八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「待機児童」の検索結果は以下のとおりです。

保育士養成へ教育機関 来年4月開校

保育士等養成課程開設に関する協定を締結した石垣市の中山義隆市長(中央左)と、大庭学園の大庭憲理事長(同右)=7日午前、市役所庁議室保育士等養成課程開設に関する協定を締結した石垣市の中山義隆市長(中央左)と、大庭学園の大庭憲理事長(同右)=7日午前、市役所庁議室
市、大庭学園と協定 18、19日に説明会
 石垣市(中山義隆市長)は7日、待機児童を解消して子育て支援の質の向上を図るため、学校法人大庭学園(大庭憲理事長)=那覇市=と保育士養成課程開設に関する基本協定を締結した。同学園によると、県内で初めての取り組み。市には高等教育機関がなく、島外に出なくてはならなかったが、開設により、2年間の通信教育で保育士と幼稚園教諭免許の資格取得が可能になる。2017年4月からの開校となっており、中山市長は「ぜ...
本文を読む

市の待機児童0~2歳で170人 幼保連携の重要性確認

保育所や幼稚園の利用定員などを確認した子ども・子育て会議=18日午後、市役所会議室保育所や幼稚園の利用定員などを確認した子ども・子育て会議=18日午後、市役所会議室
子育て会議
 第1回石垣市子ども・子育て会議(小倉隆一会長)が18日午後、市役所会議室で開かれ、幼稚園や保育所の利用定員などを確認した。  市の待機児童(2015年4月時点)は、0歳児19人、1歳児115人、2歳児36人、3歳児23人、4歳児13人、5歳児0人の合計206人で、このうち、0~2歳で170人を占めている。  会議では、0~2歳の小規模保育園の園児は、3歳以降はあらためて入園先を探さなけ...
本文を読む

市長、待機児童の解消期待 本土企業の保育所参入

市立の委託には否定的
 全国で保育事業を展開する㈱日本保育サービス(名古屋市)が来年度、石垣市内で認可保育園の新設を計画していることについて、中山義隆市長は5日までに八重山毎日新聞社のインタビューに応じ、「待機児童の解消につながる」と期待を寄せる一方、市立保育所の民間委託の受け皿として想定しているのではないかとの指摘に「まったくリンクしない。民間委託は地元が理想」と否定的な見解を示した。  市は4月に同社から参入...
本文を読む

来年度までに295人増員 認可化を促進、施設整備

敷地内に新園舎が建設され、来年4月から認可保育園として開園する保育園こどもの家=20日午後、石垣市平得敷地内に新園舎が建設され、来年4月から認可保育園として開園する保育園こどもの家=20日午後、石垣市平得
石垣市 待機児童解消で定員枠確保
 石垣市内の認可保育園の受け入れ枠が2011年度から拡大している。市児童家庭課(運道徹課長)によると、待機児童の解消に向けて11年度から認可外保育園の認可化促進を本格化、県安心こども基金を活用して認可化に伴う施設整備や認可園の増改築を支援しており、15年度までに295人分の定員枠が新たに確保される見通しだ。このほか、みやら保育園(定員85人)、まきら保育園(同60人)を分園して定員を拡大する計画...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム