八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「地域・教育」の検索結果は以下のとおりです。

市内小中 運動会シーズン幕開け

石小ふるさと祭りで力強い太鼓を披露する5年生ら=15日午後、同校運動場石小ふるさと祭りで力強い太鼓を披露する5年生ら=15日午後、同校運動場
グラウンドに児童らの歓声
 石垣市内の小中学校の運動会シーズンが始まり、15日は真喜良、登野城、八島、石垣の四つの小学校で運動会が行われ、児童らがグラウンドで競走やリレー、団体演技など多彩な種目に躍動した。昼食時間には、家族で弁当を広げ、談笑する姿も見られた。運動会は9月をピークに11月まで続く。  このうち石垣小学校(市原教孝校長)では午前9時から同校グラウンドで運動会を行い、みやとり・みやまえ幼稚園の園児らを合わ...
本文を読む

全日本中学英語弁論地区大会 石川君(鳩間3年)が最優秀賞

最優秀賞の石川晴己君(前列中央)、優秀賞の佐藤琉衣さん(同左)と瀧川覚理さん(同右)ら出場者と関係者=14日午後、八重山合同庁舎2階大会議室最優秀賞の石川晴己君(前列中央)、優秀賞の佐藤琉衣さん(同左)と瀧川覚理さん(同右)ら出場者と関係者=14日午後、八重山合同庁舎2階大会議室
佐藤さん(石垣第二3年)、瀧川さん(伊原間3年)優秀賞 上位3人、来月の県大会へ
 第71回高円宮杯全日本中学校英語弁論大会八重山地区予選大会(八重山地区中学校英語教育研究会主催)が14日、八重山合同庁舎2階大会議室で行われ、3市町11校から代表が出場した。最優秀賞に石川晴己(はるき)君(鳩間3年)、優秀賞に佐藤琉衣さん(石垣第二3年)と瀧川覚理(さとり)さん(伊原間3年)が選ばれた。3人は10月5日、浦添市産業振興センター結いの街で行われる県大会に出場する。  国際性豊...
本文を読む

八重山病院 災害時の医療体制考える

八重山の災害医療についてセミナーが開かれた=12日夜、八重山病院2階講堂八重山の災害医療についてセミナーが開かれた=12日夜、八重山病院2階講堂
関係機関が参加しセミナー
 八重山の災害医療について考えるセミナー(県立八重山病院主催)が12日夜、同院で行われた。一般財団法人救急振興財団会長・山本保博、厚生労働省DMAT事務局長・小井土雄一、日本赤十字災害医療コーディネーター・佐々木秀章の3氏による特別講演やディスカッションが行われた。病院や竹富町、石垣市関係者、海上保安庁などから約120人が参加し、八重山圏域で災害発生時の医療体制について考えた。  山本氏は、...
本文を読む

八重山病院付属伊原間診療所が終了

18年6カ月北部地区の住民に寄り添ってきた今村昌幹医師。今後は八重山病院で患者を診察し、在宅医療にも力を注ぐ=11日午前、伊原間診療所18年6カ月北部地区の住民に寄り添ってきた今村昌幹医師。今後は八重山病院で患者を診察し、在宅医療にも力を注ぐ=11日午前、伊原間診療所
18年余診察の今村医師に感謝
 県立八重山病院付属伊原間診療所の巡回診療が11日で終了した。1961年2月に開設され、北部地区の住民生活を支えてきた。住民らは診療所との別れを惜しみつつ、18年6カ月にわたり診察を続けた今村昌幹医師(67)に感謝を込め花を贈った。  午前9時半前、今村医師、看護師、研修医、事務、運転手を乗せた車が診療所に到着。待機していた住民が「これまでありがとうございます」と言葉をかけ、ひまわりを手渡し...
本文を読む

不登校対策 新規3事業を提案

不登校児童生徒の支援不登校児童生徒の支援
石垣市検討会議 家庭教育支援員など配置
 増え続ける石垣市の不登校児童の現状と課題を検証し、改善策を検討する「不登校対策支援事業検討会議」(大濱民江議長)は、9日午後、市教育委員会の石垣安志教育長へ報告書を提出し、新規3事業を提案した。複雑多様化する不登校の要因に多角的に対応するため、新たに▽カウンセラー(臨床心理士)▽家庭教育支援員▽別室登校支援員|を配置し、不登校の未然防止、学校復帰などの支援体制強化を図るもの。いずれも20年度以...
本文を読む

真栄里海岸でごみの種類や量を調査

真栄里海岸で8月の1カ月間、調査を兼ね海岸清掃を行った一般社団法人ビーチクリーンロボットプロジェクト海岸工学会会員のはやのん氏(中央)ら=6日午後、同海岸真栄里海岸で8月の1カ月間、調査を兼ね海岸清掃を行った一般社団法人ビーチクリーンロボットプロジェクト海岸工学会会員のはやのん氏(中央)ら=6日午後、同海岸
海岸工学会
 一般社団法人ビーチクリーンロボットプロジェクト海岸工学会(清野聡子理事長)は8月1日から31日まで毎朝、石垣市の真栄里海岸を清掃し、ごみの種類や量を調査した。同会が製作する海岸清掃ロボットを石垣島で使用するための下調べの一環。   同学会は、九州大学や九州工業大学の研究者、研究広報事業者などで構成。海岸、海浜に対する人々の理解増進に寄与することを目的に、海岸清掃ロボットの開発を含む技術の発...
本文を読む

間仕切りでプライバシー配慮 開所後初の避難所開設

避難者のプライバシーに配慮して間仕切りを設置し、毛布を配布する職員=5日午後、結い心センター避難者のプライバシーに配慮して間仕切りを設置し、毛布を配布する職員=5日午後、結い心センター
結い心センター
 台風13号が石垣島地方に接近した5日、石垣市内2カ所の避難所に4人が一時避難、台風の風雨をしのいだ。8月30日に開所した市福祉避難所兼ふれあい交流施設「結い心センター」は開所後初の台風襲来を受け、避難所を開設。間仕切りを設置して避難者のプライバシーに配慮した。  同センターでは60人の収容が可能で高齢者、妊婦、障がい者の要配慮者が受け入れ対象。暴風警報が発表された5日午前4時30分、避難所...
本文を読む

認知症について学ぶ 児玉直樹氏が講話

認知症の早期発見と予防をテーマにした講演。児玉直樹氏が予防法などを紹介した=2日、離島振興総合センター(竹富町提供)認知症の早期発見と予防をテーマにした講演。児玉直樹氏が予防法などを紹介した=2日、離島振興総合センター(竹富町提供)
竹富町地域包括支援センター
 【西表】竹富町地域包括支援センターは2日、大原の離島振興総合センターで認知症講演会「認知症の早期発見と予防」を開催した。講師の新潟医療福祉大学教授の児玉直樹氏が認知症予防検査の必要性を訴え、認知機能低下を抑制する運動を紹介した。  児玉氏は、2年ほど前から町内の各島を回り、認知症予防検診を実施している。講演では、世界的に認知症患者が増加する一方、症状を回復させる治療薬が開発されていないこと...
本文を読む

町立図書館「必要」77% 教委がアンケート実施

35698.jpg
与那国町 設置必要性把握目的に
 与那国町教育委員会はこのほど、「読書習慣と公立図書館(室)設置に関するアンケート」をまとめた。報告書では中学生、保護者、一般町民を対象に町立図書館の必要性を調査したところ、77%が「必要」と回答し、「必要ない」の5%を大きく上回った。  同調査は、公立図書館(室)や書店のない同町における町民の読書習慣と、今後の公立図書館施設の設置の必要性を把握することが目的。  町教委によると、199...
本文を読む

養殖モズク暖冬で不作 生産量692㌧、前期比7割超減

今期、暖冬の影響で不作となった養殖モズク(資料写真)今期、暖冬の影響で不作となった養殖モズク(資料写真)
八重山漁協
 2019年の八重山漁協管内の養殖モズクの生産量は、暖冬の影響で629㌧と不作となった。15年から右肩上がりの増産が続いていたが、過去最高を記録した前期の2318㌧から7割以上減と急激に落ち込んだ。  昨冬(18年12月~19年2月)、八重山を含む沖縄南の平均海面水温は平年と比べ1.4度高い25.7度と、統計史上最も高くなった。このため熟度が早まったモズクの根元が弱り、潮の流れに耐えられずに...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム