八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カテゴリー「不連続線」の検索結果は以下のとおりです。

救急医療や業務に対する正しい理解を広める…

 救急医療や業務に対する正しい理解を広める「救急医療週間」が「救急の日」の9日から15日まで行われた▼石垣市消防本部がまとめた2017年の救急出動件数は2493件。10年前と比べ395件(18・8%)増加した。一日当たりの出動件数は6・83件。2台の救急車が同時に出動するダブル出動が249件、川平、伊原間出張所の救急車も出動するトリプルが8件、4台同時出動が1件あったという▼だが、この中には救急...
本文を読む

国土のわずか0・6%の面積にすぎず、日本の47都道府県の…

 国土のわずか0・6%の面積にすぎず、日本の47都道府県の一つである沖縄に「なぜ」、米軍の基地が集中しているのか▼その理由について日本のリーダーを決める総裁選に出馬している石破茂元防衛相が「1950年代、反米基地運動が燃え盛ることを恐れた日本と米国が、当時まだ米国の施政下にあった沖縄に多くの海兵隊部隊を移したからだ」と自身の特設サイトで明らかにした▼沖縄の過重な基地負担については「本土の反対」と...
本文を読む

1999年9月21日、台湾でマグニチュー

 1999年9月21日、台湾でマグニチュード7・6の地震が起きた。筆者の友人はグループで台湾を視察中にこの地震に遭遇した。けがはなかったが、桃園国際空港になかなかたどり着けず、やっとの思いで帰ってきた▼友人によると、付かず離れずといった距離感で、友人のグループを追ってきた日本人男性が1人いたそうだ。心細かったのだろう。友人は日本語も台湾語も中国語も話せる。その姿に見込みを付け、友人を追うように桃...
本文を読む

病気を見つけに行くような…

 病気を見つけに行くようなものだから65歳後の健康診断は受けないと明言している知人がいる。一方で何事も早期発見が大事と人間ドック、念のためのペット検査と閑も金も惜しまない知人もいる▼両人とも今のところは、どこも問題ないようだが加齢とともに身体がいうことを聞かないとこぼしているのも事実。私の方はと言えば、在職中は会社の面倒見による人間ドック、退職後は収入に合わせて特定健診とオプション。今年もその結...
本文を読む

「市民の対立と分断をどうにかしなければならない…

 「市民の対立と分断をどうにかしなければならないとの憂いから立候補しました」。まさかこんなところで…と正直、意外だった▼市役所で12日行われた石垣市議選当選証書付与式。最多得票の石垣達也氏が当選者を代表してあいさつに立った。一般的には「市民の福祉向上のために…」などと22人全員に通じる当たり障りのない範囲で収めるところ。でも違った▼「石垣市は多くの課題を抱えている」として真っ先に挙げたのが冒頭の...
本文を読む

総勢57人が立候補した3市町の議会議員選挙が…

 総勢57人が立候補した3市町の議会議員選挙が終わったと思ったら、きょう13日は県知事選挙が告示される。翁長雄志知事の急逝に伴い2カ月前倒しされた▼前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)と衆議院議員の玉城デニー氏(58)の事実上の一騎打ちと目されているが、このほかに4氏が立候補を予定。史上最多で30日投開票まで17日間の選挙戦が展開されそうだ▼知事選の最大の争点は米軍普天間飛行場の辺野古移設の是非。佐...
本文を読む

各島々で激戦選挙の投開票を終えて、八重山3市町の新しい議員の…

 各島々で激戦選挙の投開票を終えて、八重山3市町の新しい議員の皆さんの顔触れがそろった▼まずは当選された方々に「おめでとう」の言葉を送りたい。注目された議員選挙は、3市町ともに投票率が前回選挙を下回った。住民が地方政治に参加する最大のチャンスだっただけに、貴重な一票を行使しなかった有権者がいたことは残念なことである▼今選挙では、竹富町を筆頭に若手や新人の台頭が目立った。それだけに住民は再選された...
本文を読む

まちなかの喧そうと強い日差しを逃れ、…

 まちなかの喧そうと強い日差しを逃れ、ひとときをバンナ公園で過ごした。木々のこずえを揺らす風、沢のせせらぎ、鳥のさえずり、セミの声。心地よい空間である▼気づけば、いつの間にこっかあらの美声が聞こえない。日脚も随分短くなり燕が舞い始めている。昨日とひと続きの暑い夏と思っていても季節は静かにうつろいゆく▼今年の夏は雨が多く、石垣では平年のほぼ2倍の降雨があったという。多くの死者を出した西日本豪雨に酷...
本文を読む

都内で学ぶ沖縄出身の大学生から、アルバイト先のしゃぶしゃぶ店の…

 都内で学ぶ沖縄出身の大学生から、アルバイト先のしゃぶしゃぶ店の様子を聞いた。客のほぼ半数は外国人。安くはない値段を取る店とあって、世界のあちこちで食べ歩きをしてきたという客も少なくない▼スタッフは、ネパールや中国、韓国など外国人が増加。外国人への接客を滞らせないため、日本人と外国人のスタッフがうまく重なるようにシフトを組む。ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を使った取り組みなども奏功...
本文を読む

縁あって選挙事務所の内幕を垣間見た。…

 縁あって選挙事務所の内幕を垣間見た。週刊誌風に紹介する▼事務局長が候補者を試す。「一人でつじ立ちできないか」「恥ずかしいな」と及び腰。「やりそうにない、あなただからぜひ」「みんなが言うなら仕方がない」翌日から立っていた▼警察は公明正大に淡々と。街頭宣伝に使う選挙カーの検査。届け出が遅れたぶん初日に間に合わない陣営も。積載看板も大きいのではとの指摘。検査は2日後の月曜日。作り直しになったら大変、...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム