八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「芸能・文化」の検索結果は以下のとおりです。

野嵩樹さんが最優秀賞 どぅなんスンカニ大会

どぅなんスンカニを切々と歌う最優秀賞に輝いた野嵩樹さん=19日夜、ディディ与那国交流館どぅなんスンカニを切々と歌う最優秀賞に輝いた野嵩樹さん=19日夜、ディディ与那国交流館
4年ぶりに開催
 与那国を代表する叙情歌「古謡・スンカニ」を競演する「2016年度どぅなんスンカニ大会」(実行委員会主催)が19日夜、4年ぶりにディディ与那国交流館で行われ、島内外から8人が出場、情感を込めて熱唱した。審査の結果、野嵩樹さん(46)=石垣市=が最優秀賞、青野雅人さん(38)=与那国町=と与那覇桂子さん(33)=同=が優秀賞に輝いた。池田美南さん(14)が奨励賞、前外間清己さん(14)=いずれも与...
本文を読む

八重高 全国2位 石垣クラウン銀賞

時空間をテーマン演技する八重山高校カラーガード部時空間をテーマン演技する八重山高校カラーガード部
カラーガード
 【東京】第44回マーチングバンド全国大会(一般社団法人日本マーチング協会主催)のカラーガード部門が19日、横浜市の神奈川県民ホールで開催され、高等学校の部門で出場した八重山高校カラーガード部(下地小春部長、部員19人)が金賞ながら同部門全体では惜しくも2位、一般の部で出場した石垣クラウンイーグルズマーチングバンド(谷口智行団長、団員5人)は銀賞に輝いた。  八重高カラーガード部は「The ...
本文を読む

2人がカジマヤー 小底さんと前盛さんの長寿祝う

沿道の祝福に手を振って応える小底喜久さん(上)、風車を手にする前盛春さん=いずれも3日午前、大浜沿道の祝福に手を振って応える小底喜久さん(上)、風車を手にする前盛春さん=いずれも3日午前、大浜
大浜公民館 地域挙げて盛大にパレード
 数え97歳のカジマヤーを迎えたお年寄りを祝うパレード(大浜公民館主催)が3日午前、大浜地区で盛大に開かれた。地区内では3年ぶりのパレード。小底喜久さんと前盛春さんが、華やかに装飾された車に乗り込み、沿道から祝福を送る住民に風車を手渡しながら笑顔で応えた。  パレードは同公民館を発着するコースで行われ、大浜小学校の鼓笛隊が先導。沿道には「カジマヤーおめでとう」と書かれた手作りの横断幕などが掲...
本文を読む

黒島で旧正大綱引き 伝統行事で五穀豊穣願う

黒島東筋集落の伝統行事でにぎやかに行われた「大綱引き」=28日午後黒島東筋集落の伝統行事でにぎやかに行われた「大綱引き」=28日午後
 【黒島】旧正月の28日、黒島東筋集落の「大綱引き」が伝統芸能館前でにぎやかに行われた。集落の発展と無病息災、五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統行事で、住民と郷友が「正月ユンタ」を歌い、勇壮なツナヌミンや厳かなミルク(弥勒)も披露された。観光客らも参加して行う綱引きは豊作か豊漁かを占うもので、ことしは「引き分け」。集落をまとめる比屋定哲六さん(61)は「豊作であり、豊漁でもある。良い1年になる」と...
本文を読む

デンサ節大会復活へ 6月24日に第16回大会

竹富町民俗芸能連合保存会が12年ぶりの開催を計画している町デンサ節大会。写真は2005年9月の第15回大会竹富町民俗芸能連合保存会が12年ぶりの開催を計画している町デンサ節大会。写真は2005年9月の第15回大会
12年ぶり開催を主導 竹富町民俗芸能連合保存会
 竹富町民俗芸能連合保存会(冨里保雄会長)が、2005年9月の第15回大会を最後に途絶えている町デンサ節大会の復活に向け取り組みを進めている。開催されれば12年ぶり。同保存会が主導し、6月24日に第16回大会を西表で行う計画で、来年以降の継続開催を目指す。町も大会支援に前向き。冨里会長は「大切な教訓歌をしっかり継承していきたい」と意気込んでいる。  これまで15回大会までは町が主導して各島で...
本文を読む

山中さん作品2位 出身地竹富島を題材に創作

山中節代さん(右)の入賞作品「いるいるぱな(Various Flowers at TAKETOMIJIMA」山中節代さん(右)の入賞作品「いるいるぱな(Various Flowers at TAKETOMIJIMA」
日本キルト大賞 額絵部門
 第16回キルトコンテスト日本キルト大賞(同実行委員会主催)で、石垣市の山中節代(せつよ)さん(54)が281点の応募があった額絵キルト部門で2位に選ばれた。入選は、山中さんの作品を含む70作だった。  東京国際キルトコンテストフェスティバル組織委員会などが実行委員会を結成して主催。昨年7~9月にかけてプロ・アマ・国籍を問わず募集、計1385点の応募があり、12月末に入選作品322点が決まっ...
本文を読む

豊年祭オンプールは8月4日 新川字会総会

祝賀会であいさつをする新役員ら=15日午後、新川公民館祝賀会であいさつをする新役員ら=15日午後、新川公民館
新会長に入嵩西さん選出
 新川字会(黒島健会長)は15日、2017年度の通常総会・新年祝賀会を新川公民館で開き、ことしの豊年祭の日程を8月4日(金)にオンプール、5日(土)にムラプールと決めた。役員改選では入嵩西純氏を会長に選任した。任期は2年。  17年度の活動計画では、台風被害や老朽化に伴い損傷が激しい真乙姥御嶽拝殿の改築を建設期成会(入嵩西正治会長)を中心に進めることなどを盛り込んだ。  総会では、25年...
本文を読む

各地域の芸能継承を 後継者の育成で座談会

研究者と実演家らが意見を交わした「八重山芸能後継者を育成する上での諸課題」の座談会=25日午後、石垣市老人福祉センター集会室研究者と実演家らが意見を交わした「八重山芸能後継者を育成する上での諸課題」の座談会=25日午後、石垣市老人福祉センター集会室
 八重山芸能の後継者を育てる上での諸問題を考える「公開座談会」(白保企画主催)が25日午後、石垣市老人福祉センターで開かれた。琉球大学の大城學教授を座長に八重山芸能史研究家の大田静男氏、沖縄県立芸術大学名誉教授の波照間永吉氏、沖縄国際大学教授の狩俣恵一氏の4人の研究者と、県指定無形文化財八重山古典民謡技能保持者の糸洌長章氏、同八重山伝統舞踊技能保持者の與那國久枝氏の2人の実演家が八重山芸能の本質...
本文を読む

琉球舞踊などを熱演 野村流支部唄と踊りの夕べ

三線や箏、踊りが披露された琉球古典音楽野村流保存会八重山支部の「野村流 唄と踊りの夕べ」=3日夜、竹富島まちなみ館三線や箏、踊りが披露された琉球古典音楽野村流保存会八重山支部の「野村流 唄と踊りの夕べ」=3日夜、竹富島まちなみ館
 【竹富】「野村流 唄と踊りの夕べ」(琉球古典音楽野村流保存会八重山支部主催)が3日夜、竹富島まちなみ館で開かれ、総勢40人余りが三線や箏、太鼓、笛に琉球舞踊を熱演した。会場には住民や観光客ら約130人が詰めかけ、盛んな拍手を送った。  同支部はこれまで石垣市内で地域公演を催してきたが離島の公演は今回が初めて。高嶺方祐支部長は「初の離島公演は私の生まれ島『竹富島』で開催することになりました。...
本文を読む

島人観光秋ツアー開始 八商工商業科の生徒企画

少人数で川平の集落を回る秋ツアーに参加する人たち=10日午前、高嶺酒造所少人数で川平の集落を回る秋ツアーに参加する人たち=10日午前、高嶺酒造所
10年目迎え市民から大好評
 八重山商工高校商業科観光コース(17人)は、ことしで10年目を迎えた市民向けの「島人観光ツアー」を、7月の夏ツアーに続き秋、冬の各シーズンで実施することにしており、10日から秋ツアーを開始した。「のんびり歩くことで普段は気づかないところにも気づくことができるのではないか」と地域を散策しながら見どころや観光地を巡る企画。生徒たちは「観光スポットだけでなく、周辺の街並みも知ってもらいたい」と意気込...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム