八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

JA石垣牛銘柄推進委 「石垣牛ラーメン」販売へ

「石垣牛ラーメン」を販売する㈱オピエスの仲宗根忍代表取締役(中央)。左は東黒島新泉JAおきなわ八重山地区本部長、右はJAおきなわ石垣牛肥育部会の比嘉豊部会長=23日午後、JAおきなわ八重山支店2階会議室「石垣牛ラーメン」を販売する㈱オピエスの仲宗根忍代表取締役(中央)。左は東黒島新泉JAおきなわ八重山地区本部長、右はJAおきなわ石垣牛肥育部会の比嘉豊部会長=23日午後、JAおきなわ八重山支店2階会議室
加工品も石垣牛取扱店認定
 JA石垣牛銘柄推進委員会(委員長・東黒島新泉JAおきなわ八重山地区本部長兼畜産振興センター長)は23日、石垣牛のミンチをスープの素材にした土産用「石垣牛ラーメン」の販売を予定している企画販売会社の㈱オピエス(仲宗根忍代表取締役)=那覇市=を、精肉・飲食店以外では初めての「JA石垣牛取扱店舗」に認定したと発表した。これで71店舗目。加工分野での石垣牛のブランド化に期待する。  同社は1年半前...
本文を読む

大浜豊年祭 来夏世と村発展を祈願

上村と下村に分かれて長さ130メートルの大綱を引き合う住民ら。上村が下村の3連覇を阻んだ=23日夜、崎原道路上村と下村に分かれて長さ130メートルの大綱を引き合う住民ら。上村が下村の3連覇を阻んだ=23日夜、崎原道路
大綱引きは上村に軍配
 ことしの五穀の実りに感謝し、来夏世(クナツユー)の豊作と大浜村の発展を祈願する大浜公民館(福島英和館長)の豊年祭(ムラプール)が23日、崎原道路で行われた。  祭事を締めくくる郡内最大の長さ130㍍の大綱引きは、上村と下村に分かれて多くの住民や観光客らが引き合い、4分16秒の熱戦の結果、上村に軍配が上がり、下村の3連覇を阻止した。道踊りでは、30団体から総勢約1200人が余興で参加、夏の一...
本文を読む

やはり多くの若者たちは…

 やはり多くの若者たちは参議院選挙の投票に行かなかったとみえる▼先週の小欄で投票率の低いネット世代の若者に対し、米国の高齢者が「若い皆さん、投票しないで」と皮肉で挑発、投票を促そうとの試みを紹介。米国版の呼び掛けが、果たして日本で通用するのかと注目した▼ふたを開けて見ると投票率は48.80%。前回2016年の54.70%を5.90ポイント下回り、戦後最低となった1995年の44.52%に次ぐ2番...
本文を読む

水害に負けず収穫感謝 祖納豊年祭

ウガンの前に集結した各公民館の旗頭=21日、十山御願ウガンの前に集結した各公民館の旗頭=21日、十山御願
芸能奉納で豊作祈願
 【与那国】祖納の東、西、嶋仲公民館で構成する「祖納自治公民館連絡協議会」(会長・田島明嶋仲自治公民館館長)は21日、「十山御願」(トゥヤマウガン=祖納)で比川、久部良に続く締めの豊年祭を行い、この1年の作柄へ感謝し向こう1年の豊作を祈願した。   農協や各子ども会、団体などのみこしが繰り出されて集落内をパレードした後、トゥヤマウガンでの豊年祝賀会で3公民館からの芸能を奉納した。  田島館長は...
本文を読む

高良鉄美氏、離島振興に力注ぐ 選挙戦訴えを国政へ

第25回参院選から一夜明け、当選を伝える本紙を手にインタビューに応じる高良鉄美氏=22日午後、那覇市の選挙事務所第25回参院選から一夜明け、当選を伝える本紙を手にインタビューに応じる高良鉄美氏=22日午後、那覇市の選挙事務所
報道各社インタビュー
 【那覇】第25回参院選沖縄選挙区(改選数1)で初当選を果たした高良鉄美氏(65)は当選から一夜明けた22日午後、八重山毎日新聞社など報道各社のインタビューに応じ、「平和の1議席のバトンを持って国会で仕事ができる。選挙戦で言い続けてきたことを国政で訴えていきたい。離島振興や発展に力を注ぎたい」と意気込みを語った。  ―当選から一夜明けての感想は。  「オール沖縄」が勝ってきた選挙があり、...
本文を読む

真栄里の民話など発刊 石垣市教委市史編集委

「真栄里の民話」「参遣状」をPRする市史編集委員会のメンバーら=22日午後、市教育委員会「真栄里の民話」「参遣状」をPRする市史編集委員会のメンバーら=22日午後、市教育委員会
「貴重な方言資料」とPR
 石垣市教育委員会(石垣安志教育長)と市史編集委員会(波照間永吉委員長)は22日、市史研究資料9「真栄里の民話」(74ページ)と市史叢書24「参遣状(喜舎場永珣旧蔵資料)4」(77ページ)を発刊したと発表した。来月上旬には書店に並ぶ。いずれも販売価格は800円(税別)。  真栄里の民話は、明治30年代後半生まれのお年寄りが伝承したもの。1976年から78年にかけ、大学の調査で音源が残っており...
本文を読む

おぞましいニュースが続く。何をどうすれば…

 おぞましいニュースが続く。何をどうすれば、これほどまでの憎悪が生まれるのか。アニメ制作の京都アニメーションを襲った凶行である。涼し気な名を持つ男によって放火され爆発炎上、社員の若者ら34人が犠牲となった▼現代日本は経済やハイテク技術によって世界に認められているわけではない。アニメや「カワイイ」が「クール」で憧れらしい▼物語の背景に精緻に写し取られた実在の地は「聖地」と呼ばれ、ファンが巡礼する。...
本文を読む

沖縄選挙区 高良氏が初当選

参院選沖縄選挙区での初当選を喜ぶ高良鉄美氏(中央)ら=21日夜、那覇市の教育福祉会館参院選沖縄選挙区での初当選を喜ぶ高良鉄美氏(中央)ら=21日夜、那覇市の教育福祉会館
安里氏に6万票差
 【那覇】第25回参院選は21日、投開票が行われ、沖縄選挙区(改選数1)は無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する琉球大学名誉教授の高良鉄美氏(65)が29万8751票を獲得して初当選を果たした。自民新人でシンバホールディングス前会長の安里繁信氏(49)が獲得した23万4859票に6万3892票差をつけて名護市辺野古移設反対の民意を突き付けた。投票率は49・00%で前回の54・46%を5・46...
本文を読む

言葉の大切さ強調 発達障がい者支援で講話

自身の経験を基に子育ての講演を行う平岡夫妻=15日、西表離島振興総合センター自身の経験を基に子育ての講演を行う平岡夫妻=15日、西表離島振興総合センター
平岡禎之さん、ワッシーナさん
 【西表】「子育て支援講演会」(八重山福祉事務所・沖縄県発達障害者支援センター主催)が15日、西表離島振興総合センターで開催され、地域住民や保育士らが参加した。講師は、妻のワッシーナさんと子ども4人全員が発達障害という日常を火星人に例えてユーモラスに伝えた本「うちの火星人」の作者・平岡禎之さんと妻のワッシーナさんが務めた。  講演会では、発達障害についての正しい知識、母と子どもたちの成育歴や...
本文を読む

18日付本紙に掲載された…

 18日付本紙に掲載された「中国語検定試験に合格」の記事で、合格者として取り上げられた八重山商工高校2年の片倉英智さん(16)。先月台北駅で開かれた「日本の観光・物産展2019」では中国語で八重山のPRをこなしていた。検定合格の報も納得というものである▽同展会場で、実は片倉さんは例外的な存在だった。会場には日本のほかの地域からも高校生が派遣されてきていたが、ほとんどが女子。八商工が会場で交流した...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム