八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「観光」の検索結果は以下のとおりです。

観光業襲う三重苦 新型コロナと台風直撃

 7月の繁忙期となる4連休は22日から始まるが、緊急事態宣言と台風6号が観光業を直撃しそうだ。ホテル業は新型コロナウイルス禍の影響で予約状況が伸び悩み、さらに台風の影響でキャンセルも発生。マリンレジャー業も早々と船を陸揚げし営業を中止している。関係者は新型コロナ、台風接近に加え、直撃による修復被害の三重苦を懸念する。  夏のリゾートホテルは宿泊単価が高く、通常の2~3倍に上げても予約が入る。...
本文を読む

5月入域観光客3万8743人

5月の観光客数は2年前と比較して7割減少した=5月24日午後1時30分ごろ撮影、川平湾5月の観光客数は2年前と比較して7割減少した=5月24日午後1時30分ごろ撮影、川平湾
八重山、19年比で7割減
 県が5日発表した2021年5月の八重山入域観光客数は、新型コロナウイルス発生前の19年5月比で69・8%(8万9667人)減の3万8743人となった。一方、同ウイルス禍で県外直行便が全て運休した前年同月比では600・9%(3万3215人)増、観光客が来島した全ての島で前年値を上回った。観光消費額推計は29・6億円。  5月は航空路線の減便規模縮小や、まん延防止等重点措置や緊急事態宣言による...
本文を読む

予約ラッシュなし 夏の繁忙期、漂う危機感

新型コロナウイルス感染拡大で、夏の繁忙期への警戒感が漂っている=2020年7月28日午後5時ごろ撮影、ユーグレナモール(資料写真)新型コロナウイルス感染拡大で、夏の繁忙期への警戒感が漂っている=2020年7月28日午後5時ごろ撮影、ユーグレナモール(資料写真)
市内観光業
 宿泊業、レジャー業で観光繁忙期となる7~8月の予約状況が低迷している。新型コロナウイルス感染拡大に伴う県の緊急事態宣言、石垣市の非常事態宣言が影響し、夏場に向けての予約ラッシュはない。観光業にとって夏場は書き入れ時。関係者には危機感が漂う。  市内のホテル業界では現在、5月のゴールデンウイーク以降、来島客が減る一つの閑散期に入っている。コロナ禍を除けば6月の動きとして例年通りだが、異変も。...
本文を読む

観光客戻り活気 緊急宣言解除から1週間

全国で緊急事態宣言が解除され、多くの観光客が石垣島を訪れている=27日午後、ユーグレナモール全国で緊急事態宣言が解除され、多くの観光客が石垣島を訪れている=27日午後、ユーグレナモール
 新型コロナウイルス対策による1都3県の緊急事態宣言が21日に解除され、27日で1週間が経った。石垣市内では観光客の姿が増え、まちに活気が戻っている。空の玄関口、南ぬ島石垣空港では羽田―石垣路線が満席になる日もあり、売店も人出が絶えない。観光関係者は「売り上げが2倍になった増えた」と観光需要回復を歓迎している。  27日午前、石垣空港は羽田、関西路線など直行便の搭乗者であふれた。カップルで2...
本文を読む

県外の修学旅行再開 春先向け予約増

修学旅行で大阪から来島した常翔学園高校の生徒ら=10日午前、南ぬ島石垣空港修学旅行で大阪から来島した常翔学園高校の生徒ら=10日午前、南ぬ島石垣空港
業界「観光の起爆剤に」
 県外高校などによる八重山への修学旅行が今週から再開した。大規模団体の受け入れは12月上旬以来約3カ月ぶり。春先に向け予約も増えており、八重山観光に追い風が吹く格好だ。関係者からは「ありがたい。これが続いてくれれば」と期待する声が上がる。  修学旅行の観光バスを運営する東運輸㈱によると、今月は関西、関東圏の5校から約1000人が来島。キャンセルもあったが首都圏の緊急事態宣言解除後に日程を変更...
本文を読む

市経済対策会議 GoTo効果で好調予測

福岡空港から石垣空港に降り立つ観光客ら。市観光交流協会は来年1月まで観光客数が好調に推移すると予測している=20日午後、南ぬ島石垣空港福岡空港から石垣空港に降り立つ観光客ら。市観光交流協会は来年1月まで観光客数が好調に推移すると予測している=20日午後、南ぬ島石垣空港
市入域観光客来年1月まで 「前年を上回る勢い」
 石垣市の第5回経済対策会議が20日午前、石垣市役所で行われ、市内の経済団体が近況を伝えた。石垣市観光交流協会によると、観光業界はGoToトラベルキャンペーンで東京都が追加された10月以降、入域観光客数が好調。来年1月までの間「前年並みか前年を上回る勢いで推移している」とホテル、航空機の予約ベースなどから算出して予測した。ただ、GoToキャンペーンが終了する来年2月以降の状況は不透明としている。...
本文を読む

第2波影響、最盛期も激減 八重山観光

8月は、八重山郡内で新型コロナ第2波が発生し、飲食店などで再び臨時休業が相次いだ=8月5日撮影、美崎町8月は、八重山郡内で新型コロナ第2波が発生し、飲食店などで再び臨時休業が相次いだ=8月5日撮影、美崎町
8月入域客 前年比74%減 前月からも23%減
 八重山事務所がまとめた8月の八重山入域観光客数は、前年同月比74・4%減の4万745人だった。観光トップシーズンの同月に、八重山郡内で新型コロナウイルス第2波が発生。県も緊急事態宣言を再発令したこともあり、前月から23・5%(1万2537人)も落ち込んだ。  海外路線の運休が続いているため、入域客はすべて国内路線から。県が緊急事態宣言で県外からの渡航に慎重な判断を求めたため、前年同月比を大...
本文を読む

「やっと戻ってきた」 4連休で観光に活気

水牛車で島内を回る観光客ら=21日、竹富島水牛車で島内を回る観光客ら=21日、竹富島
「安心・安全」をPR 10月以降の経済回復に期待感
 八重山各地は4連休中、にぎわいをみせている。これまで新型コロナウイルスの影響で人の動きが自粛傾向にあったが、政府の観光需要喚起策「GoToトラベル」で10月から東京が解禁となるなど移動に緩和の傾向にあることから入域観光客も増加、観光地は久しぶりに活気を取り戻している。「旅行に来ても安心安全」。地元と来訪者の感染予防対策を促すなどして今後の観光需要の回復に期待する。     開放感にも予...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム