八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

観音堂地区で自治会設立へ

観音堂自治会発足の意義などについて説明する設立準備会の比屋根健代表(中)、小沢正副代表(左)、内海良彦副代表=22日夜、「宿・八重山すてい楽楽楽♪」観音堂自治会発足の意義などについて説明する設立準備会の比屋根健代表(中)、小沢正副代表(左)、内海良彦副代表=22日夜、「宿・八重山すてい楽楽楽♪」
景観変更や開発に危機感
情報収集、折衝の窓口に
大型共同住宅が計画されているほか、高さ制限の緩和が予定されている観音堂景観地区で29日、自治会が組織されることになった。いずれの問題も住民にはほとんど知らされておらず、「良好な生活環境を築くため、情報の収集、折衝の窓口としての機能」を果たすことを目的に立ち上げることに。観音堂自治会設立準備会(比屋根健代表)が22日夜、地区内で会合を開き、規約案や事業計画案などを総会に提出することを承認。比屋根代...
本文を読む

来月入浴サービス開始へ

障がい児が通所で利用
介助負担の軽減に期待
 障害や病気により介助が必要な子どもを持つ親の会「カラフル」(島内初美代表)が市に要望していた「障がい児の通所型入浴サービス」が、来月中に開始される。22日午後、市役所で開かれた同団体と市の会合で、障がい福祉課が今月中にサービスを請け負う事業所と利用額などを調整し(来月の)早い時期の開始を目指す考え示した。  同団体によると肢体不自由の児童生徒を入浴させるのに40分から1時間を要し、サービス...
本文を読む

離島割の適用を保留 石垣―那覇路線

県、バニラ・エア新規参入で
 県は7月1日から、石垣ー那覇路線で離島住民を対象に航空運賃を割り引く沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業の適用保留を決めた。同日から同路線に格安航空会社(LCC)のバニラ・エア(成田国際空港)が新規参入することを受けた措置。離島住民に対して片道航空運賃の約4割を補助している県は保留理由に「航空会社間の公正かつ自由な競争が制限される」としている。これを受けて同路線を運航する航空各社は離島割引運賃...
本文を読む

石垣と本島にサービス格差

▽…障害者・児が必要なサービスを受けられるよう要望を続ける団体「カラフル」。念願かない障がい児を対象にした入浴サービが6月に開始する。カラフルの関係者は「行政が私たちの声に耳を傾けてくれた」と喜ぶ一方で、石垣と本島のサービス格差を指摘。「一般市民の理解も含め課題は多い」と話す。果たして障がいを持つ人とその家族にとって石垣市は「日本一幸せあふれるまち」といえるのだろうか。  ▽…県は7月1日か...
本文を読む

隠そうとすればするほど、次から次と表面化してくる…

 隠そうとすればするほど、次から次と表面化してくる新たな疑惑▼ひとつのうそが拡大の一途をたどり、加計学園問題をめぐる攻防で、安倍一強の揺るぎない地位を築き上げた政権が窮地に立たされている▼これまでの対応を見ていると、あるものを「ない」と言ったり、面会したことも「記憶にない」と言う。文書で明らかになって初めて認めるご都合主義がはなはだしく、いまの国政はうそとごまかし、ペテンに満ちてはいないか。そう...
本文を読む

雇用の「質」改善に努めよ

有効求人倍率、40カ月連続1倍超
 ■雇用好調も大半が非正規  少子・高齢化を背景に全国的に雇用が好調だ。売り手市場の中で今年の大卒や高卒の就職率は過去最高の98%台を占め、入社式には異例の父母を招いてもてなす企業もあったほどだ。  沖縄も2017年平均の有効求人倍率は1・11倍となり、本土復帰後初めて1倍を超え、4年連続で過去最高を更新した。八重山も同年平均の有効求人倍率は1・52倍となり、過去最高を更新した。ことし3...
本文を読む

社員急募

社員急募社員急募
契約社員急募
本文を読む

委員 慎重審議求める 形成審、風景計画変更案

風景計画の変更案について意見を求められた景観形成審議会。委員から慎重審議を求める意見が相次いだ=21日午後、石垣市健康福祉センター風景計画の変更案について意見を求められた景観形成審議会。委員から慎重審議を求める意見が相次いだ=21日午後、石垣市健康福祉センター
景観破壊のおそれ指摘
注目される市長対応
 石垣市は21日午後、景観形成審議会(仲山久紀会長、12人)を市健康福祉センターで開き、変更手続きを進めている風景計画・景観地区(川平、観音堂)のうち、市条例に基づく風景計画の変更について意見を聴取した。建設関連団体の委員が「いろんな意見を聞くべきだ」と述べるなど、ほとんどの委員から慎重審議を求める意見が出た。有識者からは「意見を聞くだけなら同じことの繰り返し」として別の方法を模索するよう提案も...
本文を読む

「量から質への転換を」 市観光交流協会通常総会

役員改選などの各議案が提出された石垣市観光交流協会の2018年度第55回通常総会=21日夕、南の美ら花ホテルミヤヒラ役員改選などの各議案が提出された石垣市観光交流協会の2018年度第55回通常総会=21日夕、南の美ら花ホテルミヤヒラ
新会長に大松宏昭氏
不在の事務局長選任へ
 石垣市観光交流協会(高嶺良晴会長、会員335社)は21日夕、市内ホテルで2018年度第55回通常総会を開き、任期満了に伴う役員改選で八重山観光フェリー㈱代表取締役社長の大松宏昭氏(64)を選任した。ことしで新空港開港から5年が経過し、観光産業の拡大に対して観光消費額が地域で循環していないという現状に、2期8年務めた高嶺会長は「必要以上に消費額が島外に流出して景況感がない。観光が好調な今だからこ...
本文を読む

「歴史直視し考える機会に」

「八重山を学ぶー八重山の自然・歴史・文化ー」の発刊について会見する田本由美子代表(中央)ら=21日午後、大浜信泉記念館「八重山を学ぶー八重山の自然・歴史・文化ー」の発刊について会見する田本由美子代表(中央)ら=21日午後、大浜信泉記念館
配布中止の中学副読本
一般向け きょうから販売
 石垣市教育委員会が2017年度以降、発刊・配布をしていない中学校用副読本「八重山の歴史と文化・自然」の執筆者らが15日、レイアウトや構成のみを変えた一般向けの「八重山を学ぶ—八重山の自然・歴史・文化—」(沖縄時事出版)を発刊、22日からタウンパルやまだで販売される。刊行委員会(委員12人)の田本由美子代表らが21日午後、大浜信泉記念館で会見し、「市民や県民から要望が非常に多く、応えられてうれし...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム