八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「宮良小学校」の検索結果は以下のとおりです。

児童が田植え体験 宮良小学校3年生

丁寧に田植えを行う3年生ら=14日午後、宮良小学校丁寧に田植えを行う3年生ら=14日午後、宮良小学校
農家のありがたみを実感
 宮良小学校(桃原修校長、児童134人)は14日、食育の一環として校内の田んぼで田植えを行い、3年生21人が泥遊びを楽しみながら、21平方㍍の田んぼにひとめぼれの苗を植え、農家のありがたみを感じた。6、7月ごろに収穫され、8~10㌔の米がとれるという。  同校によると、田植えはことしで17年目。宮良の農家・成底弘芳さん(62)が指導した。児童らは冷たい感触に歓声を上げながら足元の土をならし、...
本文を読む

さあ、冬休み

担任の水谷直揮教諭(右)から通知表を受け取る宮良小の2年生=25日午前、同校担任の水谷直揮教諭(右)から通知表を受け取る宮良小の2年生=25日午前、同校
郡内小中高校で終業式
 郡内の小中高校の2学期終業式が25日、各校で開かれ、児童生徒が冬休みに入った。  このうち宮良小学校(桃原修校長、児童133人)では、2年生と4年生が2学期の反省を発表した後、桃原校長が「学習は積み重ねが大事。生活面の課題などもしっかり受け止めて、次につなげられるようにしてほしい。冬休みは家族とたくさん話す時間をつくってほしい」とあいさつ。  音楽クラブの演奏で全児童が校歌や「あわてん...
本文を読む

宮良小が恒例の川下り 宮良川流域の動植物観察

力を合わせ、恒例行事の川下りを行った宮良小の児童ら=5日午前、宮良橋から撮影力を合わせ、恒例行事の川下りを行った宮良小の児童ら=5日午前、宮良橋から撮影
 宮良小学校(桃原修校長、児童134人)の恒例行事「われら探検隊・川下り」が5日午前、宮良川で行われ、6年生20人が保護者とともに、赤下橋から河口まで約2.5㌔のコースを手作りのいかだで下った。  同行事は1980年から続き、今回で37回目。午前6時45分に同橋から出発。宮良川流域の動植物などを観察しながらゴールのミニンヤーの浜を目指した。  午前9時ごろの宮良橋通過時には、橋の上から在...
本文を読む

宜保研究主事 「やる気出る指導を」

県立総合教育センターの宜保康研究主事(左)から指を使ったかけ算九九の仕方などを学ぶ宮良小学校の教員ら=25日午後、市健康福祉センター視聴覚室県立総合教育センターの宜保康研究主事(左)から指を使ったかけ算九九の仕方などを学ぶ宮良小学校の教員ら=25日午後、市健康福祉センター視聴覚室
確かな学力で講話 宮良小
 宮良小学校(桃原修校長)は25日午後、石垣市健康福祉センターで校内研修を開き、県立総合教育センター教科研修班の宜保康研究主事が「『確かな学力』を育む算数科の授業づくり」のテーマで講話した。  同センターの出前講座の一環。  宜保研究主事は算数科の言語活動を充実させるために重要なこととして▽見通しを持ち、根拠を明らかにして筋道を立てて考える学習活動▽言葉や数、式、図、グラフなどの相互の関...
本文を読む

手作りいかだ、カイに力込め 宮良小児童 伝統の「川下り」満喫

手作りのいかだとカイで宮良川の川下りを楽しんだ宮良小6年の児童ら=7日午前、宮良川(同校PTA提供)手作りのいかだとカイで宮良川の川下りを楽しんだ宮良小6年の児童ら=7日午前、宮良川(同校PTA提供)
 6年生が自ら作ったいかだで宮良川を下る宮良小学校(桃原修校長)の伝統行事が7日午前、同川で行われ、児童と保護者、PTA役員などが参加した。  参加者は午前8時ごろ、ベニヤ板やドラム缶を組み合わせて作った手作りのいかだ4槽で赤下橋を出発。自作のカイで宮良川河口まで約2.5㌔を約2時間かけてこぎ進んだ。  途中、児童らは宮良川の特徴や川辺に生息する動植物や野鳥などを観察しながら大自然を満喫...
本文を読む

ICT機器の活用を 宮良小が研究成果を報告

最終年次の成果と課題を報告する宮良小学校の亀川善朗教諭=24日午前、同校体育館最終年次の成果と課題を報告する宮良小学校の亀川善朗教諭=24日午前、同校体育館
 2011年度から石垣市教育委員会の学力向上推進研究校、情報教育実践校に指定されている宮良小学校(郫山晃校長、児童129人)は24日午前、同校で公開授業と最終年次研究報告会を開いた。関西大学総合情報学部の黒上晴夫教授の講話も行われた。  同校は「生き生きと主体的に学習する子の育成〜デジタル教材を活用した授業改善を通して〜」の研究主題で実践に取り組んできた。  報告会で研究主任の亀川善朗教...
本文を読む

今年も校庭に甘い香り 宮良小学校

黒糖づくりを体験する宮良小学校の児童たち=写真はいずれも9日午前、同校校庭黒糖づくりを体験する宮良小学校の児童たち=写真はいずれも9日午前、同校校庭
恒例の黒糖づくり
 宮良小学校(小浜美佐子校長、児童118人)の恒例行事「親子キビ刈り・黒糖づくり」が9日午前、同校で行われた。5年生を中心に全学年の児童や保護者、地域住民など総勢約300人が参加し、サトウキビの収穫から圧搾、黒糖製造までを体験した。  八重山の基幹産業について学ぶとともに、勤労の大切さや力を合わせて働く喜びを知ることが目的。今回で34回目。宮良川の川下りとともに同校の二大行事となっている。 ...
本文を読む

宮良小で放課後教室 地域住民や保護者が指導

 2012年度放課後子ども教室「宮小っ子いきいきみやびい教室」の指定証交付式が24日午後、宮良小学校で行われた。  同教室は、児童が地域住民や保護者らと交流しながらスポーツや文化活動の学びを深めるもの。  本年度は同校のほかに崎枝小中学校、真喜良小学校、富野小学校の4校が指定を受け、学校独自の活動を展開している。同校では三味線、英語、スポーツレク、言葉遊び、習字を月曜日から金曜日まで順番に...
本文を読む

高学年にタブレットPC 電子教材活用した授業へ

 総務省が取り組む「地域雇用創造ICT絆プロジェクト(教育情報化事業)」実践校として、宮良小学校(半嶺当永校長)は11日、電子黒板3台と4年生から6年生の児童60人分のタブレットパソコンを導入した。同校ではICT支援員とコーディネーターを配置、今後5年間にわたって電子教材を活用した授業を実施する。  全国で40校、県内では本部町と伊江村、石垣市で行われる。  支援員は電子教材の作成、学級担任の...
本文を読む

思い出の品が続々と 宮良小でタイムカプセル開封式


 今年、成人式を迎えた宮良小学校2002年度卒業生のタイムカプセル開封式が3日午後、同校中庭で行われた。  タイムカプセルは当時のPTAが児童らの卒業を記念して埋めたもの。プラスチック製のタンク2個が埋められていた。  開封式では卒業生の父母らがタイムカプセルを掘り起こし、中からは児童らの作文や写真、ランドセル、漫画、泡盛などの記念品が次々と取り出され、卒業生らに手渡された。  卒業生ら...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム