八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

歯科医院で施してもらったブリッジ冠歯が…

 歯科医院で施してもらったブリッジ冠歯がぐらぐらし痛むので診てもらったら歯ぎしりの習慣があるかとの問い。自覚がないので無いと答えてから、でも待てよ、そういえば父も従兄も歯ぎしりでは親戚中の指折りに入っていたことを思い出した▼母も叔母も父や従兄の歯ぎしりが原因で眠れないことをよくこぼしていた。父に至っては総入れ歯になっても歯ぎしりはやまず、都度調整してもらっていた▼私の歯ぎしりが疑われたのはブリッ...
本文を読む

本紙1面の老人週間企画のタイトルにもある…

 本紙1面の老人週間企画のタイトルにもあるように、誰しも「生涯現役」でいたいものだろう。「収穫が一番楽しいよ」「三線が好き、唄も好き」「ひ孫皆の着物を織りたい」「子どもたちを守りたい」「小物雑貨作りが長年の趣味」「造船一筋『船を生らす』」。生き生きとしている様子が伝わってくる▼「船を生らす」は、筆者が取材した亀川裕さん(87)の言葉。漢字で分かると思うが、まらすと読み、方言で「産む」という意味だ...
本文を読む

9日に関東地方に上陸し…

 9日に関東地方に上陸し1都6県で最大93万戸が停電するなど大きな被害を出した台風15号。上陸から19日で10日が経過するが、千葉県を中心に停電や断水が続き、住民生活が混乱している▼最大瞬間風速57・5㍍。千葉では観測史上1位の暴風で、多くの家屋で屋根瓦が飛ばされ、鉄塔や電柱が倒壊、断線。無数の倒木で作業が難航し、東京電力によると復旧は月末までずれ込みそうだという▼八重山過去に何度も大型台風被害...
本文を読む

八重山方言は優しくて、沖縄方言の中でも

 八重山方言は優しくて、沖縄方言の中でも格別に美しいと言われる▼〝心のふるさと〟ともいえる島言葉を守り、次世代に営々と継承していくことを胸に刻む。きょう9月18日は「しまくとぅばの日」である▼かつて八重山では、去った終戦まで国語統一の文教政策が強行された。「方言札」なるものが作られ、方言を使った子どもの胸に掛けさせて罰した。暗い時代に方言劣等感が植えつけられ、八重山の風土から衰退した▼方言は古典...
本文を読む

ドラァグクィーンにインフルエンサー。…

 ドラァグクィーンにインフルエンサー。ダイバーシティにSDGs。ますます増殖するカタカナ語。前二者は時代風潮、後ろの二つは国やメディアがよく使う。現代人なら知ってて当たり前、みたいなノリで使われ中高年は置いてきぼりにされている気がする▼順番に訳すると「男性の派手な女装」「SNSなどで世間への発信力が大きい人物」、「多様性」に「持続可能な開発目標」のことらしい。日本語で言えばいいのに、である▼日本...
本文を読む

「地域に根差した国際理解教育」を…

 「地域に根差した国際理解教育」をテーマにした教員免許状更新講習が7月、石垣市内で開かれた。受講した先生たちが担当の野入直美琉球大学准教授(社会学)から課されたのは、国際理解をテーマにした授業プランを作成せよというもの▽八重山農林高校の大城和泉先生(32)は、異文化を読み込んだとぅばらーまを取り上げた。ハワイや台湾とのかかわり抜きに理解できない歌や、チュニジア出身者が歌った作品が並ぶ▽大城先生の...
本文を読む

時期になると小欄にバナナの話を書くので…

 時期になると小欄にバナナの話を書くので専門家と勘違いした読者からバナナ栽培について助言を求められることがある。土づくり?肥料?水やり?こんな質問を受けても答えられないのが正直なところで、しいて名乗るなら島バナナの成長観察を趣味とするくいしんぼ▼10年ほど前、ある方から苗を頂き屋敷の片隅と目と鼻の先にある畑に植えたのが観察の始まり▼屋敷は石灰岩だらけの原野を業者が開削、土を混ぜて造成した土地。土...
本文を読む

毎日のように島々の公民館からは竹富町役…

 「毎日のように島々の公民館からは竹富町役場への要請がひっきりなしにあり、あらゆる事業に着手するなどスピード感ある行政であると感じる」。箕底用一市議が9日の一般質問の所見で、スピード感のある行政運営を市に求めた際、竹富町を事例に挙げた▼竹富町内の各公民館では総会で地域の課題をまとめ、役員が後日、町役場を訪問して要請するのが通例になっている▼初めて取材したときは驚いた。要請の場となる町長応接室には...
本文を読む

寝る前にテレビを見ながら…

 寝る前にテレビを見ながらポテチを摘まみ、ビールを1缶。これが、帰宅が遅い筆者の楽しみの一つだ▼だが最近、じわりじわりと体重が増え始め、腹囲が目に見えて丸くなり、メタボ体形がさらに進んできた。米が好きで、夜遅く食べる機会が増えたことが原因かとも考えていたが、家族から夜中の「ポテチとビール」が一番悪いとの指摘が▼還暦へのカウントダウンが進む年齢だけに、カロリーを考えない無頓着な食事は体形につけが回...
本文を読む

沖縄の政治家としての人生観…

 沖縄の政治家としての人生観、凝縮された言葉が聞く者の心に響く▼歴代の知事は「沖縄の心とは何ですか」と問われ、「ヤマトンチュ(本土の人)になろうとしてもなりきれない心」(故西銘順治氏)、「平和を愛する共生の心」(故大田昌秀氏)、「ウヤファーフジ(祖先)を敬い、誇り高く生きる心」(故翁長雄志氏)と表現。ふるさとにあって、ふるさとの心を失うような社会にしてはならないとの思いであろう▼玉城デニー知事は...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム