八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

魅力あふれる美崎町に?

 ▽…♪行き当たりばったりの恋愛ばかりした 愛しても愛しても消えてしまうのが怖いの 愛のないサヨナラが好きよ すぐにまた会えるでしょう 今はもうこれ以上優しくしないで このままじゃ堕ちていく 戸惑いの美崎町♪。石垣市議会一般質問で長山家康氏が紹介した「戸惑いの美崎町」の一節。「さらなる魅力あふれる美崎町を目指して」と営業時間の延長を求めた。  ▽…八重農創立80周年記念講演会でドゥルジァ・ク...
本文を読む

事務処理や見積もりの甘さ露呈

 ▽…「質問内容から少し外れたことを話せばいい。それはうそにはならない」。新人時代、酔った代議士が得意げに話した言葉が思い浮かぶ。開会中の竹富町12月定例会では、工事請負契約の一部変更案が計4件上程され、事務処理や見積もりの甘さが露呈し、審議に時間を要している。不明確な答弁で休憩が重なるのも一因。議場内の答弁は「誰」を見据えた時間なのか、改めて考えさせられる。  ▽…6月から「楽天IT学校」...
本文を読む

「人の質問の横取りはダメだ」

 ▽…石垣市議会一般質問で、自衛隊配備問題を取り上げた長浜信夫氏は「反対署名について精査すると答弁したが、確定したか」と質問。これは事前の通告にはなかったため、中山義隆市長は「通告している福島議員のときに答える」と拒否。野党の一部から「これくらいいいじゃないか」との声もあったが、「人の質問の横取りはダメだ」ときっぱり。  ▽…JAおきなわ家の光大会で最優秀賞を獲得した大道晴子さんの発表は「『...
本文を読む

多彩な選曲に会場沸く

   ▽…第64回八重山地区学校音楽発表会では各校が多彩な選曲で会場を沸かせた。人気曲をアレンジした野底小は「RPG~野底バージョン~」を全児童32人が伸び伸びと歌い上げて注目を集めた。発表会は小中校合わせて33演目で合唱と独唱、合唱奏などを披露。このうち5校が県学校音楽発表会に推薦された。歌をうたう喜びが発展して地域の郷土芸能を担う人材が生まれることにも期待だ。  ▽…4日か...
本文を読む

神の森をしっかり守ろう

 ▽…樹木の専門家チームが7日から市内で行っている御嶽の根腐病調査で、真乙姥御嶽の樹木にはキノコが確認された。全体の2%の樹木にキノコが生えれば、残りも確実に感染するらしい。李春子リーダーは深刻な感染状況に「神様の森がこんなになるなんて」と涙。まん延を防ぐには感染した根の除去と土の消毒が急務だが、簡単なことではない。八重山は神の森を守れるか。  ▽…石垣市ひとり親家庭福祉会は8日、善意ある寄...
本文を読む

自主財源確保となるか

 ▽…石垣市が小中学校のクーラー設置費と新庁舎建設の財源の一部を寄付で募る計画をしている。クーラー設置費ではクラウドファンディングで寄付を募り、赤瓦でも同様の手法かふるさと納税を検討している。クラウドファンディングの場合は返礼品はなく、寄付者の満足度をどう高めることができるか工夫が必要という。新たな自主財源の確保策となるか、注目だ。  ▽…兵庫県立兵庫高校の修学旅行生が底地ビーチで景観やスポ...
本文を読む

ICT利活用に注目

 ▽…与那国町とNTTドコモがICT利活用連携協定を締結した。特定の分野に限ったものではなく、連携内容は各分野と幅広い。ドコモのこうした包括連携は県内初という。町は今後、ドコモからノウハウの提供を受けながら各分野で課題を抽出し、解決につなげるICTの利活用を検討する。どんな方策がでてくるのか注目だ。  ▽…日本を代表する陸上選手18人が島内で冬期合宿を実施している。郡内の児童生徒対象の陸上教...
本文を読む

生徒らの成長が楽しみ

▽…来年度の星まつり公開ウエディング開催にむけ、ウエディングフラワーとバージンロードの施工に関する講座が行われた。ステラマリッジが仕掛ける第3弾として、八商工生がオリジナルの施工を体験。制限時間内に完成できなかったが、それぞれが意見を出し合い楽しそうに作業を進めていた。ステラマリッジのメンバーも、本番に向け生徒らの成長を楽しみにしている。  ▽…球春到来に向けて千葉ロッテマリーンズの春季キャ...
本文を読む

市議会に与党議員の姿なし

 ▽…4日招集された石垣市議会。冒頭から与党議員の姿はなかった。今村重治市議が出席したことを受け、控室で対応を協議していたのだが、これが与党以外の議員や傍聴人にも知らされなかった。野党議員でさえ「何が行われているのか」と言う始末。傍聴人はなおさら分からない。テレビやネットで生中継されていれば、苦情が殺到したことだろう。  ▽…キングスがBリーグになって石垣にやってくる。対戦相手は富山グラウジ...
本文を読む

大会を支えるボランティア

 ▽…地域の猛者が誇りをかけて健脚を競った八重山毎日駅伝競走大会。大会当日、選手たちを雨と風が襲った。局地的に豪雨と強風が選手たちの体力を奪い、出場19チームが厳しいレース展開を強いられたが必死にタスキをつないでことしも一つのドラマが生まれた。大会を支えるボランティアスタッフも忘れてはならない。風雨にさらされながらもスムーズな対応。レースだけがドラマではない。  ▽…ことしの八重山毎日駅伝大...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム