八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「八重山公共職業安定所」の検索結果は以下のとおりです。

雇用停滞 再び拡大 宿泊業で求人保留も

37237.jpg
緊急事態宣言影響 八重山1月雇用
 八重山公共職業安定所(真壁朝文所長)は2日、1月の雇用の動きを発表した。同月の新規求人数は914人で前月比64・6%(590人)増加し有効求人倍率も上昇したが、石垣市などの会計年度任用職員の募集が5割を占める。国や県の緊急事態宣言の影響で客足が遠のいた宿泊業は、新規求人の約7割を保留するケースもあり、観光業の雇用停滞が再拡大している。  八重山管内1月の有効求人倍率(原数値)は前年同月比0...
本文を読む

八重山職安を最高評価 マッチング機能「非常に良好」

沖縄労働局の2019年度業務の評価・改善の取り組みで最高評価を受けた八重山公共職業安定所沖縄労働局の2019年度業務の評価・改善の取り組みで最高評価を受けた八重山公共職業安定所
沖縄労働局
 【那覇】沖縄労働局(福味恵局長)が行った2019年度のハローワークのマッチング機能に関する業務の評価・改善の取り組み(総合評価)で、八重山公共職業安定所(真壁朝文所長)が「非常に良好な成果」の最高評価を受けた。同評価を受けたのは県内では宮古と八重山のみ。同局がこのほど発表した。  総合評価は、就職件数や求人充足件数、求人・求職者に対する紹介率など全ハローワークで共通する評価指標と、障がい者...
本文を読む

有効求人が過去最高

1.57倍、好調な観光背景
1~3月期 八重山管内
 八重山公共職業安定所(仲程通助所長)管内のことし1~3月期の有効求人倍率は、前年同期を0.21ポイント上回る過去最高の1.57倍となり、2014年12月から28カ月連続で1倍を超えた。このうち1月の単月期は1.63倍で最高値を更新した。好調な観光で拡大する求人に対し、求職者数の減少で労働市場が縮小傾向にある現状に仲程所長は「求人動向は今後も堅調に推移するが、減少する求職者にはUターン者や市が進...
本文を読む

昨年12月過去最高1.55倍 求人あるが求職者減少

八重山公共職業安定所 有効求人倍率 人手不足への対応急務
 八重山公共職業安定所(仲程通助所長)管内の有効求人倍率が昨年10~12月期で前年同期を0.29ポイント上回る過去最高の1.46倍となった。1倍を超えるのは2016年12月から25カ月連続。このうち12月の単月期は1.55倍で最高値を記録した。仲程所長は「求人に対して求職者が減少していることが有効求人倍率を押し上げている。大手ホテルの開業などで雇用の受け皿が拡大しているが、労働力は縮小しており、...
本文を読む

就職は県外から県内へ 復帰後初めて逆転

中高新規学卒者の求人票を提出する特別養護老人ホームまえさと茶寿苑の樋渡裕治事務長補佐(左)=20日午後、八重山公共職業安定所中高新規学卒者の求人票を提出する特別養護老人ホームまえさと茶寿苑の樋渡裕治事務長補佐(左)=20日午後、八重山公共職業安定所
来春の高卒者 就職希望の97人中51人県内や郡内を希望
 来春卒業を見込む中高の新規学卒者を対象にした求人受け付けが20日、全国一斉に解禁され、八重山公共職業安定所(仲程通助所長)では郡内8社から12件、38人の求人票を受け付けた。企業の求人活動は7月1日に開始する。同職安によると、来春、郡内3高校と特別支援学校高等部の卒業を見込む457人(5月15日現在)のうち、97人が就職を希望。このうち51人が県内や郡内就職を希望しており、復帰後初めて県外就職...
本文を読む

有効求人倍率高水準 6カ月連続で1倍超え

28129.png
ミスマッチ常態化 ハローワーク八重山
 八重山公共職業安定所(親泊政義所長)がまとめた4〜6月期の雇用状況によると、同期の有効求人倍率は前年同期を0.09ポイント上回る1.08倍だった。有効求人倍率が1倍を超えるのは6カ月連続だが、親泊所長は「数字では好調と捉えられるが、依然として人手不足や求人と求職側のミスマッチは続いている」と指摘した。  有効求人数が最も多いサービス業は、有効求人数317人に対し、有効求職者数は179人。逆...
本文を読む

求人受け付け始まる 八重山職安

新規高卒者を対象に求人を提出する星野リゾートの畑井香枝さん=22日午後、八重山公共職業安定所新規高卒者を対象に求人を提出する星野リゾートの畑井香枝さん=22日午後、八重山公共職業安定所
企業に早めの提出呼びかけ 新規高卒者の就職希望110人
 八重山公共職業安定所(親泊正義所長)は22日、2016年3月卒業の新規高卒者を対象にした求人受け付けを開始した。職安によると、八重山管内の16年3月の高校卒業予定者は計467人で、就職希望者は110人。このうち県内希望者は37人となっている。  金城正和統括職業指導官は「八重山の企業は求人を出すのが遅い傾向がある。地元高校生は県外の希望が多く、学校も取り組みが早い」と早めの提出を呼びかけた...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム