八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「八重山地区交通安全協会」の検索結果は以下のとおりです。

交通事故被害者を支援 交通安全協会

八重山地区交通安全協会と塩谷商店㈱が協力して設置した交通事故被害者支援自動販売機=12日午前、沖縄県警交通安全運転学校八重山分校玄関八重山地区交通安全協会と塩谷商店㈱が協力して設置した交通事故被害者支援自動販売機=12日午前、沖縄県警交通安全運転学校八重山分校玄関
自販機売り上げ、県内初
 交通事故被害者を支援しようと、八重山地区交通安全協会(辻野ヒロ子会長)は、塩谷商店㈱(塩谷篤代表取締役)の協力を得て12日、自動販売機を沖縄県警交通安全運転学校八重山分校の玄関口に設置した。同商店が自動販売機を管理し、年間売り上げの10~15%を交安協が受け取り、公益社団法人沖縄被害者支援ゆいセンターへ寄付する計画。交安協によると、同団体が主体となって民間企業と連携し、交通事故被害者を対象に自...
本文を読む

「飲酒運転はダメ!!」地区安協らボード作戦で訴え 全国交通安全運動

飲酒運転はダメ!!」のボードを掲げてドライバーに訴える関係者=八島町の国道390号沿い飲酒運転はダメ!!」のボードを掲げてドライバーに訴える関係者=八島町の国道390号沿い
 6日にスタートした春の全国交通安全運動にちなみ、「飲酒運転はダメ!!」とのボードを掲げて飲酒運転の根絶を訴える「ボード作戦」が8日午後、八島町の国道390号沿いで行われた。石垣市交通安全推進協議会と八重山地区交通安全協会、八重山警察署が実施したもので、関係者約15人が地元や観光客のドライバーに呼びかけた。  八重山署管内でことし3月末までに発生した飲酒運転の検挙数は20件(20人)。飲酒絡...
本文を読む

今年1年の交通安全祈願 冨崎観音堂に100人集う

交通安全地蔵に向かって参拝する中山義隆市長、前田達史署長、野原裕佳交通安全協会長ら(左から)=7日午前、冨崎観音堂交通安全地蔵に向かって参拝する中山義隆市長、前田達史署長、野原裕佳交通安全協会長ら(左から)=7日午前、冨崎観音堂
 八重山地区交通安全協会(野原裕佳会長)は7日午前、石垣市新川の冨崎観音堂で交通安全祈願を行い、八重山署や石垣市交通安全推進協議会など関係団体約100人が本堂と交通安全地蔵に今年1年の交通安全を願った。  野原会長は「皆さんの願いが通じて、1件でも交通事故が減ることを期待し、心新たに交通安全活動に取り組みたい」とあいさつ。  八重山署の前田達史署長は「昨年は4件の死亡事故、111件の人身...
本文を読む

活動紹介するカレンダー作成

完成したカレンダーを手にする平良秀之八重山地区少年補導員協議会会長、白保駐在所の仲本宗幸巡査部長、野原裕佳八重山地区交通安全協会会長、福島英洋八重山地区防犯協会副会長(右から)=18日午後、八重山署訓受場完成したカレンダーを手にする平良秀之八重山地区少年補導員協議会会長、白保駐在所の仲本宗幸巡査部長、野原裕佳八重山地区交通安全協会会長、福島英洋八重山地区防犯協会副会長(右から)=18日午後、八重山署訓受場
地区交安協など3団体
 八重山地区交通安全協会(野原裕佳会長)、地区防犯協会(平良栄一会長)、地区少年補導員協議会(平良秀之会長)の3団体は、各団体のボランティア活動を紹介した2016年のカレンダーを作成し、18日午後、八重山署で発表した。  カレンダーは2カ月めくりの6枚構成で、交通安全や犯罪防止などの運動日や、重点広報項目などを記載。上部には今年1年間のボランティア活動の写真がレイアウトされている。  4...
本文を読む

「飲酒運転絶対ノー」 交通違反取り締まり強化へ

年末に向けて交通事故の多発が懸念されるとして交通違反指導取り締まりなど強化を発表する八重山署と交通安全協会の関係者ら=15日午後、八重山署年末に向けて交通事故の多発が懸念されるとして交通違反指導取り締まりなど強化を発表する八重山署と交通安全協会の関係者ら=15日午後、八重山署
八重山署と交通安全協 年末の事故多発を懸念
 八重山署(仲村智成署長)と八重山地区交通安全協会(野原裕佳会長)は15日午後、同署で会見し、これから慌ただしくなる年末に向けて交通事故の多発が懸念されることから今後、交通違反指導取り締まりや車両検問をさらに強化していく考えだ。  同署の嘉手苅忠夫副署長は「飲酒運転は絶対にしないこと。制限速度の順守、前方注視を心掛け、特に歩行者に十分に気を付けてほしい」と述べ、交差点で「止まる」「待つ」「確...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム