八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石川県から故郷に避難 能登地震

被災したときの状況を語る神谷政昭さん=20日午前、八重山毎日新聞社

被災したときの状況を語る神谷政昭さん=20日午前、八重山毎日新聞社

集積場に搬入された災害廃棄物。地震の発生時刻の前後で止まった時計もあった=15日午後、石川県七尾市
(時事通信社)

眠れぬ日々、石垣市出身の神谷さん

 元日の石川県能登半島地震で、石垣市大川出身でプロバスケットボールチームトレーナーの神谷政昭さん(51)は七尾市石崎町にある自宅アパートで被災した。七尾市は震度6強を観測。経験したことのない揺れだった。多くの家屋が損壊し、道路はでこぼこに。直後からの断水と余震が続く。17日にふるさとへ避難してきたが、眠れない日々を送っている。

 七尾市は能登半島中央部にあり、富山湾と七尾湾に面する人口4万8000人余りのまち。神谷さんは昨年7月、チームへの就職で同市に移り住んだ。当初は近くの寮で過ごし、選手が入寮するため同年12月27日にアパートに引っ越したばかり。年末年始は帰省するつもりだったが、引っ越しの急な出費で断念していた。

 1日は自室でくつろいでいた。午後4時10分ごろ、「正月なので今から飲もうかな」と思っていたとき、突き上げるような揺れに襲われた。横に縦に大きく動く。両手を壁にあてて耐えた。冷蔵庫の上にあった電子レンジが落ち、棚も倒れた。

 津波警報のアラームが鳴る。避難しようと車に乗ったが、すでに渋滞。車を自宅に置き、高台にある避難先の和倉小学校に向かった。道路や歩道はひび割れていた。水道か下水かの管が地上に飛び出していた。築年数の古い木造住宅が数多く倒壊した。石川県のまとめによると、七尾市では16日現在、6775棟が被害を受けている。

 避難先の小学校は人であふれていた。近くには北陸有数の和倉温泉があるため、観光客が多かった。旅館が布団や段ボールを提供してくれたが、限りがあるため子どもやお年寄りに優先配布された。暖房はあったが、寒さはしのげない。

 津波注意報に変わった2日朝にはアパートに戻った。3日には金沢市にある監督の家に避難したが、プライベートを確保できないため2日後にはまたアパートへ。水と食料はあったが、緊急地震速報を伝える携帯電話の警報音が何度も鳴り、元日の恐怖がフラッシュバック。1日1~2時間しか眠れず、心身の疲れは限界に達し、14日に沖縄本島へ、17日に島へと戻ってきた。

 「自分だけ逃げていいのか」と罪悪感も感じたが、「帰れるところがある人は帰ったほうがよい」と判断した。被害の状況は目に焼き付いているが、写真には収めていない。「なんか失礼というか、あまりにもひどかったので撮る気になれなかった」。

 断水復旧のめどもたっておらず、七尾市には当分、住めないと思っている。1月末ごろに引っ越しの準備のため戻るが、仕事への復帰の見通しもたっておらず、この先の生活がどうなるか不安が募る。

 「七尾市に知り合いもたくさんいる。だいぶ時間はかかると思うが、一日も早く復旧復興してほしい。特に断水の復旧を」と願い、「地震・津波はいつ来るか分からない。防災グッズと水は準備したほうがよい。物資はいっぱい届いているので、できれば義援金を」と呼びかける。

  • タグ: 能登地震避難
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム