八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「障がい児」の検索結果は以下のとおりです。

市の支援専門員が不足 障がい者・児 

説明▽相談支援員の人材確保について話し合う委員たち=28日午前、石垣市健康福祉センター2階視聴覚室説明▽相談支援員の人材確保について話し合う委員たち=28日午前、石垣市健康福祉センター2階視聴覚室
相談件数の過重な負担 人材の確保が急務
 障がい者・児の相談に応じて、助言や連絡調整など必要な支援を行い、サービス利用計画を作成する相談支援専門員が石垣市で不足している。現在、相談支援事業所に勤める相談員は13・5人(管理者などは0・5人でカウント)に対して、サービスを利用する障がい者・児は600~700人。本来、相談員1人が担当する適正件数は40件前後だが、市では多い人で60~80件を担当。「過重な負担で相談員自身がつぶれてしまう」...
本文を読む

短期入所制度設計へ 石垣市

障がい児が入浴や食事等のサービスを受けながら短期入所できる施設について意見を交わした石垣市障がい者自立支援協議会こども部会=22日午前、市健康福祉センター障がい児が入浴や食事等のサービスを受けながら短期入所できる施設について意見を交わした石垣市障がい者自立支援協議会こども部会=22日午前、市健康福祉センター
障がい児へ入浴などサービス 自立支援協こども部会要望
 石垣市障がい者自立支援協議会こども部会(矢崎真一部会長、委員3人)は22日午前、市健康福祉センターで会合を開き、障がい児が入浴や食事等のサービスを受けながら短期入所できる施設について意見を交わした。市内にはなく、県内で3カ所しかない施設で、事務局の市障がい福祉課は、同様のサービスが提供できるよう制度設計を行う考えを示した。来年2月に予定されている同協議会で審議して県自立支援協議会にも支援を求め...
本文を読む

障がい児発達支援システム 市がマニュアルを作成

石垣市が作成した市民向けのリーフレット(左)と支援者用の「子どもの発達支援つながりマニュアル」石垣市が作成した市民向けのリーフレット(左)と支援者用の「子どもの発達支援つながりマニュアル」
担当課設置も検討
 石垣市は、障がい児を乳幼児期から学齢期、就労に至るまで一貫して支援する「発達支援システム」の構築を進めている。昨年度は関係機関との検討会議や先進地視察、実態を把握するためのアンケートなどを実施。システム構築の方向性や人員体制、各機関を包括的につなぐための窓口、専門職の確保などについて協議してきた。  本年度は市健康福祉センターや障がい福祉課、市教育委員会学校指導課などで構成する関係課会議を...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム