八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「富野小中学校」の検索結果は以下のとおりです。

中学生の部で学校賞 富野小中

JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2018で学校賞を受賞した富野中学校の生徒ら=27日午後、同校JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2018で学校賞を受賞した富野中学校の生徒ら=27日午後、同校
JICAエッセイコン
全国から7万2486点の応募
 富野小中学校(漢那ひとみ校長)はこのほど、JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2018(独立行政法人国際協力機構主催)の中学生の部で学校賞を受賞した。  同校では、社会科の上原邦夫教諭が特設授業として、海外で生活経験がある人物を招いて生の声を聞いたり、生きた教材に触れたりする機会を設けており、授業を通して全生徒8人が書いた作文を昨年9月に応募。このほど受賞通知が届いた。  ...
本文を読む

道路愛護で伝達表彰 富野小中と平得婦人会

2018年度道路愛護功労者表彰で沖縄地方推進協議会会長表彰を受ける富野小中学校と平得婦人会の代表者ら=27日午後、八重山土木事務所会議室2018年度道路愛護功労者表彰で沖縄地方推進協議会会長表彰を受ける富野小中学校と平得婦人会の代表者ら=27日午後、八重山土木事務所会議室
沖縄地方推進協議会長表彰
 8月の「道路ふれあい月間」に合わせた本年度の道路愛護功労者表彰伝達式が27日午後、八重山土木事務所会議室で行われ、富野小中学校(漢那ひとみ校長)と平得婦人会(大嶺洋子会長)がそれぞれ沖縄地方推進協議会会長表彰を受けた。  富野小中学校は2009年から行っている学校周辺の石垣港伊原間線から市桴海にかかる県道79号線歩道の美化清掃、平得婦人会は1995年から継続している集落内を通る国道390号...
本文を読む

ロッテ投手と交流

千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太投手とチェン・グァンユウ投手との交流を楽しんだ児童生徒=14日、富野小中学校千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太投手とチェン・グァンユウ投手との交流を楽しんだ児童生徒=14日、富野小中学校
富野小中の児童生徒ら
バレンタインデーの14日、今月1日から石垣島で春季キャンプを行っている千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太投手(29)とチェン・グァンユウ投手(27)が富野小中学校を訪れた。児童生徒16人とキャッチボールを通して親睦を深め、ロッテ(東京)のチョコレート菓子と公式キャップをプレゼントした。  大嶺投手は例年、郡内離島の小中学校を訪れているが、ことし1月中旬の自主練で同校のグラウンドを利用していたこと...
本文を読む

「健さんありがとう」俳優高倉さんを偲ぶ

高倉健さんから贈られた双眼鏡を手にする児童ら=10日午前、富野小中学校高倉健さんから贈られた双眼鏡を手にする児童ら=10日午前、富野小中学校
富野小中
 昨年11月10日に他界した俳優の高倉健さんと交流のあった富野小中学校(宮良信浩校長、児童生徒14人)では高倉さんの命日に当たる10日午前、全児童生徒が参加して「高倉健さんを偲(しの)ぶ会」を開いた。  児童生徒と職員が1分間の黙とうをささげた後、職員が高倉さんと同校との出会いや高倉さんとの交流をスライドで紹介したほか、高倉さんからの手紙や著書、双眼鏡などが展示された。  比嘉海七斗(み...
本文を読む

不法投棄防止に向け看板を製作 来月から市内各所に設置

できあがった不法投棄防止看板を掲げる児童ら=28日午後、富野小中学校できあがった不法投棄防止看板を掲げる児童ら=28日午後、富野小中学校
デザインは富野小中の児童 石垣市
 石垣市は富野小中学校(宮良信浩校長)の児童たちの描いた不法投棄防止ポスターを基にした看板56枚を製作した。環境月間の6月1日から市内各所に設置することにしている。市は同校の全児童8人を対象に「ごみ」をテーマとした環境学習を1月に行い、児童たちは不法投棄の現場視察や石垣市のごみについて学習した。ポスターはその一環で描いたもの。  環境課生活環境係の富浜公雄係長は「今後の石垣市の不法投棄対策に...
本文を読む

富野小中が創立60周年 歴代校長ら10人に感謝状

 富野小中学校(西村友三郎校長、児童11人、生徒8人)の創立60周年記念式典・祝賀会が9日午後、同校体育館で開かれた。  富野小中は1952年4月29日に児童7人で川平小学校富野分校としてスタート。読谷村からの開拓団入植で児童生徒が42人に増加。53年には川平中学校富野分校も認可された。  66年には児童生徒数が107人まで増加したが、大型台風の被害などにより離村者や離農者が増え、児童生徒...
本文を読む

環境教育の成果発表 モデル校の富野小中

サンゴの健康診断など
 【那覇】県の「環境教育モデル校実践発表大会」が7日、県庁4階講堂で開かれ、石垣市の富野小中学校を含むモデル校3校の児童生徒が3年間の調査・研究の成果を発表した。  同事業は、児童・生徒がふるさとの自然に触れ、自然環境の保全と快適な環境づくりへ主体的に参加していくことを目的としている。1990年から実施され、これまで72校が指定された。  「サンゴ等海生生物調査に関すること~コーラルウオッ...
本文を読む

「ごみ捨てず、海守る」川平湾で合同学習 川平小と富野小


 川平小学校の6年生と富野小学校の5、6年生合わせて14人が22日午後、川平地区で合同の環境体験学習を行い、川平湾のグラスボートで観察したあと、「ごみを捨てないようにして、海を守りたい」などと意見を述べ合った。  児童たちはグラスボートに乗り込み、川平湾の水質について辻環境文化研究所の辻維周所長から説明を聞いたあと、川平校で意見交換し、「川平湾の外側がきれいだが、中は汚かった」、「せっけんや...
本文を読む

サンゴ白化の経過を観察 死滅、回復状況を記録

「マイサンゴ」調査も4年目、富野小中校
 サンゴが白化したあと、回復したり、死滅したりする経過を富野小中学校の全校児童生徒16人が7月14日から今月11日にかけて同校近くの海岸で観察し、「サンゴの短期的な変化を記録することは研究者でも難しい」と評価されている。サンゴが白化から回復した時には、子どもたちから「だいぶ元気になった。うれしい」との感想が聞かれ、地道な取り組みを通じてサンゴへの愛着を深めている様子がうかがえた。  WWFジ...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム