八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「川原小学校」の検索結果は以下のとおりです。

川原小児童がゴーヤ納品

ゴーヤ18袋を納品した川原小学校の嵩原旭君(右)と畠山愛深さん=4日午後、とろぴかるはうすゴーヤ18袋を納品した川原小学校の嵩原旭君(右)と畠山愛深さん=4日午後、とろぴかるはうす
作物の生産や販売を体験
プロジェクトK3年目
 児童が野菜や花の生産から販売までを行う「プロジェクトK」で、川原小学校(仲皿涼子校長、児童18人)の嵩原旭君(6年)と畠山愛深(まなみ)さん(4年)が4日午後、地域の商店「とろぴかるはうす」にゴーヤを18袋納品した。  同プロジェクトは2016年度から行っており、ことしで3年目。ゴーヤは4月下旬に植え付けて5月下旬に収穫したもので、この日が本年度初の納品。  本年度も前期と後期に分けて...
本文を読む

川原小児童の思い実現 ミャンマーの小学校に希望の井戸が完成

ミャンマーのター・エー・ダゥン小学校内に完成した井戸=2月3日(川原小提供)ミャンマーのター・エー・ダゥン小学校内に完成した井戸=2月3日(川原小提供)
 野菜や花の生産から販売までを行っている川原小学校(荻堂哲校長、児童22人)の児童たちが活動で得た収益を使った井戸がこのほど、ミャンマーのエーヤワディ地域にあるター・エー・ダゥン小学校内に完成した。12日午前、児童たちは川原小で報告会を開いて完成を喜ぶとともに、「思いが詰まった井戸を大切に使ってほしい」と現地住民の有効利用を願った。  NPO法人アジアチャイルドサポート(池間哲郎代表理事)が...
本文を読む

児童が野菜や花を販売 自分たちで生産し、営業も

自分たちで育てた野菜や花を販売する川原小の児童たち=4日午前、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場自分たちで育てた野菜や花を販売する川原小の児童たち=4日午前、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場
プロジェクトKの一環
 川原小学校(荻堂哲校長)の児童22人は4日午前、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場で、自分たちで育てた野菜や花を販売する「川原マーケット」を開き、大勢の市民が買いに訪れた。  生産から販売までを行う「プロジェクトK(川原)」の一環で、昨年に続き2年目。児童が▽社長・副社長▽営業▽デザイン▽会計▽アルバイト—の5課に分かれ、それぞれの業務を行った。  児童たちは元気いっぱい...
本文を読む

にぎやかに三川夏まつり 多彩なステージに沸く

子どもたちのエイサーで幕開け三川夏まつり=30日夕、川原小学校運動場子どもたちのエイサーで幕開け三川夏まつり=30日夕、川原小学校運動場
 2015年三川夏まつり(同実行委員会主催)が30日、川原小学校運動場で行われ、多くの人たちがステージの余興や出店を楽しんだ。今年で4回目。三川青年会(西里篤会長、14人)が地域の人たちと実行委員会(西里委員長)を結成して主催している。  舞台は、川原小学校児童のエイサーで幕開け。幼稚園児の踊り、カラオケ大会、ビール早飲み大会、大抽選会、ミニライブなどがあった。  エイサーを披露した上原...
本文を読む

み霊よやすらかに 各校で平和集会

炎天下、「暁之塔」を清掃する川原小の児童ら=20日午前炎天下、「暁之塔」を清掃する川原小の児童ら=20日午前
川原小児童ら「暁之塔」清掃
 23日の「慰霊の日」を前に郡内の各小中学校で平和学習に展開されている中、川原小学校(天久昇校長)は20日午前、石垣市堆肥センター近くの「暁之塔」で慰霊集会を行い、全校児童20人と保護者らが塔を清掃し、詩の朗読や歌「月桃」の合唱などで平和への祈りをささげた。  児童らは炎天下、慰霊碑に水をかけ、たわしなどで銘板の汚れなどを拭きとった。  集会では折り鶴をささげ、「平和を大切に」「大人にな...
本文を読む

川原小のデイゴ開花 ヒメコバチ防除が奏功、2年連続

 川原小学校(宜野座愛子校長、児童13人)のデイゴが開花した。同校のデイゴ6本には2010年、NPO花と緑の石垣島(波平長吉代表)の「デイゴ再生プロジェクト事業」で薬剤を注入、デイゴヒメコバチ防除作業が行われていた。  NPOでは10日、学校側から「デイゴにつぼみが付いている」との連絡を受け、15日に同校グラウンドのデイゴの様子を観察したところ、1本に1房の深紅の花を確認した。開花は2年連続...
本文を読む

新体育館の落成祝う 児童や校区民大喜び、28個人・団体に感謝状

 川原小学校(宜野座愛子校長、児童13人)の体育館落成記念式典と祝賀会(体育館内部施設等充実事業期成会主催)が4日午後、同校体育館で開かれた。式典では28個人・団体に感謝状が贈られたほか、地域住民や卒業生ら大勢の関係者が真新しい体育館の完成を祝った。  旧体育館は1979年に建てられ、築後32年が経過。老朽化が進んでいたことから、総事業費2億8300円をかけて改築された。  新体育館は床面...
本文を読む

ダブル受賞を喜ぶ 教育功労と安全協力感謝状で

 川原小学校(宜野座愛子校長)でこのほど、「県健康教育功労者賞」を受賞した平地ますみ養護教諭と「安全・安心なまちづくり」八重山署感謝状のダブル受賞祝賀会が開かれた。  同校は登下校の安全確保のため、白保駐在所の又吉修巡査部長にパトロールを依頼、保護者と地域が連携し、不審者対策や交通安全にも力を入れており、感謝状を受賞した。  平地教諭は、日ごろから子どもたちとのコミュニケーションを密に児童...
本文を読む

新体育館ができるぞ 施工業者らが安全祈願

夏休み明けに供用開始
 川原小学校(宜野座愛子校長、児童12人)の体育館新増改築工事の起工式が21日午後、現地で施工業者や行政、同校関係者などが参加して行われた。  同校の旧体育館は1979年の建築から30年余が経過。老朽化が進んだことから、建て替えることになった。  新しい体育館は鉄筋コンクリート造り2階建て。立体トラス屋根で面積が700平方メートル(旧体育館532平方メートル)。アリーナ面積が468平方メー...
本文を読む

お年寄りと楽しく交流 川原小児童がなごみの里訪問

 川原小学校(大田綾子校長)の児童11人が24日午後、特別養護老人ホームなごみの里(渡久山覚施設長)を訪れ、約50人のお年寄りと交流した。  入所者との触れ合いを通し、豊かな人間関係と思いやりの心を育てるのが目的で、子どもたちは毎年同施設を訪問している。  この日は、子どもたちが育てた鉢植えの花や苗をプレゼント。またエイサーや歌を披露し、お年寄り一人ひとりの肩をたたき、労をねぎらった。 ...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム