八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

石垣支所建設地まだ未決定 竹富町議会一般質問

町、供用開始時期変更せず
 6月定例竹富町議会(新博文議長)は12日、3日間の日程で一般質問に入った。初日は、大久研一、東迎一博、山盛力の3氏が登壇した。3氏がただした町役場移転について町当局は、石垣支所の用地取得が難航し、建設地がまだ決まっていないことを説明。西大舛髙旬町長は「(6月定例)議会終了後に、石垣市長あるいは部長クラスと話を進めたい」と答弁し、2020年度の支所供用開始時期に変更がないことを示した。(9面に質...
本文を読む

「ミサイル基地は危険」「中国攻めてくる可能性」

住民意見交換会に参加する市民。冒頭、中山義隆市長のあいさつを聞く=11日夜、石垣市民会館大ホール住民意見交換会に参加する市民。冒頭、中山義隆市長のあいさつを聞く=11日夜、石垣市民会館大ホール
陸自配備計画 初の住民意見交換会開催
 防衛省の平得大俣地区陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市は11日夜、全市民を対象にした初の住民意見交換会を市民会館大ホールで開いた。200人余りが出席、中山義隆市長らは「ミサイル基地があると逆に危険だ」「中国が攻めてくる可能性がある」などと反対・賛成双方の意見を聞いた。市は意見を整理して同省に伝え、質問については配備予定地周辺4地区への回答と合わせて公表する考えを示した。受け入れ可否の最終判断に...
本文を読む

方針案の策定を諮問 市現庁舎跡地利用

2年後に旧石垣空港跡地への移転が予定されている市役所庁舎。跡地利用が課題となっている=8日午前2年後に旧石垣空港跡地への移転が予定されている市役所庁舎。跡地利用が課題となっている=8日午前
新たな「にぎわい」創出へ
 石垣市は8日、外部委員らで構成する市役所現庁舎等跡地利用基本方針策定委員会(委員長・谷口正和石垣市観光アドバイザー、18人)に方針案の策定を諮問した。策定委は10月までの3回の会議で、跡地利用の方向性や導入する機能、具体的な施設などの整備方針をまとめるとともに、概算事業費と事業手法も示す。中山義隆市長はあいさつで「市役所は2年後に移転するが、空白期間がないようにしたい。中心地にふさわしい施設、...
本文を読む

登録に向け対話強調 竹富町

西表島などの世界自然遺産登録について、今後の対応方針などを質問する地元住民=7日夕、中野わいわいホール西表島などの世界自然遺産登録について、今後の対応方針などを質問する地元住民=7日夕、中野わいわいホール
世界自然遺産推薦取り下げ
西表島で住民説明会 配布資料なく陳謝の一幕も
 【西表】政府が1日に西表島を含む4地域の世界自然遺産推薦をいったん取り下げることを決定したのを受け、竹富町は7日夕、中野わいわいホールで住民説明会を開催した。町と環境省の担当者は国際自然保護連合(IUCN)の延期勧告を「確実な遺産登録の道を示してくれた」と受け止め、観光客数増大で懸念される生活環境への影響や対策については地域住民と意見交換を重ねる姿勢を強調。一方で、1時間超の説明会に配布資料は...
本文を読む

圏域別意見交換 県と八重山3市町長

沖縄振興予算の確保について意見を交わす八重山3市町長と県の担当者ら=1日午後、八重山合同庁舎2階大会議室沖縄振興予算の確保について意見を交わす八重山3市町長と県の担当者ら=1日午後、八重山合同庁舎2階大会議室
離島振興など14項目説明
8月上旬に要請
 2019年度沖縄振興予算の確保に向け、八重山3市町長と県による初の「圏域別意見交換会」が1日午後、八重山合同庁舎で非公開で行われ、中山義隆石垣市長、西大舛髙旬竹富町長、外間守吉与那国町長が出席、県の各部局に要望などを伝えた。  沖縄振興計画が残り3年となる19年度は、振興計画の総仕上げに向けた重要な時期とされ、県は同年度の振興予算確保で各市町村長と認識を共有するため意見交換を行っている。意...
本文を読む

陸自配備「絶対止めて」と訴え

意見交換会には住民一人が出席。中山義隆市長や部課長らが「絶対止めてください」と訴える抗議集会に耳を傾ける=5月31日夜、石垣市健康福祉センター検診ホール意見交換会には住民一人が出席。中山義隆市長や部課長らが「絶対止めてください」と訴える抗議集会に耳を傾ける=5月31日夜、石垣市健康福祉センター検診ホール
戦争体験、80歳男性が唯一出席 
嵩田・川原住民意見交換会
4公民館ら抗議集会
 平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市は5月31日夜、嵩田・川原地区住民を対象にした意見交換会を市健康福祉センター検診ホールで開いた。川原から戦争体験者の男性(80)が唯一出席、「この施設を造れば標的になる。絶対止めてください」と訴えた。周辺地区住民に限定した意見交換会に反発する4公民館は開始前に芝生広場で抗議集会を開き、「市民全体でもっと綿密に話し合った上で意思決定していくことを...
本文を読む

策定委、第2次計画を答申 竹富町海洋基本計画

西大舛髙旬町長(右)に第2次竹富町海洋基本計画案を答申した土屋誠委員長=25日午後、竹富町役場2階大ホール西大舛髙旬町長(右)に第2次竹富町海洋基本計画案を答申した土屋誠委員長=25日午後、竹富町役場2階大ホール
21施策の展開盛り込む 
町、6月議会で改定目指す
 第1次計画の見直し作業を進めていた第2次竹富町海洋基本計画策定員会(委員長・土屋誠琉球大学名誉教授、委員17人)は25日午後、西大舛髙旬町長に同計画案(2018~22年度)を答申した。▽貴重な生態系の保全▽安全・安心な生活環境の実現▽産業振興の推進▽伝統文化の次世代継承▽国境離島地域の保全振興—を5本柱に、入域者数増加に伴う自然環境の保全・適正利用策の実施などを新たに盛り込んだ21施策を展開す...
本文を読む

候補者3人に絞り込み 県議補選

右から大浜一郎氏、知念辰憲氏、我喜屋隆次氏右から大浜一郎氏、知念辰憲氏、我喜屋隆次氏
大浜、知念、我喜屋氏
自民党石垣市支部
 11月の県知事選に合わせて行われる県議補選石垣市区(欠員1)に向けた自民党石垣市支部(石垣亨支部長)の第3回候補者選考委員会(東田盛正委員長、31人)が25日夜、大浜信泉記念館で開かれ、前回推薦された5人から会社経営の大浜一郎(56)=石垣=と市議会議長の知念辰憲(63)=新川=、市議の我喜屋隆次(41)=大浜=の3人に絞り込んだ。事務局によると、知念氏は出馬に意欲を示しており、大浜、我喜屋両...
本文を読む

川平地区変更案を否決 市都市計画審議会

川平・観音堂景観地区の変更議案について審議する委員ら=24日午前、石垣港ターミナル2階検査室川平・観音堂景観地区の変更議案について審議する委員ら=24日午前、石垣港ターミナル2階検査室
観音堂地区は可決 都市計画景観地区
市議委員提案で無記名投票
2議案とも一票差表決
 石垣市都市計画審議会(会長・黒嶋克史石垣市商工会長、委員14人)は24日、中山義隆市長から14日付で諮問のあった川平、観音堂両地区を対象とする石垣市都市計画景観地区の変更2議案を、石垣港ターミナル検査室で審議し、無記名投票で川平地区変更を否決、観音堂地区変更を可決した。審議会は近く中山市長に答申する。市が答申内容を覆す可能性は極めて低く、答申通り川平を除く観音堂地区で変更手続き(県知事協議)を...
本文を読む

事前協議で異議 都市計画景観地区

川平・観音堂の変更についての事前協議(要旨)川平・観音堂の変更についての事前協議(要旨)
県「整合性図られていない」
市「観点からずれている」
 石垣市の都市計画景観地区変更手続きをめぐる事前協議で、県は昨年12月28日付土木建築部長名で「変更原案は、良好な風景づくりを目指す都市計画の方針と整合が図られていない。都市計画制度の活用は、目指すべき将来像を実現するため、長期間を要し、一定の継続性、安定性が求められる」として異議を唱える回答を行っていたことが24日、情報公開請求で開示された資料で分かった。市も同日の都市計画審議会で、「石垣市の...
本文を読む
キーワード検索フォーム