八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「観光」の検索結果は以下のとおりです。

市経済対策会議 GoTo効果で好調予測

福岡空港から石垣空港に降り立つ観光客ら。市観光交流協会は来年1月まで観光客数が好調に推移すると予測している=20日午後、南ぬ島石垣空港福岡空港から石垣空港に降り立つ観光客ら。市観光交流協会は来年1月まで観光客数が好調に推移すると予測している=20日午後、南ぬ島石垣空港
市入域観光客来年1月まで 「前年を上回る勢い」
 石垣市の第5回経済対策会議が20日午前、石垣市役所で行われ、市内の経済団体が近況を伝えた。石垣市観光交流協会によると、観光業界はGoToトラベルキャンペーンで東京都が追加された10月以降、入域観光客数が好調。来年1月までの間「前年並みか前年を上回る勢いで推移している」とホテル、航空機の予約ベースなどから算出して予測した。ただ、GoToキャンペーンが終了する来年2月以降の状況は不透明としている。...
本文を読む

第2波影響、最盛期も激減 八重山観光

8月は、八重山郡内で新型コロナ第2波が発生し、飲食店などで再び臨時休業が相次いだ=8月5日撮影、美崎町8月は、八重山郡内で新型コロナ第2波が発生し、飲食店などで再び臨時休業が相次いだ=8月5日撮影、美崎町
8月入域客 前年比74%減 前月からも23%減
 八重山事務所がまとめた8月の八重山入域観光客数は、前年同月比74・4%減の4万745人だった。観光トップシーズンの同月に、八重山郡内で新型コロナウイルス第2波が発生。県も緊急事態宣言を再発令したこともあり、前月から23・5%(1万2537人)も落ち込んだ。  海外路線の運休が続いているため、入域客はすべて国内路線から。県が緊急事態宣言で県外からの渡航に慎重な判断を求めたため、前年同月比を大...
本文を読む

「やっと戻ってきた」 4連休で観光に活気

水牛車で島内を回る観光客ら=21日、竹富島水牛車で島内を回る観光客ら=21日、竹富島
「安心・安全」をPR 10月以降の経済回復に期待感
 八重山各地は4連休中、にぎわいをみせている。これまで新型コロナウイルスの影響で人の動きが自粛傾向にあったが、政府の観光需要喚起策「GoToトラベル」で10月から東京が解禁となるなど移動に緩和の傾向にあることから入域観光客も増加、観光地は久しぶりに活気を取り戻している。「旅行に来ても安心安全」。地元と来訪者の感染予防対策を促すなどして今後の観光需要の回復に期待する。     開放感にも予...
本文を読む

空路予約率約9割と好調 4連休スタート

観光客にマスクや感染予防策のチラシを配る市観光交流協会=19日午後、新石垣空港観光客にマスクや感染予防策のチラシを配る市観光交流協会=19日午後、新石垣空港
観光団体 コロナ対策徹底呼び掛け
 4連休「シルバーウィーク」が19日から始まり、空港や港には家族連れなどの観光客が次々と到着した。新石垣空港の到着人数は予約ベースで4471人となり、航空関係者は「シルバーウィークだけをみると、前年比で約9割の予約率だ」と話す。石垣市観光交流協会が会員ホテルにヒアリングをしたところ、連休中の宿泊稼働率は平均60〜70%程度で満室の日もあるという。一方、空港や港では、新型コロナウイルスの感染が再拡...
本文を読む

ツアー客が見込めない

9月中の臨時休業を決めた石垣島ドリーム観光。10月から営業を再開する=4日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル9月中の臨時休業を決めた石垣島ドリーム観光。10月から営業を再開する=4日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル
新型コロナ 船やバス、相次ぐ運休
 新型コロナウイルス第2波が八重山の観光ツアーに影響を与えており、関連事業所は臨時休業や運休の継続を余儀なくされている。竹富町の島々を巡る離島ツアーを展開する船会社は、コロナ禍でツアー客が見込めず9月から臨時休業に。4月から定期観光バスを運休しているバス会社も運行中止を継続、再開のめどは立っていない。  石垣島ドリーム観光㈱は9月1日~同月30日までの1カ月間、船での周遊ツアーを中止している...
本文を読む

移動自粛解除 観光地の活気徐々に

土産物を選ぶ観光客ら=21日午後、ユーグレナモール土産物を選ぶ観光客ら=21日午後、ユーグレナモール
土産店などに観光客ら
 都道府県をまたぐ移動自粛が解除され、航空各社が石垣島と関東、関西を結ぶ路線を通常運航に戻した19日以降、川平湾の駐車場にはレンタカーが並び、県外からの観光客が土産店を訪れるなど、市内の観光地にも活気が戻りつつある。  ユーグレナモールでお土産を販売する「おみやげ市場島のおみやげ館」の上原幸子店長(65)は、「通常の30%くらいのお客が入り始めている。6月に入ったころの10%台と比べたら、実...
本文を読む

日本人客に不安感47% 交通マナー、言動や態度

石垣市観光アンケート石垣市観光アンケート
石垣市観光アンケート 「ない」を12ポイント上回る
 今後の観光施策に活用するため石垣市が「石垣島の観光に関する住民意向アンケート2019」を実施し18日、調査結果を公表した。日本人観光客に対して不安感があるか問う質問では、「ある」「多少ある」に47.2%が回答。「あまりない」「ない」の35.1%を12.1ポイント上回った。具体的な「不安」としては交通マナー、言動や態度などが挙げられた。  同アンケートは市民の観光客に対する意識や課題の抽出な...
本文を読む

観光客、西へ東へ

船の便が再開し、笑顔で船に乗り込む観光客ら=10日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル船の便が再開し、笑顔で船に乗り込む観光客ら=10日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル
台風一過で島に活気
 最大瞬間風速34・8㍍を観測した台風9号が八重山地方を通過。翌10日の石垣島は観光地の風景を取り戻し、島内は活気に満ちた。観光施設では台風明け初のオープンとなり会場は大入り。船の便も一部欠航を除いて再開し始めた。ユーグレナ石垣港離島ターミナルでは、観光客が長蛇の列をつくって船を待ち、西へ東へと離島観光を楽しんだ。  この日、市街地ではマップを手に街を散策する観光客、子どもの手を引いて道を歩...
本文を読む

キャッシュレス化促進 石垣市観光交流協会

第56回通常総会で大松宏昭会長(左)のあいさつを聞く会員ら=23日夕、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート第56回通常総会で大松宏昭会長(左)のあいさつを聞く会員ら=23日夕、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
人材不足など課題山積
 一般社団法人石垣市観光交流協会(大松宏昭会長、332人)は23日夕、2019年度第56回通常総会を石垣市内ホテルで開き、3月の理事会で承認された事業計画などを報告した。今年度も誘客・広報・受け入れ対策・交流など観光と地域環境の各振興事業に取り組むほか、クレジット・電子マネー決済の端末導入などキャッシュレス化の取り組みを強化する。  2018年の石垣市への入域観光客数は、台風の襲来や悪天候で...
本文を読む

OCVB 日本版DMOに登録

DMO法人登録証を受け取った沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長(中央)=18日午前、沖縄総合事務局DMO法人登録証を受け取った沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長(中央)=18日午前、沖縄総合事務局
世界基準の観光地目指す
 【那覇】国が地方創生の一環として打ち出す日本版DMO(観光地域づくり推進法人)に沖縄観光コンベンションビューロー(平良朝敬会長、OCVB)が登録され、登録証授与式が18日、那覇市の沖縄総合事務局で行われた。登録証を受け取った平良会長は「広域な地域なので離島など観光格差がある。沖縄全体が潤うようなことをやっていきたい」と意欲を示した。今後は、登録された法人や関係団体に対して、関係省庁が連携して支...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム