八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

スムーススペース初導入 10月の後期授業で利用開始

県内で初めて導入した「Smooth SPACE」で那覇市にある大庭学園の大庭荒学校長と映像を結んで握手を交わす中山義隆石垣市長=22日午後、市IT事業支援センター研修室県内で初めて導入した「Smooth SPACE」で那覇市にある大庭学園の大庭荒学校長と映像を結んで握手を交わす中山義隆石垣市長=22日午後、市IT事業支援センター研修室
石垣市と大庭学園 通信教育の保育士養成
 待機児童の解消に向けて4月からインターネットを活用した通信教育で保育士養成を行っている石垣市と学校法人大庭学園(那覇市、大庭憲理事長)は、テレビ会議システムとプロジェクションマッピングの技術を活用して、高解像度と高音質でリアルタイムな通信教育授業が行えるNEC社製の「Smooth SPACE(スムーススペース)」を県内で初めて導入した。後期授業が始まる10月から利用開始する。22日午後、石垣市...
本文を読む

パーラー「ハッピー」 3周年の節目を祝う

感謝の集いで乾杯をしてパーラー「ハッピー」の開所3周年を祝う参加者たち=22日午後、市健康福祉センター感謝の集いで乾杯をしてパーラー「ハッピー」の開所3周年を祝う参加者たち=22日午後、市健康福祉センター
ひとり親家庭福祉会が運営 市民の憩いの場として定着
 一般社団法人ひとり親家庭福祉会(前里和江会長)が運営するパーラー「ハッピー」(石垣市健康福祉センター内)が開所して3周年を迎え、22日午後、同センターで感謝の集いが開かれた。  同店は2014年7月15日にオープン。責任者の平良美和子さん(62)によると、利用する人も徐々に増え、市民の憩いの場として定着してきている。  前里会長は「今後もパーラーの安定運営を目指して継続していくために多...
本文を読む

離島甲子園 石垣島選抜が8強 24チーム 熱戦展開

壱岐市選抜戦との初戦、二死三塁で左越の適時三塁打を放つ石垣島選抜久貝=22日午前、石垣第二中学校グラウンド壱岐市選抜戦との初戦、二死三塁で左越の適時三塁打を放つ石垣島選抜久貝=22日午前、石垣第二中学校グラウンド
石垣は宮古、西表は対馬に敗退 敗者チーム交流戦も
 全国の離島地域23自治体から計24チームが出場した「国土交通大臣杯第10回離島交流中学生野球大会」(通称・離島甲子園、同実行委員会主催)が22日、石垣市で開幕した。初日は石垣市中央運動公園野球場など4会場で1、2回戦16試合が行われ、ベスト8が決まった。  八重山勢は石垣島選抜が初戦の壱岐市選抜に1-0、2回戦で奄美市選抜に4-3で勝利し、8強に進出。25日に同球場で久米島イーグルズと対戦...
本文を読む

戦争の惨禍繰り返さない

しらじらしい原爆忌、終戦の日の鎮魂の祈り
■「北朝鮮」脅威名目で軍拡  6月の沖縄の「慰霊の日」に続いて今月は6日に広島、9日に長崎の原爆の日、そして15日に「終戦の日」があり、日本列島は原爆や戦争で命を奪われた亡き家族を思い、不戦を誓う鎮魂の祈りに包まれた。安倍首相も全国戦没者追悼式で「戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない」と強調したが、しかし首相が現実にやっていることはその式辞がしらじらしい対話より軍事力重視の「戦争への道」だ...
本文を読む

またショッキングな調査結果が発表された

 またショッキングな調査結果が発表された▼2017年度第1回八重山地区健康おきなわ21推進会議で明らかになった14年の石垣市の65歳未満の死亡率が男性29.7%、女性13.2%となり、それぞれ全国の死亡率を上回ったとの現状報告である▼ことし2月、2008~12年まで八重山の脳内出血の死亡率が、男女ともに全国ワーストだったことが分かり、官民挙げて健康長寿復活に向けた取り組みが展開されている中で、新...
本文を読む

一つクリアーで能力伸ばす

 ▽…与那国町営学習塾で行われた算数用AIタブレットを使用した実力テスト。算数は積み上げ式の学問のため、一度つまずくと次の段階に行っても問題が解けなくなる。このタブレットは段階を踏んで勉強できるようになっているため、一つをクリアすれば学年にかかわらず先に進める。児童の能力を伸ばすには打ってつけかも。  ▽…4月からインターネットを活用した通信教育で、保育士養成授業を展開している石垣市と学校法...
本文を読む

美ら星ゲート、9月定例会で判断へ 当局は黒字試算

美ら星ゲート構築事業の収支案などについて説明を受ける委員ら=21日午前、議員協議会室美ら星ゲート構築事業の収支案などについて説明を受ける委員ら=21日午前、議員協議会室
石垣市議会総務財政委 採算性など、なお疑問視
 石垣市議会総務財政委員会(平良秀之委員長、8人)は21日、2017年度一般会計補正予算案に3億6396万円が盛り込まれた美ら星ゲート構築事業について、議員協議会室で審議した。当局側は一部練り直した事業収支案を提示、黒字になる試算を報告したが、委員からはなお採算性や設置場所などを疑問視する声が上がったため結論を先送りした。31日開会予定の9月定例会での議論も踏まえ判断する見通しだ。  同事業...
本文を読む

石垣市立図書館、中高校生の利用減 

32130.png
16年度、全体の2.1% 関心持たせること課題
 中学生から高校生までの若い世代の石垣市立図書館利用状況が2014年度1330人、15年度1279人、16年度1155人と減少傾向にあることが、同館のまとめで分かった。同館は14年度から参加型の特別企画展を開催するなど対策を講じているが、「なかなか利用につながらない」(野底由紀子館長)と苦慮している。  2016年度の年間利用者数は延べ5万4841人(前年度比273人減)で、うち13歳から1...
本文を読む

離島甲子園、24チーム意気込む

組み合わせ発表が行われ各チームの主将が舞台に上がり、抱負や意気込みを語る=21日午後、市総合体育館組み合わせ発表が行われ各チームの主将が舞台に上がり、抱負や意気込みを語る=21日午後、市総合体育館
八重山勢の初戦決まる
 全国の離島から24チームが出場する第10回全国離島交流中学生野球大会(通称・離島甲子園)の開会セレモニーが21日午後、石垣市総合体育館で開かれた。  セレモニーには宮城、東京3、新潟、三重、広島、島根、愛媛、福岡、長崎4、鹿児島5、沖縄5チームの11都県の計24チームが勢ぞろい。  注目の組み合わせ発表で、竹富町の西表ヤマネコ・ティダボーイズは、長崎県の対馬ヤマネコボーイズとの対戦とな...
本文を読む

いつの間にか立秋を過ぎた。炎暑はまだ

 いつの間にか立秋を過ぎた。炎暑はまだ続くが、季節は確実に移ろう。そんな自然を慈しみ、豊かな恵みを享受できる暮らしが続くことを願う▼石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会が結成されて2年。去る6月市議会では自衛隊配備にかかる市民の意思を問う住民投票条例案が否決され、市民は意思表示の機会を奪われた。かわって明確な意思を示すために行われているのが「島のどこにもミサイル基地いらない」署名活動である▼...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム