八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国島 日本最南端の海びらき

「日本最南端!八重山の海びらき2019in与那国島」で先陣を切って海に駆け込む男の子たち=24日午前、ナーマ浜「日本最南端!八重山の海びらき2019in与那国島」で先陣を切って海に駆け込む男の子たち=24日午前、ナーマ浜
宝探しなど初泳ぎ満喫 無事故で楽しめる1年に
 【与那国】「日本最南端!八重山の海びらき2019in与那国島」(一般社団法人八重山ビジターズビューロー主催)が24日午前、与那国島久部良のナーマ浜で行われた。この日の天気は曇り、午前8時32分に最低気温17・8度を記録し、時折小雨も降るなど肌寒い気候となったが、約500人(主催者発表)の地元住民や観光客が参加し、海上収穫祭や与那国馬の乗馬体験、海上宝探しなどで初泳ぎを満喫した。特設ステージでは...
本文を読む

じょーとーむん祭り 北部の魅力たっぷり

北部給食食堂の味を楽しみながらテーブルを囲む来場者ら=24日午前、栄公民館北部給食食堂の味を楽しみながらテーブルを囲む来場者ら=24日午前、栄公民館
多くの来場者でにぎわう
 石垣市北部農村集落の活性化を目的に第2回石垣北部じょーとーむん祭り(同協議会主催、市花き拠点産地協議会共催)が24日、野底栄公民館周辺で開催された。北部地域で採れた野菜をふんだんに使い、北部地域の学校給食メニューを再現した「北部給食食堂」が一日限定でオープン。行列ができるほど人気を集めた。サバニや島花ブーケ作り、命草講習会などの体験も味わえ、来場者たちは北部の魅力が詰まった催しを楽しんだ。 ...
本文を読む

県柔道連盟八重山支部 創立55周年の節目祝う

沖縄県柔道連盟八重山支部創立55周年記念祝賀会で功労者表彰などを受けた皆さん=24日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ沖縄県柔道連盟八重山支部創立55周年記念祝賀会で功労者表彰などを受けた皆さん=24日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ
功労者や役員を表彰
 沖縄県柔道連盟八重山支部創立55周年記念祝賀会が24日夜、石垣市内のホテルで開かれ、支部会員や関係者らが共に佳節を祝うとともに、八重山柔道界のさらなる発展を誓った。  同支部は1963年12月、八重山高校柔道部の顧問を務めるなど青少年の指導に当たっていた新垣禎三初代支部長を中心に結成された。  源河達徳支部長は「平成最後の年に節目を迎えられて喜びに堪えない。これからも柔道の神髄である『...
本文を読む

昨年と一昨年、家族を相次いで亡くし…

 昨年と一昨年、家族を相次いで亡くし、葬儀の手配などで往生した。埼玉県内にある実家の周辺には徒歩圏内にスーパーが2軒あるが、夜11時には閉まる。遅くにこまごまとしたものが必要になると、歩いてすぐのところにあるセブンイレブンを利用した▼沖縄進出が話題のセブンだが、24時間営業に関する動きが活発だ。深夜の営業時間を短縮する実証実験が21日に始まった▼大阪の店舗が人手不足から24時間営業を取りやめたと...
本文を読む

想定外の人気、島花ブーケ

 ▽…石垣北部じょーとーむん祭りで、北部給食食堂と同じように人気を集めた島花ブーケ作り体験。市が県の戦略品目の拠点産地として認定されているレッドジンジャーやヘリコニアなどが並び、来場者はオリジナルのブーケに満足した様子。用意した約60人分の材料は2時間で底をつき、想定外の人気に担当者も驚きながらうれしい悲鳴を上げていた。  ▽…ことしの海びらきも肌寒かったため「子どもが海に入ってくれなかった...
本文を読む

浦内橋架け替えへ 県八重山土木事務所

12年計画で架け替えられる浦内橋。橋の上流側に仮設橋を設置する(映像工場提供)12年計画で架け替えられる浦内橋。橋の上流側に仮設橋を設置する(映像工場提供)
半世紀ぶり、概算50億円
19年度着工、12年計画で
 【西表】県内最長18・8㌔の浦内川河口に架かる「浦内橋(橋長272㍍、有効幅員6㍍)」の架け替え計画が、2019年度の着工に向け進められている。工期は仮設橋の建設も含め12年間。総事業費は概算50億円。既存の橋は1970年に竣工(しゅんこう)し老朽化が進んでいるため、県は、耐震基準に対応する補強工事や塩害対策の補修に莫大(ばくだい)な予算がかかると算出。今後の維持管理費を含め検討した結果、架け...
本文を読む

市民総合文化祭が開幕 石垣市文化協会

アトラクションで民踊愛好部会が「稲しり節」など2演目を披露して始まった市民総合文化祭=23日午後、市民会館玄関前広場アトラクションで民踊愛好部会が「稲しり節」など2演目を披露して始まった市民総合文化祭=23日午後、市民会館玄関前広場
絵画など会員の力作展示
今夜は舞台発表も
 「育てよう文化の心 文化のまち」をスローガンに第24回石垣市民総合文化祭(主催・石垣市文化協会、共催・市、市教育委員会)が23日午後2時、市民会館で開幕した。展示の部の書道や絵画、写真、木工など市民が製作した芸術や工芸作品の数々が中ホールなどで展示され、訪れる人びとの目を楽しませている。同文化祭は24日までの2日間。最終日は午後6時30分から大ホールで舞台の部の発表がある。  同祭は文化活...
本文を読む

自然環境保全呼び掛け 石垣自然保護官事務所

希少種が多く生息している島々の自然環境の保全を呼び掛けた細谷和海氏(左)と鈴木寿之氏=23日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター希少種が多く生息している島々の自然環境の保全を呼び掛けた細谷和海氏(左)と鈴木寿之氏=23日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
淡水魚の生態系など学ぶ
 八重山の希少な淡水魚と多様化する生態系について学ぶ「守ろう日本の淡水魚~八重山へのメッセージ~」(環境省石垣自然保護官事務所主催)が23日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで開かれ、細谷和海氏(近畿大学名誉教授、日本魚類学会会長)と鈴木寿之氏(大阪市立自然史博物館外来研究員、日本魚類学会自然保護委員)が希少種が多く生息している島々の自然環境の保全を呼び掛けた。  自然保護と外来生...
本文を読む

「花を愛する人は心豊か」 花と緑の街角コンテスト

第17回花と緑の街角コンテストで入賞した皆さん=23日午前、八重山毎日新聞社第17回花と緑の街角コンテストで入賞した皆さん=23日午前、八重山毎日新聞社
5個人9団体を表彰
 「育てて!感じて!楽しんで!花と緑の輪を作ろう!~」をテーマにした第17回花と緑の街角コンテスト(主催・八重山毎日新聞社、メイクマン石垣店)の表彰式が23日午前、八重山毎日新聞社で行われ、個人、職場、通り会、プランターの4部門に入賞した5個人9団体が表彰された。  本社の黒島安隆社長は「花を愛する人は心も豊か。花いっぱいの場所にはごみのポイ捨てもない。これからも美しい花を咲かせ続けてほしい...
本文を読む

花と緑あふれる石垣市へ

 ▽…花と緑の街角コンテストでメイクマン賞を受賞した新田實・純子夫妻。真栄里公園内の花の世話をボランティアで10年余り続けてきたという。完成しても空っぽだった園内の植栽に花を植えるための土壌を手配するところから引き受け、見事に花をあふれさせた。旅行で家を空けているときも心配で、帰ってからすぐに手入れに向かった。一市民の思いで造られた花の園。市民みんなで守り育てよう。  ▽…島々に生息する希少...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム