八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「航空運賃」の検索結果は以下のとおりです。

離島割引 LCCにも適用

石垣那覇路線の運賃低減策が適用継続することを受けて、3市町の担当者らに説明を行う県企画部の嘉数登企画振興統括監ら(右から2人目)=29日午後、石垣市商工会ホール石垣那覇路線の運賃低減策が適用継続することを受けて、3市町の担当者らに説明を行う県企画部の嘉数登企画振興統括監ら(右から2人目)=29日午後、石垣市商工会ホール
航空運賃、新幹線並みへ
 石垣那覇路線で離島住民を対象に航空運賃を割り引く「沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業」の適用継続を決めている県は29日午後、石垣市商工会ホールで3市町担当者と経済団体、市議会を対象に説明会を開き、新幹線並みの航空運賃を確保するため7月1日から新規参入する格安航空会社(LCC)のバニラ・エアでも同事業を適用すると伝えた。  県は今回、適用条件の見直しを行い、運航する全ての航空会社を対象に同...
本文を読む

4月1日から再適用 石垣ー那覇路線

県の沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業の適用を受けるには離島住民カードが必要。石垣市は記載台を用意して対応している=25日午前、1階市民課窓口県の沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業の適用を受けるには離島住民カードが必要。石垣市は記載台を用意して対応している=25日午前、1階市民課窓口
離島住民交通コスト負担軽減事業
県が6350円を負担
 離島住民を対象に航空運賃を低減する県の沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業は4月1日から、石垣ー那覇路線で再適用される。今月29日のスカイマーク(SKY)運休に伴い、既存航空会社など3社の当日購入可能な離島割引運賃がそろって1万6850円になることから、適用されることになった。県が6350円を負担、1万500円に引き下げる。県が18日、市役所で石垣市と竹富町の担当職員に説明した。 &nbs...
本文を読む

離島割引制度の適用を 石垣市議会きょう直訴

石垣—那覇路線に、県の離島割引制度の適用を求める要請決議などが提案される臨時石垣市議会=9日午前、本会議場石垣—那覇路線に、県の離島割引制度の適用を求める要請決議などが提案される臨時石垣市議会=9日午前、本会議場
臨時議会で決議 現行運賃の維持も要請へ
 スカイマークが石垣—那覇路線から撤退する3月29日以降、同路線の航空運賃が引き上げられるのではないかと懸念されているのを受け、石垣市議会(知念辰憲議長)は9日、臨時会を開き、同路線で県の離島割引制度の適用を求める意見書・要請決議と、現行の運賃制度の継続を日本トランスオーシャン航空(JTA)と全日本空輸(ANA)に求める要請決議を全会一致で可決した。10日、議員5人を派遣し、県と航空2社に直訴す...
本文を読む

「元に戻るのか」懸念広がる 3市町、きょう要請へ

3月29日以降、石垣—那覇路線から撤退するスカイマーク(手前から2機目)。撤退後、既存航空会社の航空運賃がどうなるか懸念されている=1月18日午後、南ぬ島石垣空港3月29日以降、石垣—那覇路線から撤退するスカイマーク(手前から2機目)。撤退後、既存航空会社の航空運賃がどうなるか懸念されている=1月18日午後、南ぬ島石垣空港
 スカイマーク(SKY)が石垣—那覇路線から撤退する3月29日以降の航空運賃について、既存の航空会社がス社参入前の水準に戻すのではないかとの懸念が広がっている。八重山経済人会議(大浜一郎代表幹事、24人)は「スカイマークが過去に宮古—那覇路線で運休した後、既存航空会社が大幅に値上げした経緯がある」と警戒を強め、大浜代表幹事らが5日、石垣市役所を訪ね、「市民生活や地域経済に与える影響は甚大だ」とし...
本文を読む

波照間—石垣 片道4000~7000円

10月にも撤去される波照間空港ターミナルビル=12日午後10月にも撤去される波照間空港ターミナルビル=12日午後
波照間空港再開で調整
 【波照間】来年秋から運航再開が予定されている波照間—石垣路線の航空運賃について、県交通政策課の嘉数登課長は12日午後、波照間農村集落センターで開かれた県議会公共交通ネットワーク特別委員会と竹富町・地元公民館との意見交換会で、片道4000円(県離島住民割引運賃)~7000円(一般)で調整していることを明らかにした。  2008年11月から運休が続いている同路線の再開に向けては、県と竹富町、多...
本文を読む

航空運賃低減など要請 市町会ら代表

22913.jpg
航空会社や県、県議会に 国際線ターミナルの改善も
 【那覇】八重山市町会(会長・中山義隆石垣市長)と八重山市町議会議長会(会長・伊良皆高信石垣市議会議長)、石垣市議会は22日、県庁や県議会、全日空、日本トランスオーシャン航空に航空運賃の低減や南ぬ島石垣空港国際線ターミナルビルの改善、波照間空港の拡張・航路再開、頻繁に発生する県道冠水カ所の改善などを要請した。  要請団は中山市長、伊良皆議長をはじめ、川満栄長竹富町長、西大舛髙旬町議会議長、石垣市...
本文を読む

航空運賃の低廉化を目指すスカイマーク社が…

 航空運賃の低廉化を目指すスカイマーク社が10日、石垣—那覇、神戸、成田で就航。那覇線の1日4往復8便をはじめ、神戸、成田に1日1往復2便運航する▼国内での就航先は北海道旭川から南ぬ島石垣空港まで29路線。那覇からは、福岡、神戸、名古屋、羽田、成田、茨城の6空港に運航。低価格で国内の主要都市を結ぶ、航空ネットワークができている▼石垣発着便の運賃は、那覇便が当日運賃で片道5000円、神戸、成田が最...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム