八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「記者席」の検索結果は以下のとおりです。

八重山らしい牛づくり

 ▽…沖縄県は全国で4番目の子牛の産地。八重山のセリ市場にも全国から肥育農家が子牛を買いにやってくる。交通費を出してわざわざ八重山まで買いに来るのに、「どこにでもいる血統の牛」では続かない。八重山家畜保健衛生所は、県外から導入した雌牛に県種雄牛を交配し、「八重山らしい牛づくり」に取り組んできた。取引価格も上昇、他の市場にも追いついてきた。地道な努力が実を結ぶ。  ▽…学校給食功労者の表彰や歯...
本文を読む

韓国ツアー、魅力的値段にも

 ▽…韓国仁川空港からアシアナ航空のチャーター便が約170人を乗せ、石垣空港に降り立った。離島を含めた3泊4日の周遊のツアーで、南国気分を存分に味わう予定。一方、石垣からも韓国3泊4日のツアーが売り出され、価格も3万円台からとかなり魅力的な値段にも、客は24人のみ。平昌五輪も開催中の韓国だが…。  ▽…きょう16日から確定申告が始まる。国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーで、画面の案...
本文を読む

新庁舎、建設費はいくら?

 ▽…石垣市役所新庁舎の建設費が現段階で約76億円と試算されている。実施設計が3月末までに終わる予定になっていることから、市はそれまでにどこをどう削減できるか調整する考え。新庁舎は、新国立競技場もデザインした世界的に有名な建築家、隈研吾氏が沖縄県内で初めて手がける公共施設。どんな新庁舎ができるか注目されるが、建設費も気になるところ。  ▽…あやぱに学級指導員の寄合洋且さんが描く黒板アートは、...
本文を読む

保存継承へ画期的な取り組み

 ▽…大浜小学校PTA主催の大浜方言(ホーマムニ)発表会が13日、同校で開かれ、児童10人が大浜村版の桃太郎をホーマムニで披露した。方言版では崎原公園やカースンヤーなど、大浜地域ならではの地名も出てきて、子どもたちがより地域を身近に感じられる内容に。八重山方言が消滅の危機にあるとされている中、保存や継承を考える上でも画期的な取り組み。ほかの学校も取り入れてみては。  ▽…石垣市は、日本弁理士...
本文を読む

学びの和、地域に広がり期待

 ▽…石垣市生涯学習フェスティバルの開会行事で石垣安志教育長は社会教育と生涯学習活動の推進を図り、社会教育団体の活動を支援するため、次年度から登録制度を開始することをPR、趣旨への理解と協力を求めた。登録団体は平得公民館や市文化会館などの社会教育施設の使用料が減額されるメリットがある。これからも学びの和が地域に広がっていくことに期待。  ▽…千葉ロッテマリーンズの少年野球教室では、子どもたち...
本文を読む

総決起の様子で情勢把握

 ▽…石垣市長選に向け、市民会館大ホールで21日から3日連続で総決起大会が開催される。宮良操氏、中山義隆氏、砂川利勝氏の順。最大動員の総決起大会では集まった人の数、その場の盛り上がりなどを見ることで陣営の勢いを把握することができる。各陣営とも相手の大会が気になるところ。”偵察隊“が送り込まれるだろう。  ▽…石垣市健康福祉センターで、料理を持ち寄って交流するポットラックパーティーが開かれた。...
本文を読む

有機液肥で循環型社会へ

 ▽…石垣市が健康福祉センターで開いた、有機液肥を活用する循環型社会の説明会では有機液肥、化学肥料それぞれを使って栽培された米の試食会もあった。若干ではあるが、有機液肥米のほうが粘りと柔らかさがあり、化学肥料はわずかに硬い印象。変わらないだろうと思ったが、意外と違いが。好みの違いはあるが、記者は有機液肥米に軍配。  ▽…市総合教育会議では、教員の指導力向上についても意見が交わされた。学習につ...
本文を読む

防犯ボラ、頼もしい存在

 ▽…八重山署で開かれた八重山地区自主防犯ボランティア連絡協議会には、日ごろから見守り活動や防犯パトロールを行っているPTAや地域の団体が参加。5日に真栄里で発生した殺人事件の犯人はまだ捕まっておらず、市内では警戒が続くなか、登下校時に子どもたちを見守ってくれているのは心強い。各団体が集うのは初めてとのことだが、これも普段から活動しているからこそ。頼もしい。  ▽…石垣市ひとり親自立促進計画...
本文を読む

次年度からの新YVBに注目

 ▽…前回に引き続き厳しい意見が相次いだ八重山ビジターズビューロー(YVB)の組織体制を考える有識者検討会。トップに3市町長が座る現状の”政治色”体制からの刷新を求める声には委員以外の参加者も納得をみせた。適材適所の人員配置、観光に特化した事業の明確化、地元還元の構築などで組織の合理化は必須だ。次年度からは新YVBとしての存在価値を見いだせるか注目だ。  ▽…石垣市の招きで、性の多様性につい...
本文を読む

磨き上げぜひ商品化を

 ▽…石垣市と産官学民四者間協定を締結する産業能率大学の学生が6日、問題解決授業を通して考えた石垣島の冬の観光コンテンツを発表した。ツアー名も「AGELESS TOUR」(エイジレスツアー)、「IGNO」(イグノ)と凝っている。観光にとって外部の視点を取り入れることは重要。今後、ブラッシュアップしてぜひ商品化を。  ▽…千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプは6日から第2クールがスタート。1・...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム