八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

陸自配備リスク明確にせず 抑止力に疑問視の声

防衛省側(手前)の説明を聞く市民ら=11日午後、市民会館大ホール防衛省側(手前)の説明を聞く市民ら=11日午後、市民会館大ホール
防衛省住民説明会 推進派、計画通り配備要望
 石垣市平得大俣東への陸上自衛隊配備計画について防衛省は11日、市民会館大ホールで住民説明会を開いた。反対する住民からは配備に伴うリスクについて説明を求めたり、抑止力を疑問視する声が相次いだ。「既成事実づくり」として出席を拒否し、市民会館前でプラカードを掲げて抗議する人たちもいた。推進派は「スケジュール通りの配備」を要望した。  同省の住民説明会は3回目で、施設配置案の提示後は初めてとなる。...
本文を読む

仮設トイレ設置で協定

災害時における仮設トイレ設置と、し尿収集の協定を締結した関係者ら=9日午前、石垣市役所庁議室災害時における仮設トイレ設置と、し尿収集の協定を締結した関係者ら=9日午前、石垣市役所庁議室
災害時に石垣市と市内9業者
し尿収集協力も求める
 石垣市は9日、災害時における民間協力の一環として初めて、市が指定する公共施設や災害拠点施設などへの仮設トイレの設置と、し尿収集の協力を求める二つの協定を市内9業者と締結した。災害時の避難所の衛生環境を整え、被災者生活の安定を図るねらい。9日午前、市役所庁議室で合同締結式が行われ、中山義隆石垣市長と各業者の代表が調印を交わした。  仮設トイレの設置に関する協定は、双葉建機、岡崎建機、クリスタ...
本文を読む

6月定例会が開会 竹富町議会

開会した6月定例竹富町議会で、8億6967万円もの予算を減額する2017年度一般会計補正予算案など16議案を上程する西大舛髙旬町長=9日午後、議場開会した6月定例竹富町議会で、8億6967万円もの予算を減額する2017年度一般会計補正予算案など16議案を上程する西大舛髙旬町長=9日午後、議場
67億円の補正予算案など16議案提案
 竹富町議会(新博文議長)の6月定例会が9日午後、開会した。町は既定の2017年度一般会計予算から8億6967万円を減額し、総額67億5151万円とする補正予算案など16議案を上程した。減額補正は、17年度に建設を予定する鳩間小、中学校の校舎改築工事などの計画変更に伴うもの。いずれの工事も入札不調が続いており、町教育委員会は、県との調整を急ぎながら19年度に事業を変更したい考えだ。  当初予...
本文を読む

導入に向け調査開始 法定外目的税

法定外目的税について話し合う委員ら。導入に向けて調査していく方針を確認した=8日午前、議員協議会室法定外目的税について話し合う委員ら。導入に向けて調査していく方針を確認した=8日午前、議員協議会室
市議会観光振興特別委
 石垣市議会の観光振興対策特別委員会(箕底用一委員長、10人)は8日、議員協議会室で開いた会議で、法定外目的税の導入に向けて調査していく方針を確認した。次回から先行事例などをもとに具体的な検討に入る。同税の導入をめぐっては、過去にも市議会で必要性が指摘されたが、観光業界などの反発で時期尚早と見送られた経緯がある。委員からは「観光客が減っていた当時と今の状況とは違う」と指摘しており、議員発議で条例...
本文を読む

自主防災組織立ち上げへ 竹富町

防災力強化図る
公民館主体の住民任意組織
 竹富町防災危機管理課は、6月下旬から町内各島々・地域を回り自主防災組織の立ち上げに協力を求めていく方針だ。自主防災組織は、自治体が設置する消防分団とは異なり、公民館を主体にした住民任意による組織。現在、町内には組織されていない。町は、定員数が限られている分団とは別に組織を置くことで、防災活動に携わる町民の数の底上げを図る狙いがある。さらには、分団との連携体制を構築して防災力強化につなげたい考え...
本文を読む

避難勧告発令基準を確認

石垣港台風対策委員会の総会が開かれた=7日午後、石垣港湾合同庁舎2階共用会議室石垣港台風対策委員会の総会が開かれた=7日午後、石垣港湾合同庁舎2階共用会議室
石垣港台風対策委員会
玉城委員長ら役員再任
 台風シーズンを前に石垣港台風対策委員会(玉城広文委員長)は7日、石垣港湾合同庁舎で2017年度総会を開き、台風による海難の未然防止や被害の極小化を図るため、避難勧告発令基準などを確認した。役員改選で玉城委員長を含む全役員を再任した。総会には約30人が参加した。  総会の冒頭、玉城委員長は「平成27年に襲来した台風15号のように強力な暴風により、船舶、浮桟橋、ライフラインなどに大きな被害が出...
本文を読む

石垣市、竹富町 国内初の星空保護区

「南の島の星まつり」で楽しまれている星空。石垣市と竹富町が国立公園内の星空保護区「ダークスカイプレイス」の認定を目指している=2016年8月6日夜、南ぬ浜町緑地公園「南の島の星まつり」で楽しまれている星空。石垣市と竹富町が国立公園内の星空保護区「ダークスカイプレイス」の認定を目指している=2016年8月6日夜、南ぬ浜町緑地公園
7月下旬に申請へ 石垣島北部と町内全域
 西表石垣国立公園内を国内初の星空保護区(ダークスカイプレイス)の認定を目指している石垣市と竹富町が、ことし7月24日に公園区域内の石垣島北部と町内全域を「ダークスカイパーク」として申請する方向で調整していることが5日までに分かった。認定の可否は約3カ月後となる見通し。国際ダークスカイ協会(IDA)東京支部(越智信彰支部長)によると、現時点の国内で星空保護区の申請に向けた動きはなく、認定されれば...
本文を読む

「島の美味」情報発信へ 市農林水産部

8月中旬に石垣市農林水産部が運営するサイト「特産島石垣島」8月中旬に石垣市農林水産部が運営するサイト「特産島石垣島」
石垣産食材活用の商品、メニュー
8月中旬、公式HP「特産島」に開設
 石垣市農林水産部が、公式ホームページ「特産島石垣島」で、石垣島産の農水産物にこだわった商品やメニューを一元的に収集・情報提供する「石垣島美味しいもの倶楽部」(仮称)の開設、運営を計画している。担当の農政経済課によると、現在、石垣島産食材を活用した新たな創作メニューの募集を行っており、今後は新メニューの発表会、情報コンテンツの作成などを進めていく考えだ。  石垣島に来島する観光客やビジネス客...
本文を読む

外国人実習生で人材確保 国の制度2社が活用

食肉処理加工会社に配属され、「仕事にも慣れてきた」と張り切っているフィリピン人実習生たち=27日午後、美崎牛本店食肉処理加工会社に配属され、「仕事にも慣れてきた」と張り切っているフィリピン人実習生たち=27日午後、美崎牛本店
人材不足解消向け 今後も増加の見通し
 人手不足に悩む石垣市内の民間事業所に、東南アジアなど外国から実習生を受け入れて人材を確保しようという動きが出ている。国の外国人技能実習制度を活用した取り組み。同制度の管理団体として受入・職業紹介事業を行っているTOYO協同組合沖縄支部(浦添市城間)によると、2015年4月の支部設立以降、県内では15社に計104人、石垣市内では2社に計4人が配属されており、人材不足を背景に今後も増える見通しとい...
本文を読む

石垣島まつりと同時開催で調整

第53回石垣島まつりの開催要項などについて説明を受ける委員ら=25日午後、市民会館中ホール第53回石垣島まつりの開催要項などについて説明を受ける委員ら=25日午後、市民会館中ホール
八重山の産業まつり2017
日程11月4、5日に決定
 石垣島まつり実行委員会(会長・中山義隆石垣市長)が、ことしの市制施行70周年第53回石垣島まつり2017で、昨年の開催が中止となった八重山の産業まつりを同時開催する方向で調整していることが25日、分かった。中山市長が同日、市民会館中ホールで開かれた第1回実行委で「同時に産業まつりも開催したい」との意向を示した。石垣島まつりは11月4、5日の開催日程が決まった。  産業まつりは2007年から...
本文を読む
キーワード検索フォーム