八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「ドローン」の検索結果は以下のとおりです。

石垣市消防本部 ドローンを運用開始

災害現場や事故現場での救助活動の支援に活用されるドローン。運用開始式で披露された=15日午後、石垣市消防本部災害現場や事故現場での救助活動の支援に活用されるドローン。運用開始式で披露された=15日午後、石垣市消防本部
災害時に空から救助支援
 石垣市消防本部(大濵安久消防長)は15日、災害現場の状況を迅速に把握するため、小型無人機(ドローン)の運用を開始した。県内の消防機関としては島尻消防本部や那覇消防局などに続き5カ所目。多様化する災害に対応するため山間部や海で上空からの救助支援のサポートを行う。現在、隊員3人が操縦士の資格を取得しており、今後さらに増やす計画だ。  同消防本部で行われた運用開始式では、崖下に落ちた人を救助する...
本文を読む

着水型ドローンでサンゴを撮影

㈱Nanseiが開発した着水型ドローン・水上着水機「Aqua」㈱Nanseiが開発した着水型ドローン・水上着水機「Aqua」
海洋環境の調査、保全に
㈱Nanseiが開発
 海岸に近い浅瀬に生息するサンゴ礁の調査や保全に役立てようと、㈱Nansei(砂川哲男代表取締役、本社・那覇市)が開発した着水型ドローン・水上着水機「Aqua」のデモフライトが14日午前、白保海岸域で行われ、市や環境省石垣自然保護官事務所の職員らが立ち合った。  サンゴ礁の画像を三次元で図面化し、サンゴの保全や研究、海岸の工事の際の環境調査などに役立てようというもの。同社がドローン製造大手の...
本文を読む

ドローンで災害活動支援

ドローンによる災害時活動支援の協定を結んだ(左から)嵩本安博代表、宇根規光消防長、十河学代表=30日午後、石垣市消防本部ドローンによる災害時活動支援の協定を結んだ(左から)嵩本安博代表、宇根規光消防長、十河学代表=30日午後、石垣市消防本部
市消防が専門2業者と協定
 石垣市消防本部(宇根規光消防長)と市内で無人航空機(ドローン)を専門に扱う合同会社パワナ(十河学代表)、空撮仕事人(嵩本安博代表)は30日、災害時にドローンで消防・人命救助などの活動を支援する協定を結んだ。ドローンを活用することで、災害時に救助や捜索活動の強化を図る。今後は、両事業者が市消防職員に対しドローンの操縦士養成を行い、災害対応の専門性を高める。  ドローン導入の背景には、人災や自...
本文を読む

ドローン多用途に利用 石垣で可能性披露レース

初の本格ドローレースを楽しむ子どもたち=4日午前、舟蔵公園初の本格ドローレースを楽しむ子どもたち=4日午前、舟蔵公園
参加者、使用感覚楽しむ
 沖縄初の本格ドローンレース「石垣島ドローンレース」(石垣市ドローン利活用推進実行委員会主催)が4日、舟蔵公園で行われ、搭載されているカメラに映し出された映像をゴーグル型モニターで見ながら操縦する超高速のFPVドローンレース、目視で操縦するレギュラークラスドローンレース、石垣島ー竹富島間の物資輸送、体験フィッシングなど、さまざまな分野で利用できるドローンの可能性が披露された。FPVドローンの映像...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム