学金、条件緩和へ 竹富町教委

希望者ゼロの実態受け
来年4月から実施の考え
 竹富町教育委員会(仲田森和教育長)は、給付型奨学金「竹富町ふるさと応援奨学金奨学生」の条例と規則の見直しに着手する。給付型奨学金制度は郡内初の試みとして本年度から始まったが、希望者ゼロの実態が明らかとなり、「卒業後の据え置き期間の設定」「町内就職は厳しい」など給付条件の再検討を求める声が上がっていた。竹教委は、来年1月の定例会で素案をまとめ、3月定例会に上程、来年4月から実施したい考えだ。 ...
本文を読む

鳩間小中改築など12議案上程 竹富町議会

鳩間小中学校校舎改築工事請負契約の一部変更を求める議案など12件が上程された竹富町議会12月定例会=8日午後、町役場議場鳩間小中学校校舎改築工事請負契約の一部変更を求める議案など12件が上程された竹富町議会12月定例会=8日午後、町役場議場
12月定例会が開会
一般質問13日から3日間
 竹富町議会(新博文議長)の12月定例会が8日午後に開会し、当局は9月定例会で議決された鳩間小中学校校舎改築工事請負契約(建築・設備)の一部変更を求める議案など計12件を上程した。会期は15日までの8日間。一般質問は13日からの3日間となる。  一部変更案で当局側は、同校舎改築の契約額を建築工事で3525万円増額の3億9284万円、設備工事で1308万円増額の7065万円をそれぞれ計上。 ...
本文を読む

小中クーラー寄付で設置 市一般会計補正予算案

新庁舎使用の赤瓦も
補正予算案に確保経費計上
 石垣市が12月定例市議会に提出した2017年度一般会計補正予算案(281億2120万円)には、小中学校に設置するクーラーや新庁舎に使う赤瓦の財源を寄付で確保する経費が盛り込まれている。福祉避難所兼ふれあい施設の駐車場用地購入費、伊原間側から平久保エコロードへの入り口となる取り付け道路の用地購入費、八重山闘牛場施設改修費なども計上されている。  クーラー設置寄付の目標額は3000万円。ネット...
本文を読む

共生社会実現へ議論 市地域福祉計画

地域福祉計画・地域福祉活動計画の改定について話し合われた=7日午後、市役所2階会議室地域福祉計画・地域福祉活動計画の改定について話し合われた=7日午後、市役所2階会議室
改定向け初回委員会
 第2次石垣市地域福祉計画・地域福祉活動計画(2018年度から5カ年)を策定する石垣市地域福祉計画策定委員会の第1回委員会が7日午後、石垣市役所で開かれ、計画改定に向けた報告や意見が交わされた。委員会に先立ち中山義隆市長が委員19人に委嘱状を交付。互選で会長に選任された、琉球大学法文学部人間科学科の鈴木良准教授に中山市長が計画策定を諮問した。来年3月に答申される。  計画は、共生社会の実現に...
本文を読む

今村市議出席で議会混乱 与党が出席自粛要請

12月定例石垣市議会に出席した今村重治市議の対応をめぐる協議で空席となった与党席(左側)。他の議員や職員は待機を余儀なくされた=4日10時45分ごろ、本会議場12月定例石垣市議会に出席した今村重治市議の対応をめぐる協議で空席となった与党席(左側)。他の議員や職員は待機を余儀なくされた=4日10時45分ごろ、本会議場
野党は反発「罪確定せず」 12月定例会 大幅遅れで開会
 伊原間牧場でのゴルフ場計画をめぐり、市有地の貸し付けを求めて中山義隆石垣市長を脅迫したなどとして職務強要罪で起訴されている4被告のうち今村重治市議=釈放=は4日、12月定例市議会(知念辰憲議長)に出席した。これに与党側は「議会運営上、支障が出る」として自粛を求めたが、野党側は「釈放され、罪も確定していない。議員の権利を剥奪するものだ」と猛反発した。今村市議は与党の申し入れに「私が判断すること」...
本文を読む

与那国町、町制施行70周年を祝う 町民と協働の島づくりへ

町の発展を願って万歳を三唱する住民ら=2日午後、町離島振興総合センター町の発展を願って万歳を三唱する住民ら=2日午後、町離島振興総合センター
功労73個人・三団体に感謝状
 1947年12月1日に村から町に昇格した与那国町は2日、町制施行70周年記念式典を比川の町離島振興総合センターで開き、町政功労者73個人・3団体に感謝状を贈るとともに今後の発展を誓った。外間守吉町長は「基幹産業である農業・漁業の振興、安全安心な町づくり、人口減少に対応した定住対策など、町民と協働してよりよい島づくりにまい進する」と決意を新たにした。  町昇格当時の人口は5719人だったが、...
本文を読む

八重山経済人会議 設立20周年記念講演会

八重山観光について助言する稲嶺恵一氏(右)、尖閣問題について説明する山田吉彦氏=1日夜、アートホテル石垣島八重山観光について助言する稲嶺恵一氏(右)、尖閣問題について説明する山田吉彦氏=1日夜、アートホテル石垣島
2氏が尖閣と観光で講話
 設立20周年を迎えた八重山経済人会議(大浜一郎代表幹事)の記念講演会が1日夜、石垣市内のホテルで開かれ、元県知事で㈱りゅうせき参与の稲嶺恵一氏と東海大学海洋文明学科主任教授の山田吉彦氏が「八重山の国際化と国境 そして未来」をテーマに、尖閣諸島を取り巻く日中米関係や好調な八重山観光の発展に向けて講話した。  第1部で登壇した稲嶺氏は、知事時代を振り返りながら考察した尖閣諸島問題と石垣市で増加...
本文を読む

与那国、きょう町昇格70年

1日に町制施行70周年を迎える与那国島=11月30日午前、祖納地区1日に町制施行70周年を迎える与那国島=11月30日午前、祖納地区
情報通信技術を最大限活用
人口流出に歯止め
 1947年12月1日に村から町に昇格した与那国町はきょう町制施行70年を迎える。町は2日午後2時から比川の離島振興総合センターで記念式典、同3時から祝賀会を開き、今後の町政発展を誓う。外間守吉町長は11月30日、八重山毎日新聞社のインタビューに応じ、「ICT(情報通信技術)を活用して人口流出に歯止めをかけたい」と述べ、全世帯で利用できるようになった光回線の超高速ブロードバンド環境を最大限に生か...
本文を読む

市民会館を観光資源に活用

前川國男氏が生前最後に手がけた石垣市民会館。市は今後、観光資源として活用していく=25日午後前川國男氏が生前最後に手がけた石垣市民会館。市は今後、観光資源として活用していく=25日午後
近代建築ツーリズムネットワークに加盟 石垣市
前川氏の県内唯一建造物
 第2次世界大戦後の日本建築界をリードした建築家の前川國男氏(1905~1986年)が生前最後に手がけた石垣市民会館を有する石垣市は、前川建築物を文化交流拠点として利活用している「近代建築ツーリズムネットワーク」(8自治体)に9月29日付で加盟した。今後、ネットワークと連携し、ツアーの造成など市民会館を観光資源として活用していく考えだ。  前川氏は、近代建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887~...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム