八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「西表島」の検索結果は以下のとおりです。

世界自然遺産 保全管理で連携協定

世界自然遺産の保全や人材育成を推進する協定を結んだ玉城デニー知事(上段中央)=19日午前、県庁(県自然保護課提供)世界自然遺産の保全や人材育成を推進する協定を結んだ玉城デニー知事(上段中央)=19日午前、県庁(県自然保護課提供)
県や研究機関など7団体
 世界自然遺産となった西表島と沖縄島北部の保全管理や人材育成などの推進を図ろうと沖縄県や大学、研究機関などによる連携協定の締結が19日、オンラインで行われた。玉城デニー知事は「貴重な固有種が数多く生息する自然環境が豊かな地域。生物多様性に関する価値が認められ登録されたことは大変喜ばしい。この自然環境を将来にわたって保全することが沖縄県の使命。協定により各機関との連携を一層深め、調査研究や人材育成...
本文を読む

ヤマネコ交通事故死 世界自然遺産登録後2件目

事故死したイリオモテヤマネコの幼獣(西表野生生物保護センター提供)事故死したイリオモテヤマネコの幼獣(西表野生生物保護センター提供)
西表島東部
 【西表】15日午後9時10分頃、西表島東部の美原集落付近の県道上で、交通事故で死んだ国の特別天然記念物のイリオモテヤマネコ(幼獣、雌雄不明)が確認された。ヤマネコの交通事故は今年に入り、7月28日に続き4件目。7月26日の同島の世界自然遺産登録後2件目。また、記録が残っている1978年以降96件目で、うち88件で死んでいる。  事故死した個体は、雌雄不明の幼獣で、体重800㌘、頭胴長35....
本文を読む

ヤマネコが事故死 世界自然遺産登録後初

ことし3件目のイリオモテヤマネコ交通事故死が発生した現場(赤丸部分)ことし3件目のイリオモテヤマネコ交通事故死が発生した現場(赤丸部分)
課題浮き彫りに
 西表島が世界自然遺産に登録された2日後の28日夜、国指定特別天然記念物イリオモテヤマネコの交通事故死が西表東部の野原崎展望台付近県道215号線上で発生した。登録に当たってユネスコが指摘するヤマネコなど絶滅危惧種の交通事故防止策の課題がさっそく浮き彫りになった。  ユネスコは今月26日、西表島の自然を「人類共通の財産」として世界遺産への登録を決定。日本に対し、絶滅危惧種の交通事故死を減少させ...
本文を読む

遺産の島でマナーを 路線バス2社

乗客にチラシを配布し適切な西表島観光の在り方を周知する=28日午前、南ぬ島石垣空港乗客にチラシを配布し適切な西表島観光の在り方を周知する=28日午前、南ぬ島石垣空港
観光客に早速周知
 国内で5件目の世界自然遺産に登録された西表島を訪れる観光客に対し、環境に配慮した観光と今秋に設立を目指す西表財団を周知するための活動が28日、南ぬ島石垣空港のバス停で行われた。  呼び掛けをしたのは西表島交通㈱(玉盛雅治代表取締役)、東運輸㈱(松原栄松代表取締役社長)の各バス会社。両社の担当者が、空港線の乗客に西表財団が担う役割や寄付金募集のチラシを配布。「責任ある観光」を心掛けるよう強調...
本文を読む

【号外】西表島 世界自然遺産登録

常緑照葉樹林が広がり豊かな生態系を育む西表島。国内5件目の世界自然遺産に登録された=6月11日常緑照葉樹林が広がり豊かな生態系を育む西表島。国内5件目の世界自然遺産に登録された=6月11日
ユネスコ 生物多様性を評価
 オンラインで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第44回世界遺産委員会は26日、日本が推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄北部及び西表島」(鹿児島、沖縄両県)を世界自然遺産に登録することを正式に決めた。島の成り立ちを反映した独自の生物進化を背景とし、国際的にも希少な固有種に代表される「生物多様性」の保全上重要な地域であることが評価された。国内の自然遺産は屋久島(鹿児島県)、白神山地(青森、秋...
本文を読む

西表島、きょう決定へ 沖縄・奄美 世界自然遺産登録

西表島の世界自然遺産登録が26日にも正式決定する予定。写真はマングローブ林がアーチ状になり幻想的な世界をつくりだすクーラ川=5月15日、西表島西表島の世界自然遺産登録が26日にも正式決定する予定。写真はマングローブ林がアーチ状になり幻想的な世界をつくりだすクーラ川=5月15日、西表島
ユネスコ委員会
 西表島を含む沖縄・奄美の世界自然遺産登録が26日にも正式に決まる見通しだ。開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)第44回世界遺産員会で審査予定。日本政府が再推薦した「奄美大島・徳之島・沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄)は、ユネスコの諮問機関がことし5月に「遺産の登録は適当」と勧告。登録が決まれば国内の世界自然遺産は5件目になる。  世界遺産委は、世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影...
本文を読む

世界遺産委、きょう開幕 「奄美・沖縄」など審査

西表島の世界自然遺産登録の適否を決めるユネスコ世界遺産委員会が16日に開幕する=6月10日、仲間川西表島の世界自然遺産登録の適否を決めるユネスコ世界遺産委員会が16日に開幕する=6月10日、仲間川
ユネスコ
 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第44回世界遺産委員会が16日、オンライン形式で開幕する。31日までの日程。日本政府が自然遺産に推薦している「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄両県)は26日、文化遺産推薦の「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田各県)は27日にそれぞれ登録審査が行われる予定。  ユネスコの諮問機関はいずれの候補地についても「登録は適...
本文を読む

観光客、現水準か削減を 総量増が普遍的価値の脅威に

IUCNは西表島のオーバーツーリズムを懸念。観光入域客をコントロールする具体的な総量規制対策が求められている=10日、西表島ピナイサーラの滝IUCNは西表島のオーバーツーリズムを懸念。観光入域客をコントロールする具体的な総量規制対策が求められている=10日、西表島ピナイサーラの滝
IUCN、評価報告で勧告 世界自然遺産
 日本政府が世界自然遺産登録に向け推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」に対する国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会の諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)の評価報告が4日、ユネスコ世界遺産センターのホームページで公開された。JTEF西表島支部やまねこパトロールは、島に入る観光客数をコントロールするため主な対策案として打ち出された「混雑日カレンダー」について「十分とは言い難...
本文を読む

ドローンで地域おこし 西表東部地区

ドローンで島の産業発展や住民生活の向上に役立てようと設立した団体「IriomoteDroneProject」=3日夕、大原公民館ドローンで島の産業発展や住民生活の向上に役立てようと設立した団体「IriomoteDroneProject」=3日夕、大原公民館
住民らが運用団体設立 農業、防災など各分野で活用
 【西表】西表島で小型無人機(ドローン)を使用し住民生活の質を向上させようと西表東部地区の住民らが3日、ドローンを運用する団体「Iriomote Drone Project(イリオモテドローンプロジェクト)」(IDP、横目英寿会長)を設立した。ドローンの先端技術を駆使し、スマート農業や災害・防災、自然環境保全、観光プロモーション、土木測量など各分野で活動を展開していく。  「進化するICT技...
本文を読む

銘版復元に文字保存も 忘勿石修復期成会

大富地区の住民へ事業説明をする内原勲会長=14日夜、大富公民館大富地区の住民へ事業説明をする内原勲会長=14日夜、大富公民館
計画案提示 郷友会再結成も要望
 【西表】2019年9月の台風18号で破損した忘勿石之碑(西表島南風見田海岸)の修復に向け、忘勿石之碑修復・波照間島戦争マラリア犠牲者戦没者慰霊之碑建立期成会(内原勲会長)は14日夜、大富公民館で住民説明会を開催した。石碑表面の銘版復元や識名信升校長(故人)が海岸の砂岩に彫った文字の保存など西表島での整備事業計画案を明らかにした。内原会長は、消滅した西表東部在波照間郷友会の再結成を住民らに要望、...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム