八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「竹富町」の検索結果は以下のとおりです。

CO2排出ゼロへ検討委 竹富町、再エネ戦略議論

37896.jpg
 竹富町は、2050年までに町内で二酸化炭素(CО2)排出量の実質ゼロを見据えた再生可能エネルギー導入戦略案を作成するため21日、町再エネ導入戦略策定検討委員会を立ち上げた。将来のCО2排出量に関する推計を基に町の将来ビジョン・脱炭素化に向けた取り組み、実現に必要な重要施策などの構想、再エネ導入目標について議論していく。全3回の検討委で戦略案の精度を高め、来年1月中旬に完成させ町長へ報告する。 ...
本文を読む

AIが行政窓口案内 24時間365日対応が可能

画面に写るAIチャットボット「BEBОT」。PRをする綱川代表と西大舛町長(左から)=21日午後、町役場仮庁舎画面に写るAIチャットボット「BEBОT」。PRをする綱川代表と西大舛町長(左から)=21日午後、町役場仮庁舎
コロナ感染リスク低減も 竹富町ホームページ
 竹富町は、町のホームページ(HP)上で人工知能(AI)を活用し、行政・観光関連情報を会話形式で閲覧者に提供するチャットボット「BEBОT(ビーボット)」のサービスを1日から開始している。閲覧者がHP画面右下のアイコンから行政の情報を得たり、入力したキーワードをAIが分析し各種サービスを案内したりする。窓口案内をウェブ上で行えるようになり、対面式の対応による新型コロナウイルスの感染リスク低減、住...
本文を読む

県内初 竹富町、県書士会と包括協定

包括的連携に関する協定を結んだ、竹富町の西大舛髙旬町長と沖縄県行政書士会の白木純会長(左から)=20日午後、町役場仮庁舎大ホール包括的連携に関する協定を結んだ、竹富町の西大舛髙旬町長と沖縄県行政書士会の白木純会長(左から)=20日午後、町役場仮庁舎大ホール
町民の行政手続き支援
 竹富町と沖縄県行政書士会(白木純会長)は20日、包括的連携に関する協定を結んだ。新型コロナウイルスをはじめ、今後も未曽有の感染症発生や災害時などに伴い講じられる町民向け公的支援策の行政手続きを、同会所属の行政書士が支援する。期間は2023年3月31日まで、1年ごとの更新が可能。同会単独で県内市町村と包括的連携を結ぶのは県内初という。  協定は双方が相互に連携協力を図り、町民や町内事業者に対...
本文を読む

博物館計画案に着手 竹富町、西表の町有地候補に

博物館建設に向けた発足した基本計画策定委員会。来年3月に基本方針案を策定する=12日午後、竹富町役場仮庁舎博物館建設に向けた発足した基本計画策定委員会。来年3月に基本方針案を策定する=12日午後、竹富町役場仮庁舎
各島からも文化発信
 竹富町文化振興・観光交流拠点整備事業基本計画策定委員会(委員長・佐々木健志博物館学芸員、15人)は12日、町立博物館建設の基本計画案作りに着手した。西表大原に拠点となる博物館を建設し、有人島9島ではサテライト形式で文化や歴史を発信する。町の第9次基本計画・総合戦略に基づくもの。町によると建設候補地は西表大原の町有地で、大原庁舎や世界遺産センターとの複合型施設案がある。  町役場仮庁舎で行わ...
本文を読む

竹富町理・美容室利用状況 8割が石垣市内

アンケート結果アンケート結果
居住地にあれば「利用したい」5割
 竹富町は6~8月、町民を対象に理・美容室利用に関するアンケートを実施した。その結果、居住地に理美容室(定期訪問を含む)があれば「利用したい」と回答した町民が全体の5割いた。回答者の8割が石垣市内の理・美容室を利用しているのが現状で、町政策推進課は、町内で通える理・美容室のニーズがあると考え、町民の意見や助言を取り入れながら理・美容室の各地域での整備に向けた可能性を探っていく。  今回のアン...
本文を読む

悲願の遺産登録に安堵 粛々と結果受け止め

くす玉を割り西表島の世界自然遺産登録に安堵する西大舛髙旬町長(左)と新田長男議長=26日夕、竹富町役場仮庁舎くす玉を割り西表島の世界自然遺産登録に安堵する西大舛髙旬町長(左)と新田長男議長=26日夕、竹富町役場仮庁舎
歓声や拍手なく 住民感情に配慮 竹富町
 2003年、国が世界自然遺産候補地として選定から18年を経て悲願の登録が決まった。石垣市にある竹富町役場仮庁舎では関係者が集まり固唾をのんで審議を見守った。日本時間の26日午後6時42分、世界遺産委員会は沖縄・奄美を世界リストへの登録を認める「記載」と決議した。歓声や拍手は上がらず、西大舛髙旬町長らは結果をしっかりと受け止めた。  登録決定の瞬間を共有しようと同日、沖縄県庁、竹富町、やんば...
本文を読む

黒島で12~15歳接種 2回目完了の島なども実施へ

竹富町で12歳以上への新型コロナワクチンの接種が始まった=16日午後、黒島伝統芸能館竹富町で12歳以上への新型コロナワクチンの接種が始まった=16日午後、黒島伝統芸能館
新型コロナワクチン 竹富町
 【黒島】町が進める島ごとの新型コロナウイルスワクチン接種が16日、黒島伝統芸能館であり、12~15歳にも接種を行った。対象の全住民203人に対し143人が1回目接種を受けた。  厚生労働省は今月から米ファイザー社製ワクチンの接種年齢を16歳以上から12歳以上に拡大。町は国の方針に沿って黒島から12歳以上の接種を開始した。県内で初めてとみられる。  接種を終えた男子生徒(14)は「来月、...
本文を読む

4氏、手続きへず所管調査 竹富町議会

職員同行、当局が抗議文 大久副議長、引責辞任へ
 町議4人が所定の手続きなく所管事務調査を行ったとして、竹富町が同町議会(新田長男議長)に抗議文を提出していたことが11日までに分かった。4人は役場職員を同行させ、西表島で同調査同様の視察を行った。調査を呼び掛けた大久研一氏は責任を取り副議長を辞任、同行した三盛克美氏も総務財政委員長を辞任する考えを示した。  町当局によると4人は4月16日、西表島の製糖宿舎と西表東部公園を視察。同島に出張中...
本文を読む

きょうヤマネコの日 環境省 パネル展などで啓発へ

15日はイリオモテヤマネコの日。保全・啓発活動を目的に制定された(村田行さん提供)15日はイリオモテヤマネコの日。保全・啓発活動を目的に制定された(村田行さん提供)
竹富町
 4月15日はイリオモテヤマネコの日。国指定特別天然記念物のイリオモテヤマネコと人間が共存しながら地域を発展させることを啓発するため、竹富町が2015年4月15日に条例で制定した。世界で西表島だけに生息するヤマネコは推定100頭とされている。この日に合わせてパネル展も始まる。  ヤマネコ発見は1965年、動物作家の戸川幸夫氏(享年92)が1つの頭蓋骨と毛皮を手に入れ、持ち帰ったことがきっかけ...
本文を読む

感染症対策車両の配備完了 新型コロナに救急対応

新型コロナウイルス感染対策が施された福祉車両が全診療所に配車された=29日午前、竹富町役場仮庁舎駐車場新型コロナウイルス感染対策が施された福祉車両が全診療所に配車された=29日午前、竹富町役場仮庁舎駐車場
竹富町
 竹富町が先月から進めてきた町内の離島診療所などへの感染症対策車両配備が29日、完了した。先月までに竹富診療所と石垣島にある町役場にそれぞれ1台ずつ配車されており、今回の西表東部、西部、黒島、波照間の各診療所への整備で合わせて6台が配車された。  町内では昨年8月以降、新型コロナウイルス感染症の患者は出ていないが、今後、観光客の増加が見込まれることから西大舛髙旬町長は「いつコロナウイルスが入...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム