八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「自然・科学」の検索結果は以下のとおりです。

ヒナイエリア利用制限へ 竹富町

特定自然観光資源に指定し利用制限が検討されているヒナイ川=2019年6月29日特定自然観光資源に指定し利用制限が検討されているヒナイ川=2019年6月29日
「特定自然観光資源」指定で
 【西表】竹富町は自然体験ツアーで人気を集める西表島北部のヒナイエリア(ヒナイ川、西田川)に対し利用制限をかける方針だ。エコツーリズム推進法を活用した国内で前例のない「特定自然観光資源」のエリア指定を目指す。このほか、仲間川、北東部、浦内川、南西部、海岸の各エリアでも一定ルールの下でツアーが可能な自然観光資源の指定も行う。二つのエリアを除いた世界自然遺産登録推薦区域は、原則観光目的の利用はできな...
本文を読む

環境省 島の自然環境保全に理解を

改修工事を予定する環境省西表野生生物保護センター=2019年9月25日改修工事を予定する環境省西表野生生物保護センター=2019年9月25日
西表野生生物保護センター 改修で施設機能向上へ
 【西表】環境省が2020年度以降に西表野生生物保護センターの改修工事を計画していることが、17日までに分かった。展示コーナーを全面改修し、レクチャールームの規模も広げる。改修に併せ、来館者に島の自然環境の保全に対する理解を深めてもらおうと、イリオモテヤマネコの保護・リハビリの様子を見学できるバックヤードツアーの実施も予定。  センターはことしで築25年目。敷地面積6662平方㍍に延べ床面積...
本文を読む

「初日の出」観望ポイント 予報は曇り時々晴れ

各地の初日の出時刻各地の初日の出時刻
第11管区海上保安本部
 第11管区海上保安本部が、県内の主要観望ポイントでの2020年初日の出情報をホームページで掲載している。  県内有人島で令和最初の初日の出が一番早く昇るのは、南大東島の午前7時ごろ、一番遅いのは与那国島の午前7時30分ごろとなっている。  八重山では於茂登岳(526㍍)が最も早く7時23分。最も遅いのは与那国島の東埼(73㍍)で7時30分。  日の出が見られる方角は東南東方。日の出時刻は太陽...
本文を読む

各地で部分日食を観測 ことし最後の天体ショー

雲の隙間から欠けた太陽が姿を現すと参加者からは歓声が上がった=26日午後、県立石垣青少年の家雲の隙間から欠けた太陽が姿を現すと参加者からは歓声が上がった=26日午後、県立石垣青少年の家
 太陽の一部が欠ける天体現象の部分日食が26日午後1時51分ごろから午後4時38分の間、八重山各地で観測された。このうち県立石垣青少年の家では同家とNPO法人八重山星の会(通事安夫会長)主催の観望会が開かれ、家族連れや観光客など約70人がことし最後の天体ショーを楽しんだ。  食の最大の午後3時20分ごろには厚く垂れ込めていた雲の隙間から太陽が顔をのぞかせ、観測用グラスなどで空を見上げる人たち...
本文を読む

白保のサンゴを観察 石垣自然保護官事務所

家族連れらはグラスボートに乗り込み、アオサンゴなど白保の海の豊かな自然を楽しんだ=14日午前、白保海岸家族連れらはグラスボートに乗り込み、アオサンゴなど白保の海の豊かな自然を楽しんだ=14日午前、白保海岸
親子でグラスボート
 海域公園について理解を深め、身近にある豊かな自然を知ってもらおうと「白保のサンゴをみにいこう☆おやこでグラスボート」(石垣自然保護官事務所主催)が14日、白保海岸の船着き場(ふたなが)付近の観察ポイントで行われた。NPO法人夏花、白保魚湧く海保全協議会、WWFしらほサンゴ村が協力した。  はじめにしらほサンゴ村で自然保護官事務所の大嶽若緒自然保護官が国立公園や海域公園の役割、2016年に起...
本文を読む

冬の気配立つ「立冬」 ススキの穂揺れ秋深まる

満開したススキの穂が風に揺れ、秋の深まりを感じさせる=7日午後、石垣市名蔵満開したススキの穂が風に揺れ、秋の深まりを感じさせる=7日午後、石垣市名蔵
 11月8日は二十四節気のひとつ「立冬」。暦の上では秋が極まり、冬の気配が立ち始めるとされているが、八重山地方は7日、気圧の谷や湿った空気の影響で曇り空ながら最高気温が石垣市登野城で28・4度の夏日となった。  島内各地ではススキやチガヤの穂が開き、自然界では秋の深まりが感じられるようになっている。  沖縄気象台によると、向こう1週間は、高気圧に覆われておおむね晴れるが、8日は湿った空気...
本文を読む

自然災害伝承碑新たに公開 国土地理院

明和大津波遭難者慰霊之塔=11月2日午後、石垣市宮良明和大津波遭難者慰霊之塔=11月2日午後、石垣市宮良
石垣市から2基追加 「明和慰霊之塔」と「津波大石」
 【那覇】5日の「世界津波の日」に合わせ、国土地理院は、津波災害の記憶を後世に伝える貴重な資料として石垣市宮良の「明和大津波遭難者慰霊之塔」と同大浜の「津波大石」を含む津波災害関連の自然災害伝承碑27基をウェブ地図の「地理院地図」で新たに公開した。写真とともに▽碑名▽災害名▽災害種別▽建立年▽所在地▽伝承内容|を紹介している。  ことし6月から公開していた42都道府県109市区町村の328基...
本文を読む

「とらないで!」 希少種のヨナグニマルバネクワガタ

保護区内をパトロールした関係者ら=12日、(石垣自然保護官事務所提供)保護区内をパトロールした関係者ら=12日、(石垣自然保護官事務所提供)
密猟防止合同パト
 【与那国】国内の希少野生動植物種のヨナグニマルバネクワガタの密猟を防止しようと環境省の石垣自然保護官事務所は12、13の両日、与那国町、八重山警察署と合同で町内をパトロールした。生息すると思われる林道のパトロールに加え店舗や通りの人たちに「とらないで」と呼び掛け、注意喚起のチラシを配った。同事務所によると2日間で密猟は確認されなかった。  ヨナグニマルバネクワガタは与那国島にのみ生息。野生...
本文を読む

シロアゴガエル根絶宣言 環境省が発表、全国初

西表船浮地区で見つかり最後の駆除個体となったシロアゴガエル。これを最後に見つかっていない(環境省西表自然保護官事務所提供)西表船浮地区で見つかり最後の駆除個体となったシロアゴガエル。これを最後に見つかっていない(環境省西表自然保護官事務所提供)
西表島
 環境省は2015年に西表島上原地区で同島で初めて侵入が確認された特定外来生物「シロアゴガエル」の根絶が完了したと7日、発表した。シロアゴガエルは外来生物法で特定外来生物に指定されており、在来種への被害が懸念されていた。地元ボランティアや環境省が連携し、早期の取り組みを行った結果、シロアゴガエルの根絶に全国で初めて成功した。  西表島にはここにしか生息しないイリオモテヤマネコをはじめ、カンム...
本文を読む

IUCNきょう来沖 6日から現地調査

沖縄県内で約55㍍の最大落差を誇るピナイサーラの滝。自然体験ツアーの人気スポットだ=2019年6月29日沖縄県内で約55㍍の最大落差を誇るピナイサーラの滝。自然体験ツアーの人気スポットだ=2019年6月29日
世界自然遺産
 「奄美大島、徳之島、沖縄島及び西表島」(鹿児島県、沖縄県)の世界自然遺産登録の審査に向け、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)の専門家2人が5日来沖する。6〜8日に沖縄島北部、8〜10日に徳之島・奄美大島、11〜12日に西表島をそれぞれ調査、推薦区域の再編といった前回の指摘事項への対応や保全体制などを改めて確認する。IUCNは視察結果を踏まえ、世界自然遺産に...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム