八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

運転中の無意識の口笛や鼻歌。この癖は、…

 運転中の無意識の口笛や鼻歌。この癖は、家でもそうだが車内でもラジオやCDをかけっぱなしにしてきたのが影響しているようだ▼最近、それに輪をかけて家人は気が休まらないと嘆く。歳をとるに従いますます顕著になっているらしく「時、所には気を付けてよ」と念押しされている▼先日も葬祭場や火葬場に行く途中でいつものように鼻歌を口ずさんだら「車の中が身内だから許されるので、あなたの口ずさんでいる曲は、目出たい歌...
本文を読む

八重山観光が好調だ。昨年は過去最高の…

 八重山観光が好調だ。昨年は過去最高の124万8079人を記録、ことしは131万人を目標に設定した。石垣市が観光基本計画で掲げる2020年の目標150万人も実現可能な数値だろう▼ところが現場はどうか。人手不足が深刻で、労働環境も悪化している。勤務時間や給料など待遇面の問題もあるとみられるが、背景には観光に対する意識の低さがあるのではないか▼玉川大学の寺本潔教授が推進する「観光教育」が解決のヒント...
本文を読む

誰が見てもおかしいのに国の官僚らはこれを

 誰が見てもおかしいのに国の官僚らはこれを正当と言い張る森友学園への国有地払い下げ。さらに豊洲市場問題で「覚えていない」と尊大な態度で開き直る元石原都知事らに対し、「この国は一体どういう国か」と腹立たしい思いでニュースを見ている人は多いだろう▼しかしなぜこうも公務員や政治家の不祥事が後を絶たないのかは、これまで何度も指摘してきたように政治家も含め公務員の“かばい合いもたれ合い”の体質にある▼それ...
本文を読む

牛汁とならび八重山のソウルフードとして近年…

 牛汁とならび八重山のソウルフードとして近年、人気が急上している「ヤギ汁」に代表されるヤギ料理が、需要と供給のバランスが崩れ、料理を扱う店舗が消費者に提供しづらくなっている、という▼ヤギ汁は少々癖のある味で根強い人気があったが、琉球大学の研究チームが2014年に「ヤギ肉が血圧を上げる」という風評を否定する研究結果を発表したことで人気に火が付き、観光客の増加が需要を急激に押し上げた格好だ▼その反動...
本文を読む

2011年、中東で市民による民主化運動…

 2011年、中東で市民による民主化運動「アラブの春」が起き、長期独裁政権が次々と倒され、世界史に残る大事件が新時代の到来を印象づけた▼運動はシリアにも波及し、アサド政権の政府軍と自由革命を目指す反政府軍との内戦が始まる。先日、シリア内戦を描いた番組「シリア絶望の空の下で 閉ざされた街 最後の病院」(NHKスペシャル)の放映があり、やるせない悲惨な戦争の映像に終始目を奪われた▼映像はメディアが現...
本文を読む

石垣市議会3月定例会が終わった。陸上自衛隊…

 石垣市議会3月定例会が終わった。陸上自衛隊配備について、中山市長は昨年末の「諸手続き開始表明」発言に関して「受け入れ表明ではない」と強弁した。案の定、野党議員から「詭弁(きべん)」「ごまかし」と批判された▼強弁は陸自配備だけではない。市文化財審議会が文化財指定を建議していた旧大浜町浄水場跡地についても同様だ。「新空港アクセスのルート変更の場合、8年遅れることになり、東京五輪と次の五輪が終わった...
本文を読む

春節に合わせて龍山寺を訪れたことは…

 春節に合わせて龍山寺を訪れたことは1月30日付の本欄に書いたが、7日にまた行ってきた。修学旅行で台湾に来ていた八重山商工高校観光コースの生徒たちと一緒である▽台北を代表する古刹(こさつ)。商工生たちは占いを体験したり、写真を撮ったり、独特の細長い線香で祈ってみたりと、境内の人波にもまれながら台湾らしい空間を全身で体験した▽3高校には、学年全体での修学旅行はなく、高校で修学旅行に参加できる生徒は...
本文を読む

「はた目を気にするならボランティアはするな」…

 「はた目を気にするならボランティアはするな」十数年前、散歩がてらに始めた通りのごみ拾いを「人目に付いたら恥ずかしいので犬の散歩を装っている」と打ち明けたら叔父に一喝された。以後その喝は私の行動目安になっている▼叔父は国道沿いの団地住まいで大の動植物好き。時間があると島中を散策、開発で減っていく動植物に思いをはせていた。まとまった土地があれば、それらを集めて保全したいが口癖だった。季節の移ろいに...
本文を読む

「この島こそ平和の一大潮流を巻き起こす…

 「この島こそ平和の一大潮流を巻き起こす使命と責務がある。この第三の道はいばらの道。先頭に立つ覚悟はあるか」。「いばらの道でも、市民の幸せ、平和につながるのであれば全力で取り組む」▼15日の市議会で一般質問を行った公明石垣代表の大石行英氏と中山義隆市長のやりとり。大石氏の真意や意図はいずこに、と思った人が多かったはず。以下は筆者の見立て▼3年前にさかのぼる。2014年2月23日の市長選の告示日。...
本文を読む

「国立自然史博物館」誘致合戦に…

 「国立自然史博物館」誘致合戦に今月3日、沖縄本島北部の国頭・東・大宜味の3村が「やんばる会議」を設立して参戦したため、現在積極的に誘致活動する石垣市だが、詰めを誤り「ニトベギクの二の舞いにならないか」の懸念も出ている▼それはかけはし交流の岩手側から協力依頼を受けた琉大教授から、ニトベギクで町おこしの研究資金を打診された中山市長が、迅速に対応しなかったため、本島の西原町に先を越されたことを指す▼...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム