八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「四カ字豊年祭」の検索結果は以下のとおりです。

強風で旗頭倒れる

強風にあおられ、観客席に倒れこんだ旗頭=6日午後6時56分ごろ、真乙姥御嶽付近の交差点強風にあおられ、観客席に倒れこんだ旗頭=6日午後6時56分ごろ、真乙姥御嶽付近の交差点
台風13号影響、けが人相次ぐ
 台風13号の影響で、強い風が吹くなかでの開催となった6日の四カ字豊年祭ムラプール。午後6時50分ごろには真乙姥御嶽付近の交差点で旗頭が強風にあおられて倒れ、沿道にいた女子中学生が額の左を1㌢ほど切るけがを負った。  旗頭が電線や他の旗頭とぶつかる場面も多く見られ、倒れてきた旗頭の飾りで目をけがした成人男性もいた。  石垣島地方気象台によると、登野城で同日午後5時25分に観測した最大風速...
本文を読む

四カ字豊年祭

「はい、はい、はい」と息を合わせて綱かきを行う人たち=3日午後、真乙姥御嶽「はい、はい、はい」と息を合わせて綱かきを行う人たち=3日午後、真乙姥御嶽
ムラプールに向け「綱かき」 掛け声合わせ作業に汗
 6日の四カ字豊年祭ムラプールで使用する大綱をつくる「綱かき」が3日、真乙姥(まいつば)御嶽で始まった。この日で約100㍍の小綱を8本つくり、4日に大綱に仕上げる「綱まかし」を行う。  ことしは5町内会(入嵩西清和会長)が綱かきを行うことになり、住民らが樹木の枝に綱をかけ、「はい、はい、はい」という掛け声に合わせて稲ワラをねじり合わせた。  入嵩西会長によると、大綱に使うワラは水田60㌃...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム