八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「ウミショウブ」の検索結果は以下のとおりです。

自然環境保全地域ウミショウブ藻場 網取湾で消失、崎山湾で減少 アオウミガメが採食

崎山湾・網取湾自然環境保全地域崎山湾・網取湾自然環境保全地域
西表島南西部 生態系への悪影響を懸念 環境省、採食防止へ
 【西表】南西部の崎山湾・網取湾自然環境保全地域で、海草「ウミショウブ」の藻場がアオウミガメの採食で消失・減少していることが分かった。環境省西表自然保護官事務所によると、網取湾ではすでに藻場が消失、崎山湾でも全体的に繁茂しているエリアがなくなっている。同事務所は、藻場を利用する魚類など生物の生息・産卵場所がなくなるとして生態系への悪影響を懸念、今年度にアオウミガメの採食防止対策に向けた計画を策定...
本文を読む

ウミショウブ守ろう 野底小学校

ウミショウブを守ろうと注意喚起看板を作り設置した野底小学校の5、6年生ら=12日午前、野底崎南の海岸入り口ウミショウブを守ろうと注意喚起看板を作り設置した野底小学校の5、6年生ら=12日午前、野底崎南の海岸入り口
看板設置し、注意喚起
 日本国内では西表島と石垣島でのみ観測できる海草ウミショウブ(トチカガミ科)を守ろうと、野底小学校(安谷屋正史校長、児童33人)の5、6年生12人が12日午前、野底崎南の海岸入り口に、自ら作製した注意喚起の看板を設置した。  ウミショウブは浅い海に生息し、夏の大潮かつ干潮の昼に雄花が大量に開花し、白く小さな花が海面を漂うのは幻想的な光景。  ウミショウブの開花を見ようと海岸を訪れる観光客...
本文を読む

海面埋める白い花 ウミショウブ大量開花

 夏の大潮の干潮時に合わせて開花する海草の一種、ウミショウブ(トチカガミ科)が24日、石垣市野底の多良間海岸で開花し、のそこ幼稚園の園児と野底小学校の児童らが観察会を行った。例年より大量の開花とあって、園児や児童たちは「きれい」と海面いっぱいに広がる白い花に歓声を上げていた。  国内では石垣島と西表島周辺の海岸に生息するウミショウブは、雌花は根元付近にあるため、干潮時にしか顔を出さず、雄花はそれ...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム