八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「有効求人倍率」の検索結果は以下のとおりです。

雇用の「質」改善に努めよ

有効求人倍率、40カ月連続1倍超
 ■雇用好調も大半が非正規  少子・高齢化を背景に全国的に雇用が好調だ。売り手市場の中で今年の大卒や高卒の就職率は過去最高の98%台を占め、入社式には異例の父母を招いてもてなす企業もあったほどだ。  沖縄も2017年平均の有効求人倍率は1・11倍となり、本土復帰後初めて1倍を超え、4年連続で過去最高を更新した。八重山も同年平均の有効求人倍率は1・52倍となり、過去最高を更新した。ことし3...
本文を読む

昨年度有効求人1・52倍 八重山地区

2017年度 月別有効求人倍率の推移2017年度 月別有効求人倍率の推移
平成に入り最高
観光好調も求職人口減少
 八重山公共職業安定所(寺島浩代所長)がまとめた2017年度の有効求人倍率が前年度を0・08?上回る1・52倍となり、平成に入って過去最高を記録した。単月最高値は4月の1・63倍だった。ことし3月の有効求人倍率は1・59倍で高水準を維持、1倍を超えるのは2014年12月から40カ月連続となる。八重山経済は、好調な観光で活況を呈している半面、雇用のミスマッチと求職人口の減少が引き続き課題となってい...
本文を読む

昨年12月過去最高1.55倍 求人あるが求職者減少

八重山公共職業安定所 有効求人倍率 人手不足への対応急務
 八重山公共職業安定所(仲程通助所長)管内の有効求人倍率が昨年10~12月期で前年同期を0.29ポイント上回る過去最高の1.46倍となった。1倍を超えるのは2016年12月から25カ月連続。このうち12月の単月期は1.55倍で最高値を記録した。仲程所長は「求人に対して求職者が減少していることが有効求人倍率を押し上げている。大手ホテルの開業などで雇用の受け皿が拡大しているが、労働力は縮小しており、...
本文を読む

有効求人倍率高水準 6カ月連続で1倍超え

28129.png
ミスマッチ常態化 ハローワーク八重山
 八重山公共職業安定所(親泊政義所長)がまとめた4〜6月期の雇用状況によると、同期の有効求人倍率は前年同期を0.09ポイント上回る1.08倍だった。有効求人倍率が1倍を超えるのは6カ月連続だが、親泊所長は「数字では好調と捉えられるが、依然として人手不足や求人と求職側のミスマッチは続いている」と指摘した。  有効求人数が最も多いサービス業は、有効求人数317人に対し、有効求職者数は179人。逆...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム