八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「自衛隊」の検索結果は以下のとおりです。

西側6.8㌶で測量開始

石垣駐屯地拡張に向け、測量のために打ち込まれた木製杭=19日午後、石垣市平得大俣石垣駐屯地拡張に向け、測量のために打ち込まれた木製杭=19日午後、石垣市平得大俣
沖縄防衛局 市有地も候補に
 陸上自衛隊石垣駐屯地の西側への拡張計画を巡り、防衛省沖縄防衛局が今月中旬から民有地と石垣市有地を合わせた約6万8000平方㍍で測量を行っていることが分かった。これまでは民有地のみを取得する方針だったが、市有地も候補に挙げている。今後、測量で取得面積を、補償物件調査で価格をそれぞれ確定して地権者との交渉に入る。2024年度内の用地取得を目指す。訓練で使用する計画だ。  同局によると、測量の調...
本文を読む

陸自石垣が初の公道訓練

八重山防衛協会の会員らの激励を受け、駐屯地向け出発する隊員ら=24日午前9時ごろ、石垣市中央運動公園屋内練習場八重山防衛協会の会員らの激励を受け、駐屯地向け出発する隊員ら=24日午前9時ごろ、石垣市中央運動公園屋内練習場
災害想定し徒歩で物資輸送
陸上自衛隊石垣駐屯地は24日、道路寸断などの災害を想定した徒歩行進による物資輸送訓練を実施した。29人の隊員が各14㌔の支援物資を背負って駐屯地から約8㌔を歩き、避難所に見立てた石垣市中央運動公園屋内練習場に届ける訓練を行った。昨年3月の駐屯地開設後、公道を使った徒歩行進は初めて。屋内練習場の使用は市と調整して決めた。  訓練には29人のほか誘導員・救護員10人、車両3台も参加した。隊員は戦...
本文を読む

進む自衛隊機能強化 石垣駐屯地、開設から1年

陸上自衛隊石垣駐屯地は16日で開設から1年を迎えた。いまなお建物の建設が続く=13日午後、石垣市平得大俣陸上自衛隊石垣駐屯地は16日で開設から1年を迎えた。いまなお建物の建設が続く=13日午後、石垣市平得大俣
「抑止力効果」に懐疑的意見も
 陸上自衛隊石垣駐屯地が16日、石垣市平得大俣地区での開設から1年を迎えた。この間、米軍艦船が2度石垣港に入港し、自衛隊と米軍の共同訓練も行われ、自衛隊と米軍の一体化を強く印象付けた。防衛省は、駐屯地の敷地を拡張するため新年度に民有地を取得する方針だ。一方で「有事」の際の住民の島外避難計画や地下避難シェルター計画が議論を呼び、自衛隊配備に伴う「抑止力効果」に懐疑的な意見もある。(8面に関連、9面...
本文を読む

石垣に陸自オスプレイ 日米共同訓練

沖縄県が自粛を求める中、民間空港に飛来した陸自オスプレイ=19日午後、新石垣空港沖縄県が自粛を求める中、民間空港に飛来した陸自オスプレイ=19日午後、新石垣空港
沖縄初、県が自粛求める中 空港で1機離着陸 
24日に本格実施か
 離島防衛を想定した日米共同訓練「レゾリュート・ドラゴン(RD)」の一環で陸上自衛隊の輸送機V22オスプレイ1機が19日、新石垣空港に飛来した。陸自と米軍が負傷者の搬送手順を確認した。陸自オスプレイが沖縄県内の空港を使用するのは初めて。空港の設置・管理者の県がオスプレイの使用自粛を求める中での強行となった。陸自オスプレイは24日にも同空港の使用を予定、本格的な訓練は同日に行うとみられる。 ...
本文を読む

「住民無視」と反発 波照間空港問題

「有事」を想定した波照間空港の滑走路延長案が浮上し、住民の間で不安や懸念が高まっている=2019年12月、波照間島「有事」を想定した波照間空港の滑走路延長案が浮上し、住民の間で不安や懸念が高まっている=2019年12月、波照間島
空路再開で理解示す声も 自衛隊利用「事前説明」を
 竹富町波照間島の波照間空港(滑走路800㍍)を自衛隊の航空機が利用できるよう、政府が「特定重要拠点空港(仮称)」に指定する計画案が浮上したことを受けて6日、波照間住民からは「住民を無視して勝手に進めるな」と反発や、「航空路線が再開するなら延長してほしい」と一定の理解を示す声があった。賛否分かれる中、いずれも「住民にはしっかり説明してほしい」と要求。島民の間で不安が膨らんでいる。  公民館運...
本文を読む

PAC3 ビーチ配備継続か

歩道から数十㍍の位置に展開されているPAC3の発射機(赤丸部分)。延長期間が今月11日~8月31日になる見通し=6月20日、石垣市南ぬ浜町歩道から数十㍍の位置に展開されているPAC3の発射機(赤丸部分)。延長期間が今月11日~8月31日になる見通し=6月20日、石垣市南ぬ浜町
防衛省、使用期限延長を申請
 石垣市南ぬ浜町人工ビーチ西側に配備されている地対空誘導弾パトリオット(PAC3)をめぐり、今月11日以降も同じ場所での展開に向け調整が進んでいる。当初、石垣市と沖縄総合事務局は使用期限を10日までと定めていたが、7日、防衛省から石垣市に7月11日~8月31日まで期間延長の申請があった。市によると使用期限を延長した場合、ビーチの運用に「影響はない」という。  航空自衛隊のPAC3は、防衛省が...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム