八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

多くの市民が考える機会に 住民投票に協力求める

意見陳述で住民投票の必要性を訴える石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表(中央)=21日午前、本会議場意見陳述で住民投票の必要性を訴える石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表(中央)=21日午前、本会議場
石垣市議会臨時本会議 金城代表ら意見陳述
 平得大俣への陸上自衛隊配備計画を問う住民投票条例案をめぐり、石垣市議会(平良秀之議長)は21日の臨時会本会議で、1万4263筆の有効署名で直接請求を行った市住民投票を求める会(請求代表者27人)に意見陳述の機会を与えた。金城龍太郎代表(28)らは▽住民一人一人が意思を示す▽より多くの市民が考える機会とする—という二つの目的を紹介、「島人(しまんちゅ)が島のために考えて動いた運動。そこに大きな意...
本文を読む

町のより良い未来へ 島々つなぎシンポジウム

テレビ電話会議で各島をつないだ竹富町海洋シンポジウム=20日午後、竹富町役場2階会議室テレビ電話会議で各島をつないだ竹富町海洋シンポジウム=20日午後、竹富町役場2階会議室
竹富町制施行70周年記念
 竹富町制施行70周年記念事業「竹富町海洋シンポジウム 隔ての海を結びの海に~ゆんたく島つなぎ~」(主催・竹富町、協力・NTT西日本沖縄支店、学校法人角川ドワンゴ学園)が20日午後、開催された。町役場を主会場に、光回線を用いて各島の7会場を同時中継で結び基調講演、クイズ選手権などを実施。参加した延べ約300人の町民は、「海洋のまち竹富町」の課題と新たな発展について考え、My海洋行動宣言で第2次竹...
本文を読む

地魚の祭典を満喫 多くの来場者でにぎわう

第17回お魚まつりのマグロの解体ショー。家族連れなどで人だかりができた=20日午前、八重山漁協セリ市場第17回お魚まつりのマグロの解体ショー。家族連れなどで人だかりができた=20日午前、八重山漁協セリ市場
お魚まつり
 第17回お魚まつり(石垣市漁業集落主催)が20日午前、八重山漁協セリ市場で行われた。マグロの解体ショーやソデイカの足が懸かったじゃんけん大会、魚介藻類や加工品の販売などがあり、訪れた郡内の多くの家族連れが、年に1度の新鮮な地魚の祭典を満喫した。  同まつりは、石垣市内の漁師らが、八重山周辺海域の魚介藻類や水産加工品の販売を通して、地産地消、地魚のブランド化、地域交流を推進する目的で、漁業再...
本文を読む

何かと話題の山手線新駅、工事中の「高輪

 何かと話題の山手線新駅、工事中の「高輪ゲートウェイ駅」を見た。新橋駅の目と鼻の先。駅名を公募しながら首位の「高輪駅」を無視して130位を選びネット上で大炎上した。「横文字がカッコいいと思ってるのがダサい」など散々▼ゲートウェイは玄関口など「世界との懸け橋」の意。高輪にはかつて大木戸と呼ばれた関所があり、諸街道に通じる江戸の玄関だったという。今は羽田や成田空港に直結する新橋駅こそ「現代の大木戸」...
本文を読む

重要な問題、しっかり議論を

 ▽…平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、請求代表者の意見陳述後に質疑が行われた市議会本会義。総務財政委員会以外の議員はこの機会しかなかったのに、与党の仲間均氏だけが行った。他の与党議員が疑問点をただしたり、野党議員が応援の質問をしたりすることもなく終了。本会議終了後、仲間氏は「重要な問題なのになぜ誰も質問しないのか」と首をかしげるばかり。  ▽…石垣島の新鮮な粗糖(分蜜糖)が21日から...
本文を読む

事業系ごみが過去最多に 石垣市

石垣市のごみ排出量の推移石垣市のごみ排出量の推移
観光客増加背景に拡大
生活系と僅差、資源も増
 石垣市環境課は市のごみ処理実績とごみ排出量の将来予測をまとめた。2017年度のごみ排出量は2万3974㌧で過去2番目に多かった。このうち事業系ごみは観光客や宿泊施設、飲食店舗の増加に伴い前年度比269㌧増の1万1811㌧と、過去最多となった。生活系ごみも人口増で同比125㌧増の1万2163㌧に伸びた。年間で市民1人1日当たりの排出量は1334㌘と、観光客の排出量で引き上げられ、全国平均の925...
本文を読む

課題解決の楽しさ体感 市教委

初開催の「石垣市算数・数学フェスティバル」で、協力し合いながら問題に取り組む出場者たち=19日午後、市健康福祉センター初開催の「石垣市算数・数学フェスティバル」で、協力し合いながら問題に取り組む出場者たち=19日午後、市健康福祉センター
算数・数学フェスを初開催
 算数と数学の良さや、必要性などを知ってもらおうと石垣市教育委員会は19日午後、石垣市健康福祉センターで信泉プロジェクト「石垣市算数・数学フェスティバル」を初めて開き、石垣市内の小中学生77人が2~3人一組で問題を解いて、課題解決の楽しさを体感した。今月25日までに採点し、上位3位までの6チームは2月3日に石垣市民会館大ホールで開かれる「いしがき教育の日」で表彰する。  同フェスティバルでは...
本文を読む

「強いマリノスつくる」 横浜F・マリノス

2年連続となる石垣島キャンプで練習を開始し、メインコートをランニングする横浜F・マリノス=19日午前、サッカーパークあかんま2年連続となる石垣島キャンプで練習を開始し、メインコートをランニングする横浜F・マリノス=19日午前、サッカーパークあかんま
キャンプ初日から実戦形式
 J1の横浜F・マリノスが19日、サッカーパークあかんまで春季1次キャンプをスタート。選手全員でストレッチとランニングを行った後、3対3で互いに攻守の切り替えを意識したパス回しや、サイドハーフが左右から敵陣を突いてクロスからゴールを襲う練習など、初日からアンジェ・ポステコグルー監督が旗印とする攻撃型サッカーにのっとった実戦形式のメニューに汗を流した。  午前の初練習を終え、就任2年目のポステ...
本文を読む

岡山からの誘客目指す JALグループ

日本トランスオーシャン航空らが岡山から初めて旅行会社を招聘して開いた八重山視察研修の情報交換会=17日夜、ホテルグランビュー石垣日本トランスオーシャン航空らが岡山から初めて旅行会社を招聘して開いた八重山視察研修の情報交換会=17日夜、ホテルグランビュー石垣
視察研修団と意見交換
 岡山地区の旅行会社を八重山に招聘(しょうへい)してツアー商品などの造成につなげる八重山視察研修の情報交換会(日本トランスオーシャン航空、日本航空岡山支店主催)が17日夜、石垣市内のホテルで初めて開かれ、岡山から訪れた10社14人と地元の観光従事者22人が岡山からの誘客に向けて意見を交わした。  日本トランスオーシャン航空によると、岡山と那覇を結ぶ直行便は1988年3月の初就航からことしで3...
本文を読む

八重山商工高校が優秀賞

プレゼン部門で優秀賞に輝いた八重山商工高校の生徒ら=19日午後、ANA ARENA 浦添プレゼン部門で優秀賞に輝いた八重山商工高校の生徒ら=19日午後、ANA ARENA 浦添
IT津梁まつりプレゼン
   【浦添】県内最大級のIT体験イベント「IT津梁まつり2019」(県主催)の最終日が19日、「ANA ARENA 浦添」で行われた。県内の高校と大学の7団体が出場した学生部門のプレゼンテーション大会では、八重山商工高校の「ITテック」(我喜屋将大部長、部員23人)が優秀賞に輝いた。  八商工は「石垣島にプログラミングの風よ吹け2!~2020年へ向け、専門科目で行う地域貢献2...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム