八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「八重山」の検索結果は以下のとおりです。

ウリ型が6割超と急増

与那国島馬鼻崎岩礁海岸の漂着ごみ=3月23日(山口晴幸氏提供)与那国島馬鼻崎岩礁海岸の漂着ごみ=3月23日(山口晴幸氏提供)
漂着ごみの中国製プラスチックブイ
 海岸漂着ごみで増加している中国製プラスチック製ブイのうちウリ型ブイが6割以上を占めていることが、八重山諸島で海洋漂着ごみを調べ続けている防衛大学校名誉教授・山口晴幸氏(75)の今春調査で分かった。この数年で中国製の大型プラスチックブイはウリ型に置き換わっており、今後も激増する可能性が高いという。材質がもろいため、マイクロプラスチック化を懸念する。  八重山の7島41海岸(総距離20・87㌔...
本文を読む

月間求人が過去最多 八重山公共職業安定所

求人数・求職者数の推移求人数・求職者数の推移
23年度 1・60倍、前年比0・13㌽上昇
 求職者1人当たり何件の求人があるかを示す、八重山公共職業安定所(外輪修三所長)管内の2023年度平均有効求人倍率は1・60倍と前年度より0・13㌽上昇、過去最高値だった19年の1・65倍に迫る倍率を記録した。月間有効求人数(月平均)は、1735人と過去最高だった22年度から12・2%(195人)の大幅増となった。管内の求人数は年々、増加しており、新型コロナの落ち込みで20年度の求人倍率は7年ぶ...
本文を読む

郡内高校で入学式

期待と不安を胸に入学を迎えた生徒たち=8日午後、八重山商工高校体育館期待と不安を胸に入学を迎えた生徒たち=8日午後、八重山商工高校体育館
新しい仲間と学校生活スタート
 郡内3高校と八重山特別支援学校の入学式が8日、各校で行われ、八重山高校219人、八重山商工高校144人、同定時制25人、八重山農林高校138人、八重山特別支援学校高等部14人の計540人が新1年生となった。生徒らは、不安と期待の入り交じった表情で、夢と希望を胸に抱きながら学び舎の門をくぐった。瑞穂MSC高校石垣島本校の入学式は、12日に行われる。  このうち、全日制と定時制合わせて169人...
本文を読む

八重山に一時津波警報 住民ら相次ぎ高台に避難

台湾東部沿岸を震源とする地震が発生し津波警報が発令された石垣島。石垣中学校の4階に避難する市民ら=3日午前9時半ごろ台湾東部沿岸を震源とする地震が発生し津波警報が発令された石垣島。石垣中学校の4階に避難する市民ら=3日午前9時半ごろ
与那国30㌢、石垣20㌢到達
 3日午前8時58分ごろ、台湾東部沿岸付近を震源とする地震があり、与那国島で震度4、石垣島と西表島(竹富町)で震度3を観測した。気象庁によると、沖縄本島と宮古・八重山地方に津波警報が発令され、午前9時14分に与那国島(久部良)で30㌢、同9時32分石垣島(石垣港)で20㌢の津波が到達した。震源の深さは23㌔、地震の規模(マグニチュード=M)は7・7と推定される。石垣市では避難中の70代男性が呼吸...
本文を読む

海びらきだ! 夏日だ! 南ぬ浜町人工ビーチ

八重山の海びらきでテープカットと同時に、海上の果物を集めに海へ入る子どもたち=16日午前、南ぬ浜町海浜緑地(人工ビーチ)八重山の海びらきでテープカットと同時に、海上の果物を集めに海へ入る子どもたち=16日午前、南ぬ浜町海浜緑地(人工ビーチ)
1200人がイベント楽しむ ミニライブ、勇壮な演舞など
 全国で一足早く夏の到来を告げる「日本最南端!八重山の海びらき2024in石垣島」(八重山ビジターズビューロー主催)が16日、石垣市の南ぬ浜町海浜緑地(人工ビーチ)で開催された。イベントには地元の子どもたちや観光客ら約1200人(主催者発表)が集まり、初泳ぎを楽しんだ。(3面に写真特集)  午前8時半、石垣幸子神司や関係者らが海に向かって海びらき祈願を行い、オープニングで八重山農林高校郷土芸...
本文を読む

運用・整備方針で骨子 特定重要拠点

政府は空港・港湾の自衛隊・海上保安庁による利用イメージ、民生利用イメージなどを示している政府は空港・港湾の自衛隊・海上保安庁による利用イメージ、民生利用イメージなどを示している
八重山は5カ所候補
 政府は安全保障上、総合的な防衛体制を強化するための公共インフラ整備として、「特定利用空港・港湾(特定重要拠点)」の運用・整備方針の骨子をまとめた。国土交通省・防衛省は、必要性が高い空港や港湾といったインフラ施設を管理する自治体と「円滑な利用に関する枠組み」を設けて調整を行う。八重山では、新石垣空港・石垣港(石垣市)、波照間空港(竹富町)、与那国空港・比川港(新設)(与那国町)の5カ所が候補に挙...
本文を読む

異業種の連携強化を SDGsシンポ

「やいまの農業のこれから~持続的島づくりに向けて」をテーマに行われた講演=2日午前、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート「やいまの農業のこれから~持続的島づくりに向けて」をテーマに行われた講演=2日午前、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
参加者が活動報告や講演
 八重山で持続可能な事業に挑戦している多様な事業者・団体らが一堂に会してプラットホームづくりを目指す「第3回やいまSDGsシンポジウム~みんなで奏でる島のリズム~」(同実行委員会主催、カープレミア・ローカルSDGs推進支援機構共催)が2日、石垣市内ホテルで行われた。参加者は舞台での報告や講演、会場でのワークショップや展示販売などを通して異業種間の連携強化の重要性を確認した。  開会式では実行...
本文を読む

地域づくり 役割考える 県公民館研究大会

県公民館研究大会に参加した県内各地区の公民館代表者ら=17日午前、市民会館大ホール県公民館研究大会に参加した県内各地区の公民館代表者ら=17日午前、市民会館大ホール
八重山開催に300人 船浮地区の池田卓氏講演
 「誰もが集い、活躍し、飛躍できる魅力ある公民館活動」をテーマに、第53回沖縄県公民館研究大会八重山大会(県公民館連絡協議会など主催)が17日、石垣市民会館などで開催された。6年ぶりとなる八重山大会には県内26市町村の公民館関係者ら300人以上が参加し、日頃の実践発表や討議を通して、公民館が果たすべき役割や活動の方向性などを考えた。全体会では公民館活動の振興、発展に尽力した4自治公民館3個人を表...
本文を読む

特産品が一堂に 八重山の産業まつり

多くの人でにぎわった八重山の産業まつり=9日午後、石垣市中央運動公園屋内練習場多くの人でにぎわった八重山の産業まつり=9日午後、石垣市中央運動公園屋内練習場
多くの買い物客でにぎわう
 八重山の特産品が一堂に集う「八重山の産業まつり」(八重山地区商工会広域連携協議会主催)が8、9の2日間、石垣市中央運動公園屋内練習場で開催された。祭りは「八重山の魅力再発見!」をスローガンに掲げ、八重山3市町で生産された商品が勢ぞろい。会場での販売や展示を通じて特産品を内外にアピールした。今回は物販32、飲食4のブースのほかキッチンカー3台も参加するなど過去最多の出店数となったほか、福島物産展...
本文を読む

ゼロマラリア賞を授与 特定非営利活動法人

多くの関係者が集まり祝福した第10回ゼロマラリア賞授与式=伊野田農村公園広場多くの関係者が集まり祝福した第10回ゼロマラリア賞授与式=伊野田農村公園広場
達成の碑建立期成会に表彰状
 2030年までにゼロマラリアを達成するという国際社会の目標に寄与する活動に取り組む個人・団体を表彰する特定非営利活動法人マラリア・ノーモア・ジャパン(神余隆博理事長、東京都千代田区)の第10回ゼロマラリア賞授与式が20日、伊野田公民館隣の農村公園広場内で行われ、同法人の長島美紀理事から八重山ゼロマラリア達成の碑建立期成会(仲原清正会長)へ表彰状が手渡された。仲原会長は「これからもゼロマラリア賞...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム