八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「西表島」の検索結果は以下のとおりです。

ドローンで地域おこし 西表東部地区

ドローンで島の産業発展や住民生活の向上に役立てようと設立した団体「IriomoteDroneProject」=3日夕、大原公民館ドローンで島の産業発展や住民生活の向上に役立てようと設立した団体「IriomoteDroneProject」=3日夕、大原公民館
住民らが運用団体設立 農業、防災など各分野で活用
 【西表】西表島で小型無人機(ドローン)を使用し住民生活の質を向上させようと西表東部地区の住民らが3日、ドローンを運用する団体「Iriomote Drone Project(イリオモテドローンプロジェクト)」(IDP、横目英寿会長)を設立した。ドローンの先端技術を駆使し、スマート農業や災害・防災、自然環境保全、観光プロモーション、土木測量など各分野で活動を展開していく。  「進化するICT技...
本文を読む

銘版復元に文字保存も 忘勿石修復期成会

大富地区の住民へ事業説明をする内原勲会長=14日夜、大富公民館大富地区の住民へ事業説明をする内原勲会長=14日夜、大富公民館
計画案提示 郷友会再結成も要望
 【西表】2019年9月の台風18号で破損した忘勿石之碑(西表島南風見田海岸)の修復に向け、忘勿石之碑修復・波照間島戦争マラリア犠牲者戦没者慰霊之碑建立期成会(内原勲会長)は14日夜、大富公民館で住民説明会を開催した。石碑表面の銘版復元や識名信升校長(故人)が海岸の砂岩に彫った文字の保存など西表島での整備事業計画案を明らかにした。内原会長は、消滅した西表東部在波照間郷友会の再結成を住民らに要望、...
本文を読む

西表島西部 20日始業に複雑な心境

新型コロナウイルスの感染者が17人出ている中、20日に小中学校が2学期始業式を迎える西表西部地区=5日、西表島上原新型コロナウイルスの感染者が17人出ている中、20日に小中学校が2学期始業式を迎える西表西部地区=5日、西表島上原
小中学校 保護者に賛否の声
 新型コロナウイルス感染者が18日までに17人確認されている西表島西部地区の小中学校では20日、町内各校と同じように2学期の始業式を迎える。同地区では3家族で家庭内感染も起きていることから、学校側は校内感染を防ぐため対策に余念がない。保護者からは「住民同士が疑心暗鬼の中、始業式を迎えていいのか」「家から一歩も出られずにストレスを抱えている子どものことを考えると、学校の存在は大きい」などと賛否の声...
本文を読む

新型コロナ 西表で男性3人陽性 BBQ参加者、無症状

36653.jpg
島で感染者6人
 八重山地域新型コロナウイルス感染症対策本部は7日、新たに西表島在住の男性3人が感染したと発表した。いずれも7月27日のバーベキュー(BBQ)参加者で、西表島での感染者は計6人となった。3人は無症状。同日午後、石垣海上保安部の警備艇で石垣島に移送され、県立八重山病院に入院した。八重山保健所は、5日に家庭内感染が分かった西表在住の10代学生と竹富町職員50代男性に加え、3人の濃厚接触者を特定し、同...
本文を読む

西表で新たに2人確認 初の家庭内感染

西表島での新型コロナ感染経路西表島での新型コロナ感染経路
濃厚接触者の検体採取へ 町「外出自粛を」
 【西表】八重山地域新型コロナウイルス感染症対策本部は6日、西表島で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2人は、4日に感染が判明した西表在住会社員の10代男性(八重山管内累計21例目)の家族で、弟の10代学生(同22例目)と父親で竹富町職員の50代男性(同23例目)。家庭内感染は八重山で初めて。町は7日から2人の濃厚接触者を洗い出し、県立八重山病院協力のもと週明けに濃厚接触疑い者...
本文を読む

西表製糖 工場宿舎の建設着工 国の働き方改革対応へ

季節工宿舎の完成イメージ。大和リース㈱作成季節工宿舎の完成イメージ。大和リース㈱作成
工期は来年2月28日
 【西表島】竹富町は28日午後、西表南風見で西表製糖工場宿舎等整備事業の起工式を行い、西表製糖㈱の季節工宿舎の工事が着工した。同事業は季節労働者等の宿泊施設整備の支援を行うことで、製糖業の効率化、持続的な操業体制確立などが目的。国が進める働き方改革に対応するため、工場労働者の3交代制なども実現させる。工期は来年2月28日まで。  同事業は内閣府の沖縄製糖業体制強化対策事業を活用。造成工事など...
本文を読む

環境省 西表島でオオヒキガエル 3年ぶりに発見・捕獲

約3年ぶりに西表島内で目撃されたオオヒキガエル。その後、捕獲された=6月9日、上原港駐車場(目撃者提供)約3年ぶりに西表島内で目撃されたオオヒキガエル。その後、捕獲された=6月9日、上原港駐車場(目撃者提供)
特定外来生物
 「外来生物を見つけたら通報を」。西表島で特定外来生物のオオヒキガエルがこのほど3年ぶりに発見・捕獲され、環境省西表自然保護官事務所が21日から西表野生生物保護センターで生体を展示し、外来生物に対する理解と目撃した場合の通報協力を求めていくことにしている。  上原港近くの駐車場で6月9日、住民が1個体を目撃、同11日に同事務所に写真とともに情報提供した。同事務所は11日以降、目撃地点付近の監...
本文を読む

民間委託で救急業務開始 西表島西部地区

1日から西表西部地区で救急救命業務に当たっている日本救急システムの救急救命士ら。(右から)島伶弥さん、長谷川瑛一部長、鈴岡克文部長補佐、池宮城和哉さん=1日午前、祖納1日から西表西部地区で救急救命業務に当たっている日本救急システムの救急救命士ら。(右から)島伶弥さん、長谷川瑛一部長、鈴岡克文部長補佐、池宮城和哉さん=1日午前、祖納
竹富町が県内自治体初
 【西表】県内自治体として初の民間委託による救急救命業務が1日、西表島西部地区で始まった。受託先の日本救急システム㈱(JEMS、本社・宮崎県)沖縄支社竹富救急事業部が祖納集落の救急救命士詰め所を拠点に活動を展開する。2020年度は救急救命士4人を配置し、3人体制で平日午前8時半〜午後5時半まで業務にあたる。事業部の長谷川瑛一部長は「消防団員の負担軽減、住民の暮らしを守り、観光客が安心して来島でき...
本文を読む

環境省 西表島入域料徴収を検討

制度的な位置付け制度的な位置付け
原則的に観光客負担 自然環境保全に充当
 【西表】環境省は、西表石垣国立公園の西表島へ入島する観光客から「入域料の徴収」を検討している。入域料は、国立公園の自然環境を保全するため活動資金に充てる計画。制度として、支払いに強制力がある「税金(法定外目的税)」と強制力のない「協力金」のどちらかを検討する。環境省は住民らとの勉強会で意見を吸い上げ、竹富町や総務省と調整を重ね方針を固めたい考え。入域料導入が実現した場合、管理運営を担う財団設立...
本文を読む

ヒナイエリア利用制限へ 竹富町

特定自然観光資源に指定し利用制限が検討されているヒナイ川=2019年6月29日特定自然観光資源に指定し利用制限が検討されているヒナイ川=2019年6月29日
「特定自然観光資源」指定で
 【西表】竹富町は自然体験ツアーで人気を集める西表島北部のヒナイエリア(ヒナイ川、西田川)に対し利用制限をかける方針だ。エコツーリズム推進法を活用した国内で前例のない「特定自然観光資源」のエリア指定を目指す。このほか、仲間川、北東部、浦内川、南西部、海岸の各エリアでも一定ルールの下でツアーが可能な自然観光資源の指定も行う。二つのエリアを除いた世界自然遺産登録推薦区域は、原則観光目的の利用はできな...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム