八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「スポーツ」の検索結果は以下のとおりです。

八重山毎日駅伝 真栄里3年ぶり2度目のV

総合優勝のゴールに駆け込む真栄里のアンカー・大越護=1日午後、石垣市中央運動公園陸上競技場総合優勝のゴールに駆け込む真栄里のアンカー・大越護=1日午後、石垣市中央運動公園陸上競技場
2位新栄町、3位波照間 新城が躍進賞獲得
 第45回八重山毎日駅伝競走大会(八重山毎日新聞社主催・八重山郡陸上競技協会主管)が1日、石垣市中央運動公園陸上競技場を発着点に石垣島を東回りに一周する前半9区間39・1㌔、後半7区間37・6キロ、計16区間76・7㌔のコースで行われ、前半1位、後半3位の真栄里が4時間54分18秒で3年ぶり2度目の優勝を飾った。2位は新栄町、3位には波照間が入った。後半は2時間19分05秒で与那国が制した。躍進...
本文を読む

八重山毎日駅伝 地域の誇り、選手力走

仲若鈴菜(大浜)の通過に声援を送る大浜地区の住民=1日、大浜仲若鈴菜(大浜)の通過に声援を送る大浜地区の住民=1日、大浜
沿道の声援が後押し 16区間で懸命タスキリレー
 「ホイッサー、ホイッサー」。監督車から八重山毎日駅伝独特の掛け声がコース上に響く。軽快なリズムに背中を押され選手らは歯を食いしばりながら力走を見せた。16区間76・7㌔の距離に16チーム256人が出場。地域の誇り、期待、絆を一本のタスキでつなぐ姿に沿道から大きな拍手や声援が送られた。  各地域の歩道に待機する応援団。「ドゥミンガセ」「燃えろ」「ギバリヨー」と書かれた横断幕やのぼりが並ぶ。選...
本文を読む

16チームが健闘誓う 八重山毎日駅伝、あす号砲

16チームの選手を代表して力強く選手宣誓を行う与那国の長濵義稀選手(左)と大嵩彩夏選手=29日夕、八重山毎日新聞社16チームの選手を代表して力強く選手宣誓を行う与那国の長濵義稀選手(左)と大嵩彩夏選手=29日夕、八重山毎日新聞社
 第45回八重山毎日駅伝競走大会(主催・八重山毎日新聞社、主管・八重山郡陸上競技協会)の開会式が29日夕、出場16チームの監督らが出席して八重山毎日新聞社で行われ、互いの健闘を誓い合った。(4面に関連)  前回総合優勝の与那国チームの田島政之監督から優勝旗が返還された後、同チームの長濵義稀選手(15)と大嵩彩夏選手(16)が「われわれ選手一同は日頃の練習の成果を発揮し、監督や地域の皆さまへの...
本文を読む

平真小、二中、八重高がそろって全国出場決める 

マーチングイン沖縄
 第32回マーチングインオキナワ2019(日本マーチンクバンド協会沖縄支部・日本バトン協会沖縄支部主催)が17日、沖縄コンベンションセンターで行われ、マーチングバンドの平真小学校と石垣第二中学校、カラーガードの八重山高校がそろって全国大会出場を決めた。  平真と石垣第二はそれぞれ1位、八重高は2位に輝いた。全国大会はマーチングバンド部門が12月14、15日、さいたまスーパーアリーナ、カラーガ...
本文を読む

与那国島一周マラソン大会 国境の島551人完走

号砲の合図で勢いよく駆け出す25㌔の選手たち=9日午後、与那国中学校グラウンド号砲の合図で勢いよく駆け出す25㌔の選手たち=9日午後、与那国中学校グラウンド
25㌔村松が10回目の優勝 女子は松谷初V飾る
 【与那国】第27回日本最西端与那国島一周マラソン大会(主催・与那国町、主管・与那国町体育協会)が9日、与那国中学校グラウンドを発着点に島を東回りに一周する25㌔と、西崎灯台をスタートする10㌔で行われ、25㌔男子は村松稔(42)=与那国町=が1時間35分29秒で3年ぶり10回目、女子は松谷恵美(53)=神奈川=が1時間56分38秒で初優勝を飾った。10㌔男子は脇園誠(46)=与那国町=が37分...
本文を読む

八重高女子、団体初V 県高校新人体育大会ソフトテニス

圧倒的な強さを見せた八重高の吉川小百合・髙嶺心萌ペア(中央)、仲本こころ・加那原里奈ペア(右)、平得倖菜・岡田茉里那(左)=4日午後、県総合運動公園庭球場(髙嶺享史監督提供)圧倒的な強さを見せた八重高の吉川小百合・髙嶺心萌ペア(中央)、仲本こころ・加那原里奈ペア(右)、平得倖菜・岡田茉里那(左)=4日午後、県総合運動公園庭球場(髙嶺享史監督提供)
個人も表彰台独占 入賞メンバー九州大会出場へ
 【沖縄】沖縄県高校新人体育大会ソフトテニス競技(沖縄県高校体育連盟主催)が2~4日、県総合運動公園庭球場で行われ、八重山高校女子が団体優勝を飾った。個人でも吉川小百合・髙嶺心萌ペアが優勝、加那原里奈・仲本こころペアが準優勝、平得倖菜・岡田茉里那ペアが3位と表彰台を独占した。男子の髙嶺史弥・屋嘉部善行ペアも5位入賞を果たした。  女子団体戦で予選を突破した八重高は決勝リーグでも勝利を重ね、優...
本文を読む

九州地区高校野球大会 八重農、初勝利ならず

試合終了後、ベンチに戻る八重農ナイン=20日午後、佐賀ブルースタジアム(松井弥恵子記者撮影)試合終了後、ベンチに戻る八重農ナイン=20日午後、佐賀ブルースタジアム(松井弥恵子記者撮影)
自力センバツも逃す
 【佐賀で崎山拓真記者】第145回九州地区高等学校野球大会(九州地区高等学校野球連盟主催)2日目は20日、佐賀ブルースタジアムで1回戦を行い、県第2代表の八重山農林は、福岡第一(福岡1位)に1|8、七回コールドで敗れた。九州大会初勝利はならず、自力でのセンバツ出場も逃した。スタンドでは保護者やOB、八重山関係者が声をからして声援を送ったが、かなわなかった。  先攻の八重農は先頭の久貝悠斗が初...
本文を読む

八老連 600人が爽やかな汗

同じカードを持つ相手を探す種目でゴールを目指す参加者たち=20日午前、新川小学校グラウンド同じカードを持つ相手を探す種目でゴールを目指す参加者たち=20日午前、新川小学校グラウンド
スポーツ大会で交流
 スポーツを通して健康増進を図り、各老人クラブ間の親善交流を深めようと「第47回八重山地区老人スポーツ大会」(八重山地区老人クラブ連合会主催)が20日、新川小学校グラウンドで開かれた。石垣市と竹富町から14地区約600人が参加、体操や行進など13種目で爽やかな汗を流した。各クラブのテント前では、婦人会や地域の応援合戦が繰り広げられ大会を盛り上げた。  開会式で小浜第二明朗会老人クラブの棚原敦...
本文を読む

八重農、堂々の入場行進 九州地区高校野球大会

第145回九州地区高校野球大会の開会式で笑顔で入場行進する八重山農林高校ナイン=19日、みどりの森県営球場(松井弥恵子記者撮影)第145回九州地区高校野球大会の開会式で笑顔で入場行進する八重山農林高校ナイン=19日、みどりの森県営球場(松井弥恵子記者撮影)
きょう福岡第一と対戦
 【佐賀で﨑山拓真記者】来年春のセンバツ甲子園出場を懸けた第145回九州地区高校野球大会(九州地区高野連主催)が19日、九州各県の代表16校が出場して開幕した。同日午前9時からみどりの森県営球場で開会式が行われ、沖縄県代表の八重山農林は、いつも通りの笑顔で入場行進した。同校は大会2日目の20日午後0時30分から佐賀ブルースタジアムで福岡第一(福岡第1代表)と1回戦で対戦する。今大会で4強入すれば...
本文を読む

美ちゅら、団体初代王者に 16チーム約200人が出場

大縄跳びで軽快なジャンプを見せる参加者たち=14日午前、石垣市中央運動公園陸上競技場大縄跳びで軽快なジャンプを見せる参加者たち=14日午前、石垣市中央運動公園陸上競技場
石垣島大運動会
 2019年石垣島大運動会(同実行委員会主催)が「体育の日」の14日、石垣市中央運動公園陸上競技場で開かれ、団体16チーム197人が大縄跳びやリレーなど6種目で汗を流した。団体チーム対抗の初代王者には「美ちゅら」Aチームが輝いた。同大会は健康寿命を延ばし、石垣島の医療費や介護費を削減することが目的。  団体は障害物競走、走り高跳び、大縄跳び、400㍍リレー、駅伝、綱引きの6種目で実施した。 ...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム