八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「アサヒナキマダラセセリ」の検索結果は以下のとおりです。

「生き物持ち出さないで」 遺伝子かく乱招く

自然観察会で、講師の渡辺賢一氏(右)から説明を受ける参加者たち=18日午前、於茂登岳自然観察会で、講師の渡辺賢一氏(右)から説明を受ける参加者たち=18日午前、於茂登岳
渡辺さん呼びかけ
   県天然記念物に指定されているアサヒナキマダラセセリの採集禁止を呼びかけるパトロールが於茂登岳で4月29日から始まっている。天然記念物の採集禁止は最近では周知が図られつつあるが、その一方で「天然記念物でなければ、採っても構わない」という考え方もあるようだ。環境省希少野生動植物種保存推進員などを務める渡辺賢一さん(63)は固有の遺伝子のかく乱に懸念を示し、「天然記念物以外でも、島...
本文を読む

採集禁止呼びかけ 八重山のみ生息

採集が禁止されているアサヒナキマダラセセリのメス(市教委文化財課提供)採集が禁止されているアサヒナキマダラセセリのメス(市教委文化財課提供)
絶滅危ぐ種、アサヒナキマダラセセリ 市教委がパトロール マニア間で売買も
 石垣市教育委員会文化財課の職員と市民ボランティア約20人が29日から、於茂登岳周辺でアサヒナキマダラセセリの採集禁止を呼びかけるパトロールを行っている。このチョウは石垣島の於茂登連峰、西表島の古座岳、古見岳の山頂部でのみ生息している固有種。近年はネット上での売買も確認されており、職員とボランティアたちは「採集しないで。ましてや売買はやめてほしい」と呼びかけている。  キマダラセセリは近縁種...
本文を読む

アサヒナキマダラセセリ採集禁止呼びかけ 市教委がパトロール

 石垣市教育委員会文化財課が4月27日から、アサヒナキマダラセセリの採集禁止を呼びかけるパトロールを於茂登岳周辺で行っている。  アサヒナキマダラセセリは石垣島と西表島のみに生息する固有種。近縁種の分布の中心がヒマラヤから中国大陸の奥地などであることから、氷河期の遺存種として極めて貴重とされている。1978年に県の天然記念物に指定された。  環境省が絶滅の恐れのある生物をまとめたレッドリス...
本文を読む

天然記念物アサヒナキマダラセセリ 繁殖期でパトロール強化

不法採集防止で関係機関連携
 県指定天然記念物のチョウで、許可なく採集することが禁止されている「アサヒナキマダラセセリ」の繁殖期に入り、石垣市教育委員会や八重山警察署、市民ボランティアが監視パトロールを強化している。さらに、アサヒナキマダラセセリ幼虫がエサとし、於茂登岳山頂にしか生えていないリュウキュウチク(イネ科)が昨年末に施設管理のため伐採されたことから、同所周辺の環境整備についても密に事前調整を行っていく。  ア...
本文を読む

チョウ無断採集で男を書類送検

 八重山署は24日、県指定天然記念物のチョウ「アサヒナキマダラセセリ」を無断で採集したとして、これまで事情を聴いていた横浜市戸塚区平戸在住の経営コンサルタントの男性(67)を沖縄県文化財保護条例違反の容疑で那覇地検石垣支部に書類送検した。  同署によると、男性は、7日午前11時ごろ於茂登岳周辺で同チョウ3頭を所持していたもの。  5月は同チョウの繁殖期に当たり、同日に監視活動を行っていた市民ボ...
本文を読む

於茂登岳で自然観察会 動植物文化財を学ぶ

 石垣市教育委員会文化課主催の「自然観察会」が16日、於茂登岳で行われた。約20人の市民が参加し、県内で最も高い於茂登岳を登りながら山に生息する希少動植物を観察した。  天然記念物や希少動植物の保護事業の一環で、島に生息する天然記念物や貴重動植物を学習し、希少動植物の保護啓発につなげるのが目的。  市文化財審議会の前津栄信委員長と渡辺賢一委員、チョウ類研究家の田窪亮三氏が講師を務め、県指定...
本文を読む

密猟で200頭切る? アサヒナキマダラセセリ

市教委文化課パトロールだけでは限界
市民の常日ごろの監視が必要
 4月下旬から県指定天然記念物のチョウ「アサヒナキマダラセセリ」の繁殖期に入り、市教育委員会文化課(与那嶺定課長)では市民ボランティアの協力を得てパトロールを強化している。だが、先日、3頭を所持している県外男性が八重山署に県文化財保護条例違反容疑で任意に事情聴取を受けるなど、密猟者も後を絶たない。山頂での個体数の減少が深刻化しており、同チョウの生息環境を守り個体数を維持するためにも市民一人ひとりの...
本文を読む

アサヒナキマダラセセリ密猟で事情聴取 県外男性が3頭所持

 県指定天然記念物のチョウ「アサヒナキマダラセセリ」を無断で採集したとして、八重山署が県外男性を県文化財保護条例違反容疑で任意に事情聴取していることが10日までに分かった。同男性は、同チョウ3頭を所持していた。08年にも県外男性が同条例違反で同署に検挙されている。  同チョウは、石垣島・西表島のみに生息する固有種。マニアによる密猟の増加などで個体数が激減し、環境省のレッドデータブックで「絶滅...
本文を読む

嵩田林道終点に看板 アサヒナキマダラセセリ採集禁止呼びかけ

 県指定天然記念物のチョウ「アサヒナキマダラセセリ」の繁殖期を前に石垣市教育委員会文化課(与那嶺定課長)は28日、嵩田林道終点に同チョウの採集禁止を訴える看板1基を設置した。近日中に於茂登登山道入り口と桴海於茂登の入り口にも設置する計画。  同チョウは、石垣島、西表島のみに生息する固有種。78年に県の天然記念物に指定され、県文化財保護条例で、卵や幼虫も含め許可なく採集することが禁止されている...
本文を読む

昨年は不法採集で検挙例も 県指定天然記念物アサヒナキマダラセセリで注意

 沖縄県指定天然記念物に指定され、許可なく採集することが禁止されているチョウ「アサヒナキマダラセセリ」が5月から6月にかけて八重山地方で多く見られることから、石垣市教育委員会では採集しないよう注意を呼びかけている。  同チョウは、日本では八重山でしか生息が確認されておらず、1978年には県の天然記念物に指定されている。  近年ではマニアや業者により乱獲され、インターネットなどで売買されてい...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム