八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

重要な問題、しっかり議論を

 ▽…平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、請求代表者の意見陳述後に質疑が行われた市議会本会義。総務財政委員会以外の議員はこの機会しかなかったのに、与党の仲間均氏だけが行った。他の与党議員が疑問点をただしたり、野党議員が応援の質問をしたりすることもなく終了。本会議終了後、仲間氏は「重要な問題なのになぜ誰も質問しないのか」と首をかしげるばかり。  ▽…石垣島の新鮮な粗糖(分蜜糖)が21日から...
本文を読む

挑戦する姿勢が大事

 ▽…市内の小中学生を対象に初開催された「石垣市算数・数学フェスティバル」。基本の計算問題を含めて市の児童生徒が苦手としている記述問題なども出題され、頭を悩ませる姿も。小学生は初めから3人で協力しながら問題に取り組むチームが多かったが、中学生は各自で解いて後で話し合うなど、年齢によって取り組み方が違うのが印象的だった。結果も気になるところだが、挑戦する姿勢が大事。今後も継続を。  ▽…大寒を...
本文を読む

償還額向上に期待

 ▽…市奨学貸付金制度で、滞納額が昨年4月1日時点で過去最高となったが、滞納整理マニュアルの活用で昨年12月末時点から減少に転じている。市教委総務課によると、マニュアル作成前は年に1度催促通知を出すのみで、対象者がどういう状態なのか把握できていなかった。本人、保護者、保証人と段階的に催促することで対象者から何らかのアクションがあり、成果が上がっている。今後も償還額の向上に期待大。  ▽…石垣...
本文を読む

地元の理解と協力とは

 ▽…沖縄防衛局が3月1日に用地造成工事をスタートさせる。予定通りだと、県の環境影響評価条例が適用されない。さらに住民投票による民意も反映されていない中での着工となる可能性がある。防衛局は「地元の理解と協力が必要」と言っていた。それは選挙で選ばれた市長の意向と置き換えることもできる。でも、市長選では真っ正面から問われていないのである。  ▽…第19回未来に残そう青い海・図画コンクールの表彰伝...
本文を読む

1票の重さ、身をもって体験

 ▽…2018年度明るい選挙啓発ポスターコンクールで、佳作に選ばれた伊原間中3年の宮根帆音さんは前生徒会長、大浜中2年の辻野愛瑠さんは現生徒会長だ。2人とも校内選挙で選ばれており、1票の重さを身をもって体験している。だから説得力のあるポスターになったのだろう。「18歳になったらみんなに選挙に行くよう声をかけたい」。明るい選挙の担い手だ。  ▽…サイバー攻撃などに対応した人材を育成するため、経...
本文を読む

母校訪問、在学時振り返る

 ▽…自ら手掛ける格闘技イベントの観戦チケットを、母校の大浜中学校の生徒たちにプレゼントした元キックボクシング世界王者の廣虎さん。卒業生を温かく出迎えた島仲信秀校長は、廣虎さんが在学当時、同じ学年で別のクラスの担任を務めていた。卒業アルバムを開き、現在とは印象が違う細身の廣虎さんを見て懐かしそう。「こんなファイタータイプではなかった」と当時を振り返った。  ▽…世界遺産登録推進事業として県が...
本文を読む

ぜひ双方で議論交わして

 ▽…県民投票を求める市民集会では「民主主義の根本である投票の権利を、投票で選ばれた政治家が奪ってはならない」との指摘が相次いだ。主催した石垣市民の会は今後、決議文をもって中山義隆市長らに要請することになるが、まだ日程は決まっていない。直接、会って手渡したいと考えている。ぜひ双方で議論を交わしてほしいものだ。  ▽…県内の高校球児が身体能力を競う県高校野球部対抗競技八重山地区大会が14日、行...
本文を読む

多田浜パークで初の大会

 ▽…天候が危ぶまれた新春凧あげ大会だったが、午後1時ごろの終了まで雨が降ることもなく、時折太陽も顔を見せた。会場を多田浜パークに変更して初めての大会。少し狭かったのか、たこ同士の距離が近くて糸が絡まったり、風で会場外に追いやられてやぶに入ったりするケースも。八重山凧愛好会の平田正明会長によると、来年も同じ場所の予定とのこと。今後の課題となりそう。  ▽…黒島、八重山両家畜市場で13日、相次...
本文を読む

波及効果高める手立てを

 ▽…中国を発着港に石垣島と宮古島を周遊するクルーズ観光が始まり、初日から多くの中国人観光客が訪れた。この日のバス予約台数はなんと51台。暫定供用した石垣港新港地区旅客船ターミナルでは過去最多の台数となった。これが2月までにあと7回続く。クルーズ客はバス観光が主流だが、経済効果は限定される。民間による知恵で、観光消費の波及効果を高めてほしい。  ▽…川平小学校の恒例のもちつき大会が11日、同...
本文を読む

離島間交通の課題解消を

 ▽…フェリーはてるまの代船が波照間に到着し、給油所の燃油が搬入された。ガソリンは8日に底をつき、供給が停止。車を仕事の足として使う配送業の島民はガス欠寸前で配送を行っていたという。修理されたフェリーは12日に運航を再開。製糖工場にたまった製品がパレットに積まれ輸送されるだろう。今回の件で離島間交通の課題がまた一つ表面化した。  ▽…JA石垣牛肥育部会の枝肉初セリで、キロ当たりの最高値を付け...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム