八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「自然・科学」の検索結果は以下のとおりです。

カンムリワシ事故死 ことしに入って3羽目

事故に遭って死んだとみられるカンムリワシ=12日午後、バンナ公園西口近くの県道石垣浅田線事故に遭って死んだとみられるカンムリワシ=12日午後、バンナ公園西口近くの県道石垣浅田線
 車にはねられ死んだとみられるカンムリワシが12日、バンナ公園西口近くの県道208号の石垣浅田線で発見された。石垣島では、ことしに入り今回を含め5羽が交通事故に遭い、うち3羽が死んでいる。西表島では2羽が保護されている。  カンムリワシは、西表島と石垣島だけに生息し、環境省の国内希少野生動植物種に指定されている。国内外の絶滅のおそれのある野生生物の種を保存するため、1993年4月に施行された...
本文を読む

自然環境保全地域ウミショウブ藻場 網取湾で消失、崎山湾で減少 アオウミガメが採食

崎山湾・網取湾自然環境保全地域崎山湾・網取湾自然環境保全地域
西表島南西部 生態系への悪影響を懸念 環境省、採食防止へ
 【西表】南西部の崎山湾・網取湾自然環境保全地域で、海草「ウミショウブ」の藻場がアオウミガメの採食で消失・減少していることが分かった。環境省西表自然保護官事務所によると、網取湾ではすでに藻場が消失、崎山湾でも全体的に繁茂しているエリアがなくなっている。同事務所は、藻場を利用する魚類など生物の生息・産卵場所がなくなるとして生態系への悪影響を懸念、今年度にアオウミガメの採食防止対策に向けた計画を策定...
本文を読む

被害報告なし、交通機関まひ 福祉避難所に4世帯4人

台風13号の接近で大しけとなる海上=5日午後3時半ごろ、浜崎町台風13号の接近で大しけとなる海上=5日午後3時半ごろ、浜崎町
台風13号
 石垣島地方から東に進路を変えていた非常に強い台風13号は5日、北上して宮古島を直撃した。石垣島地方気象台によると、石垣島地方は午前7時ごろに暴風域に入り、午後2時ごろに最接近、午後6時ごろに抜けた。石垣市伊原間で午後6時半すぎ22.4㍍の最大瞬間風速を観測した。  13号に伴う3日午前0時からの雨量は、5日午後7時までに川平で97.5㍉を観測したのが最大だった。海と空の交通機関は...
本文を読む

間仕切りでプライバシー配慮 開所後初の避難所開設

避難者のプライバシーに配慮して間仕切りを設置し、毛布を配布する職員=5日午後、結い心センター避難者のプライバシーに配慮して間仕切りを設置し、毛布を配布する職員=5日午後、結い心センター
結い心センター
 台風13号が石垣島地方に接近した5日、石垣市内2カ所の避難所に4人が一時避難、台風の風雨をしのいだ。8月30日に開所した市福祉避難所兼ふれあい交流施設「結い心センター」は開所後初の台風襲来を受け、避難所を開設。間仕切りを設置して避難者のプライバシーに配慮した。  同センターでは60人の収容が可能で高齢者、妊婦、障がい者の要配慮者が受け入れ対象。暴風警報が発表された5日午前4時30分、避難所...
本文を読む

養殖モズク暖冬で不作 生産量692㌧、前期比7割超減

今期、暖冬の影響で不作となった養殖モズク(資料写真)今期、暖冬の影響で不作となった養殖モズク(資料写真)
八重山漁協
 2019年の八重山漁協管内の養殖モズクの生産量は、暖冬の影響で629㌧と不作となった。15年から右肩上がりの増産が続いていたが、過去最高を記録した前期の2318㌧から7割以上減と急激に落ち込んだ。  昨冬(18年12月~19年2月)、八重山を含む沖縄南の平均海面水温は平年と比べ1.4度高い25.7度と、統計史上最も高くなった。このため熟度が早まったモズクの根元が弱り、潮の流れに耐えられずに...
本文を読む

ヤエヤマシタンに薬剤散布

ヤエヤマシタン固有の害虫「シタンヒメヨコバイ」を駆除するため薬剤を散布するスタッフ=8月30日午前、石垣市平久保ヤエヤマシタン固有の害虫「シタンヒメヨコバイ」を駆除するため薬剤を散布するスタッフ=8月30日午前、石垣市平久保
国指定天然記念物 害虫駆除、樹勢回復へ
 樹勢が回復に向かっている国指定天然記念物「平久保のヤエヤマシタン」の保護増殖事業(石垣市教育委員会主催)として、固有の害虫「シタンヒメヨコバイ」を駆除するための薬剤散布が8月30日午前、同地区で行われた。  ヤエヤマシタンは国内では石垣島だけに自生する樹木で、シタンヒメヨコバイはヤエヤマシタンのみに寄生する害虫。葉を吸汁し、光合成を妨げる。  薬剤散布は、業務を受託している㈱トロピカル...
本文を読む

川平湾で新種エビ類発見 「カビラスナシャコエビ」提唱

カビラスナシャコの標本写真(駒井智幸氏提供)カビラスナシャコの標本写真(駒井智幸氏提供)
 【那覇】石垣島川平湾の干潟から新種のスナシャコエビ類(アナジャコ下目・ハサミシャコエビ科)が発見され、千葉県立中央博物館動物学研究科長の駒井智幸氏と県立芸術大学准教授の藤田喜久氏が共同研究で学術雑誌「ズータクサ(Zootaxa)」に発表した。新標準和名として発見地である川平湾にちなみ、「カビラスナシャコエビ」と提唱している。  新種は、環境省モニタリングサイト1000プロジェクトの干潟環境...
本文を読む

免許制採用の方針 竹富町観光案内人条例

ツアーを楽しむ観光客ら。竹富町が竹富町観光案内人条例(仮称)でガイド業に「免許制」を取り入れる予定だ=6月29日、西表島ピナイサーラの滝付近ツアーを楽しむ観光客ら。竹富町が竹富町観光案内人条例(仮称)でガイド業に「免許制」を取り入れる予定だ=6月29日、西表島ピナイサーラの滝付近
地域根ざした業者確保へ
 竹富町は、2020年4月の施行を目指す観光案内人条例(仮称)で、自然資源を活用して観光ガイドを行う事業者について、適正か否かを審査して許可を与える免許制を採用し、「地域に根差した質の高い事業者」を確保する方針だ。許可を受けた事業者のみ西表島の陸域で有償ガイドが可能となる。施行規則でどのような基準を定めるかがポイントとなりそうだ。町は9月定例議会に条例案を上程する予定。  西表島の陸域で自然...
本文を読む

台風9号 伊原間で最大瞬間34.8㍍

根元から倒れ歩道をふさぐ松の木。石垣市内では、学校や公道などで倒木が確認された=9日午後、石垣市川原根元から倒れ歩道をふさぐ松の木。石垣市内では、学校や公道などで倒木が確認された=9日午後、石垣市川原
3市町で104世帯、147人が避難
 大型で猛烈な台風9号は、8日正午過ぎから9日午前7時まで19時間にわたり石垣島や宮古島など先島地方を暴風域に巻き込みながら北上し、大陸方面に遠ざかった。8日午後9時ごろに台風が最接近した石垣島地方では9日午前2時17分、石垣市伊原間で最大瞬間風速34.8㍍を観測した。石垣市で8日夜、40代男性がベランダで転倒、頭にけがを負った。市内数カ所の道路で倒木も確認され、車両の通行を妨げた。石垣市と竹富...
本文を読む

星まつり講演 VERA石垣島局も貢献

星まつり記念講演会に来場した市民ら。ブラックホール撮影までの道のりについて話を聞いた=4日午後、市立図書館視聴覚室星まつり記念講演会に来場した市民ら。ブラックホール撮影までの道のりについて話を聞いた=4日午後、市立図書館視聴覚室
ブラックホール撮影 本間希樹教授が強調
 史上初めてブラックホールの撮影に成功した日欧米などの国際共同研究プロジェクトの日本チーム代表を務めた国立天文台教授で水沢VLBT観測所長の本間希樹(まれき)氏が4日、市立図書館視聴覚室で行われた星まつり記念講演会で「石垣島初、天の川経由、ブラックホール行き〜ブラックホール撮影までの道のり」と題して講演。「国際プロジェクトに日本が一定の貢献をしたのは、VERA石垣島局を含む国内4カ所の観測の蓄積...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム