八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

これ以上耐えられない 飲食以外から悲鳴

不要不急の外出要請などを求める県独自の緊急事態宣言初日。美崎町は人影もまばらだった=20日午後8時半ごろ不要不急の外出要請などを求める県独自の緊急事態宣言初日。美崎町は人影もまばらだった=20日午後8時半ごろ
県緊急事態宣言 22日からは時短要請
 県独自の緊急事態宣言期間が20日、始まった。2月7日までの19日間、県内全域で不要不急の外出・往来自粛が求められており、22日からは飲食店を対象に午後8時までの時短要請も行われる。時短要請の対象地域が石垣市など7市から全域に拡大され、店舗ごとに協力金が支給されるようになった。竹富、与那国両町の飲食店からは安堵の声が漏れる一方、飲食以外の業種は不安を募らせている。(9面に関連)  小浜島で飲...
本文を読む

バイオトイレ試験運用 分解、コストなど検証

仮設型のバイオトイレを2基設置。事業を運営する関係者ら=20日午後、西表島マーレー駐車場仮設型のバイオトイレを2基設置。事業を運営する関係者ら=20日午後、西表島マーレー駐車場
西表島エコツーリズム推進協
 【西表】自然体験ツアーのコース上で発生するトイレ問題を解消しようと、西表島エコツーリズム推進協議会(事務局・竹富町)が人気の高い「ピナイサーラの滝(世界自然遺産推薦地)」へ向かうマーレー駐車場で先月5日からバイオトイレの試験的な運用を行っている。自然環境の保全と維持管理体制の構築を図るため、運用の可否を検証する。    トイレは、1日当たり使用可能人数40人分と20人分をそれ...
本文を読む

新型コロナウイルス感染拡大で県内の医療体制…

 新型コロナウイルス感染拡大で県内の医療体制が逼迫(ひっぱく)しているのを受け、県は19日、緊急事態宣言を発令した。昨年4月、7月に続き3度目の発令だ▼2月7日までの期間中、県民に不要不急の外出自粛を求めたほか、県内すべての飲食店などに午後8時までの営業時間短縮を要請した。22日から全期間協力してくれた事業者には店舗ごとに1日4万円、一律68万円の協力金を支給する。酒類の提供は午後7時までとなる...
本文を読む

沖縄県 緊急事態宣言を発令 2月7日まで

県独自の緊急事態宣言を発令する玉城デニー知事=19日、県庁県独自の緊急事態宣言を発令する玉城デニー知事=19日、県庁
不要不急の外出自粛 飲食店、午後8時の時短
 【那覇】新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないため県は19日、独自の緊急事態宣言を発令した。県民や事業者、来訪者に対する不要不急の外出自粛を要請、特に午後8時以降は徹底するよう求めた。石垣市を含む7市の飲食店と遊興施設に出している営業時間短縮要請を県内全域に拡大し、2時間前倒しの午後8時とする。酒類の提供は午後7時までに短縮する。県独自の宣言発令は昨年4月と7月に続き3度目。(8、9...
本文を読む

幅広い業種の支援を 「事業・雇用継続できない」

3市町商工会に危機感
 県独自の緊急事態宣言では時短営業に対する協力金の対象が飲食業のみとなっているため、八重山3市町商工会からは「宣言はやむを得ないが、すでに首都圏への国の緊急事態宣言で人が来なくなっている。影響は飲食業だけではない。卸し業者や小売業など他の業種はどうなるか」などと危機感を募らせ、幅広い業種への支援を訴える声が相次いだ。  石垣市商工会の下地寛正会長代行は「首都圏への緊急事態宣言ですでに人が来な...
本文を読む

きょう大寒 カンヒザクラも開花

寒さが緩み開花が始まったカンヒザクラ=市内宮良橋バス停付近寒さが緩み開花が始まったカンヒザクラ=市内宮良橋バス停付近
 きょう20日は、一年で寒さが最も厳しくなるころとされる二十四節気の一つ「大寒」。  石垣島地方気象台によると東の風がやや強く曇りの天気となるが朝から昼すぎにかけては晴れる見込み。  石垣島地方、与那国島地方とも最低気温は18度、最高気温は24度と暖かい陽気になりそうだ。  19日は、石垣市登野城で最低気温14・7度を記録したほか各観測点で最も寒い時期を下回る気温を記録した。  ...
本文を読む

暮らし、経済に暗い影 コロナ解雇急増

観光客でにぎわいを見せていたころのユーグレナモール(2018年5月18日)観光客でにぎわいを見せていたころのユーグレナモール(2018年5月18日)
雇調金期間延長訴えも
 持ち直しかけた八重山の経済が年末からのGoToトラベル一時中止によって再び苦境に立たされている。石垣市は7日から不要不急の外出自粛を市民に求め、県は12日から、午後10時から午前5時までは営業しない営業時間短縮要請を飲食店などに行った。街から観光客は消え、土産店は閑散とし、夜の繁華街へ繰り出す市民もまばらで島の暮らしに大きな影を落としている。一方で雇用を守るための国の雇用調整助成金は2月で終了...
本文を読む

竹富町島々応援クーポン券 利用期限を延長

利用期限が延長された竹富町島々応援クーポン券(イメージ画像)利用期限が延長された竹富町島々応援クーポン券(イメージ画像)
来月28日まで 町内経済の活性化図る
 竹富町は18日、町内限定で使える「竹富町島々応援クーポン券」の利用期限を来月28日まで延長すると発表した。利用期限は、今月31日までだったが、沖縄県が来月7日まで離島間の往来を最小限にとどめるよう県民へ要請していることから、利用の鈍化を予想。31日以降も使えるようにし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込む町内経済の活性化を図る。  事業を受託する竹富町観光協会によると、1枚1000円...
本文を読む

市内のコロナウイルス感染拡大が止まらない

 市内のコロナウイルス感染拡大が止まらない。感染経路が不明な事例も多く、市中感染の不安が広がる。ついに児童、教職員に及んで学級閉鎖、休校措置もとられた▼市民に不要不急の外出自粛を呼び掛けているさなかである。石垣市民会館で「尖閣諸島と日本人」をテーマとした領土・主権展示館地方巡回展が開催され、内閣官房の担当者や中山市長が多くの市民の来場を呼び掛けた。国主催とはいえ、強い違和感を覚えた▼折しも県立八...
本文を読む

新型コロナ 12月下旬以降、急増 

新型コロナウイルスの感染者の構成新型コロナウイルスの感染者の構成
医療関係者「かつてない規模」 市中感染拡大に警鐘
 石垣市内での新型コロナウイルスの感染者数が昨年12月下旬以降、急増している。同23日~1月15日までに80人の感染が確認された。県八重山保健所が発表する日別感染者数は1日当たり平均3・3人、多い日は8人に上り、15日発表分までの直近1週間の陽性判明者数は22人前後と高水準で推移。年齢構成は40~70代が計57人と全体の7割を占め、中高年に感染が拡大している。感染経路は調査中・不明が約6割。医療...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム