八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「与那国島」の検索結果は以下のとおりです。

ICT活用で合同授業 久部良中・与那国中

大型スクリーンを搭載したICT(情報通信技術)機器で授業を受ける与那国中(スクリーン上)と久部良中の生徒ら=14日午後、久部良中大型スクリーンを搭載したICT(情報通信技術)機器で授業を受ける与那国中(スクリーン上)と久部良中の生徒ら=14日午後、久部良中
小規模離島 教育環境の改善へ
県外との交流授業も
 【与那国】ICT(情報通信技術)を活用して小規模離島の教育環境の改善を目指す遠隔合同授業が14日、久部良中(東濵一郎校長、10人)、与那国中(寺村有美恵校長、34人)で始まった。大型スクリーンを搭載したICT機器を設置し、テレビ会議システムを利用して学校間をつなぎ、合同で授業を受けるもの。本年度は4回実施、県外との交流授業も両校で各1回行う予定だ。合同授業を受けた生徒は「いろんな意見が出る」な...
本文を読む

10年ぶりスルブドゥイ披露へ

連日、「スルブドゥイ」(盆踊り)稽古に励む青年会員ら=8月29日、児童交流センター連日、「スルブドゥイ」(盆踊り)稽古に励む青年会員ら=8月29日、児童交流センター
旧盆向け祖納青年会が練習
 【与那国】祖納青年会(上原祐二郎会長・会員20人)は3日から始まる旧盆の期間中、伝統の「スルブドゥイ」(盆踊り)で集落内を練り歩き、所々で踊って先祖の霊を供養する。約250年前から伝えられ、行われているもので、青年会が行うのは10年ぶり。  演舞者は17人。2週間前から所作の端はしが合うまで毎晩遅くまで練習に励んでいる。上原会長は「きついが練習は本番直前までやる。だいぶ様(さま)になってき...
本文を読む

国際カジキ釣り大会開幕 トローリングに31組出場

開会式のアトラクションで舞踊「ミティ唄」を披露する与那国中学校女子生徒=7日夜、久部良漁港の大会特設会場開会式のアトラクションで舞踊「ミティ唄」を披露する与那国中学校女子生徒=7日夜、久部良漁港の大会特設会場
与那国島 総勢130人が釣果を競う
 第28回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(与那国町主催、同実行委員会主管)は7日、久部良漁港特設会場で開会式を行い、3日間にわたる大会が幕を開けた。カジキ釣りトローリングの部に31チーム(99人)、磯釣りの部に31人の合わせて130人がエントリー。黒潮を舞台に釣果を競う。   開会式で大会実行委員長の外間守吉町長が「パワー漲る与那国島の暑い夏と豊かな海を満喫してほしい、釣果を期待する」...
本文を読む

「にっぽん丸」与那国に寄港

久部良沖合に停泊する「にっぽん丸」=13日午前久部良沖合に停泊する「にっぽん丸」=13日午前
乗船客ら島の観光を満喫
久部良沖に停泊
 【与那国】日本を代表する商船三井客船の豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、2万2472㌧、202室最大定員524人)が13日午前10時すぎ、久部良沖に停泊し、通船で乗客310人が避難港から上陸、半日の与那国観光を楽しんだ。港内では町商工会と町観光協会が物産展を開催し、町内5業者が特産品を販売し、乗客を喜ばせた。  同社によると、那覇ー与那国ー座間味ー那覇を回るコース。久部良沖には同日午前...
本文を読む

芸能継承、世代間に空白 与那国フォーラム

後継者不足が懸念されている与那国の民俗芸能。与那国フォーラムが後継者の支援を行う人材育成計画の策定事業に取り組んでいる=2016年7月24日、祖納の十山御嶽(与那国フォーラム提供)後継者不足が懸念されている与那国の民俗芸能。与那国フォーラムが後継者の支援を行う人材育成計画の策定事業に取り組んでいる=2016年7月24日、祖納の十山御嶽(与那国フォーラム提供)
ネットワークの必要性指摘
3年かけ人材育成計画策定へ
 【与那国】伝統文化の継承・発信を目的の一つとする与那国島歴史文化交流資料館(DiDi与那国交流館)を管理運営する一般社団法人与那国フォーラム(代表理事・外間守吉町長)が、2016年度から県文化振興会の支援を受け、民俗芸能の人材育成計画策定事業に取り組んでいる。民俗芸能の継承をめぐっては世代間に空白のあることが課題となっているとして、同フォーラムは、島内と島外の芸能関係者らを網らしたネットワーク...
本文を読む

公式観光アプリを開発 与那国町

与那国島観光アプリのトップ画面。与那国馬、カジキ、長命草、ヨナグニサンをデザイン化した(町ホームページより)与那国島観光アプリのトップ画面。与那国馬、カジキ、長命草、ヨナグニサンをデザイン化した(町ホームページより)
10日から試験運用
ICT活用で集客狙う
 【与那国】観光スタンプラリーに参加でき、観光地やイベントの情報をチェックできる公式の与那国島観光アプリを町が開発し、10日から試験運用を開始する。7月30日までアンケートをとりながら試行し、光通信サービスが島内一円で開始される予定の9月1日から本格運用を行う予定だ。超高速ブロード環境の整備に合わせたICT(情報通信技術)を活用した取り組みの一環。町は観光情報の発信を充実・強化し、利便性の向上で...
本文を読む

与那国島の魅力発信 特産品がずらり

横浜市の複合商業施設ららぽーとで2日間開かれた「与那国フェア」=2月25日、横浜市都筑区横浜市の複合商業施設ららぽーとで2日間開かれた「与那国フェア」=2月25日、横浜市都筑区
与那国町商工会 ららぽーと横浜でフェア 
 【神奈川】「与那国島フェアinららぽーと横浜」(与那国町商工会主催)が、2月25日と26日の2日間、横浜市都筑区池辺町にある複合商業施設ららぽーと横浜で開催され、特設会場に与那国島の特産品が並んだ。  この催しは、与那国町が2013年から沖縄振興一括交付金を活用して独自に実施している「特産品補助事業」の一環。特産品の企画・販売を通して与那国島の魅力を創出しようというもの。参加事業社は費用の...
本文を読む

ネット利用 快適環境に 与那国へ光ケーブル敷設完了

30969.png
サービス開始3月予定
 県の離島地区情報通信基盤整備事業でことし4月から進められていた海底光ケーブルの敷設作業が本島から多良間島を経由して与那国島にこのほど届き、町は配線整備が完了したエリアから順次、光ブロードバンドサービスの提供を開始する。祖納地区の一部で3月29日から、このほかの地域では4月以降を予定。町は「今後、光ブロードバンドを介して住民サービスの向上を図っていく」として加入を呼び掛けている。  超高速ブ...
本文を読む

DiDi与那国交流館が開館 町内初の観光交流型施設

テープにはさみを入れ、開館を宣言する関係者=23日午後テープにはさみを入れ、開館を宣言する関係者=23日午後
島の伝統文化を丸ごと体感
 【与那国】与那国島の歴史、文化を継承し、観光交流促進の拠点として町がそない保育所隣接地に整備した与那国島歴史文化交流資料館「DiDi(でぃでぃ)与那国交流館」(館長・外間守吉町長)が23日、開館した。町内初の観光交流型施設。与那国を丸ごと体感できる施設として、伝統文化の継承・発信、観光客と住民との交流促進が期待されている。町は同日、関係者を招いて開館式を行った。  交流館は、敷地2543平...
本文を読む

草舟、西表島に到着 3万年前の航海再現

西表島に到着後、港で住民らの歓迎を受ける草舟のこぎ手ら=18日午後3時ごろ、西表島の白浜港西表島に到着後、港で住民らの歓迎を受ける草舟のこぎ手ら=18日午後3時ごろ、西表島の白浜港
強い潮流で手こぎ中断
 日本人の祖先による3万年前の航海を再現するプロジェクトで、与那国島を17日朝に出発した草舟2そうは18日午前11時ごろ、約75㌔離れた西表島に到着した。7人ずつ乗り込み、木のかいでこいだが、強い潮流で北へ流されたため、航海を中断。こぎ手は伴走船に移り、草舟も横付けして西表島の手前に移してから、手こぎの航海を再開した。  プロジェクト代表で国立科学博物館人類史研究グループ長の海部陽介さん(4...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム