八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「社説」の検索結果は以下のとおりです。

若者らの勇気にエール

「住民投票求める会」結成
 島の将来を憂える若者たちがついに立ち上がった。その勇気に拍手を送りたい。平得大俣地域への陸上自衛隊配備計画の是非を問う住民投票条例案制定を目指す「石垣市住民投票を求める会」が結成された(14日付1面)。  ■市民が議論を  会長に選出されたのは運動を中心的に担っている金城龍太郎さん。計画地の近くに住むマンゴー農家の息子で28歳になる若者だ。運動への理解を求める呼び掛けで次のように述べて...
本文を読む

改憲より優先すべきもの

日米地位協定改定を求める
 安倍首相が改憲に前のめりだ。今月24日召集予定の臨時国会に9条への自衛隊明記など4項目の憲法改正条文案の単独提示を目指す方針を固めた。  だが、その前になすべきことがあるだろう。日本の主権を大きく損なう日米地位協定の改定である。優先順位が違う。  ■改憲の狙いは何か  安倍政権は2013年4月28日、サンフランシスコ講和条約発効による「日本の完全な主権回復と国際社会に復帰した日」の...
本文を読む

計算された風刺の表現

芸術の秋に仰天ニュース
 台風が連れてきたのか、南の島にもこのところ秋の気配が漂い始めている。秋といえば芸術の秋。県内でもいろんな形で展覧会や舞台が増える。そんなきょうこのごろ、外電で仰天ニュースが飛び込んできた。  ■落札後に細断  はるかイギリスはロンドンでの話だが、情報は世界を駆け巡る。石垣島でもテレビのニュースで知った人は多いに違いない。5日、美術作品や骨董(こっとう)品などのオークションで有名なサザビ...
本文を読む

玉城新知事にのぞむもの

新万国津梁の鐘、響(とよ)ませ
 ■39万票の民意  台風接近の4日、先の知事選で当選した玉城デニー氏が当選証書を受け、第8代の沖縄県知事に就任した。知事選で玉城氏は過去最多の39万票余を獲得し、自公等の推した佐喜真淳氏に約8万票の差をつけて圧勝した。  玉城新知事は選挙中、翁長前知事の遺志を受け継ぎ、辺野古新基地建設反対を明確にし、普天間飛行場の即時閉鎖、一日も早い返還を訴えた。また、日米地位協定の抜本的改定も公約し...
本文を読む

「新時代沖縄」に期待を

知事選で玉城さんが当選
 ふたを開けてみれば思いもよらぬ大差だった。 9月30日投開票の県知事選挙は無所属新人で前衆議院議員の玉城デニーさん(58)が同じく新人で前宜野湾市長の佐喜真淳さん(54)を8万174票の大差で破り初当選を果たした。  ■過去最高得票  玉城さんの得票数は39万6632票。人口の少ない離島などを除いて多くの市町村で相手候補を圧倒した。前回翁長雄志さんが初当選したときの36万820票を3万...
本文を読む

海外に渡った2人の今

北米のおいと南米の叔母の生き方
 ■北米で日本語補習校校長  夏休みで一時帰国したサンフランシスコ日本語補習校校長と話す機会があった。4年前に石垣第二中学校を定年退職した上里多一氏である。数ある日本語補習校中最大規模の学校の校長が八重山出身なのはうれしい。校長に就任して3年目という。  重い肩書のはずなのに上里氏には少しの気負いも感じられないのが印象的だった。教諭時代にもスリランカの日本人学校で3年間勤務したと聞く。 ...
本文を読む

72年を迎えた「とぅばらーま大会」

画一的な歌唱と高まる作詞熱
 ■少ない八重山の月の異名  きょうは旧暦の8月13日。明日(14日)の夜は待宵で、夜のことを小望月という。明後日は名月の十五夜。16日はいざよいである。その後は、立待月、居待月、寝待月(臥待月)更待月、有明の月など『俳句歳時記』をめくれば日ごとに月の異名が出て来る。日本人がいかに月を賞(め)で暮らしてきたかが分かる。  八重山は1970年代前後まで、ランプ生活をする地域もあり、月のない...
本文を読む

しがらみを乗り越えて

八重山商工で「主権者」授業
 3市町議会議員選挙が終わったと思ったら今度は県知事選。今月いっぱいは選挙モードに包まれそうだ。そんななか八重山商工高校で市議会議員立候補者の政策を吟味する授業が行われた(13日付9面)。2016年に選挙権を行使できる年齢が18歳以上に引き下げられたことに伴う「主権者教育」という。  ■政治参加学ぶ   主権者教育。あまり聞き慣れない言葉だが、選挙を通じて政治に参加できる、いわ...
本文を読む

「辺野古移設」の是非を語れ

県知事選挙、争点明確に
 ■政策論争を期待する  翁長知事の急逝に伴う県知事選挙が13日告示された。投開票は30日に行われる。  いずれも新人で前宜野湾市長の佐喜真淳氏と、前衆院議員玉城デニー氏の事実上の一騎打ちである。  佐喜真氏は自民、公明、維新、希望の党の推薦を受ける。玉城氏は翁長県政を誕生させた「オール沖縄勢力」を基盤とする。  米軍普天間飛行場の停止閉鎖に向けて辺野古移設が「唯一の解決策」とす...
本文を読む

将来に悔い残さないで

市議会が微妙な勢力図に
 八重山3市町の議員選挙は翌日開票の竹富町を含め10日までにすべての議席が決まった。陸上自衛隊配備問題で注目された石垣市議会は与党会派が13議席を占める結果となった。全22議席の過半数にあたる。今後のなりゆきが注目される。  ■計画は前進か  議会の勢力図がどうなるかと注目されたのは陸自配備予定地の大半が市有地であることに起因する。配備のために市有地を国に売却するためには手続きとして議会...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム