八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「自然・科学」の検索結果は以下のとおりです。

「マナーを守って」 マルバネクワガタの採集 

西表に生息するマルバネクワガタ(資料写真)西表に生息するマルバネクワガタ(資料写真)
甲虫学会が呼び掛け
 日本甲虫学会の自然保護委員会は12日、西表島に生息するマルバネクワガタ類の採集に関する緊急のお願いと題する文書をホームページ上に掲載、会員にマナーにのっとった行動をとるよう呼び掛けている。  文書によると、西表島では昨秋、これまでにない多数の採集者が殺到する異常事態が生じた。石垣島のヤエヤママルバネクワガタが石垣市の条例で規制されたためと推測されるという。  さらに今シーズンは、国内希...
本文を読む

海底地形「保護すべき」 検討会議で専門家一致

海底地形の活用や保護に関する課題などについて話し合う専門家ら=14日午前、与那国町構造改造センター海底地形の活用や保護に関する課題などについて話し合う専門家ら=14日午前、与那国町構造改造センター
手法や活用法探る 与那国
 【与那国】島の南側海域にある海底地形の文化財指定を目指し、学術的な価値付けを行う町の海底地形調査事業の第1回検討会議が14日午前、町構造改造センターで開かれた。地形学や水中考古学の専門家ら7人が話し合った結果、人工的に造られたものか自然にできたものかに関係なく、保護すべき地形という認識で一致した。町教育委員会は年内をめどに2回目の検討会議を開き、具体的な調査内容や今後の展開などについて協議する...
本文を読む

謎の浮遊物体が出現 オレンジ色の不思議な光

久宇良の西方の水平線上で確認されたオレンジ色の光=9月29日午後8時すぎ(読者提供)久宇良の西方の水平線上で確認されたオレンジ色の光=9月29日午後8時すぎ(読者提供)
石垣島北部 水平線上で確認
 9月29日午後8時ごろ、石垣島北部の久宇良から西方の水平線付近で、オレンジ色に輝く浮遊物体が確認された。久宇良で星空観察をしていた人たちが気づき、「未確認飛行物体(UFO)ではないか」と謎を呼んでいる。  目撃者によると、午後8時からオレンジ色の光が二つ、三つ、四つに拡大し、10~15分後に消えた。「やたらに明るい不思議な光だった」と驚いたという。  石垣海上保安部によると、同日は名蔵...
本文を読む

旧大浜町浄水場跡 希少種生物を確認 関係者が現地調査

空港アクセス道路予定地周辺にあるヤエヤマシタンを確認し、ほかの保全種なども調査する松島昭司委員(中央)ら=24日午前空港アクセス道路予定地周辺にあるヤエヤマシタンを確認し、ほかの保全種なども調査する松島昭司委員(中央)ら=24日午前
文化財指定建議書承認
 県が整備を進めている空港アクセス道路予定地にかかっている「(仮称)旧大浜町浄水場跡」の文化財指定を求める建議書が石垣市教育委員会の定例会で23日に承認されたのを受け、市教委文化財課や市文化財審議会、市環境課の職員らが翌24日、現地調査を行い、以前同予定地周辺で確認されたヤエヤマシタン群落や他の保全種の有無などを調べた。今後も随時、調査を行っていく計画。  同課によると、今回の調査でヤエヤマ...
本文を読む

石垣空港 台風で観光客ら足止め

予約を変更しようと訪れた人たちで混雑する石垣空港内=26日正午予約を変更しようと訪れた人たちで混雑する石垣空港内=26日正午
海の便はきょうも全便欠航 
 非常に強い台風17号の影響で海と空のダイヤは26日、大きく乱れた。石垣港と周辺離島を結ぶ海の便が全便欠航したほか、空路も午後から欠航が相次ぎ、観光客や住民らが足止め。石垣空港では変更手続きをしようと、早朝から多くの予約客らが押し寄せ、大混雑となった。海路は27日の全便欠航が決まっている。  石垣空港発着便で欠航したのは全日本空輸(ANA)の17便、日本トランスオーシャン航空(JTA)の2便...
本文を読む

ウミガメ繁殖地きれいに 2団体ら白保海岸を清掃

ウミガメ繁殖地等保全事業の一環で白保の海岸線を清掃する参加者たち=24日午前ウミガメ繁殖地等保全事業の一環で白保の海岸線を清掃する参加者たち=24日午前
 石垣市観光交流協会が環境省から受託したウミガメ繁殖地等保全事業で、NPO法人夏花(花城芳藏理事長)と白保魚湧く海保全協議会(新里昌俊会長)は24日、白保集落の海岸線で清掃活動を行った。  活動は、両団体以外にも呼び掛けに応じた多くの地域住民が参加。浜辺に漂着したペットボトルなどのプラスチックごみを拾い集めた。  夏花は村おこし事業を通して集落の活性化を図っており、同協議会は環境保全など...
本文を読む

八重山今夜にも暴風 台風16号、あす最接近

台風16号の接近に備え、係留された船が並ぶ新栄町の船揚場=15日午前台風16号の接近に備え、係留された船が並ぶ新栄町の船揚場=15日午前
最大瞬間70㍍
 強い台風16号は15日午後9時現在、フィリピンの東の海上を時速25㌔で北西へ進んでいる。台風は発達しながら北寄りに進路を変え、八重山地方は16日夜遅くから17日午前にかけ暴風となる見込み。最接近は17日午前の見通し。石垣島地方気象台では16日午後には暴風警報の発令を予定している。  台風は16日午後9時には、中心気圧は925ヘクトパスカル、最大風速50㍍、最大瞬間風速70㍍の「非常に強い」...
本文を読む

竹富町もヤシガニ保護へ 来年度中に条例制定

絶滅が危惧されているヤシガニ(資料写真)。竹富町でも乱獲防止などを目的にした条例制定に向け取り組みが進められている。絶滅が危惧されているヤシガニ(資料写真)。竹富町でも乱獲防止などを目的にした条例制定に向け取り組みが進められている。
乱獲防止へ本腰 生息実態調査に着手
 ヤシガニの乱獲防止などを目的にしたヤシガニ保護条例の制定に向けた取り組みを進めている竹富町は、8月末から町内の有人島7島で生息実態調査に着手している。来年2月まで実施する調査の結果を受け、町は各島々への住民説明会や有識者の意見を取り入れた関係各課による検討会を立ち上げ、素案を作成し、来年度中の条例制定・施行を目指す方針だ。  同様の条例は、石垣市や宮古島市、多良間村で既に施行されている。石...
本文を読む

沖縄のサンゴ 南半球に同集団 黒潮の〝壁〟が分断

30400.jpg
水産研究機関発表 台湾、本州と遺伝的違い 環境変動予測へ重要知見に
 琉球列島の造礁サンゴ集団が台湾や本州の集団とは違った遺伝的特徴を持ち、南半球のオーストラリア北東岸にあるグレートバリアリーフと同じ集団になることが明らかになったと、国立研究開発法人水産研究・教育機構西海区水産研究所が6日、発表した。これまでフィリピンから台湾、琉球列島、日本列島まで生物を運んでくると思われてきた黒潮に、実は河川のように両岸の集団間の交流を分断する作用があることを示唆しており、サ...
本文を読む

一部がヘドロ化 市、10月以降に対策検討

7月から期間限定で供用開始された人工ビーチ。干潮になると、波打ち際でもヘドロが確認される=4日午後、南ぬ浜町7月から期間限定で供用開始された人工ビーチ。干潮になると、波打ち際でもヘドロが確認される=4日午後、南ぬ浜町
南ぬ浜町人工ビーチ
 石垣市が整備し、7月から期間限定で供用が開始された南ぬ浜町の人工ビーチの一部がヘドロ化していることが分かった。港湾課によると、水質には問題ないが、使用期間が終了する10月以降、重機で掘り起こすなどして状況を把握し、対策を検討することにしている。  同ビーチでは干潮時、波打ち際から海に向かってヘドロが確認できる。足で砂をかくと黒いヘドロがあらわになり、干潮時に子どもたちが水遊びをすると、ヘド...
本文を読む
キーワード検索フォーム