八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

旧大浜町浄水場跡 アクセス道路を優先

旧大浜町浄水場跡を視察する中山義隆市長。16日の市議会でアクセス道路の開通を優先する考えを示した=2016年11月29日午前、石垣市宮良高山原旧大浜町浄水場跡を視察する中山義隆市長。16日の市議会でアクセス道路の開通を優先する考えを示した=2016年11月29日午前、石垣市宮良高山原
中山市長 「経済的損失大きい」 住民の負担や安全性も指摘
 新空港アクセス道路のルート内にある旧大浜町浄水場跡について、中山義隆市長は16日、市議会一般質問で、「あまりにも経済的損失が大きい。アクセス道路の開通を優先すべきだ」「道路に供用することはやむなし」の見解を初めて明らかにした。崎枝純夫氏、石垣亨氏への答弁。浄水場跡がある宮良高山原は市有地となっていることから、「市有地の売却について適切な時期に判断したい」と述べ、漢那政弘副市長も「一部で発注を止...
本文を読む

口利き案件報告機能せず 市議会一般質問

条例施行後1件もなし 様式がなく職員萎縮か
 3月定例会石垣市議会(知念辰憲議長)は15日、大石行英、小底嗣洋、友寄永三、砥板芳行の4氏が一般質問を行った。職員倫理条例に基づき、口利きなどの要望を受けた場合に記録・報告する案件が2008年11月の施行以降一件もないことが判明、機能していないことが浮き彫りとなった。人口減少地域で空き家を活用して移住定住を促進する空き家バンク事業が、夏ごろにスタートする見通しが示された。台湾から石垣港への就航...
本文を読む

市長「受け入れ表明ではない」 野党「詭弁」「ごまかし」と批判

陸自配備計画
 自衛隊配備計画をめぐり、中山義隆石垣市長は14日、3月定例市議会で野党側の一般質問で、事実上の受け入れ表明と受け取られている「配備に向けた諸手続きを開始することを了承する」との昨年12月26日の会見内容について「受け入れ表明ではない」と主張、詳細な計画が提示された段階で市民や議会での議論を踏まえ、防衛省と調整しながら最終的に判断する意向をあらためて示した。  会見で中山市長は最終決断で拒否...
本文を読む

市、防衛省との調整未公表 陸自配備

手続き前に副市長が面談 中山市長の情報公開に逆行
 石垣市平得大俣東への陸上自衛隊配備計画をめぐり、漢那政弘副市長が1月19日に防衛省や沖縄防衛局などの担当者らと市役所で面談し、今後の手続きの進め方について説明を受けていたことが13日、分かった。3月定例市議会一般質問で長浜信夫氏が明らかにした。沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が2月7日に中山義隆市長を訪ね、配備に向けた手続きを開始すると伝える前に説明を受けていたことになるが、情報はこれまで公表されて...
本文を読む

新庁舎建設、与中東側を断念 外間町長が施政方針

施政方針演説を行った外間町長=9日午前、議場施政方針演説を行った外間町長=9日午前、議場
3月定例町議会 水道施設改良で硬度の低減図る
 【与那国】外間守吉町長は、10日開会した3月定例町議会で2017年度施政方針演説を行い、主な施策を説明した。本年度から10年かけ、老朽化が著しい水道施設を改良するなどして硬度の低減を図る簡易水道事業に取り組む方針を示した。新庁舎建設では、検討委員会から答申のあった与那国中学校東側について用地取得の難航が予想されるとして断念、周辺の用地で選定を進めていく考えを明らかにした。  町によると、簡...
本文を読む

折り鶴7千個近くに 市民の思いあすの祈念式に

市民から寄せられた折り鶴の一部。中山義隆市長が東日本大震災追悼・復興祈念式にささげる=9日午前、市長室市民から寄せられた折り鶴の一部。中山義隆市長が東日本大震災追悼・復興祈念式にささげる=9日午前、市長室
東日本大震災追悼
 陸前高田市で3月11日に行われる東日本大震災追悼・復興祈念式に向け、市民から寄せられた折り鶴が9日で7000羽近くに達した。千羽鶴にして祈念式にささげられる。  全国青年市長会の会長として式に参列する中山義隆市長は「多くの市民の皆さんの協力をいただき、たくさんの折り鶴が集まった。市民の気持ちをいっしょに届けたい」と話している。  折り鶴は10日午前10時まで受け付ける。
本文を読む

ごみ処理条例 市、不適切を当初から把握 放置し行政の怠慢判明

ごみ処理手数料の引き上げを内容とする条例の一部改正案の結論を先送りした石垣市議会経済民生委員会=7日、委員会室ごみ処理手数料の引き上げを内容とする条例の一部改正案の結論を先送りした石垣市議会経済民生委員会=7日、委員会室
市議会経済民生委員会 条例一部改正を再審議
 ごみ処理施設への直接搬入料金が条例で表記されている1㌔単位ではなく、10㌔単位で徴収されている問題をめぐり、昨年の12月定例石垣市議会以降、ごみ処理手数料の引き上げを内容とする条例の一部改正案を継続扱いにしている経済民生委員会(大石行英委員長、6人)は7日、委員会室で審議したが、「まず1㌔2円となっている現行条例を10㌔につき20円に改正すべきだ」などの意見が出たため、結論を14日の一般質問終...
本文を読む

3月定例町議会 波照間空港再開目指す

竹富町長就任後、初の施政方針演説を行う西大舛髙旬町長=3日午後、町役場議会議場竹富町長就任後、初の施政方針演説を行う西大舛髙旬町長=3日午後、町役場議会議場
西大舛町長が施政方針 決める行政運営にまい進
 竹富町の西大舛髙旬町長は、3日開会した町議会3月定例会で町長就任後初となる2017年度の施政方針演説を行った。「『決める行政、決める政治』を信念にスピード感を持って町政運営にまい進する」と決意を述べ、波照間空港の再開と船舶の大型化を見込んだ同島での地域住民主導による大型宿泊施設建設の実現可能性を探る調査など約100の事業を挙げた。  新規事業はほかに干立地区の避難場所の整備に向けた調査設計...
本文を読む

通知遅れに保護者不安 「復職めど立たない」

31263.png
市17年度保育所選考結果 対象児952人 一職員で審査
 石垣市の2017年度公立・認可保育所(園)の入所手続きで、選考結果を知らせる通知書の発送が2月下旬の予定から遅れており、申し込みをしている保護者から「職場復帰のめどが立てられない」「復職予定だが、見通しが立たないと死活問題になる」と不安と焦りの声が上がっている。入所手続きを担当する市児童家庭課によると、通知書が届いていない対象児は0歳から2歳までの952人。入所審査を職員一人が行っているため、...
本文を読む

陸自計画、「配備に向け手続き開始」 中山市長が施政方針

2017年度施政方針を示す中山義隆市長=27日午前、本会議場2017年度施政方針を示す中山義隆市長=27日午前、本会議場
前勢岳のゴルフ場、必要施設と考え協力示す
 中山義隆石垣市長は、27日開会した市議会3月定例会で2017年度施政方針演説を行い、主な政策を説明した。「配備に向けた諸手続きを開始することを了承した」と事実上の受け入れを表明している自衛隊配備計画について、「今後、具体的な計画が出てきた段階で情報をオープンにし、市民の声、市議会での議論を経て防衛省との調整を行っていく」と従来の考えを示した。民間企業が前勢岳で計画するゴルフ場付きリゾート施設に...
本文を読む
キーワード検索フォーム