八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

3市町が仕事始め式 

中山義隆市長のあいさつを聞く職員=4日午前、市役所玄関前ピロティ中山義隆市長のあいさつを聞く職員=4日午前、市役所玄関前ピロティ
   官公庁は4日、2017年の業務を開始した。3市町では同日午前、職員を集めて仕事始め式を行い、3首長が念頭あいさつで「大きく羽ばたこう」などと酉(とり)年にちなんで飛翔を誓った。   【石垣市】日本一幸せなまち目指す  石垣市は午前9時半から玄関前ピロティで仕事始め式を行い、中山義隆市長が「ことしは酉年、東の太陽にカンムリワシが飛び立つように、みんなで心を...
本文を読む

ネット利用 快適環境に 与那国へ光ケーブル敷設完了

30969.png
サービス開始3月予定
 県の離島地区情報通信基盤整備事業でことし4月から進められていた海底光ケーブルの敷設作業が本島から多良間島を経由して与那国島にこのほど届き、町は配線整備が完了したエリアから順次、光ブロードバンドサービスの提供を開始する。祖納地区の一部で3月29日から、このほかの地域では4月以降を予定。町は「今後、光ブロードバンドを介して住民サービスの向上を図っていく」として加入を呼び掛けている。  超高速ブ...
本文を読む

陸自配備受け入れで対立 推進・反対派が街頭アピール

30956.jpg
市役所周辺に約200人集結
 中山義隆市長の陸上自衛隊配備受け入れ表明をめぐり、推進、反対双方の動きが27日、活発化した。それぞれの団体のメンバーらが同日午前、横断幕やプラカード、のぼり旗を手に市役所周辺で街頭アピールを行った。市役所正面玄関前の歩道から2階の市長室に向かい、推進派は「市長の決断を評価する。われわれも応援する」とエールを送り、反対派は「市民の声を聞け。受け入れを撤回せよ」と抗議の声を上げるなど、住民間の対立...
本文を読む

陸自配備受け入れへ 市長が手続き開始了承

石垣島への自衛隊配備について受け入れの方針を表明する中山義隆石垣市長=26日午前10時、庁議室石垣島への自衛隊配備について受け入れの方針を表明する中山義隆石垣市長=26日午前10時、庁議室
防衛省、配備箇所の確定作業に入る
 中山義隆市長は26日午前、平得大俣東の市有地と周辺で防衛省が計画する陸上自衛隊の配備について「防衛省に対し、配備に向けた諸手続きを開始することを了承する旨、伝達する」と述べ、受け入れる方針を表明した。市役所で会見して明らかにし、「この1年で意見が集約された。手続きを進めることで次のステージ、一歩前に進むことになる」と述べた。昨年11月26日から配備に協力を求めている防衛省は今後、具体的な配備箇...
本文を読む

ヤシガニ800個体確認 竹富町、保護条例向け調査

個体数が減少している絶滅危惧種のヤシガニ。町が保護条例制定に向けた取り組みを進めている個体数が減少している絶滅危惧種のヤシガニ。町が保護条例制定に向けた取り組みを進めている
 ヤシガニの乱獲防止などを目的にした保護条例の制定を目指している竹富町が8月末から10月末までヤシガニの生息実態調査を実施したところ、有人8島全体で推定約800個体の生息が確認された。町独自で生息数を調べるのは初めて。今後、個体の大きさや雌雄の分類などを調べ、来年2月末までに報告書をまとめる。町はこれを踏まえ、各島々で説明会を開催し、住民の意見を参考にしながら条例素案の作成に着手する方針だ。 ...
本文を読む

マングローブ除去、中断 町民が所有権主張

町が河川氾濫の原因の一つとして樹木やヒルギの一部を除去した田原川河口付近。一時中断を余儀なくされている=19日午後町が河川氾濫の原因の一つとして樹木やヒルギの一部を除去した田原川河口付近。一時中断を余儀なくされている=19日午後
田原川の氾濫防止策
 【与那国】田原川の氾濫の一因になっているとして、町は11月12日から河口付近に繁茂する樹木やマングローブ林を除去する作業を開始したが、マングローブを植え続けてきたという町民の一人が所有権を主張したため、中断を余儀なくされている。町まちづくり課(前大舛和夫課長)は「植栽にはさまざまな団体、個人が関わっているため所有者を特定するのは難しく、対応を検討している」と頭を痛めている。  田原川は土地...
本文を読む

緊急防災・減災事業債活用へ 石垣市の新庁舎建設

石垣市役所新庁舎のイメージ(中央右)=石垣市新庁舎建設室提供石垣市役所新庁舎のイメージ(中央右)=石垣市新庁舎建設室提供
国の支援策が延長 与那国、竹富町にも朗報
 高台移転や耐震化など地方自治体の津波地震対策を財政支援する総務省の緊急防災・減災事業債が2020年度まで4年間延長されることが23日までに正式に決まり、石垣市の庁舎移転で確実に活用できる見通しがついた。16年度で終了する予定だったため、市は来年3月までに工事費を申請するため実施設計業務の作業を急いでいたが、事業の延長で時間をかけて設計内容を精査することが可能になる。現状の役場移転の進捗(しんち...
本文を読む

5人未満の休園 反発の声が相次ぐ

市教委の説明会に出席し、質問をぶつける地域住民ら。反発の声が相次いだ=22日夜、川原小体育館市教委の説明会に出席し、質問をぶつける地域住民ら。反発の声が相次いだ=22日夜、川原小体育館
かわはら幼対象説明会 決定権者不参加で保護者ら
 来年4月から入園申込者が5人未満の幼稚園は休園とする方針を決めている石垣市教育委員会は22日夜、川原小学校体育館で入園申込者が4人となっているかわはら幼稚園の保護者や地域住民を対象に説明会を開いた。一時預かり事業の説明も行われた。参加者からは「教育委員、教育長、市長にも顔をみせてほしかった」「わびはいらないからしっかり対応してほしい」など反発の声が相次いだ。  市立幼稚園管理規則の改正につ...
本文を読む

短期入所制度設計へ 石垣市

障がい児が入浴や食事等のサービスを受けながら短期入所できる施設について意見を交わした石垣市障がい者自立支援協議会こども部会=22日午前、市健康福祉センター障がい児が入浴や食事等のサービスを受けながら短期入所できる施設について意見を交わした石垣市障がい者自立支援協議会こども部会=22日午前、市健康福祉センター
障がい児へ入浴などサービス 自立支援協こども部会要望
 石垣市障がい者自立支援協議会こども部会(矢崎真一部会長、委員3人)は22日午前、市健康福祉センターで会合を開き、障がい児が入浴や食事等のサービスを受けながら短期入所できる施設について意見を交わした。市内にはなく、県内で3カ所しかない施設で、事務局の市障がい福祉課は、同様のサービスが提供できるよう制度設計を行う考えを示した。来年2月に予定されている同協議会で審議して県自立支援協議会にも支援を求め...
本文を読む

「優良農地の保全を」 石垣市農業委

ゴルフ場付きリゾート施設開発予定地となっている農地の保全を求めて提案された要望書について意見を交わす農業委員ら=21日夕、石垣市役所会議室ゴルフ場付きリゾート施設開発予定地となっている農地の保全を求めて提案された要望書について意見を交わす農業委員ら=21日夕、石垣市役所会議室
ゴルフ場開発予定地 委員から要望書案 来年1月総会で議題に
 前勢岳ふもとの外山田などでのゴルフ場付きリゾート開発計画をめぐり、21日の石垣市農業委員会(新城純会長、23人)の総会で、優良農地の保全と土地利用のあり方について県の指導を求める要望書案が委員から提出され、来年1月の総会で議題として取り扱うことを全会一致で決めた。提案者は「この土地は現在も草地として利用されており、補助事業として血税を使った優良農地が事業の趣旨を大きく逸脱し、農地以外に利用され...
本文を読む
キーワード検索フォーム