八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

建設現場から赤土流出 防止対策内容、変更か

造成工事現場から赤土混じりの泥水流出が確認された=11日、平得大俣(基地いらないチーム石垣提供)造成工事現場から赤土混じりの泥水流出が確認された=11日、平得大俣(基地いらないチーム石垣提供)
陸自駐屯地
 平得大俣の陸上自衛隊駐屯地建設予定地の造成現場周辺で11日から18日にかけ、赤土の流出が確認された。赤土流出防止対策が事業行為通知書とは異なる方法で進められていたことが分かった。  石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会によると、11日ごろから同現場の大里農道側出入り口周辺で赤土混じりの泥水が流出。降雨が続いた18日まで現場から市有地を通り、民有地側へと流れているのが確認された。  ...
本文を読む

「市有地、契約更新せず」 長浜氏、砥板氏支持で協定

政策協定書を手にする砥板芳行氏(右)と長浜信夫氏=20日午後、次呂久県議事務所政策協定書を手にする砥板芳行氏(右)と長浜信夫氏=20日午後、次呂久県議事務所
陸自用地
 石垣市長選で野党市議の長浜信夫氏は20日、保革4団体擁立の砥板芳行氏(52)を支持すると明らかにした。砥板氏と政策協定書を締結した後、そろって会見した。協定書には▽陸自配備予定地内で賃貸借契約を結んでいる市有地について更新しない▽住民投票条項が全部削除された自治基本条例を再提案する―との内容を盛り込んだ。  砥板氏は「協定締結に感謝している」と述べ、今回の協定を担保の一つとして「ゆがふ」の...
本文を読む

革新勢力 岐路に 石垣市長選、候補一本化か分裂か

38138.jpg
割れれば現職有利な情勢に
 石垣市長選(2月20日告示、同27日投開票)は、現職対抗勢力に複数出馬する可能性が高く、一本化か決裂かの岐路に立っている。現職に挑戦する側が分裂したことはあるものの当選した例は過去にない。現職に有利な状況ができつつある。 前回は保守    2018年市長選では保守が分裂した。現職の中山義隆氏と革新の宮良操氏との一騎打ちとみられた争いに、反中山の保守勢力から出馬要請を受け自民党県議の砂川...
本文を読む

現職に新人3人か 市長選、告示まで1カ月

38137.jpg
陸自配備、市政運営問う
 石垣市長選(2月27日投開票)は2月20日の告示まで1カ月となった。保革4団体擁立の保守系市議砥板芳行氏(52)、自民党の推す現職3期目中山義隆氏(54)に加え、革新系市議の内原英聡氏(37)が23日に出馬表明会見を行う予定となっており、現段階では現職に保革共闘、革新単独が挑む構図。さらに農業生産法人代表の金城利憲氏(67)も中山氏の4選に反対して出馬の準備を進めており、現職対抗勢力に“乱立”...
本文を読む

島内産塩辛、消滅の危機 原料不足「作れない」

50年以上にわたり島民に親しまれてきた長浜水産の塩辛=18日午後、長浜水産50年以上にわたり島民に親しまれてきた長浜水産の塩辛=18日午後、長浜水産
浜水産長期休業
 石垣島内で唯一、塩辛を生産している長浜水産(長濵健弘代表)=新川=が2021年12月末から長期の休業に入った。原料となるカツオの内臓や腹皮の不足、いか、たこの仕入れ価格高騰などが要因となり「これまで通りの供給が難しい」と判断、再開は早くても来年以降を見込んでいる。食卓やお酒の場で50年以上親しまれてきた島内産の塩辛がことし1年、市場に流通しなくなる。 ■コロナ、不漁、原油高騰  長浜水...
本文を読む

2022年が始まり、八重山漁協やJA石垣牛…

 2022年が始まり、八重山漁協やJA石垣牛、八重山・黒島家畜市場で初セリが行われ、郡内の第1次産業が動きだした▼なかでも11日から2日間、行われた家畜市場のセリでは、子牛を中心に915頭、総額6億893万円の取引が成立、子牛の平均価格が1頭当たり70万円(税込み)に迫る幸先良いスタートを切った▼子牛の最高価格は、黒島で雄(去勢)子牛としては県内最高の220万2200円(税込み)、八重山で165...
本文を読む

3回目集団接種開始

3回目のワクチン集団接種が始まった。市は85歳以上、65歳以上、64歳以下と順次計画している=18日午後、市健康福祉センター3回目のワクチン集団接種が始まった。市は85歳以上、65歳以上、64歳以下と順次計画している=18日午後、市健康福祉センター
市、高齢者先行で順次計画
 石垣市は18日、3回目(追加接種)となる新型コロナウイルスワクチンの集団接種を開始した。数え年で85歳以上の高齢者を先行し、2月1日に65歳以上、3月1日から64歳以下の接種を順次計画する。市はワクチン確保のめどが立ち次第、64歳以下やエッセンシャルワーカーへの接種日程を前倒ししていく。  この日、市健康福祉センターで85歳以上の高齢者を対象とした追加接種が始まった。3日間の日程で行い18...
本文を読む

新川団地3号棟着工へ 沖縄県

県営新川団地3号棟整備に向け、旧・施設の解体作業が終了。奥に見えるのは1、2号棟=15日午前、新川県営新川団地3号棟整備に向け、旧・施設の解体作業が終了。奥に見えるのは1、2号棟=15日午前、新川
入札不落、2月に再調整
 県営新川団地建て替え工事で県は22年度に3号棟(第3期)、24年度に4号棟(第4期)の完成を目指し、着工に向け入札などの準備を進めている。3号棟は年末に入札が不落となったが、2度目の入札を2月実施で調整中。最終的に1~4号棟で320戸整備して、県営真喜良団地(108戸)も新川団地に集約する。  県営新川団地は1~3号棟まで、既存の同団地を建て替えて建設。4号棟は市が建設中の新・市営新川団地...
本文を読む

管内新規33人確認 与那国で第6波初

八重山管内感染状況八重山管内感染状況
県、旧正月向け注意喚起
 八重山保健所は18日、管内で男女33人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。今年に入っての一日の新規感染者数としては、8日発表の37人に次ぐ2番目の多さとなった。管内では年末から感染者が相次いでおり、1月の確定患者数は310人、累計は1968人となった。県の糸数公医療技監は「2月は旧正月がある。高齢者と接するときは特に慎重にしてほしい」と呼び掛けている。  今回、陽性が判明したのは...
本文を読む

内原氏、出馬の意向 市長選、23日に正式表明

内 原 英 聡 氏内 原 英 聡 氏
 石垣市長選(2月20日告示、同27日投開票)で、砥板芳行氏擁立決定に反発していた市議会野党会派「ゆがふ」の内原英聡氏(37)が17日までに出馬の意向を固めた。自宅で取材に応じ、「市政に対する信頼を取り戻すために決意した」と語った。23日に会見して正式に表明する予定だ。保革4団体擁立の保守系市議の砥板氏(52)、自民党の推す現職3期目の中山義隆氏(54)は16日に事務所開きを行っており、「保守」...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム