八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「与那国町」の検索結果は以下のとおりです。

DI‐DI商品券の9割販売 与那国町

与那国町のDI‐DI商品券事業が昨年12月にスタートし、販売から1カ月で9割が販売された=2020年12月17日撮影、祖納与那国町のDI‐DI商品券事業が昨年12月にスタートし、販売から1カ月で9割が販売された=2020年12月17日撮影、祖納
約1000万円分が流通 小売業71%、観光業10%
 【与那国】昨年12月に販売が開始された与那国町の島内観光キャンペーン事業「DI-DI商品券」の売れ行きが好調だ。販売から1カ月たった5日時点で、対象者の9割に当たる1192人が購入。12月中の流通総額は約1000万円分に上る。このうち、商店など小売業での利用額が全体の7割を占め、観光業は1割と低迷した。  同事業は、新型コロナウイルス感染症の影響で打撃を受けた地元消費を回復し、地域経済の活...
本文を読む

与那国町 伝統工芸館、移転新築へ

築41年と老朽化が進んでいる与那国町伝統工芸館。祖納保育所北側の町有地で2021年度に新築される=17日午後、与那国町祖納築41年と老朽化が進んでいる与那国町伝統工芸館。祖納保育所北側の町有地で2021年度に新築される=17日午後、与那国町祖納
新たなスペースも 21年度着工、完成目指す
 【与那国】町は、老朽化している町伝統工芸館の移転新築工事計画を進めている。最短で21年度の4月着工、同年度末の完成を予定する。新たにイベントスペースや織り場を設ける。町内の観光施設DiDi与那国交流館近くに建設することから、伝統織物と観光の連携にも期待が寄せられている。  伝統工芸館は、戦後途絶えていた与那国織を復活させるため1979年に建設された。指定管理者の与那国町伝統織物協同組合が与...
本文を読む

与那国町 新庁舎用地に季節工施設

全員協議会で新庁舎用地に季節工宿泊施設を建設する案について意見交換する議員ら=17日午後、与那国町役場全員協議会で新庁舎用地に季節工宿泊施設を建設する案について意見交換する議員ら=17日午後、与那国町役場
来年2月着工予定 「有効活用」と安堵
 【与那国】12月定例町議会は17日、サトウキビ刈り取り季節工宿泊施設を、新庁舎建設用地として購入した祖納高台の「三角地」に建設することを全員協議会で決定した。順調にいけば宿泊施設は来年2月に着工予定。一方、新庁舎建設地として実施設計まで終えていた「三角地」は、新庁舎候補地から除外。外間守吉町長は取材に「有効活用されてホッとしている」と述べた。  町はことし3月までに、地権者と新庁舎建設用地...
本文を読む

与那国町 DI-DI商品券、来月販売

「DI-DI商品券」の1000円商品券(与那国町観光協会提供)「DI-DI商品券」の1000円商品券(与那国町観光協会提供)
18歳以上の町民対象 1割負担で2万円分
 与那国町の島内観光キャンペーン事業「DI-DI(ディーディー)商品券」が12月1日から販売開始される。同商品券は2000円で2万円分の商品券が購入できる内容で、18歳以上の町民約1300人が対象。新型コロナウイルス感染拡大の影響で低迷した島内消費の維持が目的で、同事業に登録している事業所で利用可能となる。町民全員に無料配布した「どなんクーポン」とは別の事業。  同事業は、町内事業所で使用で...
本文を読む

与那国町内で感染初確認 きょう大規模PCR検体採取

36894.jpg
新型コロナ
 八重山地域新型コロナウイルス対策本部は29日、与那国町内で初めて新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。感染者は祖納地区在住の70代女性(八重山保健所管内127例目)で、感染経路は調査中だが、9月下旬~10月中旬まで那覇市に滞在していた。町は30日、久部良港で女性と接触した住民約50人を対象にドライブスルー方式のPCR検体採取を行う。検査結果は11月1日前後に判明、陽性者の数をみて石垣...
本文を読む

来月からクーポン無料配布へ 住民・観光客に3000円分

全町民と観光客に無料配布する3000円分の「どなんクーポン券」。10月から始まる(与那国町提供)全町民と観光客に無料配布する3000円分の「どなんクーポン券」。10月から始まる(与那国町提供)
与那国町
 与那国町の経済対策、「どなんクーポン」事業が10月1日からスタートする。クーポン券は3000円分を1冊とし、町民と観光客を対象に無料で配布するもの。18日時点で、町内約60事業所の参加が決まっている。  同事業は新型コロナウイルスの影響で疲弊した観光関連業と地元消費を活性化させることが目的。町6月定例議会の補正予算として830万円を計上し可決。国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交...
本文を読む

与那国町 食育センター、基本計画案策定

食育センター地図食育センター地図
給食提供、幼保も想定
 与那国町はこのほど、老朽化している町立学校給食共同調理場と与那国町保健センターの高齢者給食施設を集約して給食を提供する総合食育センター整備事業の基本計画案を策定した。新センターの給食供給体制は1日当たり最大350食以上とし、幼稚園や保育所への給食提供も想定する。2023年9月の供用開始を目指す。  総合食育センターは、学校給食、高齢者用給食調理のほか、食育機能がある複合型施設として整備する...
本文を読む

与那国町 島内で検査体制構築

抗原検査、PCR検体採取を行う公共施設「ドゥライドゥグル」=19日午後、与那国町祖納(与那国町提供)抗原検査、PCR検体採取を行う公共施設「ドゥライドゥグル」=19日午後、与那国町祖納(与那国町提供)
新型コロナ 抗原検査とPCR検体採取
 【与那国】町は19日までに、島内で新型コロナウイルスの感染を調べる独自の体制を構築した。町立与那国診療所の指定管理者「公益社団法人地域医療振興協会」協力の下、島内で抗原検査の陰陽判定とPCR検体採取が可能に。診療所医師が町内施設で検査・採取を行い、受検者はPCR検査結果が出るまで同施設に待機する。石垣市新型コロナ相談外来や感染症指定医療機関の県立八重山病院がある石垣島から約120㌔離れているた...
本文を読む

来月から軟水提供へ 硬度軽減化施設が完成

6月中の供用開始が予定されている水道水を軟水化する与那国町の硬度軽減化設備「RO膜ユニット」を登載した新浄水場=19日午後、宇良部岳麓(田頭政英通信員撮影)6月中の供用開始が予定されている水道水を軟水化する与那国町の硬度軽減化設備「RO膜ユニット」を登載した新浄水場=19日午後、宇良部岳麓(田頭政英通信員撮影)
与那国町
 水道水を軟水化する与那国町の硬度軽減化設備「RO膜ユニット」を登載した新浄水場がこのほど完成し、6月中に供用開始する方向で調整していることが19日までに分かった。同町の水道水は硬度の高さが課題となっており、軟水化で石灰の付着軽減、水の飲みやすさの向上が期待されている。  同事業は与那国町簡易水道整備事業。同町によると、総事業費は約17億円で、財源は国庫補助金を3割活用した。事業費内訳はRO...
本文を読む

カジキ漁師ら悲痛な叫び 与那国町

航空便の減便などで本土出荷が出来ず、水揚げ量が制限されている与那国町のカジキ=2016年7月3日、久部良港航空便の減便などで本土出荷が出来ず、水揚げ量が制限されている与那国町のカジキ=2016年7月3日、久部良港
減便で鮮魚類空輸できず 「この状況続けは破産」
 【与那国】与那国町漁業協同組合(嵩西茂則代表理事組合長、正組合員33人)は1日、町へ新型コロナウイルス感染拡大に伴う漁業への影響を軽減させるため、支援策を要請した。過去3年間の平均データを基に、鮮魚の水揚げ額や組合員からの漁協協力金の減少分などを試算し、漁協の年間損失額を約1338万円と推計。嵩西組合長は「漁師、漁協は困り果て、負の連鎖反応が起きている」と運営面を懸念。町産業振興課は取材に対し...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム