八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「入域観光客」の検索結果は以下のとおりです。

県入域観光客3月は56.8万人 新石垣開港とLCC効果

 【那覇】県文化観光スポーツ部が15日発表した2013年3月の入域観光客数は、国内外合計で前年同月比6.7%(3万5800人)増の56万8900人だった。県は国内客増加の要因の一つに新石垣空港の開港も挙げており、4月も引き続き石垣への入域客が増加するとみている。  入域客の内訳は国内が全方面でプラスとなり、前年同月比6.7%(3万4100人)増の54万4300人。国外は中国本土とその他海外客...
本文を読む

12年観光客71万2429人 5年ぶり対前年増

震災前10年の水準に回復
開港年、大幅増見込む
 2012年に八重山を旅行で訪れた観光客は71万2429人となり、東日本大震災のあった11年の66万523人から7.8%増加したことが県八重山事務所のまとめで分かった。対前年を上回るのは5年ぶり。ほぼ震災前年(72万5635人)の水準まで回復した。観光客が消費した額は前年比7.1%増の443億円と推計した。  13年の観光について同事務所は、新空港の開港に伴う格安航空会社の参入、新規路線の開設な...
本文を読む

2012年石垣空港乗降客161万4786人 6年ぶりに前年上回る

 石垣市空港課がまとめた石垣空港の2012年乗降客数は、161万4786人で前年比5.4%(8万3277人)増と6年ぶりに前年を上回った。東日本大震災前の10年に比べると、4.5%(7万8178人)下回っている。一般貨物は1万7587トンで同2.3%(396トン)増加。郵便物は389トンで同4.3%(17トン)上回った。  石垣空港の乗降客数は、八重山圏域への入域観光客を算出する基礎資料とな...
本文を読む

8月観光入域7万6152人 年間70万人台回復は確実

3月から6カ月連続増
 県八重山事務所がまとめた8月の八重山入域観光客数は7万6152人で、前年を6875人(9.92%)上回った。前年を上回るのは6カ月連続。台風の影響があったものの、空路、海路とも順調に伸びた。1~8月の累積は49万1928人と前年比で4万4058人(9.84%)伸びており、年間70万人台への回復はほぼ確実となっている。観光消費額は44億9000万円と推計される。  空路による入域は6万807...
本文を読む

入域観光客70万人目指す 新空港開港でPRも

宮平会長を再任
市観光協会総会
 (社)石垣市観光協会(宮平康弘会長、318人)は25日、市内のホテルで2012年度第49回通常総会を開いた。本年度が新石垣空港開港の年度ということもあり、開港に向け、県が重点市場と位置付けている台湾や中国、韓国、香港でのプロモーションなどを事業計画に盛り込み、「入域観光客70万人」を目標に掲げた。また、役員改選では宮平氏が会長に再任となった。  事業計画では、新石垣空港への国際便・チャータ...
本文を読む

昨年観光客66万人 目標を10万人下回る

 県八重山事務所は30日、2011年12月の入域観光客数は3万8874人(前年対比7.6%減)と発表した。これにより11年実績は66万510人で、八重山ビジターズビューローが設定した目標76万人を10万人下回る厳しい結果となった。  11年は10月を除く全月で前年を下回り、前年の72万5635人(から9%6万5125人)減となった。
本文を読む

900人の観光団来島 経済波及効果を期待

台湾企業が大規模ツアー
 900人規模の企業旅行ツアーが13日、スタークルーズ社のクルーズ船で八重山入りした。地元の観光関係者からは「大規模な観光団をいっぺんに受け入れる場合のシミュレーションになる」との声が聞かれた。  世界的な健康食品会社ハーバライフの台湾法人が社員らを対象に実施したもので、「インセンティブツアー(褒賞旅行)」と呼ばれる旅行。香港からの参加者も含まれている。11日と12日に沖縄本島を観光したあと、石...
本文を読む

石垣~那覇32%の大幅減少 日本大震災が影響

 日本トランスオーシャン航空(JTA)八重山支社はこのほど、4月の輸送実績を発表した。八重山関係路線では、石垣那覇便は3万8691人で前年同月比32.0%減の大幅な落ち込み。  東日本大震災の影響を受けたものとみられ、同支社では「観光需要が全体的に止まっているが、動き出すときに南(八重山)へと動くように今のうちから取り組みたい」としている。  本土直行便では東京直行便が9224人で同21....
本文を読む

石垣市特産品振興組合、設立以来初の赤字計上 観光客落ち込みで売り上げ減

客単価変わらず、集客強化へ
 石垣市公設市場(本店)と石垣空港店で特産品を販売する石垣市特産品振興協同組合(宮城龍二理事長、組合員37人)は、2010年度の売上高が1億9256万円と2億円台を割り、10年度決算で1999年11月の組合設立以来初の赤字(182万円)を計上したことが27日、分かった。商工会館で同日開かれた第12回通常総会で報告された。同組合によると、観光客数の落ち込みで買い物客は本店と空港店で前年度から約650...
本文を読む

竹富町観光協会、厳しい現状に決意も新た

昨年の観光客約6万人ダウン
 竹富町観光協会(会長・川満栄長町長)の2011年度通常総会が12日午後、石垣港離島ターミナル会議室で開催された。決算・予算案や事業計画案などが承認され、同協会では7月1日から9月30日まで、日本トランスオーシャン航空や琉球エアーコミューターと共催で「ピカリャー~スタンプラリーキャンペーン2011~」を展開する。  総会では川満町長が「2008年をピークに観光入域客の減少が続き、厳しい状況は...
本文を読む
キーワード検索フォーム