八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「自然・科学」の検索結果は以下のとおりです。

ジンベエザメを救出 ロープ絡まり、ダイバー切断

ロープが巻き付いていたジンベエザメ。屋良部守明さんが切断して救助する=7月29日午前、西表島東の沖合(マリンポイント提供)ロープが巻き付いていたジンベエザメ。屋良部守明さんが切断して救助する=7月29日午前、西表島東の沖合(マリンポイント提供)
西表島東沖合
 西表島東の沖合で7月29日午前、からだにロープが巻き付いた体長7~8㍍のジンベエザメをダイバーらが発見、協力してロープを切断して救出した。  頭部と胸びれの間に直径約10㌢の大型船の係留用ロープが巻き付き、両ひれに食い込んでいた。  ダイビングショップの「サニーサニー」、「うるま」、「マリンポイント」の3社が連携して救助した。  ロープを切断した「マリンポイント」の屋良部守明さん(...
本文を読む

漂着ごみ、どっさり回収 大浜海岸で清掃活動

大浜海岸で行われた「河川・海岸愛護月間」のモデル清掃。参加者が漂着ごみなどを回収する=7月31日午前、大浜海岸大浜海岸で行われた「河川・海岸愛護月間」のモデル清掃。参加者が漂着ごみなどを回収する=7月31日午前、大浜海岸
河川・海岸愛護月間
 2019年度「河川・海岸愛護月間」のモデル清掃(八重山土木事務所主催)が7月31日午前、大浜海岸で行われ、54団体114人が参加し、漂着ごみなど2㌧トラック1台分の約60袋分のごみを集めた。  モデル清掃は、市民が河川や海岸のことを考える機会にしようと実施。河川は新川川、海岸は大浜海岸を隔年で清掃している。八重山建設業団体連合会、石垣市、沖縄県やボランティア団体、地域住民らが参加した。 ...
本文を読む

外来種駆除 プレコ、島全域へ拡散か

外来種駆除や国立公園の利用などについて意見が交わされた石垣市自然環境保全ネットワークの第7回会議=17日午後、市役所会議室外来種駆除や国立公園の利用などについて意見が交わされた石垣市自然環境保全ネットワークの第7回会議=17日午後、市役所会議室
市自然環境保全ネット 会議で活動実績報告
 石垣市自然環境保全ネットワーク(会長・大堀健司石垣島アウトフィッターユニオン会長)の第7回会議が17日、石垣市役所で行われ、アメリカザリガニやプレコなどの外来種駆除や国立公園内でのライトトラップによる昆虫採集、野生生物に配慮した道路整備などの議題について話し合われたほか、調査やパトロールなどの活動実績と今後の活動計画が報告された。今回から市教育委員会学校教育課も加わり19機関・団体となった。 ...
本文を読む

加屋真島の星空満喫 無人島で七夕星まつり

第2回無人島カヤマ島七夕星まつりで星空を観賞する参加者ら=7日午後、嘉弥真島第2回無人島カヤマ島七夕星まつりで星空を観賞する参加者ら=7日午後、嘉弥真島
 【小浜】竹富町の無人加屋真島(島嘉弥真島)で七夕の星空を満喫する第2回無人島カヤマ島七夕星まつり(美ら花グループ)が7日夜、同島であり、一般客やゲストなど38人が星空観賞やファイアーダンス、歌のライブを楽しんだ。  同まつりは、石垣市とともに星空保護区に指定される竹富町の星空の魅力を広め、星空観光振興を推進しようと、美ら花グループが2018年に65周年企画として実施し、ことしで2回目。加屋...
本文を読む

日本最西端が移動 「トゥイシ」新たに記載

「トゥイシ」が記載された地形図(右)と更新前の地形図(国土地理院提供)「トゥイシ」が記載された地形図(右)と更新前の地形図(国土地理院提供)
国土地理院 与那国島西崎
 国土地理院は、与那国島西崎にある岩「トゥイシ」を、国土を示す基本的な地図とされる「2万5千分の1地形図」に新たに記載、6月1日に刊行した。満潮時も海面上にあることを確認した。これにより、日本最西端は北北西に約260㍍先になった。  地理院によると、陸上自衛隊与那国駐屯地の整備など更新事項があったため、与那国島の地図を全面的に見直した結果、トゥイシも加えることに。ほかにナーマ浜、ダンヌ浜、カ...
本文を読む

地球温暖化に警鐘 大雨の回数倍増も

与那国島の二酸化炭素濃度の変化与那国島の二酸化炭素濃度の変化
石垣島地方気象台 リーフレット作成
 石垣島地方気象台は4日までに、地球温暖化への理解を深めてもらおうと、八重山地方の21世紀末(2076~95年)の気温と降水の予測などをとりまとめたリーフレット「もう始まっています!地球温暖化」~八重山地方版~(http://www.jma-net.go.jp/okinawa/data/kiko/leaflet_yaeyama.pdf)を作成、活用を呼び掛けている。このまま温暖化が進んだ場合、こ...
本文を読む

波照間でことし最高33.4度 高温、熱中症に注意を

縄地方は16日に梅雨入りしたものの、晴れる日が多くなっている。石垣市内ではホウオウボクが鮮やかなオレンジ色の花を咲かせている=3日午前、石垣中学校東通り縄地方は16日に梅雨入りしたものの、晴れる日が多くなっている。石垣市内ではホウオウボクが鮮やかなオレンジ色の花を咲かせている=3日午前、石垣中学校東通り
 八重山地方は3日、日照に加え、南から暖かい湿った空気が入り込んで気温が上昇、波照間島で最も暑い時期を上回ることし最高の33・4度(午後1時17分)を観測するなど各地で30度を超えた。  石垣島地方気象台は同日午後1時41分、高温注意報第1号を発表、熱中症などに注意するよう呼び掛けた。  ことし最高の気温を観測したのは波照間のほか盛山(南ぬ島石垣空港)、伊原間でそれぞれ32.7度(午後2...
本文を読む

プラごみをアートに 観光客参加で30日から

観光客参加型のアートプロジェクト「YAMANEKO 530 ART(ヤマネコゴミゼロアート)」の開始をPRする竹田尚志代表(右)と仲程長治さん=28日午後、県庁観光客参加型のアートプロジェクト「YAMANEKO 530 ART(ヤマネコゴミゼロアート)」の開始をPRする竹田尚志代表(右)と仲程長治さん=28日午後、県庁
石垣港離島ターミナル 西表島の自然次世代へ
 【那覇】西表島の自然と文化を守り、次世代へつなぐことを目的としたプロジェクト「Us 4 IRIOMOTE(アス・フォー・イリオモテ)」の竹田尚志代表とシネマトグラファーの仲程長治さんが28日午後、県庁で会見し、観光客参加型のアートプロジェクト「YAMANEKO 530 ART(ヤマネコゴミゼロアート)」を石垣港離島ターミナル内で30日から開始することを発表した。西表島など八重山諸島を訪れた観光...
本文を読む

世界自然遺産 推進共同企業体が発足

世界自然遺産推進共同企業体を発足した前列右から発起企業の長嶺隆理事長、丸川潔代表取締役社長、比嘉明男支社長、龍秀樹沖縄支店長。後列は参加表明企業関係者ら=21日午後、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ世界自然遺産推進共同企業体を発足した前列右から発起企業の長嶺隆理事長、丸川潔代表取締役社長、比嘉明男支社長、龍秀樹沖縄支店長。後列は参加表明企業関係者ら=21日午後、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ
環境保全、地域振興目的に31企業団体で希少種保護などに取り組む
【那覇】世界自然遺産推薦地をはじめとする県内での環境保全・地域振興を目的とした「世界自然遺産推進共同企業体」(構成企業・日本トランスオーシャン航空㈱ら31企業・団体)が21日、発足した。世界自然遺産に関する普及活動をはじめ希少種や自然環境の保護、密猟・密輸などさまざまな課題の解決を図り、2020年夏の世界自然遺産登録や、環境保全と地域振興の循環モデルの確立を目指す。同日午後、那覇市内のホテルで開...
本文を読む

カンムリワシを放鳥 西表島高那地区

約2カ月間の治療で野生復帰したカンムリワシ。個体識別用の赤いリングが左足に装着されている=11日午前、西表島高那地区(環境省西表野生生物保護センター提供)約2カ月間の治療で野生復帰したカンムリワシ。個体識別用の赤いリングが左足に装着されている=11日午前、西表島高那地区(環境省西表野生生物保護センター提供)
交通事故から回復
 西表島高那地区の県道で交通事故に遭い2月5日に西表自然保護官事務所に保護されたカンムリワシが4月11日、約2カ月間の治療を経て自然に返された。左足に番号「0」が刻印された赤いリングを装着しており、同事務所では「保護活動の貴重なデータとなるので足環をつけたカンムリワシを見つけたときは西表野生生物保護センターまで連絡してほしい」と情報提供を呼び掛けている。  放鳥されたカンムリワシは、路上でカ...
本文を読む
キーワード検索フォーム