八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「学校統廃合」の検索結果は以下のとおりです。

白浜・西表中の統廃合を承認 「統合やむなし」白浜公民館

町教委、12月議会に提案へ
 白浜中学校と西表中学校の統廃合をめぐって、白浜公民館(大城一文館長)はこのほど、臨時総会を開き、白浜中を西表中に統合する竹富町教育委員会の案を賛成多数で可決した。来年度から西表中に統合される見込み。大城館長は「総会もぎりぎりで成立。賛否も分かれてしまったが、西表中への統合やむなしという結論に至った」と説明。町教委では11月定例町教育委員会に諮ったあと、12月定例町議会に両校の統廃合案を提案する。...
本文を読む

波照間小中、住民が学校統廃合を疑問視

 【波照間】波照間小中学校統廃合に関する教育懇談会が8月30日、波照間農村集落センターで開かれた。会場には大雨の中、約60人の住民が参加し関心の高さを見せた。懇談会では、この日に初めて学校統廃合の時期が来年4月に迫っていることを知った住民も多く、「意見交換を重ねて次年度以降に持ち越すことも考えてはどうか」と提案。住民側の統廃合を疑問視する声に竹富町教育委員会は「持ち帰って検討したい」とした。 ...
本文を読む

学校統廃合で意見交換 教育効果など説明

住民からは不安の声も
 【波照間】小中学校統廃合に関する地域懇談会が27日、はてるまふれあいセンターで開かれ、竹富町教育委員会の委員10人と学校関係者、住民18人が出席した。懇談会は、平成17年から検討されてきた波照間の学校統廃合について方向性を示す目的で開かれた。町教委の前上里徹教育課長は「小中併置校にすることで教育効果が上がる」と説明。その理由として「校長や教頭が小中兼任する代わりに、授業に専念する教師の数を増やせ...
本文を読む

白浜中、西表中に統合賛成が61% 住民アンケートで判明

現在休校中、次年度統合で推進へ
 竹富町教育委員会(慶田城久教育長)が、去る6月に白浜地区の20歳以上の住民111人を対象に実施した町立白浜中学校(96年度から休校中)の西表中学校への統廃合に対するアンケートで、統廃合に賛成する回答が全体の61.4%を占め、反対22.7%を大きく上回ったことが町教委のまとめで分かった。町教委では、この結果を受け、9月議会終了後にも同地区で懇談会を開き、地域住民にアンケート結果を報告するとともに、...
本文を読む

吉原小統廃合案を撤回 議会で正式に了承

 9日開会した石垣市議会12月定例会で市当局は吉原小学校を川平小学校に統合するための市立学校設置条例の一部改正案の撤回を申し入れ、了承された。同議案は9月議会から継続審議となっていた。市は「幼小中学校適正規模・適正配置計画について、地域住民へのさらなる説明会、意見交換会を通して関係者の理解を得るため」と説明した。  審議を担当した総務財政委員会の宮良操委員長が意見を述べ、「基本的に地元の合意...
本文を読む

「合意形成が不十分」吉原小統廃合案を撤回

「安易、強行的」と批判
 石垣市は23日、市議会総務財政委員会(宮良操委員長、委員8人)に、2009年4月から吉原小学校を川平小学校に統合する市立学校設置条例の一部改正案について撤回を申し入れた。市教育委員会が20日に決めた撤回方針に基づくもので、撤回理由は「地域住民へのさらなる説明会、意見交換会を通し、関係者の理解を得るため」。総務財政委はこれを承認したが、委員からは「否決されそうだからといって安易に撤回するのは問題だ...
本文を読む

認識のズレが撤回に

 吉原小の学校統廃合で住民が強い反発を見せていた市立小学校併置の一部条例改正案で、市教育委員会は改正案の撤回を決めた。反対意見の中には説明不足や意見交換の場が少なかったことなどが挙げられ、「議会への提案を急ぎ過ぎたのでは」との声もあった。地域住民との認識のすれ違いが議案撤回への後押しとなったのかもしれない。  熱研で行われた「親子イモ掘り体験」は多くの親子が参加して、イモ掘りを楽しんでいた。...
本文を読む

吉原小統合案、取り下げ決定 きょう議会に撤回理由説明

反対強く、否決濃厚で
 吉原小学校を川平小中学校に統合する「市立小学校併置の一部条例改正案」について、市教育委員会は20日に臨時会を開き、同改正案を撤回する方針を決めた。市教委が取り組んでいる学校適正化計画の一環で、教育効果を高めるための学校数調整として、吉原小学校と川平小中学校を2009年4月に統合するもの。9月定例議会に上程され、継続審議となっていたが、吉原公民館(川上博久館長)が反対決議を行うなど、住民からも強い...
本文を読む

統合問題で2つの立場

 吉原小学校の統合問題で16日に開催された石垣市議会総務財政委員会の参考人招致は、本音で話したいという保護者の希望を尊重して非公開となった。本音は賛成だが、地域の実情を考慮して積極的には賛成できないというのが実情のよう。親個人として、地域の一員として、という2つの立場の葛藤(かっとう)が浮き彫りになった。  1学期に発行した竹富小中学校の「竹富通信」には島内に住む戦争体験者の証言が載っている...
本文を読む

吉原―川平小統合は困難な情勢に 父母会、公民館とも否定的

与党側も厳しい見方 23日に採決も
 来年4月1日から吉原小学校を川平小学校に統合する石垣市立学校設置条例の一部改正案について継続審議を行っている市議会総務財政委員会(宮良操委員長、委員8人)は16日、吉原小父母会、吉原公民館、川平保育所保護者会から意見を聴取した。現段階では反対あるいは賛成しかねるという意見に集約されたことから、与党議員からも「現在の状況では賛成はできない」との声が出るなど、議案の可決は極めて厳しい状況になった。総...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム