八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「政治・行政」の検索結果は以下のとおりです。

議案審議が困難な状況 与那国町議会

議長選挙8日目も決まらず
町側、あす専決処分か
 【与那国】9月定例与那国町議会(定数10)は10日、議長選挙8日目を迎えたが、未決のまま与野党の膠着(こうちゃく)状態が続いている。会期は最終日の11日が残るだけで、一般会計予算の補正額約6億8089万円や1年4カ月も不在が続く教育長同意案件などの議案審議は極めて難しい状況となった。町側は12日に専決処分に踏み切る可能性がある。一方、議会の異常事態に一部町民が反発を強め、「町民の生活と税金がな...
本文を読む

ブロック塀を改修工事

破損が確認できる学校のブロック塀。竹富町が改修工事を行う(竹富町提供)破損が確認できる学校のブロック塀。竹富町が改修工事を行う(竹富町提供)
本年度内 竹富町、幼・小・中13施設
 竹富町は、町内10小中学校と3幼稚園に設置されている外壁部分のコンクリートブロック塀を、本年度中に改修工事する。専門家も交えて全施設のブロック塀1685㍍を調査した結果、約60%に当たる1019㍍で壁に亀裂や損傷、基礎部分の不具合が見つかった。9月定例町議会で可決された2018年度一般会計補正予算で、学校管理・修繕費1000万円を確保しており、町教育委員会は11月上旬までに発注、年度内の完了を...
本文を読む

旧水産研究所活用計画を作成 石垣市

石垣市が購入を計画している旧西海区水産研究所石垣支所=2016年5月6日石垣市が購入を計画している旧西海区水産研究所石垣支所=2016年5月6日
購入費用5億円余り 市議会野党は疑問視
 桴海大田にある旧西海区水産研究所石垣支所の購入を予定している石垣市が、「北西部活性化センター」として北西部に観光の拠点を整備する内容の事業計画書を作成したことが分かった。購入費用は5億3200万円を予定、来年度から2年間の分割購入を視野に入れている。市議会9月定例会に提出した2018年度一般会計補正予算案に、測量と不動産鑑定の委託料246万円を盛り込んでいるが、野党側は「北西部の住民の意見を聞...
本文を読む

議長、6日間決まらず 与那国町議会

議長不在による影響が各方面に波及している与那国町議会=2日午後、議場議長不在による影響が各方面に波及している与那国町議会=2日午後、議場
翁長前知事の県民葬、欠席へ
補正予算も宙に浮く
 【与那国】9月定例町議会(定数10)は5日、議長選挙6日目を迎えたが、依然として未決に終わった。当初予定していた会期日程は3連休後の9日を、翁長雄志前知事の県民葬への新議長の参列を予想して休会としていたが、開会して引き続き議長選を行う。このため県民葬へ議会側からの出席はない。議会事務局によると、議長選は、決定するまで毎日平日の午前10時に開会して続ける。一方、議案審議に入れない影響で一般会計予...
本文を読む

玉城知事が初登庁

1階ホールや吹き抜けに集まった職員や県民に、手を振り笑顔で応える玉城デニー氏=4日午前、県庁県民ホール1階ホールや吹き抜けに集まった職員や県民に、手を振り笑顔で応える玉城デニー氏=4日午前、県庁県民ホール
辺野古阻止「全身全霊で取り組む」
子ども貧困対策を重視
 【那覇】翁長雄志氏の急逝に伴う9月30日投開票の知事選で、過去最多得票で初当選を果たした前衆院議員の玉城デニー氏(58)が4日、公務を開始した。同日午前、県庁に初登庁し、多くの職員や県民に出迎えられた。当選証書を受け取った後、選挙で最大の争点となった米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題について「万事これからだ。しっかり地に足を着けて頑張っていく」と決意を新たにした。任期は2022年9月29日...
本文を読む

大浜氏に当選証書付与 県議補選

当選証書を受け、握手をする大浜一郎氏=4日午前、県庁当選証書を受け、握手をする大浜一郎氏=4日午前、県庁
離島振興に決意
 【那覇】9月30日投開票の県議補選の当選証書付与式が4日、県庁で行われ、石垣市区(欠員1)で初当選した自民公認の新人、大浜一郎氏(56)=公明、維新推薦=が県選挙管理委員会の当山尚幸委員長から証書を受けた。取材に「県民の負託を受けて議員になった。公約のひとつひとつを実現できるよう頑張っていきたい」と意気込みを語った。  大浜氏は「離島の振興なくして沖縄の振興はない」と強調。「観光が育ちつつ...
本文を読む

補正予算71億円可決 竹富町議会

9月定例町議会の最終本会議。採決に先立ち、委員会報告が行われた=4日午前、竹富町議会議場9月定例町議会の最終本会議。採決に先立ち、委員会報告が行われた=4日午前、竹富町議会議場
星空観測タワー入館料を改定
 9月定例竹富町議会(新田長男議長)は4日、最終本会議を開き、庁舎整備推進事業委託料86万円を盛り込んだ2018年度一般会計補正予算案など13件を全会一致で可決した。当初は5日までの予定だったが、台風25号の接近に伴い委員会付託案件を集中審議、1日前倒しで閉会した。  補正予算は、1億5021万円を追加して総額を71億94万円とするもの。大久研一氏が「危険家屋である現庁舎からの早期移転を多く...
本文を読む

議長また決まらず 与那国町議会

見えぬ正常化
 【与那国】9月定例町議会の議長選は4日、5日目を迎えたが、議会運営の要を担う議長が決まらず、議会機能の停止で混沌(こんとん)とした状況が続いている。  議会事務局によると、議長選は午前10時の開会から昼休憩を挟んで午後4時30分まで計5回行われたが、与野党の動きは膠着(こうちゃく)したまま。議長選の総回数は29回に上った。予定していた14日間の会期日程もこの日で折り返したが、正常化への道筋...
本文を読む

下水道接続率58・12% 石垣処理区

下水道接続率下水道接続率
農業集落28・94%と依然低い
市が補助制度活用呼び掛け
 石垣市下水道課(小濵廉彦課長)が8月末時点でまとめた、市内の下水道接続率(世帯数ベース)は、石垣処理区が58・12%(前年比2・85%増)と約6割に達しているのに対し、農業集落処理地区(大浜・磯辺、宮良・白保)は28・94%(同3・32%増)と、依然低い状況が続いている。同課は「きれいな海や川を守り、公衆衛生を向上させるためにも接続してほしい」として、下水道接続促進事業補助金制度や無利息の貸与...
本文を読む

与那国町議会まさに異常事態

与那国町議の議長選で、無記名投票の同数後、当選を決めるくじ引きを行う与党の前西原武三氏(中央)=2日午後、町議場与那国町議の議長選で、無記名投票の同数後、当選を決めるくじ引きを行う与党の前西原武三氏(中央)=2日午後、町議場
3日続けて議長決まらず
きようも議長選、打開なるか
 【与那国】議長不在が続いている開会中の9月定例与那国町議会は、2日午前10時から議長を決める選挙を5回行ったが決まらず、3日続けて未決が続いている。議長選はこれまで計19回行われ、町議会事務局によると過去最多だという。一方、議長が決まらなかった場合は議会機能の停止で議案の上程ができないほか、県内の議長で組織する県町村議会議長会や八重山三市町で構成する八重山市町村圏事務組合の総会などにも影響を与...
本文を読む
キーワード検索フォーム