八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

魅力的で奥深い観光を

 ▽…DMOを生かした観光地域づくりに関するトークセッションに登壇した山田桂一郎氏は「空港にある観光パンフレットの多いこと。あんなにいらない。DMOが無駄を整理するだけでかなり成果が出るはず」と指摘した。明確な戦略のもと多様な人々を巻き込めば魅力的で奥深い観光をつくる事ができるが、業務整理も必要になる。YVBの手腕が試される。  ▽…石垣市立教育研究所の第37期修了式で、研究教員の所属先を代...
本文を読む

ある日突然、平和な町が血に染まる。…

 ある日突然、平和な町が血に染まる。ニュージーランド(NZ)中部クライストチャーチのモスク(イスラム礼拝所)で起きた銃乱射テロが、新たな世界不安をかきたてている▼28歳の容疑者は半自動の銃器で武装し、礼拝所に入ると「バン、バン、バン」と無差別に銃を乱射。必死にはいつくばって逃げようとした信者にも容赦なく銃弾を撃ち込んだという。床の上で動かなくなった信者にも銃撃する執拗さだった▼神聖な場所での惨劇...
本文を読む

歴史と文化示す資料に

「蔵元絵師画稿」国重文へ
 八重山からまた一つ、国の重要文化財(重文)が生まれることになった。国の文化審議会が18日、「八重山蔵元絵師画稿類(宮良安宣旧蔵)」(90点)など県内から3件を重文に指定するよう柴山昌彦文部科学相に答申した。  ■先見性に驚き  蔵元というのは琉球王府時代の行政府の出先機関のこと。現在の石垣市立八重山博物館隣の駐車場にその史跡がある。バス停に降りると目の前にその案内板が見える。蔵元の絵師...
本文を読む

3月定例最終本会議 市議会、特別委を設置

陸自配備賛否問う住民投票条例案審議へ
 3月定例石垣市議会(平良秀之議長)は18日の最終本会議で、平得大俣への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会(10人)を設置、配備計画の賛否を問う住民投票条例案を付託した。いずれも全会一致。特別委で長山家康氏が委員長に互選され、「さまざまな問題が出てくると思うが、公正公平に審議したい」と決意を述べた。  長山氏は取材に対し、「早ければ今月中に第1回の審議を行いたい。6月定例会もあるので、で...
本文を読む

竹富町議会 緊防債、20年末までに申請

3月定例会一般質問 支所計画「遅れ」指摘も
 3月定例竹富町議会(新田長男議長)の一般質問初日は18日に行われ、大久研一、三盛克美、山盛力、渡久山康秀の4氏が登壇した。4氏が取り上げた町役場移転計画について執行部は、西表大原の本庁舎建設工事での活用を目指す緊急防災減災事業債(緊防債)について、申請書類の提出期限を2020年末までとし、期限内に県へ必要資料を提出する方針を示した。適用されれば事業債の70%が地方交付税として戻ってくる。(9面...
本文を読む

建労災防止協八重山分会 年度末期に安全パト

現場責任者(左)に安全対策について指導する安全指導員=18日午前、真栄里の八重山紫雲閣新築工事現場現場責任者(左)に安全対策について指導する安全指導員=18日午前、真栄里の八重山紫雲閣新築工事現場
建設現場10カ所で点検
 「ここからは絶対出すまい墜落災害」をスローガンに、建設業労働災害防止協会沖縄県支部八重山分会(米盛博明分会長)は18日、2018年度末建設現場安全パトロールを実施し、安全指導員ら6人が市内10カ所で安全対策などを見て回った。  このうち市内真栄里の八重山紫雲閣新築工事現場では高所作業用の足場や構内周辺をチェック。  米盛分会長は「整理整頓されているが、多業種が作業に入ると散らかってくる...
本文を読む

「バイトテロ」と言うそうだ。…

 「バイトテロ」と言うそうだ。テレビで何度も見た若者たちの不適切動画。すしネタの魚をごみ箱に投げ捨て、まな板に戻す。鶏肉を床にこすりつけて揚げる。おでんの白滝を口に含んで戻す。下半身丸出しに踊る▼全国チェーンの飲食店やコンビニ。共通するのは深夜営業や24時間営業店舗。背景にあるのは何だろう。深刻な人手不足、低賃金。非正規。少なくともバイトテロの現場に正規職員はおらず、時間は深夜帯だ。弱いものにき...
本文を読む

具体的な施策展開期待

 ▽…石垣市手話言語条例が18日、成立した。市議会本会義では手話通訳がつき、聴覚障がい者や関係者らが採決を見守った。全会一致で可決された後、平良秀之議長の配慮で議場内で記念撮影。手に「祝」の横断幕。笑顔で写真に納まった。感想を求めると、感極まって涙する人も。期待の大きさの表れだ。新年度からの具体的な施策展開に期待したい。  ▽…共に石垣市内で生活する外国人や島人らが集まって語り合う「ことコト...
本文を読む

「八重山プライド」を提唱 石西礁湖サンゴ礁基金

「持続可能な海の観光への眼差し」をテーマに講演する海津ゆりえ氏。「八重山プライド」を提唱した=17日午後、大浜信泉記念館「持続可能な海の観光への眼差し」をテーマに講演する海津ゆりえ氏。「八重山プライド」を提唱した=17日午後、大浜信泉記念館
稀有な豊かさ伝える誇りを
観光と海の保全フォーラム
 サンゴ礁保全につながる活動を認定するローカル環境認証(サンゴ認定)制度の創設を目指しているNPO法人石西礁湖サンゴ礁基金(入嵩西正治理事長)は17日、「八重山の持続可能な観光と陸と海の保全」をテーマにしたフォーラムを大浜信泉記念館で開き、研究者が「世界的にも稀有(けう)な生態系の豊かさと美しさを持つ八重山の海を伝える観光業の誇りを『八重山プライド』として高らかに掲げてほしい」と提言した。 ...
本文を読む

「SOSキャッチして」 自殺対策強化事業

若者の気持ちについて討論する参加者ら=17日午後、市健康福祉センター若者の気持ちについて討論する参加者ら=17日午後、市健康福祉センター
10代ピア会員が体験談
 石垣市の2018年度自殺対策強化事業(若年層対策事業)で「思春期・若い人たちのこころについて、みんなで考えよう」をテーマにした講演会が17日午後、市健康福祉センターで開かれた。NPO法人LovePeerPriceやいまの10代のピア会員3人が不登校や自傷行為をする若者が抱える心の問題を紹介、「大人に相談できない現状もある。声なき声に気づき、SOSをキャッチしてほしい」と若者の立場からメッセージ...
本文を読む
キーワード検索フォーム