八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台風17号 終日強風、空海交通まひ

チェックインカウンターで搭乗や空席待ちの手続きをする利用者ら=21日午後、南ぬ島石垣空港チェックインカウンターで搭乗や空席待ちの手続きをする利用者ら=21日午後、南ぬ島石垣空港
観光客ら4000人の足乱れ
 八重山地方は21日、台風17号の影響で与那国空港で午後0時すぎ29・3㍍、石垣市伊原間で午後1時すぎ25・4㍍の最大瞬間風速を観測するなど、終日強風が吹いた。  この影響で空と海の交通機関がほぼマヒ。与那国空港発着は全便欠航、南ぬ島石垣空港の発着便は遅延や欠航が相次ぎ計46便が運航できず、約4000人の足が乱れた。石垣島と周辺離島を結ぶ航路は全便欠航となった。  日本トランスオーシャン...
本文を読む

八重山地区児童・生徒科学作品展 17個人5団体表彰

第35回八重山地区児童・生徒科学作品展で優秀賞、優良賞、努力賞を受賞した児童生徒ら=21日午後、石垣市立図書館視聴覚室(八重山地区小中学校理科教育研究会提供)第35回八重山地区児童・生徒科学作品展で優秀賞、優良賞、努力賞を受賞した児童生徒ら=21日午後、石垣市立図書館視聴覚室(八重山地区小中学校理科教育研究会提供)
9点を県審査に出品
 第35回八重山地区児童・生徒科学作品展(八重山地区小中学校理科教育研究会主催)の表彰式が21日午後、石垣市立図書館視聴覚室であり、17個人5団体の児童生徒が優秀賞4点、優良賞7点、努力賞11点を受賞した。このうち9点が10月18日に浦添市産業振興センター「結の街」で行われる県審査へ出品される。 今年度はリポート、パネル、標本など128点の応募があった。石垣直志審査委員長は「意欲的な研究が多かっ...
本文を読む

歯科医院で施してもらったブリッジ冠歯が…

 歯科医院で施してもらったブリッジ冠歯がぐらぐらし痛むので診てもらったら歯ぎしりの習慣があるかとの問い。自覚がないので無いと答えてから、でも待てよ、そういえば父も従兄も歯ぎしりでは親戚中の指折りに入っていたことを思い出した▼母も叔母も父や従兄の歯ぎしりが原因で眠れないことをよくこぼしていた。父に至っては総入れ歯になっても歯ぎしりはやまず、都度調整してもらっていた▼私の歯ぎしりが疑われたのはブリッ...
本文を読む

希少種を密猟から守れ 水際対策の強化へ

沖縄地域での希少な野生動植物の密猟・密輸対策連絡会の八重山担当者会議に出席する関係機関の担当者ら=20日午前、竹富町役場2階ホール沖縄地域での希少な野生動植物の密猟・密輸対策連絡会の八重山担当者会議に出席する関係機関の担当者ら=20日午前、竹富町役場2階ホール
環境省など官民連携で 世界自然遺産登録見据え
 環境省沖縄奄美自然環境事務所は、沖縄と奄美大島で希少動植物の密猟・密輸対策の強化に乗り出しており、八重山担当者会議を20日、竹富町役場で開いた。行政、防疫、検疫、税関、警察、航空、運送、船舶など官民で包括的に連携しようと初めて設けられた。今後、パトロールだけでなく生息域外の水際対策を強化していく。今年度は合同パトロール、南ぬ島石垣空港での希少動植物識別研修などを予定する。  同事務所は関係...
本文を読む

東大生が学習法伝授 

ワークショップで生徒が東大生に質問をぶつけた=20日午前、白保中学校体育館ワークショップで生徒が東大生に質問をぶつけた=20日午前、白保中学校体育館
白保中で生徒と交流
 独自の手法で勉強して非進学校から東大合格を果たしたメンバーの集まり、東京大学フロンティアランナーズ(UTFR)主催の「東大生が語る学習法」と題した講演会が20日午前、白保中学校(﨑山晃校長)で開かれ、メンバー9人が勉強方法を伝授、生徒と交流した。  UTFRは各地で受験テクニックや意思決定術、目標達成術などを伝えている。この日は全校生徒59人が対象。午前中、生徒が東大生に勉強方法を質問する...
本文を読む

本紙1面の老人週間企画のタイトルにもある…

 本紙1面の老人週間企画のタイトルにもあるように、誰しも「生涯現役」でいたいものだろう。「収穫が一番楽しいよ」「三線が好き、唄も好き」「ひ孫皆の着物を織りたい」「子どもたちを守りたい」「小物雑貨作りが長年の趣味」「造船一筋『船を生らす』」。生き生きとしている様子が伝わってくる▼「船を生らす」は、筆者が取材した亀川裕さん(87)の言葉。漢字で分かると思うが、まらすと読み、方言で「産む」という意味だ...
本文を読む

義務付け訴訟を提起

提訴後に会見する原告と代理人。金城龍太郎代表(中央)は「どうしても実現したい」と語る=19日午後、県庁記者クラブ提訴後に会見する原告と代理人。金城龍太郎代表(中央)は「どうしても実現したい」と語る=19日午後、県庁記者クラブ
全国初、住民投票求める会 自治条例解釈、司法判断へ
 【那覇】石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表らが19日、石垣市を相手に、平得大俣地域の陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票実施義務の履行を求める義務付け訴訟と仮の義務付けの申し立てを那覇地裁に提起した。住民投票の請求・発議を規定する石垣市自治基本条例第28条の解釈は、司法の判断に委ねられることになった。  代理人の大井琢弁護士によると、住民投票実施の義務付け訴訟と仮の義務付けの申し立...
本文を読む

竹富町議会9月定例会一般質問 農地転用に慎重な姿勢

県側、農振除外見直しで
 9月定例竹富町議会(新田長男議長)一般質問最終日は19日、上盛政秀、渡久山康秀、那根操の3氏が登壇した。現在、町が農用地区域の農振除外総合見直しに向け県と予備調整している申請農地24件のうち2件の調整が難航している。同農用地には第1種農地も含まれ、県側が農地転用に慎重な姿勢をみせている。上盛氏の質疑。那根氏は、西表漁港の製氷貯氷施設の老朽化を指摘。使用に支障をきたしているとして、早期取り換えを...
本文を読む

与那国町議会9月定例会一般質問 職員の人員不足課題

採用条件緩和など検討
 【与那国】9月定例町議会(前西原武三議長)一般質問最終日は18日、嵩西茂則、金城信利、崎元俊男、与那原繁の4氏が質問した。陸上自衛隊レーダー基地の電磁波による健康への影響について崎元氏が久部良住民を対象に健康診断の実施を求めたのに対し上地常夫総務課長は「今まで検討したことはない。専門の健康診断があるのかも分からない」と答弁。職員数が定数に20人不足していることに上地総務課長は「異常な状態」とし...
本文を読む

竹富町議会9月一般質問 石垣—波照間 就航率90%と安定

ごみのポイ捨てなど課題も
 竹富町議会9月定例会(新田長男議長)一般質問2日目は18日、仲里俊一、大浜修、加屋本真一、宮良道子の4氏が質問した。西表島住吉地区の貯水池整備は、今月中に貯水池周辺の草木を伐採し腐食したフェンスや堆積した泥の除去が可能か調査する。石垣—波照間の定期航路の就航率は、ことし4〜7月平均で90%と安定。一方で、好調な入域観光客数に伴い住民から「ごみのポイ捨てが目立つ」と声も上っている。(9面に関連と...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム