八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「スポーツ」の検索結果は以下のとおりです。

宮城・山本ペアが優勝

八重山で初めて開催された石垣島オープンビーチテニス大会の出場者ら=9日午後、南ぬ浜町人工ビーチ八重山で初めて開催された石垣島オープンビーチテニス大会の出場者ら=9日午後、南ぬ浜町人工ビーチ
色摩・仲里ペアが制す
初開催のオープンビーチテニス大会
 石垣島オープンビーチテニス大会(一般社団法人日本ビーチテニス連盟沖縄支部主催)は最終日の9日、南ぬ浜町人工ビーチで男女ダブルスが行われ、計12組24人が熱戦を繰り広げた結果、男子は宮城陵太・山本直晃(神奈川)ペアが優勝、女子は色摩直美(東京)・仲里春奈(沖縄)ペアが制した。仲里は8日のミックスダブルスの優勝に続き2冠を達成した。  仲里は「地元沖縄でことし最後の大会を締めくくることができて...
本文を読む

2連覇達成を報告 八重山毎日駅伝

外間町長に2連覇を報告した主力選手と体協役員=3日午前、町役場外間町長に2連覇を報告した主力選手と体協役員=3日午前、町役場
外間町長に与那国チーム
 【与那国】2日に石垣市内で行われた第44回八重山毎日駅伝競走大会で2連覇を達成した与那国チームの主力選手らが3日、空路凱旋(がいせん)。通算13度目の優勝に空港ロビーで出迎えた関係者から拍手が送られた。  選手らは空港到着後、町役場で外間守吉町長に2連覇を報告。町民挙げての応援に感謝した。  終始笑顔で対応した外間町長は「ご苦労さん」とねぎらいの言葉をかけ「スタート後の情報が錯綜(さく...
本文を読む

与那国が総合連覇 八重山毎日駅伝

後半、総合優勝のゴールを切る与那国のアンカー・三ツ岩森之=2日午後、石垣市中央運動公園陸上競技場後半、総合優勝のゴールを切る与那国のアンカー・三ツ岩森之=2日午後、石垣市中央運動公園陸上競技場
後半逆転、13度目
2位波照間に6分59秒差
 第44回八重山毎日駅伝競走大会(八重山毎日新聞社主催・八重山郡陸上競技協会主管)が2日、石垣市中央運動公園陸上競技場を発着点に石垣島を東回りに1周する前半9区間39・1㌔、後半7区間37・6㌔、計16区間76・7㌔のコースで行われ、前半3位、後半1位の与那国が4時間46分03秒で大会2連覇、通算13回目の優勝を果たした。2位は波照間、3位は新栄町が入った。前半は川平が2時間27分36秒で初優勝...
本文を読む

7連覇への出発点

「史上初の7連覇」に向けて再出発という本大会を制し2連覇を果たした与那国チーム=2日、石垣市中央運動公園陸上競技場「史上初の7連覇」に向けて再出発という本大会を制し2連覇を果たした与那国チーム=2日、石垣市中央運動公園陸上競技場
王者与那国、史上初目指す
 「史上初の7連覇に向けたスタート」と位置づけて臨んだ今大会。4年前に史上2チーム目の6連覇を達成したが、翌年、あと一歩で届かず、また一から再スタートとなった。  結果が出て「ほっとした」と語る田島政之監督(46)。与那国島では、防災無線で駅伝中継を町民1700人が聞いた。  選手の力を信頼していたが、最終16区、波照間エースの田島光に追い抜かれたときは、3年前に同区間のほぼ同じ場所で田...
本文を読む

川平、前半初優勝目標立てた練習が成果

前半初優勝に輝いた川平チーム=2日午後、市中央運動公園陸上競技場前半初優勝に輝いた川平チーム=2日午後、市中央運動公園陸上競技場
 前半は2位の西表に58秒差をつけて川平が初優勝。前回の悔しさをバネに、毎週水曜日のマラソンクラブ合同練習に参加するなど、中高生を中心に強化を図ってきた。  前回の区間記録を基準に、選手に目標を持たせるよう意識してきたという島尻勝人監督(55)は「一人一人のやる気、意識の高まりが前半優勝につながった」と振り返る。  今回は特に8区の喜屋武海周(24)が区間賞と最優秀選手賞、9区の島尻説仁...
本文を読む

地域の誇り タスキでつなぐ

川平集落内の中継所前で、地元チームを応援する地域住民ら=2日午後、高嶺酒造所前川平集落内の中継所前で、地元チームを応援する地域住民ら=2日午後、高嶺酒造所前
沿道から声援、選手後押し
 地域の誇りをタスキに乗せて、17チーム272人の選手が駆け抜けた第44回八重山毎日駅伝競走大会。沿道では字民らが大きな声援を送り選手たちの背中を後押しした。島内を東回りに一周するコース上には、地域を応援する横断幕やのぼりが並び、各字の応援団が太鼓やパーランクーを打ち鳴らし毎年恒例の駅伝ムードを演出。各地で熱狂的な駅伝ファンが「最後までこのペースだ」、「前のチームを抜けるぞ」とげきを飛ばした。 ...
本文を読む

真喜良サンウエーブが優勝

第35回古賀杯争奪第132回県学童軟式野球八重山地区大会低学年の部で優勝した真喜良サンウェーブのナインら=2日午後、多目的広場第35回古賀杯争奪第132回県学童軟式野球八重山地区大会低学年の部で優勝した真喜良サンウェーブのナインら=2日午後、多目的広場
県学童軟式野球八重山大会
 第35回古賀杯争奪第132回県学童軟式野球八重山地区大会(県野球連盟主催、同八重山支部主管)の低学年の部が1、2日、石垣市中央運動公園多目的広場などで開催され、真喜良サンウエーブが優勝した。  真喜良は1回戦を11ー0、2回戦を14ー0で圧勝、リトル武蔵との決勝でも9ー2で快勝した。  大浜安稜主将(4年)は「最初に点をとって流れに乗った。今大会はバッティングと走塁が良かった。練習した...
本文を読む

第44回八重山毎日駅伝競走大会レース展望【前半】

午前9時の号砲の合図で一斉にスタートする1区(4.8㌔)の高校生男子=2017年12月3日、石垣市中央運動公園陸上競技場午前9時の号砲の合図で一斉にスタートする1区(4.8㌔)の高校生男子=2017年12月3日、石垣市中央運動公園陸上競技場
前半は与那国がリードか
八重山マラソンクラブ元会長 宮良長忠
 第44回八重山毎日駅伝大会が、いよいよ目前に迫ってきました。今回は竹富、新城が欠場となり参加は17チーム。各字、公民館とも選手集めには苦労が絶えないと思いますが、地域の団結と名誉のため頑張っていただきたいと思います。  今回、前任の島尻勝人さんから引き継ぎ、初めてレース展望を書くことになりました。不慣れなもので至らないことばかりですが、長年駅伝・マラソンに関わってきた経験を生かして私なりに...
本文を読む

第44回八重山毎日駅伝競走大会レース展望【後半】

川平の13区中継所で一斉にスタートする40代の選手ら=2017年12月3日川平の13区中継所で一斉にスタートする40代の選手ら=2017年12月3日
八重山郡陸上競技協会会長 兼島英樹
 ▶10区(8・0㌔)一般男子  昨年同様に前半9区で一斉にスタートした選手が、後半スタート10区野底小学校前の中継地点でそれぞれのチームの選手にタスキを渡し時差スタートになる。今年は楽しみな選手がやってきます。  まずは仲盛壮大郎(小浜)、昨年北山高校駅伝部で都大路を走り現在順天堂大学でトライアスロンを中心に走っており区間賞争いは、仲盛を筆頭に村松稔(与那国)、本底曜(新栄町)、野底大...
本文を読む

参加者、各レース楽しむ 西表SUPフェスティバル

第6回西表SUPフェスティバルの参加者=17日、西表西部(北島清隆氏撮影)第6回西表SUPフェスティバルの参加者=17日、西表西部(北島清隆氏撮影)
子どもたちが大活躍
 【西表】第6回西表SUPフェスティバル(ISF)が16、17の両日、西部で開催され、2日間で延べ146人が参加、盛り上がりを見せた。  16日は鳩間島から西表島までのアイランドホッピングレース、17日は浦内のマングローブ域と内湾でのレースが行われた。  最高齢70歳、最年少5歳と幅広い年齢層からの参加があり、主催者の徳岡大之さん「これだけの年齢差があってもみんなが楽しめるのもサップの魅...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム