八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

重機による造成工事再開 防衛局「機械音に注意払う」

重機による工事を再開した現場=25日午前、旧ジュマールゴルフガーデン(石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会提供)重機による工事を再開した現場=25日午前、旧ジュマールゴルフガーデン(石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会提供)
カンムリワシ営巣活動 市民連絡会反発強める
 平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、沖縄防衛局は、国指定特別天然記念物カンムリワシの営巣活動を確認した4月26日以降中断していた重機による造成工事を、25日再開した。機械音に注意を払うなど保全対策を行うと説明しているが、軍事基地をつくらせない市民連絡会は「具体的ではなく根拠もない。こんな説明で作業を再開するのは納得がいかない」と反発を強めている。  この日は、伊波洋一参院議員が工事現場...
本文を読む

しまくとぅば県民意識調査 使う割合、八重山55%

しまくとぅば県民意識調査割合しまくとぅば県民意識調査割合
5圏域別で唯一の増加 県全域では過去最低
 【那覇】県の2018年度のしまくとぅば県民意識調査で、しまくとぅばをあいさつ程度以上に使う人の割合が減少傾向にあり、2013年度の第1回調査以降最低になったことが分かった。県文化観光スポーツ部(新垣健一部長)が23日発表した。八重山ではこの割合が55%と17年度の前回調査より5・5ポイント増加、5圏域別で唯一伸びた。  「ハイサイ」などあいさつ程度以上にしまくとぅばを使うと回答した人の割合...
本文を読む

慶事の義理は欠いても葬儀の義理は欠くな…

 慶事の義理は欠いても葬儀の義理は欠くなという。しかし、こうも知り合いの訃報が多いと、すべてともいかず、付き合いの度合いで遠慮自粛することも▼最近は世間への告知も無く身内だけですませる葬儀もあり、そんな時は、かつて世話になった方だったとしても、あえて顔を出さないよう努めている▼意識の都会化が進む島でも告別式当日または初七日で49日までの法要を繰り上げる家庭が増えてきたことをどう考えたらいいか。近...
本文を読む

振興予算確保へ意見交換 懸案事業実現へ課題整理

県側(手前)の総括説明を聴く八重山3市町長と多良間村長ら=24日午後、県八重山合同庁舎県側(手前)の総括説明を聴く八重山3市町長と多良間村長ら=24日午後、県八重山合同庁舎
県と八重山・多良間4市町村
 2020年度沖縄振興予算の要請に向けた県と八重山・多良間4市町村長との意見交換会が24日、県八重山合同庁舎であり、各市町村から事前に提出のあった意見に対し、県が考え方を説明した。このうち、県道石垣空港線(新空港アクセス道路)について市が整備の遅れを懸念、県は予算を確保し早期の全線供用開始に取り組む考えを示した。  石垣空港線は2022年度の全線供用開始が予定されているが、市は「近年の公共工...
本文を読む

地区交通安全協 1団体21個人を表彰

交通安全に功労のあった個人や団体に八重山署の島尻重美署長から賞状が贈られた=24日午後、同署交通安全に功労のあった個人や団体に八重山署の島尻重美署長から賞状が贈られた=24日午後、同署
飲酒運転の根絶運動の日 10周年で記念シンポ
 地区交通安全協会(辻野ヒロ子会長)の第66回定期総会と表彰式が24日、八重山署であり、人事異動に伴う役員改選のほか、業務経過報告や決算収支報告、収支予算案などが承認された。引き続き行われた表彰式では、交通安全に功労のあった1団体21個人が表彰された。  協会は▽飲酒運転根絶運動の推進▽子どもと高齢者の交通事故防止および自転車安全利用に関する広報啓発活動の推進▽二輪車および若年者の交通事故防...
本文を読む

先の連休中、ゆいロードシアターに行った…

 先の連休中、ゆいロードシアターに行った。レッドカーペットにフードコート。こぢんまりとしながらも本格的な映画館である。島で映画を鑑賞するのは何十年ぶりだろうか▼筆者の幼少時代には丸映館、万世館があった。兄のバイクで行ったのが最初だったと記憶する。「ドラゴンへの道」か、あるいは「死亡遊戯」だったか、ブルース・リーの映画。終わるころには自分が強くなったような錯覚にとらわれたものだ。それからブルース・...
本文を読む

8月25日に開催決定 第9回ぱいぬ島まつり

前回のぱいぬ島まつり=平成27年8月16日、町離島振興総合センター前回のぱいぬ島まつり=平成27年8月16日、町離島振興総合センター
実行委員会を発足
 「新時代!南の島から結いの和!」をまつりテーマに第9回ぱいぬ島まつりの実行委員会(実行委員長・西大舛髙旬竹富町長、委員38人)が23日午後、竹富町役場2階ホールで発足した。第1回実行委員会でまつりを8月25日午前10時から西表島大原の町離島振興総合センターで開始することを決めた。今回は姉妹町の斜里町、友好都市の対馬市からの参加のほか、竹富町応援大使でサンマリノ共和国駐日大使のマンリオ・カデロ氏...
本文を読む

キャッシュレス化促進 石垣市観光交流協会

第56回通常総会で大松宏昭会長(左)のあいさつを聞く会員ら=23日夕、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート第56回通常総会で大松宏昭会長(左)のあいさつを聞く会員ら=23日夕、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
人材不足など課題山積
 一般社団法人石垣市観光交流協会(大松宏昭会長、332人)は23日夕、2019年度第56回通常総会を石垣市内ホテルで開き、3月の理事会で承認された事業計画などを報告した。今年度も誘客・広報・受け入れ対策・交流など観光と地域環境の各振興事業に取り組むほか、クレジット・電子マネー決済の端末導入などキャッシュレス化の取り組みを強化する。  2018年の石垣市への入域観光客数は、台風の襲来や悪天候で...
本文を読む

田原川氾濫で護岸崩落 県が拡幅工事計画

十山橋付近で崩落し土のうで応急措置された護岸。この影響で道路も片側通行止めになっている(八重山土木事務所提供)十山橋付近で崩落し土のうで応急措置された護岸。この影響で道路も片側通行止めになっている(八重山土木事務所提供)
与那国島 13日大雨被害状況
 【与那国】今月13日に50年に一度の大雨に見舞われた与那国島。祖納地区を流れる田原川(長さ1.29㌔)の氾濫で床上・床下浸水や十山橋付近の護岸の崩落が発生した。田原川は過去の台風襲来でも氾濫し、河川付近の住民に被害をもたらしている。管理する県八重山土木事務所は河川調査を行い、氾濫を防ぐため拡幅工事を計画。担当者は「着工時期は未定だが、なるべく早期に工事を考えている」としている。  与那国町...
本文を読む

ひとり親家庭を支援へ ランドセル購入費捻出

自販機の売り上げからランドセルの購入費用を寄付する事業をPRし、自販機の設置者を募集する八重山JCと市ひとり親家庭福祉会の会員ら=22日午後、市商工会館1階の事務局自販機の売り上げからランドセルの購入費用を寄付する事業をPRし、自販機の設置者を募集する八重山JCと市ひとり親家庭福祉会の会員ら=22日午後、市商工会館1階の事務局
八重山青年会議所 自販機設置の協力呼び掛け
 八重山青年会議所(八重山JC・上地誠理事長)は、自動販売機の売り上げの一部を市ひとり親家庭福祉会(前里和江会長)の新小学1年生のランドセル購入費用として寄付する「自動販売機を通じた共生社会推進事業」を実施する。上地理事長らが22日、石垣市商工会館内の事務局で会見し、自販機の設置に協力を呼び掛けた。  同事業は設置する自販機の収益からランドセルの購入費を捻出するとともに、地域にひとり親家庭の...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム