八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「自然・科学」の検索結果は以下のとおりです。

世界自然遺産 推進共同企業体が発足

世界自然遺産推進共同企業体を発足した前列右から発起企業の長嶺隆理事長、丸川潔代表取締役社長、比嘉明男支社長、龍秀樹沖縄支店長。後列は参加表明企業関係者ら=21日午後、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ世界自然遺産推進共同企業体を発足した前列右から発起企業の長嶺隆理事長、丸川潔代表取締役社長、比嘉明男支社長、龍秀樹沖縄支店長。後列は参加表明企業関係者ら=21日午後、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ
環境保全、地域振興目的に31企業団体で希少種保護などに取り組む
【那覇】世界自然遺産推薦地をはじめとする県内での環境保全・地域振興を目的とした「世界自然遺産推進共同企業体」(構成企業・日本トランスオーシャン航空㈱ら31企業・団体)が21日、発足した。世界自然遺産に関する普及活動をはじめ希少種や自然環境の保護、密猟・密輸などさまざまな課題の解決を図り、2020年夏の世界自然遺産登録や、環境保全と地域振興の循環モデルの確立を目指す。同日午後、那覇市内のホテルで開...
本文を読む

カンムリワシを放鳥 西表島高那地区

約2カ月間の治療で野生復帰したカンムリワシ。個体識別用の赤いリングが左足に装着されている=11日午前、西表島高那地区(環境省西表野生生物保護センター提供)約2カ月間の治療で野生復帰したカンムリワシ。個体識別用の赤いリングが左足に装着されている=11日午前、西表島高那地区(環境省西表野生生物保護センター提供)
交通事故から回復
 西表島高那地区の県道で交通事故に遭い2月5日に西表自然保護官事務所に保護されたカンムリワシが4月11日、約2カ月間の治療を経て自然に返された。左足に番号「0」が刻印された赤いリングを装着しており、同事務所では「保護活動の貴重なデータとなるので足環をつけたカンムリワシを見つけたときは西表野生生物保護センターまで連絡してほしい」と情報提供を呼び掛けている。  放鳥されたカンムリワシは、路上でカ...
本文を読む

波照間空港で31・3度

夏のような暑さに誘われ、ビーチで一足早い夏を味わう人たち=10日午後、マエサトビーチ夏のような暑さに誘われ、ビーチで一足早い夏を味わう人たち=10日午後、マエサトビーチ
各地で4月の最高気温更新
 八重山地方は10日、高気圧に覆われて晴れ、各地で最高気温が30度前後に上昇するなど、ことし最高を記録、6月上旬~下旬並の気温となった。  伊原間、波照間、波照間空港ではそれぞれ31・1度(午後0時36分)、31・1度(同2時10分)、31・3度(同2時54分)で4月の観測史上最高を更新した。  石垣島地方気象台によると、前線が通過する前に南から湿った空気が入り込んだため気温が上昇した。...
本文を読む

「サンゴがすめる環境保持を」 日弁連シンポ

多くの市民が訪れた日弁連の「海と島の観光資源の持続的活用を考える」シンポジウム=7日午後、石垣市民会館中ホール多くの市民が訪れた日弁連の「海と島の観光資源の持続的活用を考える」シンポジウム=7日午後、石垣市民会館中ホール
人間の手での再生は不可
大久保准教授が提言
 日本弁護士連合会が主催する「海と島の観光資源の持続的活用を考える」シンポジウム(合会、沖縄弁護士会共催)が7日、石垣市民会館で行われ、開会のあいさつで沖縄弁護士会の赤嶺真也会長は「観光客が増える中、自然環境の維持という課題へどう対応していくのかを考える機会にしてほしい」と呼び掛けた。  基調講演では、東京経済大学経済学部の大久保奈弥准教授と東京大学大学院新領域創成科学研究科の田中俊徳准教授...
本文を読む

海面水温が史上最高 モズク漁への影響懸念

収穫量減が懸念されるモズク(資料写真)=2104年4月21日収穫量減が懸念されるモズク(資料写真)=2104年4月21日
沖縄気象台今冬速報値 エルニーニョが原因か
 沖縄気象台は4日までにこの冬(2018年12月~19年2月)における八重山地方の地域平均気温と沖縄周辺海域の海面水温が、統計を取り始めた1947年(気温)、83年(水温)以降、最も高かったと速報値で発表した。エルニーニョ現象が関係していると見られる。八重山を含む沖縄南の海面水温は平年より1.4度高い25.7度。これにより、収穫期を控えるモズク漁への影響が出そうだ。石垣、竹富、小浜島近海でモズク...
本文を読む

御嶽の南根腐病に警鐘 李氏「このままでは砂漠のように」

南根腐病の深刻さを訴えながら、八重山の御嶽文化の重要性につ いて話す李春子東アジア伝統の森文化保存会代表(左)ら=22日午後、市健康福祉センター視聴覚室南根腐病の深刻さを訴えながら、八重山の御嶽文化の重要性につ いて話す李春子東アジア伝統の森文化保存会代表(左)ら=22日午後、市健康福祉センター視聴覚室
 郡内の御嶽の森で浸食が指摘されている南根腐病の深刻さを訴えようと、東アジアの森に関する文化の保存継承に取り組む「東アジア伝統の森文化保存会」の李春子代表による講演会「八重山の御嶽~敬森・敬水の『祈り』と『祭り』の祭祀空間」が22日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、約100人が参加した。  郡内の御嶽60カ所を取り上げ、御嶽に自生する貴重な植物や、各御嶽が記されている地域の古地図...
本文を読む

コインランドリー フル稼働

長雨が続いて利用が増えているコインランドリー=9日午後、新栄町長雨が続いて利用が増えているコインランドリー=9日午後、新栄町
長雨にうんざり
 石垣島地方では昨年12月28日から1月9日にかけ、2週間以上、雨の日が続き、主婦らが「洗濯物が乾かない」と悲鳴を上げている。  石垣島地方気象台によると、この時期の八重山地方は大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で弱い雨が降りやすくなるという。  長雨の影響で、市内のコインランドリーでは洗濯物を持ち込む人が増加、フル稼働状態だ。  9日午後、家族4人分の洗濯物を乾かすためコインラ...
本文を読む

ペットボトル1万3300本回収 18年の活動実績まとめ

平野海岸に漂着した大量のごみ=昨年3月(海Loveネットワーク提供)平野海岸に漂着した大量のごみ=昨年3月(海Loveネットワーク提供)
海ラブネット
   年間を通してビーチクリーン活動を展開している海Loveネットワーク(中川久美子代表)は2018年の活動実績をまとめた。ペットボトルで約1万3300本を回収するなどプラスチック類の漂着ごみがほとんどを占めた。  同ネットワークは昨年、8回の活動を実施。燃やすごみ29袋、燃やさないごみ246袋、ペットボトル266袋、漁具のブイ326個、ロープ約710㌔、空き缶9袋(約900個...
本文を読む

マフラー やっと出番 西表大原で13.8度

この冬一番の冷え込みに、マフラーなどで防寒する観光客ら=29日午後、730交差点この冬一番の冷え込みに、マフラーなどで防寒する観光客ら=29日午後、730交差点
八重山地方、冷え込む
 八重山地方は29日、大陸高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で冷え込み、西表大原で午前8時13分に13・8度を観測するなど、ほとんどの地点で今季の最低気温を記録した。  年末年始を南国で過ごそうと訪れた観光客もダウンやコートなど厚手のオーバーを羽織ったり、マフラーをしたりして防寒。この日は最大瞬間風速で15㍍以上の風が吹いたため、体感気温も下がった。  年内は寒気の影響で曇り、時々雨の予報...
本文を読む

本比田君(波照間小5年)に金賞 石油環境フォトコン

第14回昭和シェル石油環境フォト・コンテスト小学校の部門で金賞を受賞した本比田一朗君=12月21日(本比田里奈さん提供)第14回昭和シェル石油環境フォト・コンテスト小学校の部門で金賞を受賞した本比田一朗君=12月21日(本比田里奈さん提供)
「守りたい!日本一の海」
 第14回昭和シェル石油環境フォト・コンテスト(昭和シェル石油㈱主催)の小学校部門でこのほど、波照間小中学校の本比田一朗君(小5、11)の作品「守りたい!日本一の海」が金賞に選ばれた。  身近な眺めの中から、いつまでも残したい「〇の風景」と改善したい「×の風景」の写真を2枚一組で応募するコンテストで、本比田君は波照間島ニシ浜の青い海と漂着物の写真を撮った。  見落としがちな環境問題を、子...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム