八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「御嶽」の検索結果は以下のとおりです。

刊行記念交流で御嶽考察

「八重山の御嶽ー自然と文化ー」の刊行記念交流会で講話した右から花城正美氏、李春子氏、前津栄信氏=7日午後、市民会館展示ホール「八重山の御嶽ー自然と文化ー」の刊行記念交流会で講話した右から花城正美氏、李春子氏、前津栄信氏=7日午後、市民会館展示ホール
「八重山の御嶽ー自然と文化ー」
 八重山にある60カ所の御嶽と御嶽内に自生している巨樹・巨木、御嶽に残る唄などを一冊にまとめた「八重山の御嶽ー自然と文化ー」(李春子氏編書)の刊行記念交流会が7日午後、石垣市民会館展示ホールで開かれ、編集に携わった李、花城正美、前津栄信の3氏が八重山の御嶽を考察した。  花城氏は、小浜島に残る稲作と御嶽に関連した「唄」を紹介、農耕の過程から成り立つ唄に込める村人の思いを説明した。  小浜...
本文を読む

御嶽の南根腐病に警鐘 李氏「このままでは砂漠のように」

南根腐病の深刻さを訴えながら、八重山の御嶽文化の重要性につ いて話す李春子東アジア伝統の森文化保存会代表(左)ら=22日午後、市健康福祉センター視聴覚室南根腐病の深刻さを訴えながら、八重山の御嶽文化の重要性につ いて話す李春子東アジア伝統の森文化保存会代表(左)ら=22日午後、市健康福祉センター視聴覚室
 郡内の御嶽の森で浸食が指摘されている南根腐病の深刻さを訴えようと、東アジアの森に関する文化の保存継承に取り組む「東アジア伝統の森文化保存会」の李春子代表による講演会「八重山の御嶽~敬森・敬水の『祈り』と『祭り』の祭祀空間」が22日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、約100人が参加した。  郡内の御嶽60カ所を取り上げ、御嶽に自生する貴重な植物や、各御嶽が記されている地域の古地図...
本文を読む

ひどい!御嶽に不法投棄 出所判明で法律違反検挙も

捨てられたごみ袋の中身を確認する市環境課の職員ら=5日午後、平得のトゥメスク御嶽捨てられたごみ袋の中身を確認する市環境課の職員ら=5日午後、平得のトゥメスク御嶽
八重山署と市確認 市指定袋のごみ9袋
 石垣市市民保健部環境課と八重山署の生活安全課は5日午後、石垣市平得の市総合体育館東側の道路沿いにあるトゥメスク御嶽に、ごみが不法投棄されているのを確認した。捨てられていたごみは9袋で、中には石垣市の指定袋に入ったものもあった。  市環境課によると、ごみは近隣の住民が以前から捨てられているのを確認。御嶽ということもあり、その住民が自宅に持ち帰り、処分していたがらちが明かないため、11月30日...
本文を読む

文化財指定同意先送り 「真乙婆御嶽」で新川字会

 新川字会(上唐利夫会長)は9日の通常総会で、石垣市教育委員会が求めている真乙婆御嶽の市指定文化財への同意について、結論を先送りした。賛否が割れ、意見の一致をみることができなかった。同意案件は昨年の総会に提出され、「字民の意見を聞く必要がある」として結論を留保して教育委側と意見交換会を開催した経緯があるが、今回も同様の結果に。来年の総会まで再び棚上げされることになった。  反対意見には、イビ...
本文を読む

天川御嶽拝殿を解体 登野城字会

6月に伝統木造で完成
住民総出で作業
 老朽化に伴って建て替えられる天川御嶽の拝殿の解体工事が23日行われ、登野城字会の会員らが重機を使わずに素手で解体した。来月1日に地鎮祭を行い、6月には新しい木造拝殿が完成する。  天川御嶽は、登野城村鎮守の神として崇拝され、豊年祭や雨ごい、厄病除けの祈願などが神前で行われている。  御嶽の拝殿は、1874(明治7)年にかやぶきで建立され、以来、3度改築され現在に至っている。しかし、最後の...
本文を読む

御嶽の樹木どう保全するか トヨタ財団助成プロジェクト

石垣市内は御嶽15カ所実施
日台韓で300カ所を調査 3月にシンポ開催
 御嶽や神社など信仰の場に残されている木々を調査するプロジェクトが去年11月から沖縄と本土、台湾、韓国の合わせて300カ所で行われており、石垣市内でも御嶽15カ所で調査が行われた。3月には市内でシンポジウムを開き、島の歴史や文化をはぐくんできた御嶽の木々をどのように保全するかをめぐり、意見を交わすことになっている。  「アジアにおける鎮守の杜(モリ)文化の資料化と持続保全の基盤の編成」をテー...
本文を読む

枯死原因は「踏圧死」?

 23日午後、開かれた第4回石垣市文化財審議会で、桴海地区などの5つの御嶽の文化財指定が諮問されたほか、枯死した宮鳥御嶽のリュウキュウチシャノキの後継木などについて意見を交換した。後継木については「枯死した原因は何か」と原因特定に関心が集中。これに対し、植物に詳しい前津栄信委員が、人間が木の周辺を踏み固めたことによる「踏圧死」の可能性を示唆。後継木を植える際の対策として周囲を囲い、土を盛ることを提...
本文を読む

野底御嶽など文化財に 文化財審議会に諮問

来月半ば現地調査
宮鳥御嶽のチシャノキ後継木でも意見交換
 第4回石垣市文化財審議会(崎山直委員長)が23日午後、市教育委員会2階ホールで開かれ、波平長吉教育長が崎山委員長に野底、桴海、宇根、西大田、ピュースの5つの御嶽の文化財指定(有形民俗文化財)を諮問した。同審議会では2月12日午後、現地を調査した上で、結論を出し、2月20日をメドに答申する方針。また、市民から要請があった冨崎観音堂参道へのスロープ設置や宮鳥御嶽のリュウキュウチシャノキが枯死した原因...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム